片腕な模型鉄の日々


上様Rと申します。
脳内出血で右片麻痺の身体障害者になってしまいましたが、
Nゲージ鉄道模型を中心に模型趣味などを細々と続けています。

ゆる静△ ゆるい静岡の旅 その5

 再び新清水まで乗ってから、
siz195
折り返して1つめの入江岡駅で降りました。
siz196
siz197
細い島式ホームの新静岡駅方面側に出口があるのですが、
siz198
とても狭くて急角度な上り階段になっています・・・
siz199
その階段を上って駅舎の外に出ると、橋の上でした。
siz200
こういう形態の駅自体は決して珍しい訳でもありませんが、駅舎はとても小さくて橋には歩道も無いという辺りが、いかにも無理矢理作ったという感じがして何だか微笑ましく思えますねw
siz201
線路は掘割状の地形に敷かれていて、JRの東海道本線と並走しています。

 2駅進んで、
siz202
狐ヶ崎駅で下車しました。
siz203
ホームから新清水駅方面を眺めると、線路を跨ぐ橋が見えます。あの橋こそが、ここで降りた目的なのですよ。
siz204
という訳で、駅を出て向かいましょう。
siz205
と言っても駅のホームから見えるくらいなので、私の脚でもすぐに着いちゃいます。さて、一見すると普通の人道跨線橋の様ですが・・・
siz206
欄干の外側を覗くと、何と歩道の下に空間があって水が流れているではありませんか!そう、この橋は「谷津沢川水路橋」という名前で、その名の通り水路橋でもあるのです。
siz207
横には橋の歴史などが書かれた解説板が立っていました、現在のこの橋は3代目になるのですね。
siz208
橋の東側には、先代の橋を支えていた橋台が残っていました。
siz209
駅のホームから橋が見えたので、当然ながら逆に橋からもホームがよく見えます。さあ、駅に戻りましょう。

 その隣の、
siz210
御門台駅にも降りてみます。
siz211
siz212
駅舎の出入口が、踏切の中にありますよ!?
siz213
列車がやってくると、道路だけでなく駅舎の出入口にも遮断竿が降りるという、何だか面白い構造になっています。
siz111
この駅の周辺は、前日に見たモジュールレイアウトで作られていたので、ちょっと歩き回って昨日の記憶と比べてみました。駅前のしずてつストアや幼稚園など、再現度が非常に高かったですねえ。

 そのまま次の駅まで歩いてみる事にします。沿線は普通の住宅街ですが、途中で模型メーカー「PLATZ(プラッツ)」のロゴを掲げた建物を見つけました。会社ではなく倉庫の様でしたが、やはりさすが模型の国・静岡ですね!
siz214
線路沿いの道を、行き交う列車を眺めながらのんびりと歩いて、
siz215
草薙駅に着きました。

 ここから再び電車に乗り込んで、今度は少し長めに乗車します。
siz216
終点の1つ手前、日吉町駅まで来ました。
siz217
上りホームには、平日の朝だけ使える出口専用の改札口があります。小さな駅ですが、それだけ利用者も多いのでしょう。
siz218
駅を出て、終点までの1駅間をまた歩いてみます。
siz219
siz220
都市部ですが、地方私鉄らしいのどかさも感じられて、実に良い雰囲気です♪
siz221
という訳で、朝に出発した新静岡駅まで戻ってきました。静岡鉄道・静岡清水線の旅は、これにて終了です!

 この後は駿府城公園を見物するつもりだったのですが、ちょっと気が変わったので静岡駅前からバスに乗り込んで、南安倍川橋の東岸辺りまで行きました。
siz222
そこからは徒歩で橋を渡ります、とても広い川ですねえ・・・そして振り返れば、
siz223
siz224
siz225
駿!河!湾!!この景色が見たくなったのですよ、やっぱり海は良いものです♪
siz226
富士山は、残念ながら雲に隠れていました。しかし川が広いので当然ですが橋も長い、渡り切るのに30分以上もかかってしまいました・・・

