片腕な模型鉄の日々


上様Rと申します。
脳内出血で右片麻痺の身体障害者になってしまいましたが、
Nゲージ鉄道模型を中心に模型趣味などを細々と続けています。

T-TRAKモジュールを作る2018 その9

 ここでまたしてもKATOの複線ワイドラーメン架線柱を使いますが、
18tt195
Nゲージ用ではなくHOゲージ用ですよ!
18tt196
両者を並べてみると、やはり大きいですねえ・・・
18tt197
これを加工して、こんなストラクチャーにしました。まだ完成ではなく、とりあえず基本形を作っただけの状態です。
18tt198
設置する予定の場所に仮置きして、
18tt199
前回作ったこのストラクチャーを干渉しない位置に固定したうえで、
18tt200
やはりゴチャゴチャとした感じに電線を張りました。

 次も、
18tt201
陸戦型ガンダムの肩や武器コンテナの側面、ホバートラックのパーツなどを組み合わせて、
18tt202
何だかよくわからないストラクチャーにしていきます。
18tt203
これは先ほどのストラクチャーの隣に固定しました、ガイシと電線のおかげでそれっぽく見えるものですなあw

 この時点で可能な部分に、
18tt204
バラストを撒いてみました。ユニトラックタイプのバラストというだけの事はあって、ユニトラックの道床と違和感なく馴染んでいますね。

 今度は、
18tt205
この様な形に切ったプラ板を重ねて、
18tt206
こんなものを作りました。
18tt207
さらに陸戦型ガンダムのお尻のパーツと、「輝き撃ち」で有名な盾wの一部などを付け足すと、
18tt208
18tt209
こうなります。これを塗装して仕上げれば、
18tt210
18tt211
大型の変圧器です!・・・それらしく見えているでしょうか?

 せっかくなので、ちょっと遊んでみました♪
18tt212
18tt213
18tt214
実際にはシキ1000には積めないでしょうけどね、そもそも建築限界的に鉄道輸送は不可能かと。
18tt215
まあ劇中では無事に据え付けられた、という事にしておいて下さいませ~w

 また同じ様に、
18tt216
プラ板と陸戦型ガンダムの前腕パーツなどを組み合わせて、
18tt217
先ほどより少し小ぶりの変圧器を2台作りました。
18tt218
これらも設置すれば、いよいよ変電所らしい雰囲気が高まってきた気がします♪

つづく・・・

 ちょっとブログを更新する余裕が無いので、あまりまともな写真が撮れなくて記事にしていなかった、3月に開催された鉄道模型芸術祭について簡単にまとめておく事にしましょう。

 イベント当日の3月25日は非常に暖かくて、
18tg01
会場である東京芸術劇場の周りにある桜も満開でした♪しかしこの広場、前回までは屋外展示として蒸気機関車の運転や物販が行われていたのですが、それらが今回は無くなってしまったのですよ!両者とも特にお目当てにしていた訳でもありませんでしたが、やはり無いとなると少し物足りない様な気がしてしまいますね・・・

 それでは、展示されていた作品の画像を適当に並べていきます。
18tg02
18tg03
18tg04
18tg05
18tg06
18tg07
18tg08
18tg09
18tg10
18tg11
18tg12
18tg13
18tg14
18tg15

 こちらは今回の目玉、
18tg17
第1回目のTMSレイアウトコンテストでTMS賞を受賞したという作品です。
18tg16
18tg18
製作者から譲り受けた現在のオーナーが、少しずつレストアを続けているそうです。

 引き続き、作品の画像を並べていきます。
18tg19
18tg20
18tg21
18tg22
18tg23
18tg24
18tg25
18tg26
18tg27
18tg28
18tg29
18tg30
18tg31
18tg32
18tg33
18tg34
18tg35
18tg36
18tg37
18tg38

 アトリウムで行われていた、プラレールとレゴの展示です。
18tg39
18tg40
18tg41
18tg42
18tg43
今年はレゴのストラクチャーが、昨年までとは一味違っていて素晴らしいものでした。

 という訳で、ものすごく簡単に振り返ってみました。相変わらず、全体的なレベルの高い作品ばかりが展示されていたと思います。しかし、イベント全体から感じられる活気が、第1回・2回に比べると落ちてしまった様な感じを受けました。屋外展示が無くなってしまった事で、単純にそう感じてしまっただけなのかもしれませんが、客の数もやはり少なかった様な気がします。今後も恒例イベントとして定着していく上で、正念場的な時期に差しかかっているのかもしれませんね。次回以降も続いていく事を、ぜひ期待していたいところです!

