うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

健康診断

健康診断前の「食事制限」

食事をしての検査は、かかりつけ医で行いましょう。

gooニュース記事より

10時間も前から…健康診断前の「食事制限」、なぜ課される? 守らなかったら?

10時間も前から…健康診断前の「食事制限」、なぜ課される? 守らなかったら?

健康診断前に食事をしても問題ない?

(オトナンサー)

 健康診断では多くの場合、開始10時間ほど前から食事が制限されます。水やお茶以外は口にできないことになっていますが、中には、いつものように3食を口にし、食事制限をすることなく健診を受けにくる人もいます。何らかの差し障りがあるからこそ食事制限があるはずですが、食事制限をせずに健診を受けても問題ないのでしょうか。内科医の市原由美江さんに聞きました。

中性脂肪は戻るまで最低10時間

Q.なぜ、健康診断では、開始10時間前から食事制限をしないといけないのですか。

市原さん「食事制限をするかしないかは、血液検査の結果に影響を与えます。血液検査で、空腹時と食後で差が出るのは血糖値と中性脂肪です。10時間も食事制限をしないといけないのは、通常、血糖値は食後2時間程度で空腹時と同程度に戻りますが、中性脂肪は、最低でも食後10時間は経過しないと元に戻らないためです。

健康診断での正常範囲は空腹時の状態で設定されており、食事をした後の状態では、異常値と判定されることがあります。食後には、血圧は下がりやすくなるため、高血圧が見逃される可能性もあります。

また、胃カメラや胃透視(バリウム検査)では、食事したものが胃に残っていると正しく検査できないため、食事制限は必須です。腹部超音波は食後だと、胆のう収縮が起こり、胆のうが正しく見えない可能性があること、腸内ガスが多くなり肝臓や膵臓(すいぞう)も見えにくくなることがよくあります」

Q.健診前の食事制限を守っていない人も、健診を受けることができるようです。

市原さん「健診前の食事制限を守れなかった場合、先述のように異常値となる可能性があります。しかし、そうなることを本人が了承すれば、健診を受けることはできます。つまりは、自己責任です。しかし、可能な限り食事制限を厳守して受けるべきです」

Q.食事制限を守らず、健診で悪い数値が出た場合、再検査となるのでしょうか。

市原さん「異常値であれば、再検査となります。『食事制限をしなかったから異常値になった』というような言い訳で、結果が甘めに評価されるようなことはありません。ただし、後日に医師の診察を受けて、食後の数値として許容範囲内である場合は再検査なしでも大丈夫な場合もあります」

Q.食事制限をしていないということで、健診を受診できないケースはあるのですか。

市原さん「あります。例えば、生命保険に加入するための健康診断や職場に入る前の健康診断では、なるべく異常値がないことが求められていると思います。そのため、食事制限をしていない場合、異常値となる可能性があり、健診を別の日にすることがあります。また、胃カメラや胃透視、腹部超音波検査では正確に検査できないため、それらの検査だけ別の日にすることはあります」

Q.食事制限を守っていない人は、健診開始のどれくらい前に飲食をし、何を食べたかを細かく聞かれたり、別の用紙に記入したりしているようです。どのような意図があるのでしょうか。

市原さん「たとえ食事制限をしていなかったとしても、食事制限をした人に近い状態で健診を受けられるかどうかを見極めるためです。例えば、血糖値にも中性脂肪にも影響しない食事を取っていた場合、血液検査で異常が出る可能性は低くなるため、通常通り健診を受けられると判断されます」

Q.食事制限なしで健診を受診できるのであれば、食事制限を守った人にすれば、モヤモヤした気持ちや不公平感があると思います。

市原さん「やむを得ません。ただ、食事制限をしなかった人は、きちんとした人よりも異常値になるリスクを背負います。食事制限をすることで、現在の体の正確な状態を知ることができるとポジティブに考えてもらいたいです」

