桃のパフェ食べに行ったら桃のピザに抱かれた

カテゴリ:
痩せたいけどパフェが好き。
そういう矛盾を抱えるのがオンナって生き物ですよね?

なので、桃のパフェを食べに行こうかなと思いまして。

最初は、福島に行ってパフェ食べて、そのまま仙台に流れてジョジョフェスを堪能して帰ってこようと思ったんですが、世の中お盆なんだということをスッカリ忘れてまして、東北新幹線に空席ゼロ。

指定席を絶対キープしたい派閥なので、敢え無く断念したのです、今回の東北の桃プランは。

そこで山梨ですよ。

山梨にも、超行ってみたいトキメキの桃パフェ屋が数店ありまして。が、車の運転が出来ないので厳しいかなあと何となく保留にしていたのですが、Google先生に調べてもらったら、高速バスのバス停から徒歩6分って書いてあるじゃありませんか!

行ける。

確信を得たので「明日行こう」という話になり、急遽ピチピチピーチな桃好きっ子3人で桃食べまくりの日帰り旅行に行くことに。

とりあえず、空席があった9時25分に新宿バスタ発のバスにライドオン。
お盆の中央道の渋滞に巻き込まれながら、12時過ぎに到着しましたは、ピーチカフェなかにし!!
お盆なので、もちろんカフェも大行列。14組待ち・2時間待って出会ったパフェは……
何ということでしょう。

一宮特産の白桃・夏の子という固めの桃が華麗に盛り付けられた見目麗しいパフェ。
艶やかな大輪の花が咲いたよう。

それぞれ、個別で商品化されている桃のジャムや桃のコンポートが詰まった器は、永遠に食べ続けたい夢の味…

桃の味を第一に考えられた桃のピザも頂きました。あゝ至福…!!

あまりに桃のパフェが美味しかったため、もうひとパフェ食べたいという欲求が湧き出て止まりません。

Google先生いわく、ピーチカフェなかにしから徒歩10分くらいのところに、こちらもまた魅惑的なカフェがあるとのことでして、早速行ってみることに。
2軒目にお邪魔しましたは、マルサマルシェ・クッキングスタジオ

「キッチンスタジオ」というだけあり、旬のフルーツのジャムやコンポートを作ったり、フルーツ狩りなどの体験もできる、コト消費重視のカフェです。

そこで私たちが挑戦したこと、それは…
パフェ作り!

パフェ、作ったことない、そう言えば!!

というわけで、桃を一個まるっと使った贅沢パフェを作りましたよ!
何ということでしょう。

センス。抜群にセンスが無い盛り付け。もはや桃の神様に土下座しろ。桃として生まれて、こんな風な顛末を迎えることになった私に当てがわれた桃に詫びろ。

あんまりにもあんまりだったので、さすがに少し手直し。
おかしいなあ、福島の「森のガーデン」「桃パフェ」で画像検索した時みたいになるはずだったんだけどなあ…

もちろん、素材として頂いた桃のジャム、桃のシャーベットはどれも超美味しいものでしたので、味は良かったんですよ味は!美味しかったよ!そこは間違いないよ!!

ここ、マルサマルシェでは、普通にプロが提供してくれる魅力的なメニューもありまして、当然の如くそちらもオーダー。

先ほどとは打って変わった厚めの桃のピザ!

先ほどのは桃の味を重視したものでしたが、こちらはチーズやヨーグルトと3種類の桃が乗った、素材のマリアージュを楽しむ系ピザ。もうね、3人で1枚じゃなくて、1人1枚頼めば良かったレベル。食べたかった。もっと食べたかった。メニューにあった桃のパスタも食べたかった。

9月に入ると、桃から葡萄にチェンジして、葡萄のピザと葡萄のパスタになるそうですよ奥様!さらに季節が進むとあんぽ柿のピザとパスタですってよ奥様!行く以外に選択肢、あります?

さすがにお腹もいっぱいですし、せっかくの山梨なので温泉にでも入るかと今度はタクシー移動。でもね?途中で、たまたま、行ってみたかったんだけど電話したら「カフェは混雑してて受付は終わってる」と言われて今回は諦めたあるお店の前をタクシーで通過しましてね?「カフェには入れなくても、ジェラートだけなら外で食べられる」と立ち寄ることに。

という偶然で立ち寄ることになりましたは、桃の家カフェ ラ・ペスカ!カフェは受付終わっても、18時までは外にあるジェラートは食べられちゃうという罪なお店。

確かに満腹なので温泉に向かっていたはずの私たちですが、桃だけで6種類ものジェラートを見せられたらばさー…
9種類頼むよね!

というわけで、
1.桃・夢あさま
2.桃・白鳳
3.桃・一宮白桃
4.桃・あかつき
5.桃・夏おとめ
6.桃・ホワイトピーチ
7.二年熟成みそ
8.干し柿ミルク
9.ベリーAマーブル
と、トリプル✕3で攻めることに。

え?3人なんでしょ?桃は6種類なんでしょ?満腹なんでしょ?せめてダブル✕3じゃだめなんですか?
とか言う人とはアタシ、仲良くなれない。そんな選択肢は、微塵たりとも浮かびませんでしたね。逆に残りのソルダム・キウイフルーツ・豆乳黒蜜の3つしか残ってないんだから、トリプル✕4でそれ全部制覇すべきだったと反省しております。本当に申し訳ございませんでした。

っていうか、どれも完璧に美味しかったし、桃6種類、きっぱり味が違うのに全部確かに桃味で、桃の奥深さは無限大だなと痛感したのでした。そして、こんなにジェラートが美味しいところのパフェには期待しか無いので、絶対にまた行こうと思うのでした。

そして、今度こそ温泉へ。

今回向かった温泉は、源泉かけ流しの正徳寺温泉初花


サイトを見ると、何故か温泉よりも目に飛び込んでくるのは鰻の蒲焼き写真!
なんでも、もともと養鰻業を営んでいたとのことで、その鰻が妙に元気で病気にならない、使用している井戸水が良いのでは?と調べていくうちに、実は成分が良い温泉でした〜、という変わった誕生の仕方の温泉。

鰻関係あるかしら…と思うほど、入っているだけでお肌がツルツル通り超えてヌルヌルになる、素敵な湯質の温泉でした!露天風呂に屋根つけただけ、みたいな変わったスチームサウナに何時間でも入っていたかった…!

そして今度は駅に移動。お盆祭りみたいなのを眺めつつ、20時台の特急かいじに乗って、帰宅の途につい…たりはしません!

せっかくの桃づくしの日ですもの。最後の最後まで桃愛を貫き通したい…!!

というわけで、新宿までの特急券を持っていたにも関わらず、立川で下車。南武線と東横線乗り継いでで向かいましたは川崎市・元住吉のビストロ クロシェット

ここは、私が頻繁に通うビストロなんですけども、この日の狙いは季節限定メニュー、桃のポタージュスープ!

これがさー、本当に絶妙な桃味で超美味しいんですよ!毎年楽しみにしているんですが、今年はタイミングが合わないままこの日がスープの最終日、というわけで、是が非でも来なくてはならなかったのです。(ちなみに黄色い方はカボチャのポタージュ)

もちろんスープだけじゃなく、あれこれ盛りだくさんで食べさせて頂きまして、本当に我々の胃袋はどうなっているんだろう…?となった一日となったのでした。


いやー、食った食った!

巨峰がこんなにタワワに実っていたことですし、次は巨峰パフェ、巨峰ピザ、巨峰パスタ、巨峰ジェラート、巨峰ジュースを飲みながら時々シャインマスカットで口直しする、みたいな日帰り旅行に来なくては、とスケジュール帳を睨んでおります。はー、フルーツ素晴らしすぎる!



#氣志團 ニューアルバム「万謡集」リリイベ「 #夜聴の会 」90%レポ

カテゴリ:
いやー、いよいよ発売されましたね!
我らが氣志團のニューアルバム、「万謡集」!!



このニューアルバムを、発売日に氣志團メンバーと一緒に聴きながら各曲に対するエピソードや想いなどを聴く夢のようなイベント、それが「夜聴の会」なのです。

そんな夜聴の会、あれこれメモってきましたYO!なので、来れなかったKISSESの皆さんは、これ見ながらアルバム聴いてみてください!
では早速……

氣志團ニューアルバム「万謡集」リリースイベント「夜聴の会」レポ、スタート!

<入場>
・8分押しで本日のMC、エイベックスのクボヤスさんが赤いジャケット蝶ネクタイで登場。
・メンバー呼び込み 
・メンバー登場。今日の学ランはジョジョラン

翔やん「久保さん、ぜんっぜん聞こえない。俺たち、いつ入っていいんだか分からなくて」といきなりクレーム

<メンバー自己紹介>
翔やん「夏休みはないけれど、あったならば東南アジアに行ってみたい綾小路翔です」
トミー「夏休みはないけれど、あったならばハワイで昼寝がしたいギターの西園寺瞳です」
ランマ「夏やsお18ywんくぉLJう」(噛んでしまって笑いが止まらず進まない)
翔やん「時間がかかりそうだから次進もう」
松「夏休みはないけれど、あったならば網走刑務所を見学したいベースの白鳥松竹梅です」
ランマ再チャレンジ「夏休みはないけれど、あったら風の谷に行きたいです」
翔やん「星さんはたまにこうなる。これを氣志團用語でクック病と呼んでいます。他の人には全然分からないとこでランマがずーっと笑ってて機能しないことをクック病といいます。」


<アルバムについて>
クボヤスさん「では、アルバムについてご挨拶を」
一同「ご挨拶?」
翔やん「今日無事発売しました。ありがとうございます。通算何枚目のアルバムですかね?」
トミー「シックスセンス入れるの?」
翔やん「入れる入れる(ふたりで数えて)9枚目のアルバム!ベストを除いて。」
翔やん「今回のアルバムは、我々の身体には殆ど無い成分だけでできた制品です」
トミー「映画の舞台挨拶の人たちすごいね」
翔やん「こんな感じでいいこと話すもんね。ダボーっとした服を着て、こーんな帽子被った綾野剛はいいこと話すんだよ。久保田さんがテンパるのよ仕方ないですね。」
翔やん「このアルバムを、みんなと一緒に聞けるの嬉しい。自分たちだけで育った顔をしたこともありましたが、たくさんのアルバム出せたのも、携わってくれた方とKISSESのおかげです。」
クボヤスさん「では、いったん皆さん準備がありますので引っ込んで…」
翔やん「いや、もっとこう、聞き所とか聞かないの?」


