野村不動産のプラウド上原マンションが近隣の住環境に及ぼす悪影響を調べる目的で、以下の専門家(弁護士+一級建築士)の意見を聞きます。

 

人に優しいまちづくりを求めて
弁護士になって以来、多くの建築紛争にかかわるとともに、まちづくりNPOや
市民運動にも参加してきました。そういう中で、数多くの都市問題の専門家
のご支援を受けて、事件処理や積極的なまちづくりなどに関与してきました。
7年前に都心でありながら、地域のつながりの残る神楽坂に惹かれて居を構
え、地域のまち作りにも関わってきました。神楽坂は、伝統的な地域のお祭り
や新たな地域イベント、古い路地と多彩な外国人など、伝統と革新性に
溢れたまちです。他方で、都市の乱開発の動きは確実に地域の良さを侵害
しつつあることも事実です。2007年9月には、地区計画が制定されましたが、
まだまだ地域の景観や環境を保全する手段としては不十分です。