植木保雄税理士事務所

職員・徳留新人の独り言・・・。

23年度の改正法案


外食チェーンのすかいらーくは21日、営業を自粛していた東北6県と北海道、
 栃木県のファミリーレストラン「ガスト」計120店について、営業を26日に再
 開すると発表した。

 東北4県で運営するガストで食事をした客が赤痢菌で食中毒を起こしたが、
 殺菌・消毒を終え、従業員らの検便などを行い、安全を確保できたため。

 感染元となった宮城県の食材加工工場は当面使用しない方針。


 本日は、23年度の税制改正をまとめます。
23年度の税制改正は震災の影響により3月末までに成立せず、そのうちの一部が新たな法律として6月30日に公布・施行されました。本日は、この中から抜粋してお伝えします。

※ 法人税
 ・中小企業者等の法人税率の特例(22%⇒18%)の延長
 ・雇用促進税制の創設
  雇用保険に加入する従業員数を前事業年度末に比し一定数増加する事を要件として、増加した雇用者一人当たり20万円の税額控除ができる。
 ・環境関連投資促進税制の創設
  エネルギーの有効な利用の促進に著しく資する設備等の取得等をした場合、取得価額の30%の特別償却(税額控除との選択適用あり)ができる。
 
※ 所得税
 ・年金所得者の申告不要制度の創設(23年度分から)
  公的年金等の年間収入金額400万円以下で、かつ、その年金以外の他の所得の金額が20万円以下の場合、その年金の確定申告書の提出は不要となる。
 ・還付申告書の提出時期の変更(23年度分から)
  申告義務のある者の還付申告書は翌年1月1日から提出可能となる。
 ・NPO法人等に寄附をした場合の所得税額の特別控除の創設(23年度分から)
 ・電子証明書等特別控除の見直し
  税額控除を平成23年分は、4000年、24年度分は3000円に引き下げる。また、その適用期限を平成24年まで延長する。
 ・相続又は贈与等に係る保険年金に関する更正の請求
  相続又は贈与等に係る保険年金の保険金受取人等は、確定申告をした所得等のうちにその保険年金に係る所得が含まれているために税額等が過大であった場合、更正の請求をすることができる。
 また、これに伴い特別還付金の支給制度も創設する。

※ 相続税
  住宅取得等資金贈与の非課税範囲の拡大(23年1月1日以降)

※ 消費税
 ・事業者免税点の見直し(25年1月1日以後開始年又は事業年度)
  基準期間の課税売上高が1000万円以下であっても、前年又は前事業年度開始以後6ヶ月間における課税売上高が1000万円を超える場合は、納税義務が免除されない。

 ・仕入税額控除制度の「95%ルール」の見直し(24年4月1日以後開始の課税期間)
  課税売上割合が95%以上の場合に課税仕入れ等の税額の全額を仕入税額控除できる制度は、課税期間の課税売上高が5億円超の事業者には適用しない。




============================
9月1日〜21日までに支払った税金
消費税      15,943円
源泉税      16,600円
住民税      34,300円
23年度中に支払った
消費税    395,543円 
源泉税   107,290円
住民税   203,400円
入湯税     1,800円
==============================  

大家さん税理士が教える 不動産投資「お金の残し方」見極め法

この仕事をしていると、難解なことを簡単に説明する能力がもう少しあればと感じることが多々あります。

もし私が学者なら、一般の方には馴染みのない言葉で難解なことを操ってもいいと思います。

ただ、お客様は基本的に税務・会計の専門家ではありません。ですから、素人の方にもキチンと理解してもらえることを心掛けて仕事をしている訳です。

本日は、私が苦労している「難しいことを簡単に」を、まさに実践されている叶温税理士の新書のご紹介です。

著者は、不動産専門税理士とうカテゴリーに特化し、不動産投資を一般のサラリーマンの方にもわかり易く解説出来る税理士です。

「不動産投資をしているのにお金が残らない」と言った声はよく聞きます。
そのカラクリ・・・・知りたくないですか(笑)