<聞きどころは?>
トミー 「向かって右から出てくるギターは僕で、反対側はランマです。ステレオをお楽しみ下さい。こんなに離れたスピーカーで家で聞くことないでしょ?」
ランマ「とっても大好きなアルバムです〜」
松「こちらがトミー、あちらがランマ、ベースとドラムはなんとなく真ん中らへんからドーンと。そういうところを楽しんで下さい 」
光「(アキラの形態模写)」
翔やん「(この辺、なんか良いこと言ってたけどメモリそこねました)いろんな人と関われて嬉しかった。また、氣志團のみんなの演奏が嬉しかった。これだけバラエティに富んだ曲を演奏できるのすごい。なんかダメになったら「夜もヒッパレ」系のバックバンドでいける。何回も成長できるのが氣志團かなと思います。」
・メンバー退場


前回の夜聴の会と違い、今回は会場が狭かったせいか、氣志團メンバーは袖に引っ込んで同じ会場内で聴くことは無し。


<視聴後>
・再登場(サウンドディレクターの永岡さんも一緒)
クボヤスさん「ここからは、時間の許す限り今回のアルバムについて語って頂きます。」
翔やん「76分ありがとうございました」
トミー「
CDサイズギリギリでしたね」
翔やん「みんなトイレとか大丈夫?76分聞いた後、『お時間の許す限り』って、女の子に対してトイレに行かせないなんて。みんなトイレ行きなよ、大丈夫だよ後ろ向いてるから、ジョロジョロジョンレノンしてきなよ」
トミー「返って行きづらいでしょうね。戻ってきた時見えるしね」
翔やん「お前、そういうとこだよ。戻ってきた時は下向こうよ」
トミー「じゃあ、いま後ろ向いてないで下向けばいいのでは?」
翔やん「そういうとこだよ」
翔やん「ランマはまず、隣に並ぶことを覚えよう。すぐこう一歩下がっちゃうから」
などあって…
翔やん「この不思議なおじさんは誰?ってなってない?ちゃんと紹介した?」
クボヤスさん「しました、ちゃんと最初に」
翔やん「サウンドディレクターの永岡昌憲さんです。ノリックって呼んで下さい。歌が上手い!いつか氣志團万博に出て欲しい」
永岡さん「出たい」
翔やん「うち、チケットノルマ制だけど」
永岡さん「3月から4ヶ月かけて作ったアルバムです」
クボヤスさん「では、一曲ずつ語っていただきましょう」


1.R"N"R P@RTY
IMG_1357

ランマ「師匠のABEDONさんが作ってくれて、どんな曲が送られてくるかファンなので楽しみにしてたら、とってもロックンロールパーティーチューンが…氣志團で今までに無いようなロックンロールパーティーチューンが送られてきましてとっても嬉しかったです」

翔やん「 師匠ですけど、なかでもランマはバンドを始めるきっかけになったのはユニコーンですよね。そんな人に曲を書いてもらうのはどんな気持ち?」

ランマ「夢なのかな?と思いました、レコーディング中に。そしたら夢じゃなかったです。」

翔やん「しかも褒められたよね、レコーディング速くなったなと。ドラム変わってから速くなったなと言われて、俺たちみんな「すんっ」ってなった」


2.スポットライト
IMG_1358

トミー「そもそもこの企画が立ち上がった時に、どうしてもやりたいと俺が言ったのが志摩くん。デモが上がってきて素晴らしく、歌詞の世界観も氣志團のことを考えて作ってくれてて、曲調も僕たちだけではチャレンジしなかったなあという曲調で。志摩くんは、けっこう文学的なロックな人。自分の中で文学的なロックってなんだろと思ったら、テレビジョンとかボイドイズとか、ニューヨークパンクのリチャードへイルとかだったので、それを意識してギターソロを弾きました」

翔やん「志摩くんは、ぼくらより若い世代だけどすごく尊敬してて、デモで感動して凄いなあと。嶋くんは、『デモで翔やんをかなり意識してなりきって歌いました』と言ってきたけど、どう聴いてもdress codeで、俺を完コピしたと言ってきた志摩くんを俺が逆に完コピした。」

松「すーごかったです」

翔やん「すごく好きな曲になって、アルバムの一曲目どっちだろうと悩みました」


3.東京湾大飯店
IMG_1360

松「クレイジーケンバンドが普段やってるスタジオで。おしゃれなリゾートみたいなスタジオでやれました」
翔やん「町田ですけどね」
松「一番の思い出は歌録りで、なんとかもっとソウルフルにならないかと。剣さんは、レコーディングブースじゃなくて、コンソールルーム(本当はコントロールルーム)でスピーカーで聴きながらハンドマイクで歌う、スナックのように。普通はありえない。しかし、そうやってみたら、不思議とクレイジーケンバンドのようになった」

翔やん「僕は綺麗にとりたいタイプ。今回もちゃんとブースの中で歌って、自分的にはそれなりに上手くできたと思った。でも念の為、後にコンソールルームでやったら、圧倒的にみんなが絶対的にこっちだとなりました。ノリが良いとなりまして。他の曲でも、マーシーの逃げろ逃げろもその手法で。ちゃんとスタンド付けてハンドマイクじゃないけど。人様のレコーディングをも完コピする、スタジオも、エンジニアも、撮り方も真似しようと、相当贅沢なことをさせてもらって嬉しかった。しかも、本人たちから普段どうやってるか聞けるという。一気にぼくらのレコーディング能力も高くなった気がしましたね、そんなこたないか」


4.恋するクリスチーネ
IMG_1361
みんなで知ったかぶりダンス
トミー「デモが届いた時、終わり方が斬新で、一回も出てこないコードで終わるのがかっこよくてすぐ今井さんにメールしたら『好きにやってくださーい』と返事きた。BUCK-TICK以外の何者でもない。僕は割とどこかに自分のオリジナリティーを入れようとするタイプだけど、今回は完コピ。レコーディングも、仮歌を櫻井さんが入れてて、それに合わせてとった。自分がBUCK-TICKのメンバーになったような気持ちになれた」

翔やん「歌詞の乗ってない今井寿バージョン、ワナケナバージョンと、あ、ワナケナっていうのは木更津のごく一部の人達が、「ふんふんふーーん」と歌詞の無い感じで適当にうたうことをワナケナっていうんだけど、その後に櫻井さんが歌詞を書いてくれて、その上デモに歌入れてくれて

トミー「 タイム感が独特で、音が少なくてシンプルだけどそれだけに難しい。自分たちもBUCK-TICKの色が出せてたらいい

翔やん「今回提供してくれた人たちの中には、僕たちとの関係性を書いてくれてる人とか、いろんなパターンがあるけど、剣さんとか櫻井さんは、ケンさんは浜も千葉もないっていう関係性で、千葉と横浜の感じで書いてくれた『恋するクリスチーネ』には『ワンナイトカーニバル(終わんないカーニバル)』という単語が出てきたり。『My eyes & Your eyes』というBUCK-TICKの曲がすごく好きで、それをイベントで歌わせてもらったりしたんだけど、そのことを思い出しながら『My eyes & Your eyes』という言葉が歌詞が出てきたりで嬉しい」


5.バームクーヘン
IMG_1362

翔やん「直太朗、ありがとう!昨日、明日リリースになりますとメール送ったら、「オメックス!」とだけきました。直太朗、宮藤官九郎さん、TAKUROさんの『3ロウ』が、デビュー直後からの付き合いなのんだけど、3人の曲には共通で『語り』が入ります。デビュー当時の氣志團は歌がなくて必ず語りが入ってたので、そうなことを見ててくれた」


6.羅武尊寓
IMG_1363
翔やん「誤解を恐れずに言えば、万謡集って、デモテープの完成度がすごすぎて、デモテープをまとめた方が売れたんじゃないかと。このまんますぐCDになるんじゃないかと。でも、その中で宮藤官九郎さんは長文メールを送ってきて、「痛い高校生の作品みたいだよ」と。中坊が照れて作ったみたいだよと。で、聴いたら、本当にそんな感じで。ご家族が起きないように布団に向かって作ったと。歌詞だとこうなってるけどメロディだと入らないとこがあって、そこをたぶん宮藤さんがどうにもならなくてぽいってしてたとこを、翔やんがアレンジしたら褒められた。俺がまとめるの手伝ったみたいで嬉しかった。宮藤官九郎さんとのお互いの理解感が合致した感じで嬉しかった」


7.BANG ON!

IMG_1364
松「セクシーな楽曲で、これを團長がどのように歌うのかを楽しみにしてたけど、とてもセクシーに歌ってて良かったです」

翔やん「フミヤが俺に曲書いてくれたよと。ワンフーなので呼び捨てになっちゃう。みんなすごいけど、フミヤだぜ?スーパーアイドル。俺たちはフミヤさんたちみたいな同級生感に憧れて氣志團はじめたんで、そういう感じの曲が来るのかな〜なんて予想してたんだけど、実際にフミヤさんとは飲み屋でしか会ったことないから水っぽい曲になった。オズマ感。大人になってから出会って、俺のことそういう風に見てるんだなと。フミヤさんが「気に入ったのできたから俺も歌っていいかな」と言われてうれしい。尚之さんまで弾きにきてくれて」

松「その場でフレーズを考えてくれるミュージシャンだなと」


8. チャオ~傷だらけのバンドの旅

IMG_1366
トミー「ももクロちゃんに書いたような曲が好きで、そういうのかなと思ったら違ったけど、フュージョンみたいなので面白かった。こういう感じのことやったことなかったので不安だったけど、できるようになってるんだなと自信になった。幅を広げてくれた」

翔やん「NARASAKIさんからどんな曲がいい?と聞いてもらったので、バリバリの曲を送ったら、ぜんぜん違うのがきた。オーケンが急に思いついたんだと思うんだよね。呼び捨てにするのはファンだからだよ?昨日大槻さんからおめでとう、宮藤さんと大槻さんとTAKUROさんからメールきた。あ、あと、『チャオ』のジャケットはランマが描いた」


