2017年10月24日

小海 ウエルカムケーキバイキングを楽しむ(2日目)

CIMG4619このホテルは16時までに入るとウエルカムケーキバイキングを楽しむことができるとのこと。我々は降雨のため、早めにホテルに入りましたので、温泉に続き、このケーキバイキングも楽しむことができました。流石シャトラーゼの直営店らしい演出と思いました。その後、チェックインをしてホテルで18:00から夕食を食べ、後はホテルで寛ぎました。  
Posted by uebaru at 06:30Comments(0)中部・北陸 

小海 星空の湯リエックスに入る(2日目)

CIMG4617まだチェックインの時間ではないのですが、フロントで確認すると同ホテルの温泉に入れるとのことで、本館から隣の建物に歩き星空の湯リエックスに入りました。雨の日の楽しみはこれに限るとばかり、ゆったりと温泉に浸かりました。いい気分でした。風呂から上がるとアイスキャンディーのサービスもありました。流石、シャトラーゼの直営店と思いました。  
Posted by uebaru at 06:15Comments(0)中部・北陸 

小海 小海リエックスホテル到着(2日目)

CIMG4618雨が小降りになったのを見計らって白駒荘を12:35頃、出発し、白駒池の駐車場に戻り同駐車場を12:55頃、出発。本降りの中、メルヘン街道と県道480号線を注意深く走り、やっとの思いでこの日宿泊予定の小海リエックスホテルに13:25頃、到着でした。兎も角ひどい雨でした。小海リエックスホテルはシャトレーゼ直営のホテルで標高1450mの位置にある八ヶ岳北麓の高原リゾートホテルとのこと。この日の午後は天気予報の通り雨でしたので、あとはホテルでくつろぐことにしました。  
Posted by uebaru at 06:00Comments(0)中部・北陸 

2017年10月23日

白駒池 白駒荘で昼食(2日目)

CIMG4586CIMG4613白駒の池を一周して、11:50頃、白駒荘に到着。そこでで昼食でした。池を見下ろすところに席をとり、写真にあるような「自家製野菜のカレーライス(1100円)」を注文し、おいしくいただきました。このカレーライス、見るからにおいしそうですが、標高1000mの畑でとれた30種類以上の自家製野菜をふんだんに使って作ったものとのこと。お勧めの一品でした。ご馳走様でした。昼食の途中から雨が降り始め、だんだん激しくなってきましたので、やはりおいしい自家焙煎珈琲を飲みながら雨が小降りになるのを待ちました。  
Posted by uebaru at 06:30Comments(0)中部・北陸 

白駒池 白駒の池に映る樹木等がきれいでした(2日目)

CIMG4608白駒の池は今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、池に映る樹木が白いさざ波にその影を残し、その上を一艘の手漕ぎボートが通っている姿は印象的でした。綺麗な池を見て、思わずうっとりでした。池で漕いでいるボートをぼ〜とと見ていました。  
Posted by uebaru at 06:15Comments(0)中部・北陸 

白駒池 白駒の池は池というより湖のようでした(2日目)

CIMG4602白駒の池は池というより湖のようでした。池と湖の違いについて調べたところ明確な定義はないようですが、一説によると池は人工的にできたもので、湖は自然にできたものだそうです。でも白駒の池は北八ヶ岳を構成する白駒峰の噴火によりできた堰止湖ですので、人工的といえず、自然に出来たものですので、その点から言うと湖といえます。従って、私もどちらかわからなくなってしまいました。わかる方がいたら教えて下さい。  
Posted by uebaru at 06:00Comments(0)中部・北陸 

2017年10月22日

白駒池 もののけの森のムツデチョウチンゴケを見る(2日目)

CIMG4594更に白駒の池を回っているともののけの森というコケの森でムツデチョウチンゴケを見ることができました。説明書きによれば、「中から上部の葉は光沢があり、葉に横じわがある。複数の胞子体をつける。」とのこと。ちなみにコケの名所1位の鹿児島県屋久島の白谷雲水峡における「もののけの森」は宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」の舞台として利用され、その中でも「ムツデチョウチンゴケ」が「もののけの森」を代表するコケだそうです。そのようなことから白駒の池の「ムツデチョウチンゴケ」の群生地もその名にちなみ「もののけの森」となったようです。このコケは岩をすっぽりと覆い隠してこの森一帯を緑色のコケで覆い一種独特の雰囲気を醸し出しているようでした。  
Posted by uebaru at 06:30Comments(0)中部・北陸 

白駒池 高見石を目指して歩いたが(2日目)

CIMG4592CIMG4590また、少し歩くと白駒荘という茶店兼食堂がありました。そこを過ぎて少し行くと右側に高見石に行く道がありました。そこまで歩いてどれぐらいかもわからずすぐ行って戻って来れると思い込んでその細い山道を登って行きましたが、行けどもそれらしきものは見ることができず、おまけに前日の雨のせいでしょうか、だんだん山道が川のようになってきて、「これは駄目。」と思い、引き返しました。でも、コケで一杯の原生林の中に入ってその雰囲気を味わえただけよかったと思っています。また、元に戻り、池の周りを更に歩きました。  
Posted by uebaru at 06:15Comments(0)中部・北陸 

白駒池 白駒の池でシャクナゲを見る(2日目)

CIMG4588白駒の池の淵には綺麗な花を見ることができました。8月1日にここでシャクナゲを見ることができるとは思いもしませんでした。以前、7月中旬に富士山5合目でシャクナゲの群生を見たことを思い出してしまいました。でも、見るからに今季最後のシャクナゲの花のようでした。それでも、白駒の池にスポットで明るくしてくれているように感じました。  
Posted by uebaru at 06:00Comments(0)中部・北陸 

2017年10月21日

白駒池 白駒の池に到着(2日目)

CIMG4585駐車場から歩くこと約20分で白駒の池に到着でした。白駒の池に到着すると神秘を帯びたような静かできれいな湖面を見ることができました。ここは池ですので「湖面」でなく「池面」でした。「イケメンであれば、やはり綺麗だ。」ということでしょうか?  
Posted by uebaru at 06:30Comments(0)中部・北陸