本日から1ヶ月間、アマゾンキャンペーンもスタートしています。

http://tax.kanae-office.com/present23.html



大家さん税理士が教える 不動産投資「お金の残し方」見極め法大家さん税理士が教える 不動産投資「お金の残し方」見極め法
著者:叶 温(かなえ・ゆたか)
ぱる出版(2011-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





============================
8月19日〜31日までに支払った税金
消費税      7,981円
源泉税      16,600円
住民税      34,300円
23年度中に支払った
消費税    379,600円 
源泉税   107,290円
住民税   203,400円
入湯税     1,800円
==============================  

今日の一針、明日の十針

「今日の一針、明日の十針」ということわざをご存知でしょうか。

今日縫えば一針で済むほころびも、放っておくと次第に大きくなって十針も縫わねばならなくなる。何事も処置が遅れると、あとでくろうすることの喩えだそうです。

私が知ったのは、クレーム処理の喩えでこのことわざを初めて知りました。確かに、日々の業務の中で小さな問題点を先延ばしにしていたために
、あとで大きなクレームとなることは多々あると思います。

ただ、私は自分の業務に置き換えたときには、このことわざを業務にとりかかるまでの時間と捉えました。

よく「仕事がデキる人」という言い方をしますが、人の作業能力には大きな差はないと個人的には思っています。
では、何が違うのか?
それは、仕事に取り掛かるまでのスピードではないでしょうか。
もう少しで、夏休みも終わりです。
夏休みの宿題がまさにコレ(笑)

作業に取り掛かるスピードが早ければ完成物の精度は明らかに上がるでしょう。

今日の一針、明日の十針

今日出来ることは、明日に延ばさない。

を少し発展させて、

今日取り掛かれることは、明日に延ばさない。

一度、この意識で業務にあたってみてはいかがでしょうか。


============================
8月17日までに支払った税金
消費税       0円
8月18日までに支払った税金
消費税      667円
23年度中に支払った
消費税    371,619円 
源泉税    90,690円
住民税    169,100円
入湯税     1,800円
==============================  

伝説の営業マンに学ぶ

 2009年に逝去されたプルデンシャル生命保険の伝説のセールスマン甲州賢氏について書かれた「プロフェッショナルセールスマン - 伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向 」という本を読みました。
 
 今の業務は営業はほとんど行いませんが、営業マンから学ぶことは非常に多いです。特に顧客本位の考え方・行動についてはこの業界の中だけにいたら身につかないことも多々あると思います。

 営業職ほど、口で言うことは簡単だが、行動することが大切、もっというと行動し続けることが難しいものはないのではないでしょうか。本書では、甲州氏が伝説といわれる所以、さらには、ここまでするかというエピソードが満載でした。

一度、手にとってみてはいかがでしょうか。

この本を読んでいて、林薫氏の「営業マンは幸せを運ぶ配達人」の15か条を思い出しました。

1、教養を身につけ、人間性を養え

2、旬を逃すな

3、たえず、相手の幸せを考えよ

4、自分の心をコントロールできるようになれ

5、服装、身なりは清潔に

6、自分が経営者で社長であると思え

7、親しき仲にも礼儀ありでゆけ

8、態度は低く、心は高く

9、客を育てよ

10、商品を学び、自信を持て

11、目標と計画をしっかり立てよ

12、逆境に負けるな

13、男は度胸、女は愛嬌でゆけ

14、テクニックを研究せよ

15、人に負けることが、当たり前になるな



プロフェッショナルセールスマン ― 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向プロフェッショナルセールスマン ― 「伝説の営業」と呼ばれた男の壮絶顧客志向
著者:神谷 竜太
プレジデント社(2011-05-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


============================
8月8日〜8月16日までに支払った税金
消費税      10,719円
入湯税       150円
23年度中に支払った
消費税    370,952円 
源泉税    90,690円
住民税    169,100円
入湯税     1,800円
==============================  