9. はすっぱ
IMG_1367
ランマ「『はすっぱ』は、ふふ、あれですよね。」変なポーズ

翔やん「ある意味ジョジョ立ちみたい」

ランマ、ジョジョ立ちを意識したますます謎のポーズ。小指立ってる。

ランマ「『はすっぱ』は、僕だけアコギでみんなと違うところで(ブースが)すごい寂しかったですね」

翔やん「いつもおれ、そんな感じ。わかった?レコーディング以外でもそんな感じ。なんでみんな大阪で誘ってくれなかったんだよ、ジャンボ横丁…」

トミー「リーダーの孤独というか、ボーカリストの孤独でどんどん歌がよくなるから」


10. 逃げろ!逃げろ!
IMG_1370
ランマ「デモテープがかっこよかった。アコギだけで」

トミー「アコギ一本で」

ランマ「マーシーがいつも頼んでる出前も頼んだ。カレーが辛かった」


11. フォーサイクル
IMG_1371
松「とにかくテンポが速かったです。」

トミー「速くしたんだよね」

翔やん「ルシアンルーレットより速い?」

松「速いと思います。ピック弾きあまりしないんですけど、ピック弾きであのテンポは勉強になった」

翔やん「アレンジに関わりましたけど、かっこよくなったんじゃ?間奏をどうしても入れたくて。もうスケジュールギリギリだったけど、どうしてもってみんなで考えて。トミーちゃんの作った間奏を聴いたら超かっこよくてみんな拍手。とにかくすごいスケジュールで、朝までやってた」

トミー「『フォーサイクル』と『チャオ』は、ヒカルがコーラスが頑張った。かなり間引いたけど、ノリ(永岡さん)に全部ハモりを作ってもらって。永岡さんが全部朝まで付き合ってくれた」



12. 蒼き独裁者に告ぐ
IMG_1372

トミー「レコーディング一発目がこの大作。9分あるので2曲分の時間がかかった。デモも一番最初にもらった。語りもそのまんま。愛情を感じるね、という話から、後半の語りの部分は全部まるっと活かすことに。その語りの裏で全部アドリブでソロを弾いてるんですけど、自分史上最も長いアドリブソロなので聴いてください」

翔やん「9分あるうちに7分しゃべってる。俺たちの関係性が分かるとすごく愛情感じる曲。一言一句変えたくないとやりきった。後日、TAKUROさんがエンジニアさんから全部やったと聞いた時、『ほんとにやったの?全部やる普通?』と言ってたらしい。メールでこれからの氣志團を応援させてね、ときた」

 
13. きかせて!アンコール
IMG_1368
翔やん「最初キリショーにオファーしたらとっても悩んでいた。作ってくれる人も作ってくれない人にもいろいろあって、キリショーは悩んでた。俺たちはNGがなくて、たけし軍団の次にNGがない。分かってるからぜんぜんいーよーなんて言ってたら、キリショーがら『浮かびました』と送られてきた。この曲は俺への指針なのかなと。キリショーと氣志團万博の後に一緒に飲んだりする時の俺の姿かなと。俺が氣志團万博が終わっても帰らないのがキリショーは気になってたのかも。『この人褒めてもらうの待ってるんだな』と。誰かが褒めてくれるまでバーで待ってるの。そのことを歌ってくれたのかなと思って思うものがあった。見てくれてるんだ、でも褒めねえんだと。彼じゃないと書けない曲です」


14. リーゼント魂
IMG_1369
翔やん「秋元先生はすごいなと。駄目元で頼んだ。物理的に無理だろうなと思った。HKTでコラボしたとkに、MV撮影中に急に歌詞が変わったりする。スタッフもHKTもそれに即対応してすげえなあと思ってた。そんなことを同時に何グループもやってて、俺たちが挟まるスキもないと思ってた。

でも、AKBグループ以外のアーティストに提供する曲にもハッとするのがたくさんあって。で、なかなか本人まてま伝わらなくて、無理ですよ的になったのに、秋元先生からちょっと会えないかなとなって連絡が来て、先生の事務所に行った。

氣志團ってのは?というとこから始まって。目からウロコの、そんな風に僕らのこと見てくれてたんですかと。彼がいうことが全部面白くて、これが時代を作ってきたんだと。モンスターだなと。秋元先生の発言の中に、現実的に無理だよなと諦めてきたものがいくつもあって。

それからしばらくかかって、こないかなーと思ってたら、(トミー「発表してからも本当にくるか心配だった)ある日すっと届いた。豪速球とひねりのあるとこの匙加減がすごいなと。ライブでも重要な曲になりそう。あの曲だからあの歌詞になったんだほうなと。歌ってて感情的になった。上手く歌おうとかではなく、とにかく魂こめればそれでいーやと。タイトルもそのままいただいて、ツアータイトルもそれで行きます。


<締めの挨拶>
翔やん「長くなってすみません。音楽誌の取材もほぼなく、『ROCKIN'ON JAPAN』だけかな?あ、アキラが『ドラムマガジン』3ページ取りました。あの子が一番このアルバムについて語ります。なかなか語る場所がなかったので、ここで話せてよかったです。秋からのツアーはこのアルバムだけでやると決まってるわけではない。魂込めたツアーを考えております。とか言って、万博のことも何も決まってないけど。氣志團の恩返しはここからです」



最後に映画の大ヒット舞台挨拶をもじって「大ヒット」の看板持って記念撮影!



以上、「夜聴の会」レポでした〜!
いやー、19時から22時までたっぷり3時間の長いイベントとなりましたが、かなり楽しかったです。 音楽に詳しくないので、こういう解説は本当にありがたい。あと、とにかくランマが超可愛かったのでした…!クック病を思い出すこっちがクック病になるというクックの連鎖な夜。

ダムマニアじゃないけど #ダムマニア展 行ってみた

カテゴリ:
マンホールが好きです。

旅行行く先々のマンホールのデザインが面白いということに気付いて以来、けっこう夢中で下ばかり向いてデザインマンホール探してます。

デザインマンホっつうのは、例えばこんなやつ。


市町村によってデザインが違ってて、地域の名物が分かるから勉強にもなる。これは岩国駅前のマンホなんですけど、錦帯橋と鵜飼と岩国城が名物なんだなとすぐに分かるのです。なんて素晴らしいんだデザインマンホール!!

そんなマンホール派閥の私ですが、今日は相模湖畔で開催中のダムマニア展に行って来ましたー!!

何故って、ダムマニア展なのにマンホールの気配がすごくするからです。見て下さいよ、このポスターデザイン。

どう見ても、相模湖周辺のマンホールがデザインされているではないですか。

本当にダムを推しているのでしょうか?実はマンホールマニア展の誤植なのでは?しかも、マンホールのメールマガジンによると、限定のレプリカマンホールまで発売されるとか。何故だ。もう行くしかない!!

と言うわけで、相模湖駅にやってきましたら、駅前にいきなりステキなカラーマンホールが。良い町です

徒歩10分くらいで会場の相模湖交流センターに到着。早速中へ!

ダムマニア展、新しいファンを獲得せんと初心者向けの分かりやすい説明がされているのですが…(特に小学生をターゲットにしているとのこと)

マニアはこんな目線で楽しんでます解説がちゃんとされてる!!

溢れるダム愛は止まることを知らず。

例えばダム手芸!ダム手芸て!初めて聞いたよ!でも可愛い…!

そして、何故か建設中のダム工事現場ジオラマ!ダムそのものじゃなく、工事現場て!

そして、いまやメジャーになってきた、全国のダムカレーのレプリカ展示!
丸山ダムカレーが一番食べてみたいやつでした!

ちなみに、2階のカフェでは実際に相模ダムカレーを食べることができます。もちろん食べた。
お皿まで演出の一環に!

あと、私にとって超ラッキーだったのは、マンガ『ダムマンガ』の原稿が展示されてたこと!やったー!!俺得!!

目的の200個限定のレプリカマンホールも無事ゲット!

ところで、入り口のところに相模ダムマンホールが展示されていたのですが

ん!?こ、これは…!?
幻のマンホールですと…!?

グーグルマップいわく、ダムマニア展の会場から、3.2キロくらいのとこにあるらしい。車はない。チャリもない。なので…

走っていくことに!

そんなこともあろうかと、ランニング用の服など持ち歩いていたのです!(ほんとは都心に戻ってから皇居ランしようとしてた)

途中、ちゃんと相模ダムも眺められるし、雨降ってて暑過ぎないし、幻のマンホールからさらにら3キロくらい離れたところには温泉あるし、走るには最高じゃないですか!

つうわけで、雨の中ランニングスタート。

相模ダム眺めつつ

ちょっと不安なくらいの山道を駆け抜けつつ


遠くに来たなあという景色を眺めつつ

ちんたら走ること約30分。

ごく普通の交差点に、それはあった…!!
これが幻のマンホールやで!!

こちらがさっきの通常盤。
幻のレア感、すごくない!?(マジです)

1枚しかない、しかもごく普通の交差点にってとこが、また良いわー!!
もっとダムの近くとか、駅前とか、それこそ交流センターの前とか、山ほどあるでしょうに、何故か相模湖畔ですらないほぼ住宅街な場所に設置するなんて、ニクいよ相模市!!

そんなレアなマンホールを指差し確認した後は、そこから更に3キロくらい走って相模湖プレジャーランド内の日帰り温泉施設へ!!
いつかここの近くの山、石老山に登ったら帰りに寄ろうと思ってた施設なんですけど、まさか走ってここに来ようとは…

マンホール見つけたあたりで雨は止んでいたのですが、なんせ滝汗だったのでスッキリさせて帰ることができたのでした。

いやー、ふと思いついた割には運動もでき、マンホール欲も満たし、その上温泉まで入れて実に良い感じの日曜となったのでした。

今度は新小岩にモンチッチのマンホールを見に行くぞー!
あるいはジョジョのマンホール見に仙台へ行くぞー!

と、マンホール的にも夢が広がる夏。アツい!!

引っ越しサイト、書いてます!

カテゴリ:
11

おかげさまで、ライターのお仕事をいくつか定期的に頂けるようになっているのですが、そのうちの一つがこちらのサイト!

得する引越し.com

でございます!

私の掲載記事は今のところ3つ!

教えて弁護士先生っ!聞きたくてもなかなか聞けない賃貸にまつわる素朴な疑問、全部聞いてきました!

これなら罪悪感ゼロ!イマドキな衣類の処分法とは!?

今さら聞けない粗大ゴミ処分方法の全てを教えます!


このサイトで書かせて頂くにあたり、まずは超勉強になるのがありがたいのですが、他に、マンガ家でイラストレーターの赤星ポテ子さんに挿絵を描いて頂けるというのが最高に幸せ…!

マンガ好きとしてはたまらないのでございます。

というわけで、お時間ある時に是非お読みくださいませ〜!!
以上、ガチ宣伝記事でした。

プロ野球オールスターに久々に行ったら楽しすぎた

土曜はオールスターに行って来ましたー!

チケット1枚でアイス1個プレゼントしてくれるなんて、さすがロッテさん!!