 橋を渡った少し先にあるのがこちら、
siz227
siz228
初日にも静岡駅前のお店に行った、わさび漬けの「田丸屋本店」のドライブイン店舗「STEP INたまるや」です。
siz229
ちょっと歩き疲れたので、店内で飲める安倍川の伏流水で一息つかせてもらいました。
siz230
工場見学もできるのですが、この日は日曜日だったのでラインは動いておらず、モニタに映像が流されているだけでした。
siz231
他にもわさびに関する展示物などがある中で、
siz232
こんな部屋がありました!工場内の空気が引き込んであるとの事で、ドキドキしながら入ってみましたが・・・意外と大した事ありませんよ?ってよく考えたら、今日は工場がお休みだったんですよね。
siz233
それを忘れて、このボタンを連打した結果・・・むせて涙が出て、目が痛くて開けられなくなりましたとさw
siz234
部屋を脱出した後は、わさびソフトクリームで口直しをしてから、大好きなわさび漬けの試食しまくりタイムです♪もちろんお土産も買いましたよ、ちょっと安売りしていたからつい買い過ぎちゃいました!まあ私だけでなく両親ともにわさび漬けが大好きな一家なので、特に問題ありませんがw

 という訳で、
siz235
静岡駅まで戻ってきました。まだ明るいので早い気もしますが、いよいよ帰路に就く事にしましょう。
siz236
楽しかった~♪

ゆる静△ ゆるい静岡の旅 完

 約2年前に「トレイン缶」という記事で、鉄道車両を模した缶容器を集めている事を書きましたが、その後も少しずつですが増え続けているのでした・・・
can15
そこで、現時点で持っている全ての缶を出して並べてみましたよ!

 せっかく出したので、前回の記事より後に増えたものだけ、簡単に紹介していきましょう。
can16
中央・総武線各駅停車のE231系です。地元を走っている車両なので乗った事も多く親しみがあって、入手できてうれしいッス♪
can17
同じ総武でも、こちらは快速線と横須賀線を走っているE217系です。こちらも地元でよくお世話になっているし、前面のデザインも独特で好きな車両の1つです。
can18
いわゆる成田エクスプレス(初代)の253系、これも総武快速線で走っている姿をよく見かけました。
can19
通称「房総ビューエクスプレス」255系、上の253系とは兄弟の様な関係ですね。地元の京葉線を走っていたので、やはり馴染みの深い車両です。
can20
常磐線各駅停車のE233系2000番台です。地下鉄の東京メトロ千代田線に乗り入れるので前面に非常用扉があり、他のE233系たちとは違った特徴的な顔つきになっています。
can21
185系の「踊り子」号です。185系踊り子と言えば白地に緑の斜め帯3本の印象が強いのですが、これは後年に塗り替えられた「新湘南色」と呼ばれている塗装ですね。
can22
中央線快速の201系です。実は前回の記事を書いた時点で、中央線201系の缶は既に持っていたのですが・・・
can23
そちらとは「中央特快」マークの有無や、全体的なデザインも違っているのですよ。と言ってもバージョン違いが存在する事を知ったうえで狙って入手した訳ではなく、欲しかった他の缶とセットにされていたものを、ダブりも仕方ないと思いつつ引き取ってから違いに気付いたという次第でしてw

 以上がJR東日本チームです。次は、
can24
JR貨物のEF210形電気機関車です。これは昨年の青森旅行中に見つけて購入したもので、他の缶よりもひと回り大きなサイズになっています。
can25
江ノ島電鉄の300形、これは上のEF210とほぼ同じ大きさです。
can26
広島電鉄の650形651号、いわゆる被爆電車ですね。
can27
同じく広島電鉄の5100形、通称グリーンムーバーマックスです。これら広電の2両はJR貨物チームの缶よりも背が高くて、私がこの時点で持っているトレイン缶の中では最大のサイズとなっています。

 では、最後に集合写真を・・・
can28
はい、チーズ!という訳で、今後も「何でも缶でも」wではなく、好きな車両や気に入ったものを少しずつ集め続けていくつもりです。