Q.午後2〜4時ごろに健診となると、朝食と昼食も食べられないケースが出てきます。こうした時間に設定された場合、どのように空腹に対処すればよいですか。

市原さん「我慢するしかありません。どうしても我慢できそうにない場合、例えば、午後2時から健診が始まるとすると午前4時前に早起きして朝食を取ることになりますが、あまり現実的ではないでしょう。空腹を紛らわせるため、糖分の含まれていないお茶や水を少量飲む程度であれば大丈夫ですが、胃カメラや胃透視、腹部超音波検査があるときは水分も指定の時間以降は飲めません」

がん検診の年齢引き上げ

適宜見直しをお願いします。

gooニュース記事より

がん検診の年齢引き上げ 厚労省、来年度にも指針見直し

6/4(月) 7:55配信

産経新聞

 各自治体が行うがん検診の推奨年齢について、厚生労働省が引き上げも含め指針を見直す方針を固めたことが3日、分かった。検診はがんの早期発見につながり、死亡率の減少が期待されるため、政府は普及を進めてきたが、近年「過剰診断」などの問題も指摘されるようになった。厚労省は今年度中に議論を取りまとめ、平成31年度にも見直す方針だ。

 厚労省ががん検診の指針を策定したのは10年4月。胃がんと肺がん、大腸がんは40歳以上、乳がんと子宮頸(けい)がんは30歳以上と定めていた。

 その後、乳がんは40代の女性に罹患(りかん)率が高かったことを踏まえ、16年に40歳以上に引き上げた。逆に子宮頸がんは若年層の罹患リスクが上昇傾向にあったため20歳以上に引き下げた。

 胃がんは28年に推奨年齢を年代別罹患率を考慮した上で、50歳以上に引き上げた。このとき、胃がん検診はエックス線検査に加え、内視鏡検査も選べるようになり、検査の間隔も「毎年」から「2年に1回」に変更した。

 平成28年の胃がん検診の受診率は男性46・4%、女性35・6%、大腸がん検診は男性44・5%、女性38・5%などと高くない。このため、政府は50%を目標値にしている。実際に検診は、「異常なし」と判定されれば、安心を得られることや、死亡率減少効果などのメリットがある。

 その一方で(1)検診でがんが100%見つかるわけではない(2)不必要な治療や検査を招く可能性がある(3)生命に影響しない、微小で進行の遅いがんを見つけてしまう−などの問題もみられ、年齢が低いほど問題のリスクを受けやすい傾向がみられる。

 がんの死亡率が60代から増加し、高齢者ほど高いことも、推奨年齢などを見直す背景になっている。

人間ドックは何歳から受けるべき?

私は自分でできるところは自分でやっています。詳しい検査はしていません。

gooニュース記事より

人間ドックは何歳から受けるべき? 医師3400人にアンケート

人間ドックは何歳から受けるべき? 医師3400人にアンケート

人間ドックは何歳から受けるべき? 医師3400人にアンケート

(フォーブス ジャパン)

健康の維持や管理のために、何か気をつけていることはありますか?

こう質問をするときっと、「定期的に運動している」「塩分控えめの食生活を心がけている」「食事の栄養バランスを考えている」といった回答をする方が多いと思います。まぁ、それ以上に「何もしていない」という声も多いと思いますが……。

し かし、この質問に対して「定期的に人間ドックを受けて身体をチェックしている」という方はどれだけいるでしょうか。どれだけ気をつけようと、病気になると きはなってしまうわけで、となると早期に見つけて治療を行うことが一番大事であったりします。でも、忙しくてそれどころじゃなかったり、ついつい「まだ若 いし」と思って真面目に検査しようと思えなかったり。

では実際、人間ドックって何歳くらいから受ければ良いのでしょうか? 3300人の医師にアンケート調査を実施し、健康診断に加えて人間ドックを受け始めるべき年齢について聞いてみました。
 
