筍

この地震で、何となく心がざわつき
桜の花をめでる気持ちにもなれず、
せっかくの桜の季節が駆け足で過ぎて
いきました。

そんな中、思いがけず熊本で講演をさせて頂いたのが
ご縁で、知遇を得た小児歯科医師の方から
「地震が続き落ち着かれない毎日かと思います。
こんな時に、春をお楽しみ下さいもないですが、
召し上がって下さい」と、立派な筍が届きました。

学生や卒業生、そして先生たちとご指示頂いた通り
茹でて、筍の炊き込みご飯、筍のお味噌汁、そして
筍の和え物、筍のお刺身にして春を満喫させて
頂きました。

皆でワイワイ言いながら、贈って頂いた方の
思いやりと、季節を感じることの出来る旬のものを
頂ける嬉しさに感謝し、改めて何気なくすごす
日常のありがたさを、噛みしめておりました。
               
そしてほんの少し、この幸せを同じ敷地にある
お隣さんにおすそ分けさせて頂きました。

本当にありがとうございました。