うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

健康生活術

「気持ちがラク」SNSで注目“父子帰省”

全員で帰省しました。

gooニュース記事より

「気持ちがラク」SNSで注目“父子帰省” 妻や親への気遣い→お盆の選択柔軟に

「気持ちがラク」SNSで注目“父子帰省” 妻や親への気遣い→お盆の選択柔軟に

父子帰省を経験した男性。「移動中の新幹線では、席を確保したものの息子がグズるので立ちっぱなしでした」と振り返る=提供

(withnews)

■連載「#父親のモヤモヤ」

お盆は帰省シーズン。一家そろって故郷で過ごす人も多いでしょう。一方、父親と子どもだけで父親の実家に帰る「父子帰省」が、じわりと注目を集めています。夫の実家と言えば「妻の憂鬱(ゆううつ)」が話題になりがちですが、夫にもモヤモヤがあるのでしょうか。(朝日新聞記者・高橋健次郎)

父子帰省「気持ちがラク」

「自分の実家へ妻を連れて帰省すると、両親も妻も気を使う。誰にも気を使わせない父子帰省はよかったです」

会社員の男性(29)は昨年の夏、当時1歳半だった一人息子と、自宅のある埼玉県から両親の住む富山県へ初めて「父子帰省」をしました。

「嫁」と「姑」の仲が悪いから、ではありません。

聞けば、共働きの妻は当時、資格試験に向けた勉強中。その上、男性の夏休みに模試があたってしまったというのです。家族全員で帰れば費用もかさみます。そうしたことから、「父子帰省」を決めたそうです。

ただ、「父子帰省」の方が気持ちがラクだと思ったのも事実でした。

両親は男性の一家を迎え入れることに気を使う。一方、妻自身も「手伝わなければ」と気負う。男性自身は、そうした状況に気をもみモヤモヤする。

これまでの帰省でそうした思いがありましたが、「父子帰省」ならばありません。

妻からも感謝

実際の帰省はどうだったのでしょうか。

男性は、普段から妻と家事や育児を分担しています。子どもの面倒を見ることに気負いはありませんが、新幹線で2時間の移動が最初の関門として立ちはだかったそうです。

お菓子やおもちゃを与えても、すぐにグズってしまう。結局、デッキで遊ばせたり、抱っこしたり。ほとんど自席に座れませんでした。実家に着けば、埼玉の自宅にはない階段がありました。子どもが夢中になって上り下りするので、つきっきりになりました。

「『両親に子どもを預け、羽を伸ばす』という考えは甘かったです」。男性はそう振り返ります。
 
それでも、両親と海や動物園、カフェなどに行き、休みを満喫できました。

妻からは、1人の時間が確保できたことを感謝されたそうです。仕事と子育てに追われ、互いに、毎日ひと息つく間もなかった男性夫婦。そこで、今年5月の大型連休は、父子と母子、それぞれで帰省しました。

「年に1回そろって顔を見せれば、あとは状況に合わせて柔軟に帰省すればいいと思います」

帰省の選択肢が増えた

教員の30代男性は昨年末、沖縄県に帰省する際、先に男性と1歳の息子が帰省し、後から妻が合流する部分的な「父子帰省」をしました。男性と妻は、普段から家事や育児を分担しており、大きな不安はありませんでした。

「元々は妻の仕事が忙しく、長く休みを取れないことが理由でした。ただ、私が自宅でオンオペ育児をするよりも、実家に帰った方が気がまぎれるし、両親も喜ぶと思いました。妻も仕事に集中できます。ウィンウィンだと思いました」

「父子帰省」をしている間、妻は仕事に集中できたほか、子どもの支度でドタバタすることなく朝はゆっくりと出勤できたそう。「外食もすることができて、息抜きができたようです」

両親と妻の関係は良好。それでも「気を使っているところはあると思います。滞在が長いと妻の疲れがみえてきます」

男性自身も、両親や妻が気を使い合うことにモヤモヤしていました。これまでの帰省では、1週間の滞在中に2泊3日で男性と妻、息子と3人の小旅行を織り交ぜたり、妻の自由時間を作ったりして、ストレスを軽くするようにしていたそうです。

その後、男性の出張中に妻が母子帰省したり、今年の夏は、先に家族3人で帰り、男性と息子が残るパターンにしたり。「夫婦として選択肢が増えて定着した感じはあります」。男性はそう話しました。