オールスター、やっぱり夢の祭典すぎましたね。
どれくらい夢かって、

新井さんのたまらん姿をたっぷり堪能できた!

ユニフォーム間違えちゃって笑う新井さんが可愛いし、
シレッと着替えてきた新井さん可愛いし、
それに対して死ぬほど楽しそうに笑うチームメイトも可愛いし、同じくユニ間違えた監督も可愛いし、どうやらユニ入れ替えた犯人が菊池っつうとこも可愛いし、もうね、全部可愛かった!

あと、お客さんが通常の試合の数倍、野球愛に満ちてて楽しかった…!

私の後ろの方にいた男の人とか、セパ両リーグの全球団の選手応援歌を良い声で朗々と歌い上げた上にチャンステーマまで完璧に覚えていて、明らかにめちゃくちゃ練習してきてましたし!

ぜんぜん「うっせーな!」とならず、「ほほーう、そんな歌詞なんだ!」と聞き入ったりしてるうちに…

ぜんぜん打てないセ・リーグはあっさり負けちゃったけどね!!

でも、贔屓のチームの勝敗とか個人成績とか一切気にせずに楽しめる試合って、こんなにもストレスフリーで楽しいなんて!!

あ、オールスター感は食べ物にも出てて、色んな球団の選手プロデュースメニューを食べることができたり、ヘルメットカップのソフトクリームもあって、胃袋の足りなさに涙したのでした。
ちなみにヘルメットカップは、カープはたくさん持ってるので、一番入手可能性が低そうなオリックスをゲット!

あと、こいつらが可愛くて可愛くてねえ…!!
念願の謎の魚も見れたし!
骨の中身も見れました!

一流選手のかっこよすぎるプレイ見れる上に、いまはSNSで裏側の可愛い姿をたっぷり堪能できるとか、夢みたい…!!


ああ可愛さ爆発かよ!!

いやー、ほんとに楽しかったー!

何より、今年から私、一緒に観戦してくれるお友達ができましてね?40歳にして新しいお友達増えるとか、奇跡なの?という具合でして、一緒に選手たちの可愛さかっこよさステキさに悶えながら観戦して、終わってから感想戦するのメチャクチャ楽しくて楽しくて楽しくてなんですYO!

ああ、生まれてきて良かった…!!

来年は京セラと熊本かー!!
熊本は地元の人にお楽しみ頂くことに意義があると思うので、京セラ狙おうかなあ…フレッシュオールスターも見たいなあ…と、生きる希望しか沸いてこない神イベントだったのでした。

さて!いよいよ今日から後半戦ですけど、もうCSと日本シリーズのホテルは仙台・福岡も含め予約しましたから!あの瞬間を目指して段取らせて頂きますよ!うぉぉぉ!!

Cocco20周年記念ライブde大号泣

カテゴリ:
いやー…久々すぎるブログの更新なんですけど私は元気です。

しかし号泣してきました。
嗚咽クラスの号泣は、そうだなあ、1月にあった氣志團の20周年GIGでドラム叩くゆっきを見て以来!

そう。奇しくも今日も20周年記念ライブで号泣したのですよ、Coccoの!!
image







Coccoは、まさに20年前、たまたまテレビ神奈川の音楽番組を見てた時に「カウントダウン」のMVを観て衝撃を受け、次の日にこれまたたまたま聴いてたラジオでも流れ、そのままズッポリハマってしまったアーティスト。



超緊張しながら初のオルスタのライブに行ったのもCoccoの赤坂ブリッツで、凄いオーラに当てられて貧血で倒れたりしたのも良い思い出です。あれから20年か〜…

Coccoのライブって本当に独特で、それこそロッキンとかメトロックみたいなゴリゴリのロックフェスでもCoccoの時だけお客さんはただ突っ立って歌をただただ聴く、コアなファンだけ聴きながら号泣、そんな感じのライブはまるで

ミサ

みたいな感じなんです。

いや、よく考えたら私、ミサって出たことないから正確なところは分からないんですけど、何らかの宗教儀式に参加している気分になることは間違いないのです。

言うなれば、巫女が凄い神様を降ろして歌っている感じ。

その降ろす神様が、20年かけてだいぶ性質が変わってきたのです。

昔はもっと、こう、ドロドロした黒い感じの神様をご降臨させていた巫女が、20年かけて徐々に白い神様を降ろすようになった、そして今日、完全に純白の神様を見たな、という感じ。

実際Cocco本人も、最後のMCで「死んでもいいと思ってたけど、生きてて良かったってとこまで来た」って言ってて、ああ、そんな過程をずーっと見れてなんて幸せなんだろうとしみじみ思いながら号泣。

その直後に一番好きな「もくまおう」が来たのでさらに号泣。

歌い終わったら、凄い笑顔でバレリーナお辞儀しながらまだ演奏中なのにCoccoは舞台袖に走り去っていったんだけど、同じく歌いながら走り去って行った大昔のMステとは大違いでこれまた号泣。

今日のライブはまだ「一の巻」で、明後日に「二の巻」があり、2つでCoccoの20年を振り返る構成になっているんですけど、明後日の方には残念ながら仕事で行けず。でも、本当に満足度高すぎてお腹いっぱいなので諦められるってもんです。

次の20年に向けて、頑張って働こうと思った夜でした。


<たぶんのセトリ>
カウントダウン
水鏡
けもの道
走る体
やわらかな傷跡 
Drive you crazy
Raining
しなやかな腕の祈り
コーラルリーフ
陽の照りながら雨の降る
手の鳴るほうへ
ありとあらゆる力の限り
ポロメリア
強く儚い者たち
樹海の糸
音速パンチ
Rainbow  
焼け野が原
風化風葬
もくまおう




共著本「完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか」を書いたら何が起きたか

カテゴリ:
ちょっとこれ!
記念のスクショを永久保存したくてTwitterと顔本とブログに上げとくけども!

共著本「完全残業ゼロのIT企業になったら何が起きたか」の電子本。




2017年5月8日23時現在で、Kindle本 の 売れ筋ランキング有料部門で15位!!
39











ビジネス・経済 の 売れ筋ランキングで、に、に、2位…!!
20














発売は4月25日だったんですが、本日コンサルで、この本の共著のお話を下さった永江一石さんのブログで紹介して頂くや否や、ランキング2万位くらいから一気にここまで上がってしまいました。

ぶっちゃけ現実感はないんですけど、とにかくビックリするしかない感じ!!PassMe!というサイトで、浮かれた旅行スポット体験レポを書いていたら、こういう経験までできるようになったので、マジで人生何が起きるか分からないですのう。

ちなみにPassMe!の過去記事はこんな感じです。 (スマホ向き)

忍者!花魁!牢屋入り!?SNS映えしない写真を撮る方が困難な江戸ワンダーランド日光江戸村で究極のタイムトリップ体験!!


見て、食べて、触って、狩って!?関東指折りの花の名所は五感で楽しめる楽園だった!


子連れ大歓迎!手ぶらでOK!究極のファミリー向けスキー場を独身の分際で滑り倒したら楽しすぎた!


もちろん共著では、こういうノリは一切封印し、至ってマジメに残業ゼロにするためのノウハウを書き綴らせて頂いてますので、未読の方はぜひご一読下さい!
先程の永江一石さんのブログで電子版のプレゼントキャンペーンもやってます。

そしていつの間にか出ていた書籍版。



これ、もちろん自分で買って、せっかくだから両親にプレゼントしようと思ってるんですけど、そうすると著者プロフィールのとこにあるTwitterアカウントが親バレしますよね…?さりげな〜く、破り取って渡そうと思います。

私はテレビ屋なので、作ったものがこうやって「残る」というのは感慨ひとしお!
すべてはこのブログを12年くらい続けていたことが原点。何事も続けてみるもんですねえ!実は単に「氣志團の翔やんのアバターのブログパーツを使いたい」ってだけでブログを始めたのは内緒ですよ…?

カテゴリ:
いやー、これまた超お久しぶりのブログ更新!
一体更新止まってた間に何をしていたかと申しますと……

本を出してました…!!!



この私が! マンガばっかり読んでいるこの私が! ビジネス本を出したとな!!

ご縁に震えるばかりでございます。


2017年は、ガッツリ働いて稼ぎます!と氏神様にお祈りした途端に、急にお仕事を沢山頂けるようになりましてねえ。うちの氏神様は本当に凄いですありがたいわ〜…!

つうか、ずーーーーっと長年、氏神様を

間違えてた

んですよね……

確か「夜桜四重奏〜ヨザクラカルテット〜」だった気がするんですけど、そこに「神社庁に問い合わせメールしたら氏神様を教えてくれる」って書いてあって、「そういえば、氏神様ちょっと遠いよな…」と思って念の為メールで確認してみたんですよね。そしたら全然違う神社だったと。

で、速攻「申し訳ございませんでした」とお詫びに行き、ランニングついでに月に1回くらいお参りしつつ、友達が逆子だの、友達が半月板損傷で手術だの、そういう時にお参りに行ったりしてたら逆子もノーマルポジションに戻ったし、友達の手術も成功したし。

だからカープの赤松も復帰するはず…!!

と、話が逸れた上にめちゃくちゃ怪しい方向に進んでいますが、そんな訳で氏神様の庇護の元、ビジネス本を出したりしていたらブログの更新をすることも出来ませんでしたよ、とまあ、そんな話です。

そんなこんなの私ですが、生活のリズムを整えるべく、ブログもちょっとずつ復活していきますので!テレビ以外のお仕事のすべては、このブログを10年以上続けてきたっていうところから生まれてるものでございます。ありがたいお話でございます。

というわけで、ブログを氏神様は凄い。そんな近況報告でした。

カテゴリ:

すっかりお久しぶり過ぎるブログの更新ですけど、

皆さんお元気でしたか?


私は元気です。

っていうか、元気に女性ホルモンを出してきました!


いやー、久々の接触イベントは効くわ〜!!


というわけで、すっかり「何かのレポしか載せない」感じになっているブログですけど、本日行われました氣志團のイベント「氣志團結成二十周年記念公演 成人式」DVD発売リリースイベントレポをさせて頂きます!