T-TRAKモジュールを作る2018 その8

 しかし、
18tt176
構内道路がちょっと寂しい気がします・・・とは言え、こういう施設の中にたくさんの自動車が走っているのも違和感があるのですよ。そこで、プラ板と真鍮線でこんなものを作って置いてみる事にしました!
18tt178
18tt179
見ての通り、台車ですね。鉄道模型で「台車」と言えば車両が履く方になってしまいそうなので、手押し台車とでも呼ぶべきでしょうか?まあ気分転換と息抜きを兼ねた、簡単な工作です。
18tt180
これは謎の機器を載せて、この辺りに固定しました。小さいものなので目立つ様な存在ではありませんが、自動車ばかりを並べるよりも面白いのではないかと思います。

 次に、
18tt181
陸戦型ガンダムの武器コンテナの部品と、トミックスの変電所のジャンクパーツを組み合わせて、
18tt182
ストラクチャーを作っていきます。
18tt183
さらに適当なパーツも付け足しながら、
18tt184
18tt185
最終的にこんな建物になりました。
18tt186
これをベースに設置してから、また電線を張っていきます。
18tt187
背景板の方からのぞき込んでみると、電線がゴチャゴチャと目にうるさい様な雰囲気が出てきました♪まだまだ縦横無尽とまではいきませんが、今後も増やしてこの感じを強くしていきたいと考えています。

 そして、
18tt188
またもガンプラのパーツ、これは脛ですね。
18tt189
やはり適当なジャンクパーツなどを組み合わせて、
18tt190
塗装をすれば謎のストラクチャーができあがりました。
18tt191
これはこの辺りに置かれる予定なのですが、後で作る予定のストラクチャーとの絡みがあって、まだ位置が決まらないので仮置きです。

 ここで、KATOの複線ワイドラーメン架線柱を改造して、
18tt192
こんな架線柱を2組作りました。これを使うのはまだまだ先、モジュール制作の中でも最後の方になる予定なのですが、この辺りで仮に設置してみてイメージを確認しておきたかったのです。
18tt193
という訳で、他の未固定ストラクチャーも一緒に並べてみました!
18tt194
うん、なかなか良い感じですよ♪

つづく・・・

 4月2日は、巣鴨にある模型店「さかつうギャラリー」で開催されていた「宮下洋一 作品展・3」を見に行ってきました。
3m01
タイトルに「3」とある通り、こちらでは3回目の展示会になります。
3m02
3m03
今回も魅力的な作品が並んでいますよ♪

 まずは今回の目玉、「地鉄電車」の「岩倉町駅」です。
3m04
3m05
3m06
3m07
「地鉄電車」シリーズの中で最初に作られて、最大のセクションだそうです。その大きさ故に今までは展示の対象外にされてきて、今回の展示で公開は最後にするつもりとの事・・・これはしっかり鑑賞しておかないと!
3m08
3m09
本などでは何度も見ていますが、実物を目にするのは初めてです。
3m10
3m11
3m12
3m13
3m14
まず感じたのは、やはり大きいなと・・・Nゲージなら、そこそこのレイアウトが作れてしまう様な広さですよね。
3m15
3m16
3m17
しかし細部まで作り込まれていて、大きくても間延びしている様な印象は全く受けません。
3m18
3m19
3m20
もっと小さなジオラマでも、このレベルで作り込むのは大変でしょう。
3m21
そんな世界の中に置かれていても「浮く」様な事もない車両たちも、また素晴らしい出来でした。

