うづまクリニックブログ

栃木県栃木市で内科・外科・小児科の病気全般の治療を行っている「うづまクリニック」のブログです。

産業医活動

「ブラック産業医が復職阻止

これはひどいです。私は良心に基づいて判断しています。復職に繋げた方も複数おられますが、引き止めていたにもかかわらず自主的に退職されていった方もいます。

gooニュース記事より

「ブラック産業医が復職阻止、クビ切りビジネスをしている」弁護士が警鐘

企業と組んで、不当な解雇に手を貸す「ブラック産業医」が問題になっているとして、労働問題に取り組む弁護士らが4月13日、厚生労働省に申し入れを行った。

50人以上の労働者がいる事業場は、産業医を選任しなくてはならない。産業医の仕事の1つに、職場復帰の支援があるが、従業員の復職を認めず、休職期間満了で退職に追い込む「クビ切りビジネス」に手を染める者もいるという。

●短時間の面接、主治医の意見聞かずに診断

神奈川県の団体職員だった女性Aさん(43)は、団体内のパワハラやいじめに悩まされ、うつ病を発症。2014年5月に休職した。体調が回復したので、主治医の診断書を添えて復職を申し出たが、団体は復職を認めなかった。産業医がAさんの復職を否とする意見書を出したからだ。Aさんは2015年6月、休職期間満了で退職扱いされた。

この産業医はAさんと30分の面談を1回しただけ。主治医への問い合わせは一度もなく、心理検査もしないで、「統合失調症」「混合性人格障害」など、Aさんがこれまで一度も受けたことのない病名をつけたという。

この産業医から同じような形で、復帰を阻まれ、退職を余儀なくされた人たちはAさんも含め、少なくとも3人。うち1人は別の企業の社員だった。3人はいずれも現在、裁判で退職無効を訴えている。

●「お金を出してくれる企業に迎合せず診断できるのか?」

「こ の産業医は精神科の臨床経験がない、内科の専門医です。にもかかわらず、主治医の話も聞かず、不合理な診断を下していました」。そう話すのは、Aさんの代 理人で今回の申し入れを行った、北神英典弁護士。北神弁護士によると、医師であれば専門にかかわらず、50時間程度の講習を受けるだけで、産業医の認定を 受けられるという。

「産業医は10社、20社と掛け持ちすれば、高額な報酬を受けることができます。お金を出してくれる企業に迎合せず、診断を出すことができるのでしょうか。現状は、本人の良心に委ねられているだけで、産業医の中立性、専門性を担保する制度が存在しません」(北神弁護士)

そこで北神弁護士らが求めたのは、次の3点。

(1) 復職の可否について、産業医と主治医の判断が異なる場合、産業医が主治医に十分な意見聴取を行うことを法令で義務化すること、(2)法令による産業医に対 する懲戒制度の創設、(3)メンタルが原因による休職の場合、精神科専門医でない産業医が復職の可否を判断できないようにすること。

「従業員が裁判を起こして引っ繰り返すことはできるかもしれないが、時間もお金もかかる。本人のメンタルも参ってしまう。きっちりとした制度を作ってほしい」(北神弁護士)

(弁護士ドットコムニュース)

産業医面談(2013.9.5)

木曜日は産業医活動の日でした。嘱託を務める学校にお邪魔してきました。皆さん、産業医や保健室の先生の助言を参考に適切に対応頂いているようで、うれしく思います。かかりつけ医がはっきりしていない方がおり、改めて当院を受診したい旨のお言葉を頂きました。病院でお待ちしています。今回面談した方は、来年の健診結果を楽しみにしています。今後も、皆さんの健康を見守って適切に介入させて頂きますので、よろしくお願いします。

産業医面談&講話(2013)

産業医を担当する施設において、面談と講話を実施しました。講話は、産業医の役割と生活習慣についてのお話(健康基礎知識ー仕事と健康の両立のためにー)でした。翌日の面談の際に、「役立つお話を聞けました」とのお言葉を複数の方から直接頂きました。来年もさらにバージョンアップしたお話ができればと思います。毎月の面談も楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。

ご冥福をお祈り致します(2013.2.4)。

私が産業医を務める施設の職員さんが、50歳代で亡くなられました。つい1週間前に、職員健診の結果を受けた健康指導を実施したばかりです。日頃から、老衰または回復不可能な大病で長患いして亡くなる方に対応する機会はとても多いのですが、若い方の外傷による突然の死亡という話に接すると、とてもやりきれない気持ちになります。言葉を失います。

産業医活動を行いました(2012.11.8)。

担当の教育施設に出向いて、職員検診の結果を受けた職員の健康相談を行ないました。皆さん前向きな方、健康意識の高い方が多く、嘱託医としてはとてもやりがいの多い仕事になりました。意味のある、効果が得られる、持続性のある指導を心がけています。今後も同様の活動を継続し、後日ゆっくりと時間を取って健康や病気に関する講話を担当させて頂こうと思います。手始めに、喫煙、飲酒から始まって、血圧、糖尿病、痛風、肝機能障害などメジャーな病気と対処方法、予防法などについてお話することを考えています。

http://blog.livedoor.jp/udumaclinic/archives/1605730.html
産業医活動

ごあいさつ

高齢化が進み、病気とうまく付き合いながら生活してゆくことが、より大切になってきました。また、若いうちから健康を保つ事の重要性が増してきました。

当クリニックは、内科・外科の病気全般とその周辺の病気をもった患者さんを対象とする「よろず治療院」です。特に、かかりつけ医を持ちたい、診察もお薬も一箇所で扱って欲しい、すぐに、またはゆっくり診て欲しい、家族全員を診て欲しい、等のご希望の方々には、ご満足頂けるのではないかと思っております。クリニックを知って頂くため、まずは是非とも足を運んでみて下さい。お待ちしております。

初診時には、保険証、薬や療養の手帳・育児手帳などを持参の上、御来院下さい。予約は要りませんが、予防接種を希望される方やすぐの診察を希望される方は、あらかじめ電話で空いている時間を確認されてから受診されることをお勧めします。
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