April 02, 2010

久しぶりに。

一年ぶりのブログ。

フラットのリビングでなぜかフラットメイトがみんなでブログ。
それにつられて久しぶりに更新してみる。

壁にぶつかって、ぶつかって、ぶつかって、
そんな「厄年」だったことを思わせる一昨年からの悪い流れが止まって、
この1年間、前に前に進んでる。
また何かにぶつかっても、今の勢いなら乗り越えられそう。

今週末はイースターの休日。
まだまだ道の途中。
久しぶりにその道に足跡。

uednoy at 10:45|PermalinkComments(6)

April 16, 2009

Everything happens for a reason.

たくさんの壁にぶつかるここ1年。

去年から不穏な空気は流れていた。

ここにきて最大級の壁に直面してる気がする。



もし神様がいて、すべての人の人生をコントロールしてるのだとしたら、

ここ最近続いてる試練はおれに何を語ってるんだろう。

細木数子がよく言ってた「大殺界」なんて期間があるとしたら

今、その中にいるのかもしれない。



壁は乗り越えるものだと思ってきた。

乗り越えられない壁なんてないって思ってたから、壁があっても平気でいたのかもしれない。

もし、中には乗り越えられない壁があるとしたら、どんな風にその壁と向き合えばいいんだろう。



行動することで、前進することで乗り越えてきた壁。

やっぱり前に進んでいくしかないのかもしれない。

uednoy at 10:12|PermalinkComments(2)

March 27, 2009

もう大和には帰りません。

昨日母親が無事退院したと連絡があった。

精密検査の結果も悪いものはなしということで・・・ホッとした。



ということで最近日本のことを考え、家族のことを考え、友だちのことを考え、

完全に頭が日本行きモードです。

ビザの更新の関係でなかなかいつ行けるのか決まらないけど、

5月くらいを目標にしてます。



日本に行ったら行先は大和ではありません。

もちろん別府、APUには行きます。

できたら福岡、関西方面を周りたい(そんな時間あるのかわかんないけど・・・)



んでやっぱり地元に・・・



地元、大和市。

そんな素敵な場所に帰ることもなくなります。



実家が引っ越しました。

場所は秦野です。

秦野駅から車で15分くらいだったかな。

今までは180センチ以上の男が3人住むには小さすぎました。

今度はずいぶん大きくなったようです。

ピアノだけの部屋があって、楽器の演奏もそこで楽しめるようです。

いつかはちょっとしたスタジオにしちゃいたいですね。



スタジオ・・・



最近バンドしてます。

オークランドのイベント「Japan Day」に参戦してやろうとたくらんでます。

やっぱり音楽っていいですね。



やっぱり日本っていいですね。

uednoy at 20:49|PermalinkComments(6)

March 20, 2009

手術は成功、M7.7。

今朝、午前3時ごろ、ニュージーランド付近で地震がありました。

マグニチュード7.7だそうです。



いや〜気付かなかった。

どんだけ深い眠りだったんだろう。



母親の手術が無事終わったって連絡が来た。

1週間くらいで退院するらしい。

こんなとき、すぐに会いに行ってあげられないこの距離が不便に感じる。



将来、いつか親に助けが必要になったとき、

いろいろ手助けできる場所にいることも大事なのかもしれない。

少なくとも自分の中でそれが大事なことの上位にある。

そんな風に思う。



大学の時から実家を離れ続けて感じる。

親孝行しなきゃって。

近くにいてあげなきゃって。



手術の連絡を受けて思った、

いつかそうする時が来るのかもしれない。

uednoy at 09:45|PermalinkComments(4)

March 16, 2009

Eric Clapton in Auckland

b13bbaa7.jpgEric Claptonがオークランドに来た。

そしてついに自分の眼で彼を見た。



そのギターはきれいなメロディラインを生み出して

そのギターがソロになると誰もがその音を味って

そのギターが奏でたメロディにため息をつく。



そのギターはその空間にいたすべての人に何かを語りかけた。

ギター、音楽、メロディ、音の並び、

それらが何であるかを伝えているように感じた。



そのギターが生み出した音楽はおれがギターを弾くきっかけになった曲。

そのギターを真似しながらに独学でギターを続けてきた。

そのギターがおれのギターの先生。


Eric Claptonの指が生み出す音は確かに特別なものがあった。

速いわけじゃない、難しいわけじゃない、

たぶん人に何かを伝えられる、

そんなギター。そんな指。そんな音。



おれはどんなギターを弾きたいんだろう?