すると医師の半数以上(56%)が「40-49歳」と回答し、40代から人間ドックを受けるべきと考えていることが分かりました。その根拠や目的はどんなものでしょうか。コメントを見ていきましょう。

40代は「老化が始まる」年齢だから

──45歳ぐらいから老眼も出てくるなど、確実に老化が始まっています。それを目処に自信の身体をチェックをしておいて損はないでしょう。私自身、そのくらいから人間ドックを受けています(60代男性 一般内科医)。

──50 歳以上は、高血圧や脂質異常症などすでに病気を持っている人が多く、必要なのは健診よりも治療です。健診や人間ドックは健康状態を確認し、「このままだと 病気になりますよ」と示唆するものなので、40代から受けるのが適切ではないでしょうか(60代男性 心療内科医)。

──ホルモンバランスを崩し、血管性変化の兆しが現れるのが40代です。種々の肉体的変化が出やすい時期でもあります。さらに言えば、社会的にも重要な年代。闘病生活に入ると社会的損失、かつ子育てを含む私生活への影響も甚大です(50代男性 産婦人科医)。

「早ければ早いほどいい」とする医師も

早期発見や将来的なリスクの低減を目的とすれば、早くから受けるに越したことがない気もします。実際、20〜30代を推奨する医師も合計で約18%いたので、そのコメントもいくつかご紹介します。

──予防であれば早いにこしたことはありません。ただし、現行の人間ドックは生活習慣病を中心としていることも多いので、各年代で検査項目は変えるべきと思います。例えば、若年のときは若年発症の疾患を対象にすればよいでしょう(50代男性 循環器内科医)。

──急性心筋梗塞など、血管の不良が原因となる疾患まっしぐらな肥満の方もたくさんいます。若いうちから血管年齢の評価が必要です(40代男性 小児科医)。

──異常が見つかる頻度は少ないはずですが、がんを始めとする多くの疾患の末期症状に苦しむ若年者を見る頻度もそれなりに多いです。若いうちから定期的にチェックするべきでしょう(30代男性 総合診療医)。

医師は人間ドックを受けているの?

ところで、医師はどのくらい人間ドックを受けているか気になりませんか? 「40代からがいいのでは」と言いつつ、医師自身はどうなのでしょうか。興味深いので、医師の人間ドック受診状況のアンケート結果その結果もご紹介します。
 
はい、受けていないですね。なんと、医師の約7割が「受けたことがない」と回答しました。しかしそこには、医師ならではの考えも。コメントをいくつかご紹介します。

──人間ドックは詳細な項目を選択できないのが不満です。胃カメラだけとか、普段検査しない項目だけにする、などの選択ができなければ受ける気になれません(40代女性 病理医)。

──病院や担当ドクターにもよると思いますが、人間ドックって結構、精度が低い部分も多いです。自分は、所属している病院で定期的に健康診断及び内視鏡や画像診断を受けており、これが人間ドックとほぼ同等のチェックになると考えています(60代男性 産婦人科医)。

──まとめて受ける時間がありません。休みが取れないので、心電図、上・下内視鏡検査、胸部CTをそれぞれ年2回、血液検査は毎月やるようにしています。ほかにも腫瘍マーカーを定期的に受けているので、人間ドックを受ける必要がありません(40代男性 一般内科医)。

受けていない理由には「忙しくて受ける暇がない」「そもそも、まだ若いので必要ない」という意見もありましたが、特に多いのは「必要な検査のみを定期的に受けている」というもの。中には自分でほぼ全ての検査を実施しているという方も。少し羨ましい気もします。

高齢層ほど人間ドックの受診率は上昇

ただ、図3の通り、年齢別に回答を分析すると高齢層になるほど人間ドックの受診率は高まります。「早期肺がんが見つかって以降、毎年受けている(60代男性 消化器内科医)」と、人間ドックで病気が見つかった医師も一定数いるようです。
r
人間ドックは最低でも40歳になったら、定期的に受けたほうがいい。もし可能であれば、年齢を問わず早いうちから定期的な検査をおすすめします。ただしその際は担当の医師とよく相談し、年齢に合った検査内容にするなど、より高い効果を得るための工夫が必要です。