氣志團に興味のない方には一切理解できない内容となっておりますので

どうぞご了承下さい


さて。


1部と2部があったのですが、私が当選したのは2部。


30分間、氣志團のトークGIGがあり、30分くらいの特別秘蔵映像を見て、そこから1時間以上くらいかけてひとりひとりとチェキを撮る、というイベント内容でした。


<トークGIG>

前説 クボヤスさんによる、強風が吹いて通りがかりの缶のゴミ箱がひっくり返って20分間かけて拾ってたら、その前の医者から白い目で見られた話


司会のフジジュンさんが登場。

フジジュンさんの呼び込みで、氣志團登場。

翔やん→光→ダブドラ→トミーの登場順だったような気がする。

全員が、能っぽいポーズで登場。


翔やんが、「リハーサルも無かったのにみんなちゃんとやれて凄い」と喜んでて可愛い。1部では、翔やんだけ普通に歩いて出てきて、光が能ポーズで出てきたら以下もそれに倣ったので、翔やんだけ孤独を感じでいたっぽいので、皆で出来て嬉しそう。


Q.自己紹介

フジジュンさんから、「まずは自己紹介から」と振られ、「今更ですか?」となりつつも、トミーから順に自己紹介。


光がそこで「アガラホガラ」と叫んで客席にマイクを向けると、反射で全員が「ユーガーラへー!」と歌い返すというミラクル。その躾けられたKISSESの感じに満足そうな光と、ちょっと羨ましそうな翔やん。翔やんは、「俺にも何か、そういうコール&レスポンス的なの無いかな〜って喋りながら考えてたけど思いつかなかった」


以下、記憶も曖昧なので要所要所お送り致します。年々感じる記憶力の限界問題。


Q.本日発売のDVDの見どころ

トミー(俺からですか?のお約束ボケのあと)「初代氣志團」

翔やん「ランマは20年前の初代氣志團のライブ、客として見てたもんね」

ランマ「はいっ」

全員「…………」

翔やん「話せよ!」

フジジュンさん「ランマさん、当時のどうでした?」

ランマ「はいっ……自信があるなあと」


ランマ可愛い。


翔やん「松を最初に松って呼んだのはラブちゃん。タバコちょうだい松(でしたっけ‥?曖昧)とかで。キシペディアでした」


翔やん「見どころは、今回の初回のDVDにはオマケで入ってるんだけど、ヒカルと俺がめっちゃ2人で練習しているあるところが収録されてて、その部分のヒカルが、本番ステージ上で、めっちゃ表情が固い。見たこと無いくらい固い。その表情が見どころ。特典映像見てからステージのDVD見て、そこから特典映像見るという順番が良いかも。」


Q.成人式GIGで演奏して楽しかった曲

ランマ「やっぱり、ボーイズブラボー。」

フジジュンさん「ああ!どうでした?」

ランマ「翔やんが倒れてて」

フジジュンさん「どう思った?」

ランマ「倒れてるな〜って」


フジジュンさん「松さんは?」

松「やっぱり、国道

全員「!?」

翔やん「今まで、誰も国道とか呼んだこと無いじゃん!俺たちだって127って言ってるのに!」と総ツッコミ


光「(ヒカル語で)愛羅武勇を、テルヤ君も一緒に並んで歌ったのが良かった」

翔やん「愛羅武勇ね!最初にレコーディングした時はテルヤも歌ってて、今回それの再現で歌ったんだけど、本来はヒカル、俺、テルヤの3人だけが前に来て歌うはずだったのに、気持ちが入っちゃったトミーが気持ちよくなっちゃって前に出てきた。あれ!?トミーがなんかいるなあと。そういう時、ダブドラは気を使ってちゃんと前に出てこないと。意外とこの子達はルール守るから出てこない」

(翔やんの喋り始めで、ヒカルがアゴの肉を寄せてテルヤのケツアゴを表現)


翔やん「記憶にないんだけど、獏羅天。初代の3人は、俺以外は全員実は遠縁で。千葉のいなかは、血が濃くて。だから、全員並びたがる。俺のマイクだけ前にあると、気付くと全員横並びになってて、そういうので昔はよく喧嘩した。俺が下がると、合わせてやっぱり下がってくる。今回は、20年前を知らないスタッフが、やっぱり俺だけマイクを前にセッティングしてあったのに、気づいたら両脇の2人はマイク掴んで自分で前に出てきてた。そういうところが全然変わんないなあと。」




Q.20年前の自分が氣志團に言ってあげたいこと

トミー「このままでいいんだよと言ってあげたいですね」

翔やん「あなた20年前には氣志團じゃなかったじゃん」

トミー「まあそうなんですけど、当時の氣志團に言ってあげたい。己の道を行けばいいよと。俺心配性だから」


ランマ「お酒は飲まないように」


松「皆を大切に(でしたっけ…?急に曖昧になってきた)」


光「(森進一で)オフクロさん」

翔やん「オフクロさんを大切にしろよってね。こいつ、親父が即死してますから、せめて残ったお袋さんは大切にってね」


翔やん「20年前の氣志團に、俺とトミーの意見が合った時はダメなときだと伝えたい。『それいいねえ!』となって生まれたアイディアは、大体たいした結果になりません。俺とトミーちゃんが強いから、どうしても2人の意見が通りやすいけど、そうするとろくなことにならない。『てめえ!ふざけんなよ』とトミーとぶつかって、『まあまあ、こういうのもあるんじゃない?』と他から出てきた時の方が良いものになる」


的な感じのトークショーでした。


<秘蔵映像>

・コーネリアスやらジュビアやらSMAPなどをガチで歌っている「あくまで人の歌を歌う」集

・氣志團現象のVHSを売り出した時に、CDショップで店頭に流しただけのワンカットノー編集の映像。すげえカオス。

・成人式のエンディングのワンナイ「恋」バージョンのメイキング映像と本番映像。これは大人の事情でDVDには収録されなかったとのこと。テルヤに「トミー、あいつなんかムッとしてない?」と言われて、たしかに何かむっとしてたトミーがカメラ回るやいなや超満面の笑みに早変わりしたのがあまりにも見事で超笑う。
他にもいろいろあった気もするけど、最後のトミーで爆笑しすぎてだいぶ忘れてしまいました… 



<チェキ会>

何と、途中でチェキが故障!

5台だったチェキが全部故障ということで、急遽、手持ちの携帯での撮影に。

途中でチェキも復活したので、最終的にはチェキと携帯を選べるようになったのでした。私はスマホを選択。


1部には無かった「氣志團」と書かれたセンスを持たせてくれるサービスあり。


何名か、お子さんKISSESがいたんですけど、小道具として氣志團側が「千歳飴」の袋を用意していたのが超可愛かったしナイスアイデア!



と、言うわけで、超久々の接触イベント、最高でした!

正直、いまこのタイミングのイベント、ワタシ的にベストタイミング!心に栄養行き渡るわ〜!!好きだ!女ホル出たので今週乗り切れます。


以上、曖昧な記憶のレポでした〜〜!!!

インスタグラムに振り回されすぎた話。

カテゴリ:
Instagram、若人の中で流行ってるのは知ってましてね?
若ぶりたいからやってたりするんですけど、今日はそんなInstagramに振り回された一日だったと言えましょう。

まず、ウェブで見つけたインスタの素敵な滝の写真がこちら。

洞窟から流れ出る美しい滝、ジブリ的な不思議で美しいこの風景、見たいなあと前々から思ってまして。

昨夜そんなことを急に思い出したので調べたら、高速バス使えばたどり着けそうだと判明。というわけで1人で行ってみたんですけど……

節子、それ滝やない。段差や。

ま、まあ、季節が圧倒的に悪かった!枯れ木だった!あと、曇りもアレだった。他にも、光の差し込み具合とか、インスタの加工具合とか、いろんな要因もあるんでしょうけど、

割と普通

いやいや、綺麗は綺麗ですよ?
でも、鴨川シーワールドの道中ちょっと寄るくらいでちょうど良い塩梅の名所というか。メインにする感じじゃなかったというか。ほら、一番近いバス停もこんなにも長閑ですし。

まあ、でも、せっかく家から片道3時間もかけて行ったわけですし、他の名所も見よう他も!おっ、ダム資料館とかあるじゃーん!マニアックで面白かったりするんじゃないの!?と思って行ってみたところ……


閉まっとるやんけー!!!


まだ閉館時間まで1時間あるのに閉まってる!何でや!週末に開けとかないでいつ開けとくと言うのかガッデーム!!
とヤサグレたモードに入りかけましたが、まあ、せめてそこの道の駅でお土産買って帰ろう。美味しいものは絶対正義だしー。ここの名産は何かなー?って……


持ち帰り辛いやんけー!!


割れるわ!!

他に、福島産のあんぽ柿や青森産のリンゴ、ポッキー、そしてマネキンの頭がある、そんな道の駅だったので、ほとんど何も買わずに2時間かけてとりあえず東京までは戻ってきたのでした。

まあ良い。
まあ良いんですよ!
今日の主役は滝じゃない。
今日は平成29年1月29日。
平成ニク年の一発目のニクの日なんですよ!!

ということで、友人と落ち合ってステーキを堪能!!美味い柔らかい美味い柔らかいの大騒ぎに!

さらに、次の店行く?なんて言いながら、ススキノより先に締めパフェ文化を取り入れてた私たちは東京駅の果実園まで行ったわけですよ。

ほ〜ら!完璧に滝の衝撃を上書き保存して余りある素晴らしさ!!

と、美しいフルーツを堪能していた時のことです。

21時10分ごろでしょうかね?私たちの隣の席に、ちょっとトゥーマッチにプリティーな服を着てるかなー?的な女子2人がいらっしゃいましてね?

彼女たちはあまおうのパフェと、あまおうとビワのショートケーキと、ラテ的なドリンク2杯を頼んだんですけど……

テーブルに運ばれて来てから、

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと、

写真撮り続けてるわけですよ!

おいおい、そう言うお前も写真撮ってるし、ここに載せてるじゃん!と思ったでしょ?

バカヤロウ!こんなもんじゃねえんだよ!!

21時20分頃にパフェとケーキ来てから、

30分写真撮り続けてんの!!

キメ顔で12連射とか駆使しながら、延々に撮っては確認、撮っては確認。

ロケなの!?ねえ、仕事なの?いや、ロケでもこんなに撮らねえよ!?

「ショートケーキが白飛びするぅ!」とか言いながら撮ってるんですけど、

フラッシュたいとるからやんけー!!

フラッシュたきまくってる結果、あまおうパフェの一番手前に来てるイチゴのブツブツな表面だけキッチリ撮れてるやんけー!!毛穴ケアーの化粧品の毛穴イメージカットかよ!!

ちなみにお店は22時に閉店なんですよ。
なのに、一口も食べずに21時50分まで写真撮り続けてるわけですよ。
そして言うに事欠いてですね……

「お腹すいたー!」

って、食えや!!
目の前のその、あまおうパフェ食えや!!

