久しぶりの胸サポーターの記事です。わたくし、勝手に『胸サポ(チェストガード)普及委員会』の会長をしております上田です。

以前書いた、胸サポーターの記事がいまだに人気でして、直接問合せやメッセージなどもいただくのですが、また匿名で強いご要望がありましたので記事にさせていただきます。

かなり衝撃的な内容かもしれませんが、空手をしている女性はもちろん、子どもならご家族、道場関係者には知っていただきたいので、読まれていない方は以下をご覧ください。

胸サポ。

胸サポーター2。

それでも胸サポーターをつけない女性へ。

まず、私は、先月から大学病院に検査に通っていました。理由は「胸が痛すぎる」のと「乳汁がでる」からです。

昔の記事にも書きましたが、脳下垂体後葉の腫瘍の可能性がありました。

乳汁が分泌しているということは「プロラクチン」というホルモンが出ている可能性があります。

妊娠したら「プロラクチン」が分泌されるのですが、妊娠していないときに出ていたら病気だよということです。

しかしながら、今回も(大学病院で3回目の検査)ホルモンに異常なしでした。

マンモグラフィーにも異常なし。乳腺エコーはするまでもなく。

医師に聞きました。この乳汁分泌に名称を付けるなら何ですか?

答えはコレですよ。

「空手の打突による乳腺損傷」

聞きました?

だから!胸サポーターいるんですって!!!!!!まじで。

私は中学生のころから空手してますが、成長期の大事な時期に胸サポーターつけていなかったのです。

中高の一番大事な胸の成長時期にめいっぱいボコボコ叩かれてました。

それでも、当時は痛くなかったんです。

道場の先生を恨んだりしません。おそらく、つけなさいと言われてても、「痛くないから」でどうせつけていなかったと思います。

むしろ、20年前の女子選手が少なかった時代、胸サポーターの存在すら知りませんでした。

どんなに、打たれ強くなるために、大胸筋を鍛えようが、女性の場合は【乳腺】が前にあるんだから、打たれ強くはなりません。
chibusa_zu1

どうして、胸サポーター禁止の大会がいまだにあるのでしょうか。

大会を企画するのは男性ばかりです。そして偉い先生ばかり。私たちは無力なのか。

いえ、私が生き字引でおっぱい飛ばしにいきますから、一緒に立ち上がりましょう!

聞いてください!

聞いてください!

私は叫び続けます。

恥ずかしくはない。だって、女子のおっぱいを守るためだから。

『私のこのおっぱいはね、空手で叩かれすぎたから出るようになったんだよーーー!!!!!

『それでも禁止にするなら、男女平等で男性のファールカップも禁止しろーーー!!!!』


と言いたい。反響がちょっと怖いよう(汗)

私は20代半ばから乳汁が出ています。気付いたのがその頃でいつから出ていたかは分かりません。

無色透明の体液が中に溜まります。乳管も刺激で開通してます。

胸を触るとピューッと飛びます。まるで授乳中のママです。

最初はまさか空手の影響だとは思いもしませんでした。私のような空手女子を増やすわけにはいきません。

おっぱいの成長には個人差があって、早い子なら8~9歳から胸が痛くなります。

Tシャツがすれても痛いという敏感な年の女の子に、直接打撃を加えるなんて正気の沙汰じゃありません。

胸サポーターは必ずつけましょう。しかも、硬質!ロータスクラブの硬質胸サポーターなら安心です。

うちは小学3年生から全員つけさせてますが、ジュニア用のよい商品はいまだにありません。イサミかJKJO公式サポーターをつけてもらってます。

昨日の福岡道場の一般女子部
2014-04-28-22-20-59

胸サポーターつけて当たり前。

胸サポーター禁止の大会には出場しません。


本日はここまで(笑)



【白蓮会館 福岡道場】電話 092-852-1488
福岡道場

【白蓮会館 佐賀道場】電話 0952-34-4151
トップ一人ひとり