2007年04月06日

fah〜〜の2

その日は窓を開けて外を見ていた。隣が見える窓だ。通りをはさんでゴミ屋敷が見える。
 屋敷のほうから、何か白いものが立ち上っている。
 なんだろう?kemuri?いや、pmaではない。湯気だ、、。もう夜は9時を回っている。街灯のあかりからでもはっきりとわかる。
 今日は湯気が激しく立ち上っている。
 
 以前説明したが、いくら説明しても映像が伝わらないだろう。今一度説明する。
 ゲゲゲの鬼太郎の様な家が世田谷の住宅地のど真ん中に存在する。
 ゲゲゲの鬼太郎の様な家は片面を斜面に寄りかかって建っている。普通斜面にある家は土を盛って、その上に建てるのが常識だが、その家はたった2本の細い柱の上に建っている。よって一階は無く、斜面の上を走る道路、つまり二階にある入り口から出入りしている。考えようによっては平屋だ。
 そうすると一階部分は空洞になるわけだが、何故か何故だかそこには大量のゴミとおぼしき物体がニ階まで積み上げられ家を取り囲んでいる。
 ゴミの城壁だ。よって庭というか地面がどうなっているのかいまいち良くわからない。
 その城壁の中から今日は湯気が上がっている。

 確かめなければならない、、、。

 僕は家を出て斜面にそって伸びる坂道を下った。ゴミが高く積まれやはり中が見えない。ゴミと湯気のにおいが混ざって既に最悪だ。
 だが、良く観察するとびっしり積まれているようで、実は一カ所人一人通れるすきまがある事にに気づいた。

 湯気が教えてくれたのだ。あえて隙間が作られている。ゴミの通路はコの字型に作られているのでぱっと見にはわからなかった。

「秘密の出入り口だ、、。」


 前回のケッチャプ事件がふとよぎった。心の中で網一人の僕が「覗いたらもう知らないよ〜」といっている。
 少しひるんだが、望むところだ。

 頭を突き出して中をのぞいた。

 ゴミの向こうには小さな小屋があった。稲葉の物置ぐらいの大きさの小屋だが、一人乗っても大丈夫じゃなさそうな感じだ。
 湯気はそこから出ている。それでもこれなら納得がゆく。想像の範囲内だと思った。

 湯気なら普通あれだろ?

          あれかどうか!続く、、。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ueda_gen/50575139
この記事へのコメント
十秒後の世界
普通じゃないなら何だろ???
Posted by ちも at 2007年04月08日 21:45
早くその正体が知りたいよ〜。 でも、一体ナニ???
Posted by 蘭丸。 at 2007年04月09日 12:58
鬼太郎の家(笑)って事は、目玉の親父?
Posted by かしゆん at 2007年04月15日 00:24
some questions, answer, please.

1.what is pma?

2.「斜面の上を走る道路、つまり二階にある入口から出入りしている。考えようによっては平屋だ。」の意味が解りません。
Posted by a pc at 2007年04月24日 12:59