うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

ワクチン3回目接種は必要?

医療従事者は躊躇なく打ちます。

gooニュース記事より

ワクチン3回目接種は必要? 打つならどの程度間隔を空けるべきか

ワクチン3回目接種は必要? 打つならどの程度間隔を空けるべきか

2回目以降のワクチン接種に関する医師の見解は?(時事通信フォト)

(NEWSポストセブン)

「医療従事者については11月以降、高齢者は来年2月以降に打ち始めることになる」。河野太郎ワクチン担当相は8月31日、新型コロナウイルスワクチンの「3回目接種」についてそう言及した。いずれ打つことになるかもしれない3回目は、本当に必要なのか。

3回目接種は必要?

 欧米に追従して日本でもワクチンの3回目接種に向けた動きが加速している。

 しかし現在、国内で2回の接種率は45.1%(8月31日時点)。異物混入が報告されたワクチンや、因果関係のわからない接種後の死亡ケースもあり、不安を覚える人も少なくはない。日本感染症学会ワクチン委員会委員長で鹿児島大大学院の西順一郎教授はこう語る。

「感染の流行を抑えることは難しい状況のなかで人の行動を制限することもできないとなると、流行することを前提として、感染自体を防ぐよりも感染しても重症者や死者を出さないということに重点を置いたほうがいい。それならば、すべての人が3回目接種が必要とは限りません。若い人や健常者は2回でもいいと言えます」

 ナビタスクリニック理事長の久住英二医師は現時点での検討は「時期尚早」としてこう語る。

「日本の今の状況は2回目の接種率が4割で、3回接種がどれだけ有効なのかを検討できるほど接種が進んでいません。2回接種をしたところでの感染状況の広がりなどデータを吟味したうえで、3回目接種を実施するかどうかを決めるのが科学的に誠実なやり方です。前もって3回目接種の可能性を見込んだワクチン確保の動きは評価できますが、3回目接種を決定するには、あまりに判断材料が少なく、科学的根拠に基づく議論が抜け落ちていると考えます。

 河野大臣は『異種混合接種(交差接種)』実施の可能性についても言及していますが、例えばファイザーを2回打った人が3回目にモデルナを打った場合など、どのコンビネーションで打つと効果的なのかといったデータもまだ存在していません」

 3回目接種が実現すると、まずは医療従事者、そして高齢者という順番で進むことになる。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センターの一石英一郎教授が指摘する。

「目下、2回目の接種をしている人の場合、3回目接種をする時期は、8か月後で来年の5月頃になります。その頃には現在のデルタ株がどうなっているのか、新たな変異株に3回目接種で対応できるのかを含め、まったく展開が読めません」

2回接種だけじゃダメなのか?

 2回のワクチン接種では「抗体」の量が低下してしまうというのが3回目接種の理由とされるが、当初はワクチン接種は2回で完了とされていたはずだ。

 2回接種では「抗体」は足りないのか。久住医師はこう語る。

「(藤田医科大学の発表で)2回目接種から14日後と比べて3か月後には抗体の量が4分の1に減っていたという報道で、『抗体価4分の1』という言葉が独り歩きしている。

 ワクチン接種で獲得した免疫は『免疫記憶』といって体の中に維持されます。たとえ、抗体価が減ってきた時にコロナウイルスに感染したとしても、免疫記憶により体内でウイルスに対する抗体が急速に産生され、ウイルスを破壊することで重症化を防げます。つまり、抗体価が4分の1になったからといってワクチンの効果が4分の1になるわけではなく、十分な効果を持っています」

どのくらい間隔をあけたらいい?

 河野大臣は3回目接種のタイミングについて、アメリカに倣って2回目から「8か月」の間隔をあけることを想定しているという。

 かたや、医療関係者や診療所がルールを破って2回目接種からもっと短い間隔で3回目を打ったケースもある。

 3回目接種に意味があるならば、より早く打ったほうが効果が高まるのではないかと考える人もいるが、ナビタスクリニック理事長の久住英二医師はこう答える。

「どうせ打つのであれば、間隔をあけたほうがよいと思います。一般的なワクチンは、1回目と2回目はあまり間隔をあけず、3回目は少し間隔をあけるという打ち方が“ブースター効果”が得られるとされています。2回の接種による抗体価が低下してきた頃に、もう一度打つと非常に強い抗体産生が起き、それが長期にわたって持続するという人間の免疫システムの特徴を活かした効果が期待できます。そうしたブースター接種は半年から1年後くらいにかけてやればいいと考えられます」

 前出の西教授は、目的によって接種のタイミングが変わってくると言う。

「感染や発症の予防よりも重症化予防を重視するのであれば、半年以上経ったとしても慌てて打つ必要はありません。ブレイクスルー感染の状況を見て3回目接種の検討をすればよいと考えます」

※週刊ポスト2021年9月17・24日号

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