たぶんあんなギターを弾きたいんだろう。

何かを語るような、歌っているかのような、そんなギターを。そんな音を。



NZでバンドしてます。

もっと自分のギタープレイに感情入れられるくらい練習しよう。

uednoy at 15:14|PermalinkComments(2)

March 03, 2009

余命半年。

死が近づいたとき、

何をしたらいいんだろう。

余命半年。

半年・・・3か月かもしれないし、確かじゃない。

そんなとき、何をしたらいいんだろう。



何気ない毎日が幸せに感じて、

何気ない毎日をいつまでも繰り返したいと思う。



死が近づいたとき、人は人生の本質を見つけられるのかもしれない。

死が近づいたとき、生きる意味がわかるのかもしれない。



東京で就活をがんばってるM氏と少しだけチャットした。

最後に「またな〜」って打ったら、

直後に「では股」って帰ってきた。

ではまたってタイプして、なかなか股ってゆー変換はすぐ出てこない。。。

そんなにいつも使ってる言葉なのか・・・

ますます早く再会したいと思った。



そんなことを考えながら、チャットを閉じながら少し笑えるのも

とっても幸せなことなんだろう。



がんで亡くなったという知らせを少し前に聞いた。

NZの夜空に光る星の一つにお祈りをした。

星になって光るのも、夢がある。



母親の身体に病気が見つかったらしい。

病気がすごい身近なものになっていく。

自分には無縁だと思ってた、ぜったい病気なんかにならないなんて思ってた、

そんな病気が身近なものに。



日本に行ったら、まずカシオペア座を探してみよう。


uednoy at 13:42|PermalinkComments(5)

February 18, 2009

通り過ぎる、あの匂い・・・

歩いていると、どこかで嗅いだことのある匂いに遭遇する。



留学の時の匂い、

APUのどこかの匂い、

どこかの誰かの香水の匂い・・・



その匂いを嗅いだ瞬間、記憶が頭を駆け巡る。



もう一度戻りたいあの時、

悪夢でしかないあの時、



今日、そんな匂いがQueen Streetで立て続けに襲いかかってきた。

懐かしい匂い・・・

なぜかゾクッとする匂い・・・

瞬時にいくつかの記憶が頭を駆け巡る・・・



今日はサルサを踊ってるカウンセラーの人とミーティング。

サルサに誘われ、自分がサルサを踊ってる姿が想像できなくて

心の準備期間として答えを出すのに半年間の時間をもらった。



先を見据えて、前向きに取り組んでいく。

今まで少し考えていたこと。

それを実現するのにまだ三歩くらい必要だけど、

今まで出なかったその一歩目が、

本当に実現させてみようと思うその一歩目を踏み出す力。



楽しそうに、うれしそうに、わくわくしながら自分の進む先にある可能性を語ってくれた。

何かを目指す、そのために進むべき道を考える。

そんな話をしていた彼女はとても輝いてた。



今日、そんな力をもらった。

明日、そんな力を自分のものに。

uednoy at 13:25|PermalinkComments(0)

February 10, 2009

The day my dream came true.

2009年2月10日、



今日もいつもの仕事の日。

いつも通りメールで答えて、いつも通りお昼を食べて。



でもそのいつも通りの時間の流れが少し怪しくなった午後4時半。

いつも通りPost Officeから帰ってくると

怪しい女性がオフィスに。楽しそうに他のスタッフと話してる。



誰かと思ったら、とある学校のマーケティング・マネージャー。

さっそくその楽しそうなミーティングに参加したとき、

その瞬間が来た。



なんと彼女はうちのスタッフのお願いでビールをミーティングに持ってきてた!

夢だったビール片手にミーティング。

昼間、シティのバーで良く見る光景。

場所はオフィスだけど、内容は「ビール片手にミーティング」。



真面目な話をしながら、ビールを飲みながら、

だんだんみんな楽しくなってくる不思議なミーティング。



Today is the day my dream came true.

uednoy at 14:24|PermalinkComments(2)

February 06, 2009

祝日に。

実は少し好きなこの祝日出勤。

今日は私服の日。

ポロシャツを重ね着する日。



街は祝日ムードで3連休の初めを楽しむ人ばっかり。

いつもはビジネスマンがあふれるこのシティのランチタイムも

今日はホリデイ気分で私服の人たちで賑わう。

そんな中、Subwayでランチを買う。



いつしか人と違うことをしたくなって、

いつしか祝日なのにオフィスで仕事をするようになった。

それだけ仕事でやれることがあるっていうこと。

いいのかもしれない。



今日はコーヒーでも飲みながら仕事しよう。

uednoy at 11:33|PermalinkComments(2)

February 04, 2009

今日の夜、散歩をしよう。

2日連続でランチはラムケバブ。

あの肉と野菜が包まれた食べ物は庶民の味。



夜9時ころ暗くなるこの季節。

夜空を見上げることも最近は少なくなった。



やっぱり昼ばっかりで生きててもダメかもしれない。

夜空がくれる光もある。



今日の夜、散歩をしよう。

uednoy at 14:00|PermalinkComments(4)


Recent Comments