と、ついつい脳内で盛大にツッコミを入れたところで彼女たちが起こしたアクションはですね…

店員呼んで、「すみませーん!写真撮って下さい!」と。

まだ撮るんかーい!!

結局、21時54分まで写真撮りまくり、6分で食べ終えて帰って行きました。

インスタか!?
インスタなのか!?
あまおうパフェはお前を引き立てる小道具なのか!?
ま、まあ、小道具なんでしょうけどね……

とにもかくにも、人がモノを食べるというアクションを見て、「クララが立った!」ばりの達成感を得られる日が来るなんて、人生は本当にどうかしてるぜ!と思ったのでした。

とりあえず、インスタでめちゃくちゃ写真検索かけようと思います。

#マンホールサミット埼玉2017 で完全にマンホーラー化

カテゴリ:
突然ですが、実は私、マンホールが好きなんです!

何年か前に、ツイッターのフォロワーさんが色んな場所のマンホールの写真を集めていたので、私もちょいちょい撮って報告していたんです。ところがいつの間にか自らがドップリはまりましてねえ…どっか行くとまずマンホール探しながらトボトボと下向いて歩くため、パッと見ショボくれた人みたいに。青空の写真とか撮ってインスタに上げるのは、キラキラした人たちがやればいい。私には下水道があるさ。

そんな私の趣味を知った友人が、こんな魅惑のイベントを教えてくれたのです!

マンホールサミット2017埼玉!!


な!な!何その魅惑のイベントはぁぁ!!!

というわけで、万障お繰り合わせてマンホサミって来ましたー!!素晴らしいイベント過ぎて、もう、大興奮!!というわけで、このイベントの素晴らしさ、楽しさを5つのポイントに絞ってお伝えしようと思います。


1.埼玉県中の美しいマンホ、大集合!!
伊万里焼の大皿の展示かな?と見まごうばかりのマンホールの数々!こちら、埼玉県下すべてのデザインマンホールが、しかも直径60センチの等身大で展示されていたのです!

ねえちょっと、ほんとに綺麗!!

あとで知ったのですが、日本全国のカラーマンホールは、なんと、全部手で彩色されてるんですってよ奥様!素敵過ぎないですか!?
場内にはマンホール彩色職人になり切れる顔ハメパネルも!我々マンホーラーのリスペクトを集める職人になりきれるなんて、粋な計らいすぎませんか!?


2.マンホール関係の食べ物?が充実している
日本全国、本当に様々なデザインに満ちているマンホール。そんなマンホールが……

おせんべいに!
さらに、どら焼きに!!
その上……

BBQの鉄板にまで!!

マンホール、万能なの…!?


3.側溝のアレを体験できる!
側溝っていえば、皆さんは覚えていらっしゃいますか?「道路になりたい」と言いながら、道路の側溝の中に入って女性のスカートの中を覗いていたとんでもない変態さんがいたことを。

これこれ。

そんな側溝男の使った側溝の原寸大のものが、こちら!

よーく見てください。これね…

顔ハメ(?)なんです!

私、このマンホールサミットに独りで行ったんですけど、このコーナーで明らかに激しく興奮しまして。そしたらスタッフの方が熱心にこの事件の解説をしてくれた上に写真も撮ってくれ、さらに…

「寝なくて良いですか?」

ええええええ!?

独りでやってきたアラフォー女に向かってアナタ、なんて言うご提案を!!






…いいんですか?






おおお…これが側溝男の見た風景か……

と、乗せ上手なマンホーラースタッフさんがいるのもマンホールサミットの魅力でしょうか。


4.マンホールの災害利用も勉強できる!
大きな公園などでたまーに見かけるこれ。

こうなるそうですぞ!
ちゃんとトイレットペーパー引っ掛けるとこもある!

さらに椅子を置いて、洋式にもなる!

直接下水につないだり、下水管の点検が終わるまである程度溜めておいて流すとか、自治体によってシステムは違うようです。

めちゃくちゃ風強かったけど、このトイレテントはしっかり立ってて丈夫でした。


5.頂き物が凄い!
うわ!適当なブツ撮りだなすみません。

なんと、これら全部、無料で頂けるのです!

マンホールデザインの缶バッジ。これは災害用トイレの説明聞いたり、買い物したりするたびに色んな種類のを頂けます。

そして、埼玉の下水道マスコット、クマムシ君の消しゴム。クマムシ君は、汚れた水をきれいにする微生物をキャラクター化したものということで、他にも微生物仲間が…

そして、その微生物仲間が活躍する下水道マンガ。これ、埼玉の下水道50周年記念事業だとか。ユルイけど意外と面白い。

そしてそして、本命のマンホールカード!これは、「マンホールカードを極める!」という講義を聞いたら頂けます。この講義では、マンホールカードがいかにコレクターアイテムとして優れているかを熱くプレゼンされた結果、すっかり収集する決意を固めてしまったのでした。
とりあえず近場から集めてく!

他にも、アニメに登場するマンホールについての検証結果発表とか、マンホールにまつわる古典資料や広報文書に出て来るマンホールの研究発表とか、もう、みんなのヘンタイが心地よい!!

もーう、先駆者の皆さんがかっこよいので入り込む隙間は無いのですが、末端マンホーラーとして、地道に写真を撮り続けようと思うのでした。あとカードを集める!!

秋にはマンホールナイトというイベントがあるらしいので、それまでに今日買った「月間下水道」などで知識を深めるぞー!!

【レポ】 #カープ #静岡自主トレ トークショー 記憶の限界に挑戦

カテゴリ:
2017年カープ始めとして、静岡で行われたトークショーに行ってきましたー!!

【開演前】
16時半開場。
普通に受付を手伝う菊池そっくりさん芸人の旧名 きもち涼介さんに、お土産として貰うTシャツのサイズを告げます。

会場には、菊池の旗と、登壇選手のユニフォームが展示されてて、「おおお!」と興奮!

そして、我が席はですね……

最前列!!
ほどよく下手!!

す、すごすぎて震えてましたら、前座として きもち涼介さんが登場。

バッターボックスでどうしても志村けんになる菊池のモノマネで会場が和んだところで、ギース尾関さんがMCとして登場!

ビールかけ、トラックからビールを降ろした時点でお買い上げになる。ビールかけの準備のために常にスタンバイしていて、降ろすタイミングを伺ってる。9月10日も降ろしかかったんだけど、その時リリーフできた今村に対して、スタッフが「やっぱり今村は信用できんです」とビールを降ろすのを中断した話などで場をホットに。

(ここまではメモしてたんだけど、メモしてるのが選手に丸見えな場所だったので、ここからメモ中止…)

そしていよいよ4名を呼び込みます…
呼び込み……してもしてもなかなか出てこない4人。
仕込みでも何でもない何かで出てこなかったらしい。

そんなひとくだりあって、今度こそ登場。


【トークショー開始!】※敬称略させて頂きました!
下手から、久本、菊池、庄司、磯村と着席。
(撮影禁止なので、以下は写真がありません。)

楽しすぎたので、あとはもう、記憶をひっくり返して箇条書きで行きます!かなり飛び飛びですぜ…ああ、メモすれば良かった

Q.どんな年末年始?
久本→大阪の実家で
菊池→東京の実家で
庄司→実家ではなく、広島で。紅白と格闘技のを観た
庄司→寝正月。30日に熱を出して、1日に治って、また3日に体調崩して5日間くらい寝てた。3キロ痩せて、12月のトレーニングが無駄に…また頑張りますけども!


Q.庄司さんは静岡出身ですが、カープには静岡出身選手多いですね?

磯村と尾関でいろいろ昔まで遡って上げていく。
菊池→(尾関に)やっぱりすげー詳しい!オレほとんど知らないもん。で総ツッコミに遭う

Q.久本の良いところと悪いところ
きく→面倒見が良い。けど、喋りすぎ。チーム内では「おしゃべりクソ野郎」「おしゃべりクソおじさん」とか呼ばれてる。あと物忘れがひどい。鍵とかポケットに入ってるのに無い無いと言って騒いで「あった…」みたいなのが1日3回ある。

庄司→すごく丁寧に教えてくれる。しかし、長い!ここまでで良いっていうところを超えて話し続ける。

磯村→他のピッチャーに対してのリードについても、ここはこうした方が良かったのではとか丁寧に細かく教えてくれる。


Q.逆に久本から見ての良いところ悪いところ
久本から菊池→一瞬でチームの雰囲気を良くしてくれるところ

久本から庄司と磯村→…なんだっけ…すみません!忘れました!!


Q.怖い先輩とかいますか?逆に苦手な後輩とか
久本→(横山さんとか怖かったんじゃないですか?)練習とか、細かくて厳しい方でした。苦手は特に…

菊池→いません!

庄司→僕は誰とでも仲良くなれるタイプ

磯村→いません!


磯村、たびたびアゴについていじられる。久本にアゴにマイク当てて話すことを指摘されたり。尾関さんもアゴ当て派。アゴ長い人あるある。でも、最後の方は久本さんも当ててた、アゴに。

何故か渡されたクイズでよく使うピンポーン、ブーの◯×ふだで、よく遊ぶみんな。


庄司→逆にお客さんからの印象知りたいです!

ということで、尾関さんが会場内から印象聞いてまわったりする。


Q.客からなんて呼ばれたいですか?
菊池→なんでも良いです!好きなように呼んでもらえれば。おきくさんでも。

庄司→庄司で!あ、隼人!隼人って全然呼ばれないから、隼人で!

磯村、の代わりに菊池→しゃもじ!
磯村→じゃあしゃもじで良いです。しゃもじと呼んで下さい!


Q.どんな女性がタイプ?好きな仕草は?
久本→かっこいい女性。頭が良い感じの。

菊池→遠征とか多いので、理解してくれる女性。
好きな仕草は、オナラとか堂々としてくれる女性。オレ、グラウンドでもロッカールームでもどこでもオナラするんで、堂々としよう。あと、左利きは良いですよね〜!あまりいない感じが。

庄司→叱ってくれる女性。天然なんで、変なことやりすぎちゃったりするので、ちゃんと叱ってくれる人が好き。(嫁は佐々木希に似てるらしい)

磯村→1人で行動したりもするので、こんな俺についてきてくれる女性。
菊池→お前についてくるのはご飯だけなんだよ!
磯村→じゃあ、ご飯なみたいな女性…って、いるかー!一生独身ということで…

Q.いじりやすい選手はいますか?
菊池→後輩は磯村とか野間とか…先輩はひさじいとか、やっぱりたかくんとか……あ!松山!(呼び捨て!)松山世代はいじりやすいですね


Q.菊池選手と田中選手、どちらも守備凄いですが、ふたりの違いは?
菊池→肩の強さ!(即答)


Q.久本さんに相談があるんですけど、私は久本さんが好きでカープファンになりました。中日に移られるということで、私はどこを応援したら良いでしょうか?
久本、の代わりに菊池→中日で!


