機芸出版社・SHIN企画による、Nゲージレイアウトやジオラマなどにおけるシーナリーについての本「Nゲージ ファイン マニュアル 1 車輌基地のストラクチャー」が、つい先日に発売されました。地元の書店には置いておらず、代表的なネット通販でもまだ取り扱っていない様なので、神保町まで行って購入してきました。
nfm01
実は私、自室の収納の都合で、ここ数年は本を増やす事を極力控えているのです・・・なので、買うか否かを決めるだけでもかなり時間、というか月日wをかけて考える様になっています。そんな私が、ほぼ発売直後に購入するというのは、非常に珍しい事なのですよ!

 これは、「Nゲージ ファイン マニュアル 1」というタイトルに反応してしまった結果なのでした。機芸出版社の本で、橋本真さんの「SHIN企画」の本でもあり、しかもこのタイトル、というところに反応された方は多かった様で・・・やはり、2015年の冬号で休刊になってしまった「Nゲージマガジン」を連想してしまいますよね?「1」とナンバリングされている辺りも、とても期待してしまいます♪1号で終わってしまうという事だけは避けてほしいので、販売部数に少しでも貢献できればと考えて、まず1号は買おう!と。でも、やはり内容を軽くでも確認してから買いたい、という訳で神保町まで足を運んだ次第です。

 最初にインターネットで画像を見た時は、今までの機芸出版社・SHIN企画の本と同じく、カバー付きの本なのだと思っていました。しかし、実物はカバー無しの実用的な装丁になっていて、私としては読みやすくて良い感じです。内容に関しては多く触れませんが、作例や実物の写真、イラストによる図なども多く使われています。
nfm02
nfm03
第一印象としては、Nゲージマガジンの記事に、SHIN企画の本で使われている実物へのアプローチスタイルを加えた様な感じを受けました。文章も含めて、全体的な雰囲気から安定感と馴染みが感じられて、安心して読む事ができます。

 お値段は税抜きで1,800円、内容を抜きにして、単純に私にとっては少々お高いかな?と・・・取り上げられているテーマ「車輌基地」が、次に作ろうと考えているジオラマと合うので、参考資料にも創刊記念にもなるという事で、今回は大して悩まずに買えました。しかし、値段を考えてしまうと、テーマによっては買わない・買えない事もあるだろうな、と・・・この辺りは、1冊で多種多様な内容の記事を扱うNゲージマガジンなどとは、同じ様にはいかないでしょうね。

 とは言え、まずこの本自体は非常に良いものですよ!そして、今後のシリーズとしての展開にも期待しています!!