SNSで目立つ「父子帰省」

「父子帰省」は、1年ほど前からSNSなどインターネット上で目立つようになってきた言葉です。

お盆やお正月に夫が「父子帰省」したという妻からは、「2泊3日の間、自由。ほんと自由って素敵」「パパも故郷で遊べて楽しい。じじばばも楽しい。ママもひとり時間楽しい。父子帰省、みんなハッピー」などと賛同する言葉が並びます。

ただ、「父子帰省」を考えるにあたっては、多くの妻が、夫の実家への帰省に対して、多かれ少なかれ憂鬱な気持ちを抱いている実態はおさえておく必要があります。SNS上には、「心底ストレス」「頭おかしくなりそう」などと、辛辣(しんらつ)な言葉も並びます。

そうした状況が世に広まっているからこそ、憂鬱から解放される手段として「父子帰省」が注目されるのでしょう。

取材した2人の男性の場合、妻と実家との関係は良好でした。それでも、両親と妻が気を使い合うことにモヤモヤしていました。

記者(39)自身、妻と娘(3)を連れて私の実家に帰省する時は、同じようにモヤモヤします。「両親は気を使い過ぎていないだろうか」「妻はストレスを感じていないだろうか」。帰省をめぐる世の中の厳しい意見も頭に浮かびます。気にしすぎなのかもしれません。それでも、それぞれが少しずつ気を使っていると感じます。

私も妻の仕事が忙しい時に一度、「父子帰省」したことがあります。こうしたモヤモヤはありませんでした。当時は、娘が早朝に起きることがままありました。「ぐっすりと寝られた」と妻に感謝もされました。

ただ、すべての帰省を「父子帰省」にするかといえば、そうはしません。「定期的にそろって顔を合わせたい」という家族観は、両親も妻も一致するところだからです。

「年に一度は、みんなで顔をあわせたい」「ずっと、父子帰省でも気にしない」。家族によっても、年代によっても、感じ方は異なるでしょう。みなさんはいかがでしょうか。

父親のモヤモヤ、お寄せください

帰省の記事に関する感想をお寄せください。「パパ友」「イクメン」というキーワードでも、モヤモヤや体験を募ります。「ママ友にくらべ、パパ友はつくりにくい」という声も聞きます。パパ友はほしいですか? 「イクメン」という言葉を前向きにとらえる意見がある一方、「イクメンという言葉が重荷」「そもそもイクメンという言葉が嫌い」という意見もあります。みなさんはどう思いますか?

いずれも連絡先を明記のうえ、メール(seikatsu@asahi.com)、ファクス(03・5540・7354)、または郵便(〒104・8011=住所不要)で、朝日新聞文化くらし報道部「父親のモヤモヤ」係へお寄せください。

海外で抗菌薬「使わないで」

下痢に抗菌薬は基本駄目ですね。

gooニュース記事より

海外で抗菌薬「使わないで」…耐性菌増やす恐れ

 海外旅行の“お土産”に薬が効かない耐性菌を持ち帰らないで――。国立国際医療研究センター病院(東京都)は、海外旅行中の下痢や腹痛で安易に抗菌薬(抗生物質)を服用すると、耐性菌を国内に持ち込む恐れがあるとして注意を呼びかけている。

 同病院が6月にインターネットでアンケートしたところ、東南アジアや南アジアに旅行した経験がある20〜60歳代の男女331人のうち、63%が旅行中に下痢や腹痛になったことがあった。予防のために日本から抗菌薬を持参・服用していた人も43%に上った。

 特に、バックパッカーが多い20歳代男性では、85%が下痢・腹痛を経験。抗菌薬を持参・服用した割合も79%と高かった。

 抗菌薬の入手は、国内では医師の処方箋が必要。海外旅行に持参したという抗菌薬は、過去に治療で処方されたり、家族が使ったりした残りが考えられる。

 同病院によると、抗菌薬は薬ごとに効く細菌が決まっており、タイプが違うと効果がないだけでなく、腸内の細菌バランスが崩れるなどして、耐性菌を増やす危険がある。下痢の原因がマラリアや腸チフスなどであれば、診断が遅れ、命にかかわる恐れもある。

 予防・対応策として〈1〉こまめに手洗いをする〈2〉生の野菜や果物、屋台での食事は避ける〈3〉軽い下痢なら整腸剤で様子を見る〈4〉重い場合は現地の医療機関にかかる〈5〉自己判断で抗菌薬を服用しない――ことなどを挙げている。

クルマ いち早く涼しくするには?

何となくやっていることですね。

Yahooニュース記事より
ここから本文です

炎天下に駐車、サウナ状態のクルマ いち早く涼しくするには? 窓もポイント

8/10(土) 11:54配信

乗りものニュース

夏の車内温度、60度以上に!