失敗する経営者の条件

 東北電力が8日の午後の需要が想定を上回る可能性があるとして、東京電力からの融通電力を緊急に20万キロワット増やしたそうです。ピーク時供給力を1226万キロワットとみていたが、8日朝の気温上昇が想定を上回ったため、需要の想定を1200万キロワットに上方修正ようです。

 本日は、月刊致知より「失敗する経営者の条件」について。二位以下は全て敗けというの強い信念で、倒産寸前だった会社を二社を見事復活させたことで有名な再建社長、後藤昌幸氏のコラムより抜粋記事をご紹介します。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

長い間いろいろな経営者を見てきましたが、結論から言うと派手な経営者が失敗し、地味な経営者が成功するということです。

バブルの時も土地や株に手を出してあぶく銭を儲けようとした人は皆失敗しましたからね。

「調子のいい時に自惚れず、 調子の悪い時にへこたれない」

これは経営者の鉄則といえるでしょう。とくに自惚れないということは経営者にとってより難しいかもしれません。

ですから素晴らしい経営者、成功している経営者は皆さん謙虚ですよ。頭を下げるから、いろいろな情報もいただけるし、それが成長へとつながっている。

商売とは何よりも日々の積み重ねですからね、どこまでも地味にやっていく以外にない。格好をつけていても始まらないんです。

特にいまのような時代には余計な経費を絶対に使わないことです。経営とは詰まるところ稼いだ金と経費との勝負なのですから。

このほかに失敗する経営者の条件をいくつか挙げるとすると、

・売り上げばかりを追って利益を考えない

・含み損を気にしない

・経理がおざなりになっている

・公職が好き

・ゴルフざんまい

・宴会では三次会にも行く

・賭け事が好き

・見切れない

・行き先が分からない

・社員教育に熱心でない

という特徴がありますね。


『致知』2003年11月号 特集「仕事と人生」より


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

            

============================
7月26日〜8月7日までに支払った税金
消費税      7,683円
入湯税       750円
23年度中に支払った
消費税    360,233円 
源泉税    90,690円
住民税    169,100円
入湯税     1,650円
==============================  

リスクカントリー

大前研一氏の「産業突然死」時代の人生論というコラムに日本は現在せかいからリスクカントリーと認識されているというものがありました。
以前からら大幅な財政赤字に加え、大震災を引き金に原発等の問題が生じている日本で経済活動をするリスクを各国のみならず日本の経営者も考えているというものです。

特に関西圏では、電力需要の問題が本格的に厳しい状況となるようです。
中小零細企業においては、すぐに海外に拠点を移すことはできないと思いますが、資金力のある企業が海外へ続々と出ていく状況では、今までの経営を根本から見直さないといけない局面に来ているのかもしれません。


リスク・カントリー日本に企業経営者がとどまらない10の理由

1. 人件費は世界一高い
2. 法人税率も40%で世界一
3. 改正労働者派遣法などで人材・雇用の柔軟性が失われた
4. 為替は史上最高レベルの円高
5. 土地の使用や工場の建設などの規制がきつい
6. 国内市場は衰退の一途、人口構成から見ても回復の見込みがない
7. 政府は機能不全で首相が1年ごとに代わっており、政策よりも政局​を弄ぶ
8. 電力供給に赤信号、使用制限令が発動されている
9. 年金や社会保障に税収が充てられるので税が下がる可能性は少ない
10. 国の借金が対GDP比で世界一。どこかで金融危機が起っても不思​議ではない



============================
7月21日までに支払った税金
消費税      105円
7月22日までに支払った税金
消費税       65円
7月23日までに支払った税金
消費税      371円
7月24日までに支払った税金
消費税      22円
7月25日までに支払った税金
消費税      10円
源泉税     13,240円
住民税     34,300円
23年度中に支払った
消費税    352,550円 
源泉税    90,690円
住民税    169,100円
入湯税      900円
==============================  