※本記事のベースとなる調査は医師専用コミュニティサイト「MedPeer」にて実施。図1については2014年1月8日〜15日にかけて行われ、3377名が回答。図2・3については2015年1月28日〜2月3日にかけて行われ、4013名に回答いただきました。

イシコメ

健康診断「ホントの基準値」

折角の健康診断ですので、かかりつけ医とよく相談の上、うまく利用しましょう。

gooニュース記事より

血圧、メタボ、血糖…知っておきたい健康診断「ホントの基準値」

image

「健康診断が病気の早期発見、早期治療に役立っていることは確かなことです。ところが、その診断基準に大きな問題があるのです」

こう語るのは、70万人の健診結果のデータから導き出した『健康診断「本当の基準値」完全版ハンドブック』を出版した大櫛陽一・東海大学名誉教授。医療統計学が専門の大櫛先生は、現在の判定基準値の問題点をこう指摘する、

「まず男女別や年齢別の判定基準になっていない項目が多いこと。ほとんどが中年男性の体格や筋肉量に合わせて出された基準値で、女性においては、早 期異常の見逃しが起こる恐れもあるのです。また健康診断の判定基準は、各臨床学会が設定した数値を、厚生労働省が科学的な検証をすることなく使用している ものが多い。その基準値は欧米と比べても、あまりに厳しいため、健康でも“病気”とされてしまうケースがあるのです。そのため、本来なら飲む必要のない薬 を服用させられる“過剰診療”につながってしまうことも……」

そこで、更年期世代の45歳以上の女性がとくにチェックしておきたい項目の、大櫛先生が導き出した判定基準値を紹介。

■血圧(すべて女性の場合)

【最高血圧(mmHg)】45〜49歳・82〜142/50〜54歳・82〜151/55〜59歳・78〜159/60〜64歳・88〜159/65〜69歳・91〜164

【最低血圧(mmHg)】45〜49歳・49〜90/50〜54歳・49〜94/55〜59歳・50〜97/60〜64歳・52〜97/65〜69歳・54〜97

厚生労働省によると、1,000万人以上が治療を受けている高血圧。現在の判定基準では、最高血圧が130以上で、保健師の保健指導(『保健指導測 定値』)がなされ、140以上になると医療機関の受診(『受診勧奨測定値』)を勧められる。大櫛先生が導き出した“基準値”によると、45歳以上の女性の 場合、140をかなり上回っているようだが−−。

「現在の血圧の判定基準は年齢がまったく考慮されていません。加齢によって血管が硬くなることから、年を重ねるごとに男女とも血圧は上がっていきま す。脳に酸素と栄養を届けるには、ある程度の血圧の上昇が不可欠だからです。つまり30歳と45歳の女性で、基準値が大きく異なるのは自然なことなので す」(大櫛先生・以下同)

■メタボ(すべて女性の場合)

【BMI(体格指数)】45〜49歳・16.8〜25.6/50〜54歳・16.6〜26.7/55〜59歳・16.9〜26.9/60〜64歳・16.9〜27.2/65〜69歳・17.3〜27.7

【腹囲(cm)】45〜49歳・65〜96/50〜54歳・66〜97/55〜59歳・66〜97/60〜64歳・67〜98/65〜69歳・67〜100

糖尿病、脳血管障害、心臓疾患、大腸がん、乳がんなどのリスクとなる肥満。とりわけ、もっとも深刻なのがメタボ(メタボリックシンドローム)といわ れる内臓脂肪型肥満だ。このメタボの目安になるのが体格指数の「BMI」〈=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)〉と、おへその位置で測る「腹囲」。現 在の診断基準ではBMIが25以上、腹囲90センチ以上が“内臓脂肪蓄積リスク”に相当。“メタボ度”のステップ1と判定されるが……。