ゆる静△ ゆるい静岡の旅 その4

 ここ静岡鉄道の長沼車庫は、
siz169
昨日に行ったトレインフェスタと連動して、昨日と今日の2日間は一般公開されているのですよ!
siz170
siz171
siz172
9:30から入れるという事なので10:00より少し前くらいに着いたのですが、既に賑わっていました。
siz173
目玉となるのは、やはりこの車両でしょう・・・
siz174
siz175
電動貨車のデワ1です、90歳オーバーのかわいいおじいちゃんですね♪
siz176
A3000形の、ブリリアントオレンジイエロー編成も展示されています。500円で乗務員室に入って記念撮影ができるそうで、お子さん連れの方々が車内に並んでいました。
siz177
1000形も、色違いの3編成がいます。
siz178
その横の本線を、A3000形のナチュラルグリーン編成が通り過ぎていきました。
siz179
siz180
siz181
車両以外も、のんびりと見て回りましょう。
siz182
siz183
車庫の中では物販が行われていて、
siz184
siz185
車両の部品なども売られていました。
siz186
siz187
しかし私の興味は非売品の方へw、
siz188
特に建物自体に惹かれてしまうのですよ・・・
siz189
車庫側から長沼駅方面の眺め、線路が集束していく様子が良い感じですね♪

 という訳で、
siz190
最後に記念撮影をしてから車庫を出て、
siz191
siz192
長沼駅に戻りました。
siz193
構内踏切を渡って下りホームへ、
siz194
ここからだと長沼車庫の全景がよく見えるんですね。やってきた列車に乗り込んで、再び新清水方面へと向かいます。あ、駅前にあるバンダイホビーセンターを撮影しておくのを忘れてた!

つづく・・・

ゆる静△ ゆるい静岡の旅 その3

 5月20日、この旅も3日目の最終日になってしまいました・・・
siz135
siz136
宿をチェックアウトして、散歩しながら駿府城公園の方へと向かいます。
siz137
siz138
静岡鉄道の起点である、新静岡駅に来ました。
siz139
電車とバスの1日乗車券を買ってホームに入ると、
siz140
siz141
新型車両のA3000形がやってきましたよ!
siz142
siz143
さっそく乗り込んで、特等席wに陣取りました♪この静岡清水線に乗るのは、実に約20年ぶりになります。
siz144
siz145
このA3000形は現在までに4編成が投入されていて、それぞれ違う色に塗られています。私が乗ったこの編成は、富士山をイメージした水色「クリアブルー」だそうです。

 という訳で車窓を楽しみながら、
siz146
まずは終点の新清水駅まで一気に行ってみました。
siz147
siz148
近代化されていますが、くし形ホームで好ましい規模の地方私鉄らしい駅ですね♪
siz149
siz150
siz151
駅を出て、
siz152
近くを流れている巴川を渡る鉄橋が眺められるところまで歩きました。
siz153
siz154
この時間帯は約7分間隔で列車が走っているので、上り下りを合わせれば様々な車両が次々にやってきます。
siz155
ちなみに、奥に見えるトラス鉄橋は東海道本線のものです。

 新清水駅に戻ると、
siz156
ちびまる子ちゃんラッピング編成の1000形が待っていました。
siz157
外観だけでなく、車内にも作者であるさくらももこさんのイラストがたくさん使われていて、
siz158
さらにアナウンスもTVアニメのまるちゃんの声なのですよ!
siz159
途中の県立美術館前駅で一旦降りて、
siz160
siz161
車両の側面を撮影しました。そして撮りたかったのがもう1つ・・・
siz162
この駅の上りホームには、あの有名な『ロダンの「考える人」』の小さな複製が飾られているのです。駅名標と「考える人」って、他ではなかなか写せないであろう面白い組み合わせの写真ではないかとw
siz163
先ほど乗ったA3000形のクリアブルー編成が、また新静岡から折り返してきました。
siz164
おや、遠くに見えるあのビルは・・・
siz117
昨日のトレインフェスタ会場内の、ヘッドマークファイブナインズのスペースで展示されていたタワーマンションではありませんか!さすが地元の鉄道模型クラブだなーと思いながら眺めていると、
siz165
また1000形がやってきました、私の中では静鉄1000形といえばこの塗装の印象が強いですね。
siz166
この列車に乗り込んで、長沼駅で下車しました。
siz167
この駅に隣接して静岡鉄道の車庫があるのですが、その敷地内には何やら大勢の人の姿が!?
siz168
そして私も、駅を出てそちらへと向かいます。

つづく・・・

↑このページのトップヘ