イエスマン

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した主要10社の6月売上高は6755億円で前年同月比+9%だったそうです。これで、プラスは8か月連続。
タバコの値上げが主な要因とのこと。

 本日は、自分へのメモも兼ねてのアップです。

「自分の周りをイエスマンで固めない」

先日、お客様から教えて頂いた言葉です。社長業というのは、特に周りをイエスマンで固めたがる人が多いようです。

ただ、これだと会社の異変に気付かない。

実はこれ、全ての面においても同様のことが言えると思います。

自分と価値観の合わない人から意外なヒントや成長する機会を得ることってありますよね。

上記の言葉、企業経営は継続が大前提ですから常に変化し成長続けるためのものなんでしょうね。

松下幸之助さんと実際にお仕事をしていた大先輩が幸之助さんから教えて頂いたお話でした。




============================
7月14日までに支払った税金
消費税      10円
7月15日までに支払った税金
消費税      290円
7月16日までに支払った税金
消費税      489円
7月17日までに支払った税金
消費税      14円
7月18日までに支払った税金
消費税      31円
7月19日までに支払った税金
消費税      320円
7月20日までに支払った税金
消費税      261円
23年度中に支払った
消費税    351,977円 
源泉税    77,450円
住民税    134,800円
入湯税      900円
==============================  

一度、体系的に学ぶ。

 いまさらですが、先日エクセルの知識を整理しようと思い、アウトプットの活用術なるセミナーに参加しました。

 社会人になって、エクセルの重要性には気付いていましたが実務で必要に迫られるたびに対応していたのが現状でした。自分の中では、仕事上では特に問題なく出来ていると思っていましたが、様々な方とお話をしているうちに知らないことによる作業効率の損失がかなり大きいと感じていました。

 やはり、こうした知識は実務で対応するよりも体系的に一度勉強しておくのが効率がいいと再認識。

 エクセルといえば、関数に興味がいきがちですが、じつはショートカットキーを少し覚えるだけで格段に作業効率が上がります。しかも、即効性が大きい。

 経理作業のように毎月、行う業務に関しては、一度立ち止まって体系的に知識を得る時間をとる方が、トータルとしての業務効率が上がるのではないでしょうか。

 まずは、身の回りのことで繰り返し行なっている作業を抜き出して、業務改善を行っていきたいと思います。


============================
6月29日〜7月13日までに支払った税金
消費税     1,893円
源泉税    57,652円
23年度中に支払った
消費税    350,562円 
源泉税    77,450円
住民税    134,800円
入湯税      900円
==============================  

東日本大震災による消費税の申告について。

ギリシャで規模なゼネストが始まったようです。29日に採択予定の政府の追加緊縮策に反対するためで、全国で約200万人が参加し、アテネでは公共交通機関などのサービスが停止しているとのこと。明日は我が身・・・

 東日本大震災の影響による、個人事業者の消費税の納期限に関してです。
国税庁のHPに以下のように発表がありました。
【岩手県、宮城県及び福島県に納税地を有する個人事業者の方】
消費税の中間申告も含め、申告・納付等の期限が延長されています。
このため、これら3県の個人事業者の方につきましては、中間申告書の送付を見合わせることとしました。

【青森県及び茨城県に納税地を有する個人事業者の方】
平成23年3月11日から平成23年7月28日までに到来するすべての国税の申告・納付等の期限が、平成23年7月29日とされました。
このため、この期間に申告・納付期限の到来する消費税の中間申告については、平成23年7月29日までに申告・納付をしていただく必要があります。
消費税の中間申告の対象となる方には中間申告書を送付しますので、期限までに申告・納付をお願いします。
 
詳細


なお、消費税の中間申告につきましては、前期の実績をもとにする申告のほかに仮決算による申告ができます。震災の影響で前期の実績から大幅な変動がある事業者様に関しては、仮決算による申告をご検討下さい。