「国際的な肥満の基準は、BMI30以上。日本の診断基準が厳しすぎるのです。また“やせ”の基準がないことも問題。無理なダイエットや、逆にやせすぎによる免疫力低下は、がん、肺炎、脳卒中などによる死亡リスクを高めてしまうこともあります」

■血糖(すべて女性の場合)

【空腹時血糖〈Glu〉(mg/dl)】45〜49歳・78〜106/50〜54歳・78〜109/55〜59歳・78〜109/60〜64歳・79〜110/65〜69歳・79〜111

【ヘモグロビンA1c〈HbA1c〉(%)】45〜49歳・4.6〜5.9/50〜54歳・4.8〜6.0/55〜59歳・4.9〜6.1/60〜64歳・4.9〜6.2/65〜69歳・4.9〜6.1

健康診断の検査項目で、血糖異常かどうかを示すのは「空腹時血糖」。これは血液中のブドウ糖の濃度のことで、高血糖になると、糖尿病のリスクが高ま り、低血糖では低栄養状態の可能性がある。また赤血球中のヘモグロビンがブドウ糖と結合した「糖化ヘモグロビン」の濃度を示す「ヘモグロビンA1c」も、 糖尿病の診断基準になる検査項目のひとつ。現在の診断基準では「空腹時血糖値」が126以上、「ヘモグロビンA1c」は6.5以上になると、糖尿病の疑い ありとされ、医師による受診が推奨されているが−−。

「『空腹時血糖値』と『ヘモグロビンA1c』の現在の判定基準は、男女差がまったく考慮されていないことが問題。実はどちらも筋肉量の違いによって 大きく異なります。現行の基準値は、中年男性には適切ですが、45歳以上の女性にとっては、診断基準値が甘すぎます。そのため、血糖異常を見逃してしま い、気がついたら糖尿病になってしまっていた、ということもあるのです」

ストレスチェック制度「効果はない」

私もどちらうかというと否定的な印象です。

gooニュース記事より

職場のストレスチェック制度、医師6割「効果はない」

職場のストレスチェック制度、医師6割「効果はない」

マイナビニュース

(マイナビニュース)

メドピアは8月16日、「ストレスチェック制度」についてのアンケート結果を発表した。調査は8月3日〜9日、医師専用コミュニティサイト「MedPeer」会員4,031人を対象にインターネットで行われた。

ストレスチェック制度とは、労働者が50人以上の事業所において、医師・保健師等によるストレスチェックを労働者に対して実施することが義務付けられたもの。労働者から申し出があった場合は、医師による面接指導も行われる。目的は、労働者のメンタルヘルス不 調を未然に防ぐ「一次予防」と位置づけられている(「一次予防」は健康増進や疾病予防、「二次予防」は疾病の早期発見・早期治療のことを指す)。改正労働 安全衛生法に基づいて2015年12月に施行され、2016年11月30日までにすべての労働者に対して1回目の検査を実施する必要がある。

「ストレスチェック制度はメンタルヘルス不調の一次予防に効果があるか?」の質問に対し、最多回答は「どちらかと言えば効果はない」(45.3%)だった。「まったく効果はない」(16.8%)と合わせて、6割以上の医師が「効果はない」と回答した。

「ストレスチェック後の職場改善の対策が無い限り、一次予防にはならない」「本当にうつ状態で悩んでいる人よりも職場に不満のある人が引っかかる恐れがあり、本来の趣旨とずれる」といった声が挙がった。

一方、「どちらかと言えば効果がある」と回答した医師も35.6%存在し、2番目に多かった。「かなり効果がある」と回答した医師はわずか2.3%。効果 がある理由には、「メンタルヘルスの重要性の啓蒙になる」「やらないよりは、やることで救われる労働者もいる」「ストレスの多い職場のチェックになる」と いうコメントが見られた。
ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