Q.キャッチボールのコツは?
磯村→基本は縫い目ですね。
(これ長いやつ!とか細けえ!とか総ツッコミ受ける)あとは相手の胸に。

菊池→取れた!投げれた!の感触をなるべく長く続ける

 Q.久本の最後の登板について
久本→やっべー!ってなった。
菊池→マウンドがいつもより削れてた。位置変えられない?とマウンドに話に行った
磯村→(その時受けてた)石原さんとか上の人よりやりやすいと言ってくれた。でも…すみませんでした


Q.庄司さん、二軍でも優勝目指すものですか?
庄司→いえ、ぜんぜん。優勝というより、自分が上手くなって一軍に上がることしか考えてない。

(同じような話題の時)
磯村→一昨年は2軍でソフトバンクと対等に戦えて手応えあって、今年は一軍に帯同させてもらった。ライバルは2軍のキャッチャーではなく、あくまで石原さんとか會澤さん。

Q.阪神戦でサヨナラ打った打席、キンチョーした?
磯村→どうせ、誰も期待してないから何でもいーや!と打席に入ったら打てちゃいました!


(あとは、何か思い出したら加筆します、情けない記憶力ですみません!)


その後、超大量賞品をチケットの半券で奪い合う抽選会に突入。
特に、久本さんがめちゃたくさん用意してくれてた!ありがたい…しかも早速の中日のジャージまであり、カープファンにあげるという面白い感じになってました。

私は、A-10だったのですが…

久本賞の時に おきくさんがクジを引いてまして、「Aの……岩本!」と。
いわ…もと…?がんちゃん?10や!私やんけー!!

となって、久本さん直々に2種類ある中から「女性にはこちらで」と選んでくれまして、握手もしてくれまして、「ああああ!!」となったのはこちら。

中日の選手たちも愛用してて、身体が温まったり身体が柔らかくなったりするそうなので、即つけます!!

他に、ユニフォームやら、サイン色紙やら、チェキ(同時にスマホで撮影もしてくれる)やら、ジャンケン大会やら、さらに少し時間が余ってるということで追加でチェキ撮影と、とーってもファンに近いトークショーでした!

で、磯村メインで「それ行けカープ」をアカペラで熱唱。(ほとんど歌詞を知らない磯村。マイクをアゴに当ててる磯村。)

そして、最後の最後は4人が会場出口で客全員とハイタッチでお見送り!

ぎゃー!!
ついに接触イベントがー!!

となって、頭真っ白ハイタッチと相成ったのでした。

た、楽しすぎた……
オフシーズンのこういうイベントに参加するのは実は初めてなんですけど、みんな何てナイスガイなの!?
サービス精神が天井知らずすぎるだろ!!
好き!!

来年は、もっと最初の方から勇気を出して挙手して、おきくさんに「私服を選ぶ時のポイントは?」と質問するんだ。

と、決意を固めた2017年のカープはじめでした。

あー!楽しかったー!!

しかし、サインにチェキにハイタッチって……完全にアイドル!!うん。アイドルだな。好き!!

富士山の「さん」って、山というより敬称ですよね?

カテゴリ:
やっぱり冬は良いですなあ〜!!
だって、富士様がイケメンなんですもの!!

と言うわけで、富士山をめっちゃ堪能してきましたー!

カープの選手のトークイベント@静岡に参加するにあたり、せっかくだから、どーしても何らかの観光をしたい。どこに行こうかなあ、なーんでGoogleマップをいじってましたら、海沿いにお気に入り登録されてる箇所を発見。私には、行ってみたい場所、食べたい店などを登録する癖があるのです。ということは、ここは行きたいとこだー!と思って地図をズームしてみたら、なんと世界遺産の三保の松原だったのでした。

行くしかない!!

と言うわけで、ランニングできる服装で新幹線にライドオン。

三保の松原には、清水駅からバスがメジャーな行き方らしいのですが、旅感をアグレッシブに出すべく、水上バスで行くことに致しました!(これまたGoogleマップにマーキングされてた)
四角みが凄い船。

水上バスからは、大好物の巨大船と工場も見ながら、

常に富士山を楽しめるという素晴らしい交通手段!

三保の松原付近はサイクリングロードも充実してるらしく、自転車まで積めちゃう!

こんなに絶景なのに、三連休初日なのに、すごーく空いてたから穴場ルートと言えましょうぞ!

三保に到着!質素な船着場…

このルート、穴場ですけどバスや電車との乗り継ぎが微妙に悪いのが玉に瑕ではあります。

しかし!私には素晴らしい趣味、「あちこちのマンホールの写真を撮る」があるので、そんなことしてるうちにバス到着。

まずは御穂神社にお参り。

そこから、実はここが1番の名所では?と思しき「神の道」を通ります。
延々と続く立派な松並木!

天女伝説で有名な羽衣の松を見てからふと横を見ると、

おおおおお!見えまくる!

平地で麓までズバーンと見えるのはやはり凄い!さすが世界遺産様!

そこからランニング開始。富士山に向かって走るという、気持ちよすぎランニングコース・オブ・ザ・イヤーを2017年7日目にして早くも受賞!

それにしても、今日は本当に富士山バッチリ見えすぎて最高でした…!!バッチリ・オブ・ザ・イヤー!!

そんなこんなでチンタラと7キロほど走って汗だくになった後は、三保の松原の途中にあった三保園ホテルで日帰り入浴。生傷にめっちゃ滲みる塩分の強い温泉でがっつり温まり、帰りはバスで戻って来たのでした。

そして、静岡に来たらぜーったい食べると決めている「さわやか」でハンバーグをば。
90分以上待つと言われても、躊躇なく「待ちます!」と即答して食べた味は、やはり最高なのでした…!!

というわけで、カープ選手のトークイベントついでにしては、かなり充実した日帰りトリップをすることができました!
見るべきものを見て、食うべきものを食う!今年もこのノリで行けますように!!

カープ女子に、私もなる!

カテゴリ:
サマンサタバサとは無縁の人生だった……

女子力のカタマリめいたあのデザイン、全てにおいてまったく私の趣味とは合致していないので、超スルーしておりました。

そして、お友達にも「サマンサ、欲しい〜!」って言ってる人がほとんどいない。

ま、まあ、サマンサ様の方から「そもそもアラフォー女なんかターゲットじゃねえし!」という感じなのも知っております!とにかく、お互いが無縁と申しましょうか、視界に一切入ってこないというか、そういう感じだったのでございます。

が!

急に向こうが歩み寄ってきた〜!!

ほら!マジで歩み寄ってきた!主に私に!
2017-01-05-14-39-23
2017-01-05-14-39-27
2017-01-05-14-39-38
2017-01-05-14-39-43


なんでも、サマンサタバサの社長さんが広島出身で大のカープファンだとか!

私は行けませんでしたが、年末にはカープのレジェンド、山本浩二さんと野村謙二郎さん、そして我らが新井さんを招いてのイベントも開催!

むむうサマンサよ!
その心意気、ガッツリ受け止めた!!


ということで、 行ってみたんですけど……

超カープ!
2017-01-05-14-43-17

超可愛い!

2017-01-05-14-43-26

店内のBGMも「それいけカープ!」からの「燃える赤ヘル僕らのカープ」がループでガンガン流れています。大変落ち着く。
2017-01-05-14-45-03
インスタ用の写真アップコーナーもある。

あと、たぶん社長のコレクションと思われるアイテムも展示されてます。
2017-01-05-14-45-25
2017-01-05-14-45-14

新井さんのユニフォームに、ミランダカーのサイン。
2017-01-05-14-45-32

黒田さんのユニフォームにも、ミランダのサイン!
2017-01-05-14-45-49


超可愛い店員さんが、「カープお好きなんですか?」と話しかけてきてくれてちょっと緊張しましたが、「はいっ!」とハキハキ答えておきました。

うっかり氣志團グッズの「天上天下唯我独尊」と書かれたトートを持ってサマンサタバサに入ってしまった私に優しくしてくれて、綺麗な店員さんありがとう!!
2017-01-05-15-30-20


ついつい、クラッチとこれから発売のキャップを予約購入。
合計2万円超え……
2017-01-05-15-32-08

グッズは(カープファンにとっては)可愛いけど、お値段は可愛くない!
しかし、ちゃんと使わせて頂きますよ!!

あああ、福袋が鬱袋になりがちで有名なサマンサですけど、来年の福袋で可愛い女子たちにカープコラボアイテムが鬱扱いされませんように…!
そんな時は買い取るからご一報下さい!! 

力一杯縛り上げ、またがり、突いた正月3日目

カテゴリ:
お友達に誘ってもらいまして、

お地蔵さまを縛りに行ってきましたー!!
水元公園の近くにある、しばられ地蔵!!

なんでも、かの有名な大岡越前さんが1番最初にとある事件を裁くために縛ったのだそうで、以来、願い事を唱えながらお地蔵さまを縛り、願い事が叶ったらほどきに来るという風習になったのだとか。

年に一度、大晦日に全ての縄が解かれ、お地蔵さまの姿を拝んだのち、元旦にお坊さんが1番縄を締める。そのまま また1年縛られ続けるのだそうで、「三が日に行ったら、貴重なお姿が拝めるかも!」なーんて話しながら行ったのですが……

ズドーンとされていらっしゃる!!

かろうじて、頭頂部が分かるくらい!

ああ、こんなにも民草の願い事で縛られてらっしゃるとは……あ、あ、ありがとうございます!縛らせて下さい!

と、縛らせて頂きましたが、縛るのに夢中で、肝心なお願いごとをしたようなしないような……

さらに、「出世牛」なる置物がありまして、またがると出世するというので みんなで寄ってたかって跨らせて頂きまして、

ひとり一回、鐘まで突いて良いと言うので、寄ってたかって突かせて頂きました!

こんなにいろいろ出来て、酒濃いめの甘酒まで飲めて、素晴らしいお寺でしたー!「縛りに行きませんか?」と誘ってもらうまで、お地蔵さまを縛る、という行為が存在することすら知りませんでしたし!!