 炎天下に駐車していて、まるでサウナのようになってしまった車内、さっさと冷やしたいものです。

【図解】車内に風が流れる「窓の開け方」

 車内の効率的な冷やし方について、三菱重工グループでカーエアコンをはじめとする空調関連製品を扱う三菱重工サーマルシステムズ(東京都港区)に話を聞きました。

――乗り込んだらまず、どうすべきでしょうか?

 夏場は車内温度が60度以上になることもあり、エアコンを使うにしても、車内の熱気を早く外へ逃がすため、窓を開け換気することを推奨します。最も早く換気する方法は、すべての窓を全開にして走行することです。そのうえで、エアコンはマックスクール(A/Cオン、風量最大、温度最低、内気循環モード)に設定します。

 雨などで窓を全開できない場合でも、少し開けるだけで効果はあります。部分的に開ける際は運転席だけでなく、助手席や後席など複数の窓を開け、空気の通り道を確保することがポイントです。

――換気が重要という点では、状況に応じてエアコンを外気導入モードに切り替え、外気を取り込んだほうがよいのでしょうか?

 いえ、あまり気にすることなく、内気循環モードのままでよいと思います。車内温度が外より高い場合は、外気導入モードで外気を取り込んだ方が原理的には効果的ですが、クルマが停止している場合は、取り込む空気がボディーやエンジンルームの熱に影響されるため、窓を開けるよりも効果は小さくなります。

 車内が十分に換気され、温度が外気温くらいまで下がってきたら、速やかに窓を閉めて下さい。開けっ放しのままでは逆効果です。

※ ※ ※

 ちなみに一部車種では、リモコンキーのドアロック解除ボタンを長押しすると、外部から自動的に窓を全開にする機能があります。

乗りものニュース編集部

水をガブ飲みするのは危険?

分かりやすいです。

gooニュース記事より

大量の汗をかいたとき、水をガブ飲みするのは危険?

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

【問題】猛暑の中の活動で大量の汗をかいたときに、水だけをたくさん飲むと、こむらがえりや頭痛、吐き気などを起こすことがある。これってホント? ウソ?

(1)ホント

(2)ウソ







正解は、(1)ホントです。

■大量発汗時に水だけを大量に補うと「水中毒」になる危険

毎年、気温の上昇とともに熱中症で倒れる人が増えてきます。熱中症は、高温環境下に長期間いること(いたこと)によって、体の中で産生された熱がうまく放散できずに起こる体調不良の総称です。そのベースにあるのは、大量の汗をかくことなどによって、体の中の体液が減ってしまう脱水症です。

熱中症、脱水症を予防するためには、水分補給がとても大切です。と言っても、ただ水をたくさん飲めばいいというわけではありません。

人間の体液は、水と塩分(ナトリウムイオンなどの電解質)でできています。猛暑の中での活動で大量の汗をかいたときには、水分とともに塩分も失われてしまっています。そんなときに水だけを飲んでも、塩分がなければ浸透圧の関係で細胞の中まで入っていけないため、体の中に水分をためておくことができません。さらには体液が薄まって、ナトリウム不足(低ナトリウム血症)を起こしてしまう危険があります。この現象は水中毒とも呼ばれます。水中毒になると、こむらがえりや頭痛、吐き気を起こしたり、意識がもうろうとしたり、けいれんを起こしたりして、重症の場合は死亡することもあります。

「日常の水分補給であれば、水だけでも構いません。ただ、暑さのせいで食欲がなく、食事から十分な塩分がとれていないときや、大量の汗をかいて塩分を多く失ったときは、水だけではなく塩分も必ず補給してください」。熱中症や脱水症に詳しい済生会横浜市東部病院患者支援センター長兼栄養部部長の谷口英喜氏は、そう話します。

「水やお茶に加えて、塩飴、梅干しなどを一緒にとるのもよいでしょう。スポーツで汗をかいたときの脱水予防であれば、スポーツドリンクを利用するのもいいですね。ただし、(めまいや頭痛、こむら返りなどの症状が現れる)急性の脱水症などで緊急に水分補給が必要なときには、経口補水液を飲んでください」(谷口氏)

■「経口補水液」を飲めば、脱水症が劇的に回復

経口補水液には、体液に近いバランスで水分と塩分(ナトリウムイオン)が含まれているため、両方を一度に補うことができます。さらに、水分が小腸で吸収される際の吸収速度を高めるため、一定の割合でブドウ糖が含まれています。これにより、水分と塩分が小腸で素早く吸収されるのです。さらに、脱水症のときにナトリウム以外にも失われるカリウムイオンやマグネシウムイオンも含まれており、これらが不足して起こるこむら返りや筋力の低下、しびれ、不整脈などの予防・改善に役立ちます。