============================
6月23日に支払った税金
消費税       5円
6月24日に支払った税金
消費税      91円
源泉税    12,040円
住民税    34,700円
6月25日に支払った税金
消費税      35円
6月26日に支払った税金
消費税      299円
6月27日に支払った税金
消費税      8,306円
6月28日に支払った税金
消費税      2,879円
23年度中に支払った
消費税    350,562円 
源泉税    77,450円
住民税    134,800円
入湯税      900円
==============================  

税制改正修正法の成立

 国会の会期が8月31日まで70日間延長することになったようです。自民党の河野太郎氏、岩屋毅氏が震災の復旧・復興のためとしての延長に賛成したとのこと。

 震災の影響で、先送り状態が続いている税制ですが、昨日、2011年度税制改正修正法が可決、成立しました。
 といっても、今回の改正は法人税減税や所得・相続増税など、当初の改正案の根幹部分は含まれていません。期限が切れて増税になると企業や国民生活に影響が大きい租税特別措置を3カ月延長する「つなぎ法」の期限が6月末に迫ったため、与野党の合意項目だけ切り離して成立させたもので、寄付金の優遇税制拡大や雇用促進税制などがあります。

財務省のHPに詳しい図解がありますので、一度御覧ください。
http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/23kaisei-hotekiteate.pdf



============================
6月17日に支払った税金
消費税       26円
6月18日に支払った税金
消費税      48円
6月19日に支払った税金
消費税      116円
6月20日に支払った税金
消費税       0円
6月21日に支払った税金
消費税       332円
6月22日に支払った税金
消費税      10円
23年度中に支払った
消費税    338,947円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

機会損失

機会損失とは、「稼ぎ損ない」や「儲け損ない」といった意味で資産運用などでよく使われる言葉です。

商売では、在庫切れや仕入れ不足、需要の読み間違えによる生産計画の失敗などにより、実際の取引ではなく、最善の意思決定をしないことによって、より多くの利益を得る機会を逃すことで生じる損失のことをいいます。

私自身、この考え方は業務効率にもあてはまると考えています。

例えば、スマートフォンやヂュアルディスプレイなどの活用は確実に作業効率をあげるツールです。これらを、導入するまでに躊躇していた時間は効率的に業務をこなす手段があるのに手間が余計にかかったと考えられるのではないでしょうか?

この業務の時間損失。一度、意識してみてはいかがでしょうか?



============================
6月9日に支払った税金
消費税       692円
6月10日に支払った税金
消費税       535円
6月11日に支払った税金
消費税       88円
6月12日に支払った税金
消費税       20円
6月13日に支払った税金
消費税       0円
6月14日に支払った税金
消費税      187円
6月15日に支払った税金
消費税       132円
6月16日に支払った税金
消費税       0円
23年度中に支払った
消費税    338,415円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

震災に係る相続放棄

 内閣府が発表した5月の景気ウオッチャーによると、現状判断指数は、36.0で、前月比プラス7.7だったそうです。前月を上回るのは2か月連続で、震災発生後の自粛ムードが弱まったことが主な原因のようです。

 本日は、震災に関する相続放棄について。
以前、震災に関する相続放棄の問題をエントリーしました。
 この問題に関して昨日、民主党が震災で死亡した人の遺族が相続を放棄するための検討期間を11月30日まで延長する方針を固めたようです。
 今回は、被災地に限って、相続を知ってから3カ月以内とする現行法の規定を延長するとのこと。
 震災から3カ月となる11日までの法施行は事実上困難だが、遡及して施行できるようになるようで、昨年12月11日以降に相続開始を知った人を対象とする見通しです。


============================
6月8日に支払った税金
消費税       45円
23年度中に支払った
消費税    336,761円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

レーシックの費用

 村上ファンドのインサイダー取引事件で、最高裁が村上ファンド元代表・村上世彰被告の上告を退ける決定をしたようです。これで、懲役2年・執行猶予3年、追徴金11億4900万円の2審判決が確定することに。。。