と言うわけで、3日連続アレコレお参りしたので、きっと神様が混乱するほどご利益があるはず……

と信じて、明日から何となく働き始めようかなあと思うのでした。
あくまで何となく。

六白金星は、実際 衰運だという話

カテゴリ:
女の30代は、だいたいが厄がらみでしたが、やっとこさその厄まわりから解放されたーー!!!いや、まあ、大して厄を感じたりしてませんがね…

そんな開放感に満ちて四十路に突入した途端、衰運だということが分かりました…!!

私は方位学で言うところの六白金星なんですが、六白は今年、衰運なんですと!

えー!!そんな殺生なー!!

と言うわけで、神頼みすべく近所の神社と、鎌倉・鶴岡八幡宮と、同じく鎌倉の長谷寺に行って来ましたー!

ここ数年、だいたい朝の9時には行く鶴岡八幡宮ですが、1月2日だから空いてるかなーと油断して12時くらいに行ったらザ・混雑!!

そのまま、混雑に巻かれに巻かれながら江ノ電で長谷寺へ。
長谷寺の長谷観音が大好きなので、どーしても三が日のうちに行きたいのでした。(観音様は撮影禁止)

長谷寺からは、シン・ゴジラが再上陸した由比ヶ浜がよく見えます。

で、これだけ沢山お参りしたし、きっと衰運も防げたに違いない…!と思ったんですが……

夕飯の時に、両親に結婚しないことについて猛烈に責められましてね…

お父さん、お母さん、あなたたちは勘違いしています。

私はね、結婚しないんじゃなくて…

できねえの!!

どんだけ婚活したと思ってんだっつうの!!

と、割と苦行みたいな正月を過ごしております。いやー、おそるべし、六白の衰運!!

とりあえず、方位学には方位学で対抗すべく、恵方取り旅行にでも行こうと決意したのでした。(婚活の決意はしねえのかよ!)

謹賀新年!!



あけましておめでとうございます!

今年も仕事にカープにライブにマンガに、あれこれ頑張ります!

今年も宜しくお願い致します!

カテゴリ:
なんと、今日で

このブログを開設してから12周年!!

12年の間に、Twitter、Facebook、Instagramなどのアカウントも活用しているうちにめっきり更新頻度も低くなっているこのブログですが、毎年言ってる気がするけど、更新頻度上げるぞー!やはりある程度の長文を書くにはそれなりのスキルが必要だと思うので、その筋肉を鍛えたいと思います!

さて、軽く2016年を振り返りますと…

【カープ】
25年ぶりのリーグ優勝からのCS、日本シリーズと、かなり楽しませて頂きました!来年は日本一!!あと、ズムスタのBBQシートで大人数で肉を焼きながら野球みたい。

【ライブ】
今年、かーなーりー遠征行けて楽しかったー!
特に氣志團は、ホールツアーとライブハウスツアーの2種類を堪能できて幸せすぎた…最終的に、氣志團のステージに上げてもらって1曲まるっと踊らせて頂くという身に余る幸せを頂きまして、友達みんなで幸せ過ぎて泣いたっけなあ……

【マンガ】
マンガHONZでのレビューを書かせて頂くようになってから、それきっかけで、安野モヨコ先生の公式サイトで文章を書かせて頂けまして、こちらも光栄すぎる…!!そしてたくさん読みました。来年も読みまくる!

【食】
美味しいものをたくさんたくさんたくさん食べれた!美味しいものを食べるの好き仲間が周りに増えて、情報交換もできめ実に楽しい日々となりました。

【運動など】
一昨年から始めたランニングが意外と続いておりまして、さらにトレイルランニング初体験、1000メートル超えの山に登ったりなど、こちらもやりたいことをやれた感ある。有酸素運動に傾きがちなので、筋トレを復活させたいものです。

【仕事】
テレビ以外の仕事に目を向けた1年でした。せっかくフリーなので、こちらを増やしてアレコレやってみたい。あと、例えば「シン・ゴジラ」のメイキングスタッフとして参加させて頂いたら「シン・ゴジラ」と安野モヨコ先生作品のコラボについての文章を書くお仕事を頂いたりと、クロスしてくる感じもあって、何でもやるぞー!となった年でした。


と、ざっと2016年を振り返ってみますと、ほんとに恵まれてて幸せだったなあと思います。皆さんありがとうございます!!

来年も、あれこれやらせて頂きますので宜しくお願い致します!!

良いお年をー!!

鍋割山で鍋焼きうどんが食べたいあまりに1000メートル登った

カテゴリ:
最初は富士山が見たかったんです。

私は、定期的に美しい自然を見に行ってマイナスイオンを体内にチャージするタイプなんですが、今後のスケジュールを見ると、今日が2016年自然を愛でれるのがラストチャンス!

ってことに、昨夜急に「ローグ・ワン」観終わったタイミングで気付きましてね?
そして、かなりの晴天の予感もビンビンしたものですから、「青空にスコーンと抜ける富士山が見たい!」と脳内会議で満場一致で可決と相なったのです。

で、富士山が見えるのは、山の上なんじゃね?となり、高尾山くらいで、もう少し富士山に近いとこで、手頃に登れそうな山を探していたところ……

そんなに手頃ではない上に聞いたことない鍋割山という山を見つけたのです。

鍋割山は、天気が良ければ山頂で素晴らしい富士山が拝めるだけでなく、

素晴らしい鍋焼きうどんを食せる

というではありませんか!!

これだ。標高は高尾山の倍くらいあるけど、登山道も整っていると書いてあるし、これだ。片道平均3時間50分(休憩時間除く)と書いてあるけど、鍋焼きうどんだ。往復8時間くらい歩くけど、鍋焼きうどんさえ食べれれば歩けるさ!高尾山くらいしか登ったことないけど、鍋焼きうどんさえ以下略。独りだけど、鍋焼きうど…

と、言うわけで、8時半に大野バスセンター出発。
ここ、大野バスセンターからは、塔ノ岳という山にも登れまして、こちらの平均所要時間は確か2時間くらいと短い。富士山も見える。でも、鍋焼きうどんは無いので却下。

本格的な登山道まで80分、うっすら登り坂の林道を進みます。途中で余裕ぶっこいて走ったりしながら、60分くらいで到着。

登山道は、急激に「私、登山しとるわ!!」という感じに!
何故、山道の険しさって写真で上手く表現出来ないのでしょうか?

と、思い悩んでいたら、なんと、野生のカモシカに遭遇。
お尻にハートが2つある。あんな感じのネイルデザインってありますよね。

そこから、7割階段という、けっこうアレなコースを延々と登ります。
マジで延々と。
途中、延々過ぎて早くも空腹になり、「このままだとハンガーロックになるのでは?」とデブならではの先回り心配により、手持ちのランニング用井村屋の羊羹を食したりしながらひたすら登ります。ちなみにさすが井村屋、めちゃくちゃ美味しい。
そんなこんなで登ること約90分。
平均3時間50分のところ、鍋焼きうどん食べたさに2時間半くらいで鍋割山の山頂に到着!!

山頂からは…

理想の富士山がー!!

そして…

理想の鍋焼きうどんがー!!!

と、言うわけで、理想の1000メートル級登山デビューを飾ったのですが、鍋焼きうどんを食べた私はパワーアップした訳で、尾根を辿ってもう一山行くことに!

だって、隣の塔ノ岳まで2.8キロって書いてあるんだもの!近い!

と言う訳で、隣の塔ノ岳目指して登ったのですが、これまた7割階段、さらに明け方に下りた霜が解けてグチャグチャな地面が7割、と、鍋焼きうどん食べた後でないととても登れなかったハードなコースでした。

こっちは45分くらいで到着。

さっきの鍋割山より200メートルくらい標高高いだけで、俄然 山頂感が増しております!

そして、ギリギリ富士山がー!!
10分後に雲に隠れて、もう出てこなかったのでセーフ!

20分くらい休憩してましたら、これ、ファンタスティックビーストに出てきたやつかな?的なヤツがもくもく登ってきました。

初めての1000メートル超で、無謀にも独りで来て、浮かれて縦走して遭難とか、いくらあと2つ井村屋の羊羹があるとは言え、ぜひ避けたい!

と、猛スピードで下山。

幸い、下山道がファンタスティックビーストのアレに巻かれて足元が見えない、なんてこともなく、15時には大野バスセンターに到着したのでした。

所要時間、5時間半!

16時には山の中は真っ暗になるとは思っていましたので、何だかんだでスピード上げて回れたのは良かったのでした。

と言う訳で、2016年の大自然納め、だいぶ楽しく美味しく回らせて頂きました!

2017年は、
・何か見たいものがある
・何かたべたいものがある
この2つのモチベーションを満たす時に限り、これくらいのクラスの山に登りたいと食欲と希望に燃える日曜日となったのでした。

カテゴリ:
いやー、二度見をする金額でしたよ実際…!!でもね、仕方ない。つうか、自覚ありで使ってた!!

だって、10月中旬に、まずクライマックスシリーズに広島行ったでしょー?

で、日本シリーズで
1戦、2戦@広島
東京
3戦@札幌
東京
5戦@
札幌
東京
6戦@広島

という、後半戦は連敗で涙涙の旅行ウィークがありまして。

その2週間後に、今度は氣志團の東北ツアーが始まりましてね?

まず1週目に

山形
作並温泉
仙台

という仙山線を辿るような旅をしまして。

その3日後に、広島にカープのセ・リーグ優勝を祝したポルノグラフィティや奥田民生のライブに参戦。

その2日後には弘前でのGIGに参戦。

さらにその1週間後に、今度はももクロの有安杏果ちゃんのソロコンで別府に行った次第です。

という感じで、2ヶ月で同じ都市を数えるとよく分からなくなりつつ、10箇所以上に旅行に行ったという、なんかもはや、修行なの?と言わんばかりのスケジュール。

でも……

超幸せだったー!!

そして、

超美味しかったー!!

と、ライブついでに限界まで旅行したり食べたいものまるで我慢せずに食べた結果……

2ヶ月合わせると、いつもとケタが違うな的な金額の請求書が来たのでした。

しかしながら、一円の後悔も無いさ!!
だって日本シリーズなんか25年ぶりなわけですし、ライブはナマモノですし、どこを取っても行かないという選択肢は無かったのですから!!

こんな感じで余りにも遊びまくってたので、ブログを更新する間も無くなってしまったわけですが、気が向いたら思いついたように更新したり、しなかったり、そんな感じで暮らして行こうと思います。

そんで、沢山使ったからには働くぞー!!

このページのトップヘ

見出し画像
×