2011年11月

メモ

こんにちは。小林です。

私はすぐに何かが心配になったりします。
その何かは決まったことではありません。
鍵を閉めたかや、電気を消したか、
やらなきゃいけないことを忘れていないか等々です。
一方で、人に言われなければ
気がつかないことも多々あります。
やり過ぎることはたくさんありますが、
やらなさ過ぎるのも考えものです。
自分の注意が自分が見ているものにしかいきません。
周囲の環境をよく見回す方が良さそうです。
まだ自分以外のことに注意を向けられないのです。
自分中心に物事を考えがちです。
最近、手帳にメモをしたつもりが
そのメモが間違っていました。
同じ時間帯に予定が2つありました。
何のためにメモをしたのかという気持ちがしました。
メモが間違っているのを後で気づいていながら
直しませんでした。
気づいた時に書き直します。
メモについて気づいたこと3つです。

1.メモは書き直す
2.手帳はよく見るもの
3.メモを書いて終わりではない



上田学園に興味のある方、
お茶を飲みに来るだけでもいいのでいらしてください。

忘れる

こんにちは。小林です。

私は忘れることが多いです。
何かを忘れていたと気づくことがよくあります。

明日この予定があるから、そこから逆算して今はこれを
やった方がいいのではと考えてはいます。
実際に当日になってその予定を行なっている最中や
予定が終わった後にもっとこうすれば良かったと
考えることがあります。
予定が終わり空いた時間ができると
思いつきで行動してしまい、
気づいたら次の予定の準備を早くやらなければ
ということになります。
しばしば同じことをし、思い、考えているはずです。
それを忘れてしまうんです。
以前から、決まった予定があるなら
その空いた時間をどう使うかが
大事なのではと思ったりしています。
それも忘れてしまうんです。
空いた時間を上手く使う方が良いと考えてはいますが、
私はまず何に使うかをよく考えなければなりません。
闇雲に手当り次第何かすると余計に疲れることもあるので、
思いつきで行動する前に静かによく考えるということから
始めてみたいです。
いつも思いつきで行動せずに予定を立てて行動したいです。
あまり考えすぎてもいけないとは思います。
そこで解決方法を考えました。

1.手帳に書く
2.自分の予定を立てる
3.ゆっくり行動する

少しずつできればいいです。


上田学園に興味のある方、
お茶を飲みに来るだけでもいいのでいらしてください。

人との関わり方

こんにちは。小林です。

私は考え込むと動きが止まってしまいます。
最近、動きが止まっていると指摘される機会がありました。
以前にも、人からそう教えられたことがあります。
人の話しを聞いている時に集中しすぎるのが
原因かもしれません。
自分で意識してやっているのではないのです。
私が自分の世界に入り込んでしまうと、
他人からは違和感を感じるようです。
相手にうまく気持ちを伝えることができるように、
話す内容を考えすぎていたかもしれません。
しかし、そのように考えることで自分の動きが
不自然になるのでしょう。
私自身が楽しんだり、興味を持ったりしている場合は
相手にもそれが伝わる気がします。
自分が苦しい時やつらい時は
それが相手に伝わってしまい、
心配をかけてしまうのではないでしょうか。
そのように思われたりするのは自分に損なので、
解決方法を考えました。

1.自然な表情
2.力を抜く
3.思ったことを口に出す

そうすることで相手に対して心配をかけずに済みます。
考えすぎて自分を責めたりするのも良くないので、
自分に優しくすることが
他人に優しくすることになればいいです。


上田学園に興味のある方、
お茶を飲みにくるだけでもいいのでいらしてください。

自分への質問

こんにちは。小林です。

自分のことについて考えたことがありますでしょうか。
私は自分のことを考えるのが嫌いです。
何というか、自信がないと言いますか。
自分のことについて質問されるのも好きではないです。
何で質問されるのが好きではないのかと聞かれれば、
プライドが高いのか、恥ずかしいのか、
経験が少ないのか、それら全部なのか、
よく分からないですけど。

ですが、自分に質問します。
「あなたは誰ですか」
と聞かれた場合、何と答えますか?
私は名前です。
小林琢典。

名前があることで私はこういうものです、
と言うことができます。
名前がなければ私は一体誰なのでしょうか。
名前があって良かったです。
何でそう思うのかは分かりませんが、
多分引きこもるのをやめたからかもしれないです。
まだ外に出始めたばかりなので、
色々経験していきたいです。
まずは、朝起きて外に出ることが目標です。


上田学園に興味のある方、
お茶を飲みにくるだけでもいいのでいらしてください。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