「経口補水液は“飲む点滴”と呼ばれるほど脱水症への効果が高く、脱水症のときに経口補水液を500〜1000mL飲むと、だいたいは30分くらいで劇的に元気になります」と谷口氏は話します。経口補水液は、脱水症になった体に、体液に近い成分を素早く確実に補給する理想的な飲み物なのです。

一方スポーツドリンクは、汗とともに失われた水分や塩分を補給したり、ブドウ糖、アミノ酸などの栄養を補給して疲労回復を促すための飲料です。製品によって成分や濃度が大きく異なりますが、口当たりを良くするために、経口補水液に比べるとナトリウムイオンの濃度は低め。その分、水分、塩分の吸収力や吸収速度は経口補水液に比べると低くなります。

スポーツドリンクは糖分が多めなので、運動をしない人が日常的に飲むと、糖分のとり過ぎになる可能性があります。スポーツ時や肉体労働時に、水分補給と同時に消費したエネルギーを補給する目的で飲むとよいでしょう。

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday2019年7月29日付記事を再構成]

子供が引きこもらない育て方

引きこもりの相談を受けることがありますが、何ともしがたいことも多いです。

gooニュース記事より

「好きな遊びを好きなだけ」子供が引きこもらない育て方

「好きな遊びを好きなだけ」子供が引きこもらない育て方

写真はイメージ

(日刊ゲンダイDIGITAL)

【ストレス社会の生き延び方】#1

 元農水省事務次官が44歳長男を殺害した事件。元次官は、引きこもりがちの長男から暴力を受けていたのだという。

 果たして、中高年の引きこもりにならない育て方はあるのだろうか?

「私は、産業医面談を通して、タフな環境でも不安やストレスで悩まず働き続ける人たちの特性を観察してきました。そして、このような人たちには、子ども(学生)時代に共通する育まれ方があることがわかりました。それはテストの点数や偏差値、IQなど数字で示される認知能力だけでなく、コミュニケーション力、目標を持って努力するなどの非認知能力が高いこと。特に社会に出ると、学生時代とは違い、自分が劣っていることを認めざるを得ません」

 時にはショックを受け、職場に足が向かなくなる。このような反応は、落ち込み(抑うつ)、逆ギレ、引きこもり(遅刻の常習や出社拒否)という形で表れるという。

「一方、非認知能力の高い人は、自分の知らなかった新しい世界の人々と交わり、協議、協調し、試行錯誤を繰り返し、転んでも立ち上がることができます」

 大人になって求められることは、「勉強」から「仕事」に変わる。大きく3つが変わってくる。 1つ目は、「自分の問題を解決すること」から「相手の課題を解決すること」への変化。

 2つ目は、気の合う友達と過ごしてきた環境から、仲良くしづらい人とも一緒に過ごさなければならない環境への変化。 3つ目は、テストの点数で評価をされることから、行動で評価されることへの変化。机上の理論ではなく、プロセスが評価基準となる。

「これらに対応できないことが、メンタルヘルス不調の原因になっていることが多々あります。非認知能力の高い人は回復力が上回り、この変化にしなやかに対応できているのです」

 では、非認知能力はどのようにすれば身に付けられるのか。

「未就学児であれば、好きな遊びに集中して取り組ませてあげること。親と一緒に絵本の読み聞かせや、料理・掃除・片づけなどをする。そして、許容範囲内で失敗も経験させること。就学後はさまざまな体験活動を継続させる。学校や地域における好きなクラブ活動などで、仲間たちとともに、挑戦・成功・失敗などの体験を継続することで、周囲との協調や思いやりを含めて身に付けられるのだと思います。好きな遊びや部活動、絵画やボーイスカウトなどの活動を続ける。好きなことに仲間たちとともに継続的に没頭する中で感情(好きや楽しさ、達成感や悔しさ、協力や思いやり)のサイクルが自然と回り、非認知能力は育ちます」 単純に言えば、知育教育(読み書き)の塾より、サッカー教室などに通わせた方がいいのかもしれない。

 ちなみに、殺害された元事務次官の長男はツイッターに「勉強をしたくないのに、勉強をしていた」「勉強をしなければ、母親におもちゃを壊されるという教育を受けていた」と書き込んでいた。

(武神健之/日本ストレスチェック協会代表理事 構成・中森勇人)

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