 本日は、レーシック手術を受けた場合の医療費控除について。
眼科医で治療を受けるために支払う次の費用は、医療費控除の対象となります。
1,視力回復レーザー手術(レーシック手術)の費用
2,オルソケラトロジー治療(角膜矯正療法)の費用
これらに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められ、医療費控除の対象となります。ただし、眼鏡の購入費用で、日常生活の必要性に基づき購入されるものは、視力を回復させる治療の対価ではないので、医療費控除の対象とはなりません。


============================
6月3日に支払った税金
消費税     2,725円
6月4日に支払った税金
消費税     131円
6月5日に支払った税金
消費税     105円
6月6日に支払った税金
消費税     109円
6月7日に支払った税金
消費税      5円
23年度中に支払った
消費税    336,716円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

日本 株式会社

経営不振の企業があったとします。

株主から経営不振の責任を取るようにと代表取締役の退陣を求められていました。ところが、代表取締役が「経営不振に一定のメドがたったら退陣し、次期後継者に代表権を譲りたいと思います」と答えました。

すると、株主は「分かった。経営不振に一定のメドが立つよう全力で取り組んで欲しい」と代表取締役の退陣を保留しまました。

もちろん、ここの会社のお客様はこうした社内のゴタゴタに関しては無関心。「何をしてるの?」と言う状態です。一番、大変な時期に客を無視して内輪揉めをしているこの会社に今後、期待することはないでしょう。

企業経営では、あり得ないことが“日本 株式会社”では起こるようです。
不思議でなりません。



============================
5月31日に支払った税金
消費税     298円
6月1日に支払った税金
消費税      0円
6月2日に支払った税金
消費税     592円
23年度中に支払った
消費税    333,641円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

国税庁HPの震災関連情報

 内閣府が発表した5月の地域経済動向によると、全国11地域のうち9地域(北陸、四国以外)で景況判断を下方修正したようです。地域別には、「極めて大幅に悪化」東北、「大幅に悪化」北関東と南関東、「弱まっている」東海と沖縄、「弱含んでいる」北海道と近畿と中国と九州。

 本日は、国税庁のHPのご紹介。
国税庁が行う東日本大震災以降の国税に関する情報提供には、非常に迅速かつ詳しい説明が行われています。色々なソースで震災関係の情報提供が行われていますが、このページが一番お薦めです。私も事務所に来て一番最初に開くページは、最近はこのページです。


東日本大震災に関連した国税に関する情報をカテゴリー別に整理したページを用意しております。
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h23/jishin/zeimusho_jokyo.htm




============================
5月26日に支払った税金
消費税     3,809円
源泉税    23,910円
住民税    32,300円
5月27日に支払った税金
消費税     2,904円
5月28日に支払った税金
消費税     5円
5月29日に支払った税金
消費税     491円
5月30日に支払った税金
消費税     157円
23年度中に支払った
消費税    332,751円 
源泉税    65,410円
住民税    100,100円
入湯税      900円
==============================  

震災の影響による相続放棄

 経済協力開発機構が発表した世界経済の見通しによると、2011年度は日本のみがマイナス0.9%となったようです。大震災や原発事故による生産活動の混乱が主な要因ですが、2012年は、復興需要による景気押し上げ効果のためプラス成長になると予測しています。

 本日は、震災関連で非常に気になっていることです。該当する方や、思い当たる方をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非、この情報をお伝え頂ければと思います。