 次は、
3m22
3m23
併用軌道?路肩軌道?のセクションです。これも多大な影響を受けた作品で、盆ジオ2号の原点の1つにもなりました。
3m24
3m25
ここまで近づいて鑑賞できたのは初めてです♪

 こちらはナローゲージのジオラマ、
3m26
3m27
かなり最近の作品ですよね。
3m28
看板や畑、ヒマワリなどの鮮やかな色が印象的で、落ち着いた色使いの「地鉄電車」シリーズとは違った作風の雰囲気が感じられました。

 そして今回も、
3m29
私の大好きな山田駅がありましたよ♪
3m30
3m31
前回とは展示する向きが変えられていたので、駅舎やお店などを近くでじっくりと見る事ができました。

 このセクションも、
3m32
ずっと実物を見てみたかったのです!
3m33
線路が奥側にあって築堤で高くなっているので、車両と手前の情景が一体の風景として自然に眺められますね。
3m34
川を渡る橋と、
3m35
その先にはトンネルもあって、鉄道模型で好まれる要素が多分に盛り込まれています。しかし詰め込みすぎている様な感じは全然せず、バランス良く実感的にまとめられていて、また真似をして作ってみたいと企んでいたりしてw

 この車両は、
3m36
3m37
地鉄電車の第一号車だそうです。
3m38
3m39
他にも小さな作品や、
3m40
車両なども展示されていて、今回も非常に見応えがありました♪

 3年連続の展示会でほぼ全ての作品を公開されたので、今回で一区切りにするつもりという事ですが、今後も新作と共にまた見られる機会を期待していましょう!

T-TRAKモジュールを作る2018 その7

 次に、
18tt149
またKATOの複線ワイドラーメン架線柱の、
18tt150
支柱の部分を組み合わせてストラクチャーを作っていきます。
18tt151
18tt152
基本の形は、これで完成しました。
18tt153
ベースに仮置きしてみると、こんな感じになります。
18tt154
18tt155
ガイシを適当に取り付けて、やはり適当に電線を張りました。簡単な作業ですが、精密感がグッと高まった感じがします♪

 さて、
18tt156
これは初代レイアウトを解体した時に回収した、トミックスの変電所です。先ほど作った鉄骨のストラクチャーとその配置は、この製品やグリーンマックスの変電所などを無意識にイメージしている気がします。
18tt157
実はもう分解されていて、その部品たちはジャンクパーツとして、すでに今作のあちこちで使われていたりもします。
18tt158
今回ここで使うのは、この変圧器です。
18tt159
これを塗り直して、ガイシに電線を取り付けたうえで、ベースに固定しました。ところで・・・この変圧器は何だか見覚えがあると思ったら、
18tt160
同じトミックスのシキ1000に積み荷として付属している変圧器と同じものだったのですね!

 そしてまた、ガンプラのパーツでこんなストラクチャーを作りました。
18tt161
どこからどう見ても、ガンダムの足なのですが・・・何となく、スーパー戦隊シリーズに出てくる母艦メカっぽい雰囲気もありませんか?
18tt162
18tt163
しかし塗装をして仕上げたら、今度は戦車っぽくも見えてきましたw
18tt164
これを変圧器の隣に固定して、上から鉄骨のストラクチャーを被せます。
18tt165
18tt166
ストラクチャーの間に電線を張りました、私の好きなゴチャゴチャ感が出てきましたよ♪

 ここで、
18tt167
構内道路にトラックと人形を置いたり、
18tt168
またもガンプラの部品で作ったストラクチャーを、
18tt169
適当に配置しておきます。
18tt170
さあ、情景の密度が高まってきました!

 それでは、モジュール制作前半の山場になると考えていた作業に入ります・・・
18tt171
18tt172
紅白鉄塔と矩形鉄塔の間に、高圧電線を張っていきましょう!
18tt173
こうして合計6本の電線を、何とか無事に張り終えました。
18tt174
18tt175
モジュール最奥部の工作は、これにてほぼ完了です。
18tt176
手前側はまだまだスカスカですが・・・
18tt177
固定していないストラクチャーも仮置きしてみれば、完成も決して遠くない気がしてきました♪

つづく・・・

↑このページのトップヘ