20110405161634
10年近く前に日本語の先生として活躍して下さった先生が、チューリップの花を携えて、小学校3年生になるお子さんを連れて地震お見舞いに来てくださいました。

余震、放射能の問題、そして被災者の方々に何も出来ないふがいなさで心が落ち着かない毎日ですが、小学3年生は3人だけという学校の話や、小さな村の日常生活の話に久しぶりに心がほっとしました。

明日、上田学園の玄関の脇に春の花の植木鉢をおこうと思います。
いつものように、学園の前を通る方に楽しんでいただけるように。