相続の放棄は、被相続人の借金が財産よりも多い場合などに、相続の開始を知った日から3ヶ月以内に申請を行うものです。

今回の震災では、津波により死亡した被害者の借金に関する書類が流されてしまっているため、相続放棄をすべきか否かの判断が出来ないでいる遺族が多いようです。

また、遺族においては震災前の借金に加え、震災後の新たな債務が発生する、いわるゆ「二重ローン問題」に苦しんでいます。

現状、これに対する国の救済措置が決まっていないため、相続放棄をした方がいいのかという判断が出来ません。

相続放棄の手続きは、被相続人の死亡を知ってから3カ月以内と定められているので、多くの方の場合は、6月11日が期限です。

現状では、遺族自身も被災している場合が多く、相続放棄の延長の手続すら申し立てが進んでいないのが現状のようです。

新たな期限延長の立法も望まれる中、利害関係の問題などから新法の施行は不透明です。
こうした状況を受け、東北の弁護士会では相談を積極的に受け付けています。

該当する方がいらっしゃいましたら、積極的にご相談をして頂ければと思います。



============================
5月24日に支払った税金
消費税     3,809円
5月25日に支払った税金
消費税     529円
23年度中に支払った
消費税    325,385円
源泉税    41,500円
住民税    67,800円
入湯税      900円
==============================  

協会けんぽ

 みずほフィナンシャルグループがみずほ銀行とみずほコーポ レート銀行について、合併を検討しているようです。みずほ銀行が3月にシステム障害を起こし、抜本的な改革で信頼回復を目指したいとのこと。

本日は、協会けんぽについて。
中小企業勤務の方の公的な医療保険は協会けんぽで保障されます。
ただ、この協会けんぽ・・・各都道府県によって保険料負担が変わります。4月から全国平均が若干アップしていますので、各都道府県別の保険料とともに一覧になっているのがこちらです。一度、覗いてみて下さい。

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,62764,131,675.html




============================
5月19日に支払った税金
消費税     26円
5月20日に支払った税金
消費税     58円
5月21日に支払った税金
消費税     963円
5月22日に支払った税金
消費税     565円
5月23日に支払った税金
消費税     25円
23年度中に支払った
消費税    321,047円
源泉税    41,500円
住民税    67,800円
入湯税      900円
==============================  

困。

 日本経団連が発表した大手企業の夏のボーナスは、組合員平均が80万9604円で前年実績比プラス4.17%だったようです。これは、震災直前までの景気回復にあわせた数字のようです。

 本日は、「安岡正篤一日一言」より。
非常に面白いコラムがあったので、ご紹介します。何かでこのネタ使って下さい(笑)

【「困」という字】

「困」という字は面白い。

囲いの中に木を入れてある。
木という物はぐんぐん伸びなければならない。
それをこういう所へ入れてしまったら、
これくらい木の困ることはない。

つまり伸びられないというのが「困」という字である。
閉じこめられてどうにも伸びようがない。
頭を押さえられて伸びを止められてしまう。
その苦しさを「困苦」というわけである。

しかしこれはなかなか打開できない、
難しい、これが「困難」。
そうして縮(ちぢ)こまってしまうというのは、これは「困窮(こんきゅう)」。

固定概念というのも、この例にあてはまりそうです・・・・


============================
5月16日に支払った税金
消費税      934円
5月17日に支払った税金
消費税      124円
5月18日に支払った税金
消費税     17,142円
23年度中に支払った
消費税   319,410円
源泉税    41,500円
住民税    67,800円
入湯税     900円
==============================  

東北、特区構想

 ソニーが個人情報流出問題で停止していたネット配信サービスを欧米地域において一部再開したと発表しようです。日本・アジア地域でも数日中に一部サービスを再開予定で、ネット上からゲーム及び商品を購入を含む全面的なサービス再開は、5月中の復旧を目指すとのこと。
 
 本日は、日本経済研究所の提言のご紹介。
先日、日本経済研究センターは25日、「日本経済の再設計−震災を越えて」と題した東日本大地震からの復興策をまとめた提言を公表しました。その提言で非常に興味深かったのは、岩手、宮城、福島の東北3県の税金を5〜10年にわたって無税にするように求めた「特区構想」です。
 3県の年間税収は約5000億円。これは、復興税でまかなうというもの。ご興味ある方は、一読してみて下さい。

