2006年01月23日

接近遭遇 3

 僕は引っ越して直ぐにツアーに出かけなければならなかった。ツアーに出ると一週間は帰らない事などざらだ。この時は確か十日ほど留守にする予定だった。
 前日に近所に挨拶をしてそれとなく「僕は恐い人じゃありまあせんよ〜」とか「色んな服そうや変な髪型の人達が出入りしますが、敵じゃないよ〜〜」とかをそれとなく伝えた。問題の隣とは未だどのようにコミュニケーションをとるか決めかねていたので後回しだ。
 僕のような職種の人間は、そう「ある程度、話せばわかる人」であると印象付ける必要がある。
 つまり、年中居たり、居なかったり、又夜起きて、昼寝たり、しているので、回覧板も集会所も不要なのだが、町内会のどぶ掃除とかは喜んでやるよ、でも夏休みの朝の体操とか盆踊りの練習とかは呼ばないでね、といった距離感を伝えるのだ。
 葛飾に住んでいた時は職業を伏せ、その辺りを軽く考えていたため、逆に収拾がつかなくなって困った。
 
 こんな感じだった。

向いのじじい「兄さんは何やってるの?」

兄さん   「あ、まあ、音楽関係といいますか。曲を書いたり、そう、、詞を書いたりして、まあ、その、、」

向いのじじい「作家さんかね?」

兄さん   「まあ、そんな、感じ、かな、、?」

向いのじじい「母さん!作家さんだって!お向かいの方!」

何処から現れたんだ!となりのおばちゃん「あら、そうじゃないかと思ってたのよ、いつも 昼間もいるものねえ。」

じじいの嫁  「じゃあ、先生じゃない!」

兄さん    「いや、、先生とかでは、、ないんだけど」

じじいの嫁  「本買わなきゃ」

じじい    「いや、こりゃ凄いや!お若いのに。」

兄さん    「いや、だから、音楽関係だってば、っていうか人の話し聞いてよ、、」


 この後僕は引っ越すまで、御近所の方から、「作家先生」と呼ばれる事になってしまった。
もちろん、何度も説明はしたのだ。ただ「俺はロックミュージシャンだ!」と叫ぶ勇気が無かったばかりにますます話しがこじれた。

 こんな感じだ。

じじいの嫁 「あ、作家先生、お出かけかい?」

作家先生  「こんにちは、出かけますが、その、、前にも言った様に、作家先生ではないので、、」

向いのじじい「でも本とか出るんだろう?」

作家先生  「雑誌とかに出る事はありますが、それはインタビューだったりするんで、、」

何処から現れたんだ!となりのおばちゃん「ほら!」

作家先生  「ほらって、、、それは僕が文章を書くわけでは無く、、」

向いのじじい「じゃあ、写真とか出るのかい?」

作家先生  「出る場合も、、」

となりのおばちゃん「モデルさんだよ」

作家先生  「いや、全然違うし、、」

向いのじじい「モデルの作家の先生だ」

作家先生  「もう、何でもいいです、、、。あなたの望む職業に僕は就きます、、、。」

 彼等の名誉のために言わせてもらえるなら、葛飾は柴又の住人達は決してふざけてこんな会話をしているわけではない。心から僕と友達になろうとした結果なのだ。
 元を正せば、僕はロックミュージシャンなんだよ〜!こんなアルバムを出しているんだよ〜!とまず最初に一声掛けていれば応援してくれた人々なのだ。
 でも、当時の僕は正直それが面倒臭かった。それを受け止める度量が無かったと言う事だ。
 何せ、僕が風邪ぎみだと一言いったために、どいつもこいつもおかゆとか氷を持って来てくれたくらいの奴等なのだから、、、、。
 当時僕はそれを「良い人パンチ」と名付けて怖がっていた。

 「良い人パンチ」はいつ放たれるか、見当が全く付かない。
 朝6時前に体操に誘われたり、、いきなり風呂屋で黙って僕の背中を流し始めたり、、「今度一度遊びに来て下さい」と言ったら、もうその日の夜に玄関前で僕の帰りを待っていたり、、勝手に家の前に花植えるし、、しかもヒマワリだし、、、。
 僕は彼等に対し一種の憧れのような思いを持ちながら、決してこの先も自分はそうならないであろうと感じていた。このことはなんとなく僕の人間としての弱点を示唆していて情けなくもあった。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ueda_gen/50337715
この記事へのコメント
良い人パンチの話
なんとなくわかります。
自分には決して真似できなくて
羨ましいからこそ拒否してみたり。
私もそろそろ素直に生きたいです。

社交辞令を現実にするが得意な友人もいます。
が、意外とそういう人に限って
かなりの気遣い上手だったりもします。

果たしてみかん星人にはどんなパンチが!?
Posted by ちも at 2006年01月23日 21:27
ライブドア頑張れ!現師匠のブログの存続を願う!
Posted by ボルネオパパ at 2006年01月24日 11:16
Livedoor...
What a stupid matter, is it in Japan?
I only know Windows, that's all and enough!
Posted by vinscent at 2006年01月28日 13:45
Japan as number one...

Oh wonderful.
OH JAPAN

GO!
ichi!
51.
ICHIRO!!
FIRST RUN!!!

The fastest of all over the world...
Beautiful.
Posted by vinscent at 2006年03月22日 16:48