提言詳細
http://www.jcer.or.jp/policy/pdf/pe(iwata20110425).pdf



============================
5月14日に支払った税金
消費税      282円
5月15日に支払った税金
消費税      983円
23年度中に支払った
消費税   301,210円
源泉税    41,500円
住民税    67,800円
入湯税     900円
==============================  

自粛。


ユッケ問題の中、とある芸人さんが経営している焼肉店へ行きました。

もちろんユッケを食べるため(笑)

ところが、というか予想通りというか、店員さんからは「あいにくユッケにつきましては自粛させて頂いています」との返答でした。

焼き肉を食べに来た80%の人が食べるともいわれているユッケです。

お店の看板メニューとしておいていたお店も少なくはないでしょう。

ユッケが自信を持って提供していた商品なら今までどおり提供すればいいのにと個人的には感じてしまいました。

自粛するかどうかは消費者が判断することで、過剰な自粛ムードはよくないなと・・・

色々と大変な時期ではありますが、自粛を自粛するのもあえてこの時期は大事なことではないかと思う今日この頃です。



============================
5月13日に支払った税金
消費税      10円
23年度中に支払った
消費税   299,945円
源泉税    41,500円
住民税    67,800円
入湯税     900円
==============================  
はじめまして
自己紹介
徳留新人(とくどめあらと)
昭和53年12月29日生(31歳)
身長178cm体重68kg
山羊座・A型
大阪市城東区在住
神奈川県厚木市出身
南毛利小卒(サッカーしてました)
南毛利中卒(サッカーしてました)
座間高校卒(サッカーしてました) 
阪南大学卒(サッカーしてました)
平成14年6月入社
資格等
普通免許・宅地建物取引主任者
日商簿記2級・税理士科目少々

※税金に関することをはじめ日々、様々な情報を皆様にお届けして、少しでもお役に立てればと思っています。また、税金は知ってる、知らないで損得がでてくることがあるのも事実です。そんな複雑で難解なイメージのある税金に関して、少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。まだまだ、修行中の職業会計人ですが温かく見守ってください(笑)
また、疑問点やご相談等ありましたらお答えできる範囲内で答えさせて頂きますのでご連絡等下さいませ。

事務所紹介
植木保雄税理士事務所
〒553-0004
大阪市福島区玉川1-2-60プルポビル3階
06-6441-5798
基本理念
一、誠実であること
二、勤勉であること
三、責任感のある人間であること
四、常に知識の習得につとめること
品質方針
お客様の「適切な納税義務の実現」と「社会的信用価値のある決算書の作成」を通じて社会に貢献いたします。そしていかなるときも「親身の相談相手」であり続けることによって、お客様に貢献してゆくことを誓います。
植木保雄
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました










税金公表の趣旨
最近何かと話題の個人情報保護法とは真逆の試みです・・・(汗)皆様は普段生活していて、税金をいくら払っているなんて気にしませんよね。ですので、私が支払った税金を公表することで、皆様に少しでも税金を払っている意識が芽生え、税金に興味を持ち、さらに支払った税金の使い道にまで関心を持ってもらえればとの考えから始めてみる事にしました、プライベートの一部と引換えに・・・。
========================
18年度中に支払った税金
消費税  108,941円
源泉税  247,059円
住民税  215,400円
自動車税 66,500円
入湯税    450円
出国税  1,800円
========================

========================
19年度中に支払った税金
消費税   129,578円
源泉税   205,863円
住民税   254,504円
自動車税  66,500円
重量税   50,400円
入湯税    675円
出国税   17,520円
入国税    3,600円
利子割     85円
========================


========================
20年度中に支払った
消費税   162,147円
源泉税   250,903円
住民税   315,000円
自動車税  66,500円
入湯税   2,100円
出国税   2,040円
利子割     31円
========================


========================
21年度中に支払った
消費税    187,577円
源泉税    264,144円
住民税    256,400円
自動車税   73,100円
利子割      320円
入湯税     750円
出国税    5,150円
============================
実務経営NEWSに記事を掲載して頂きました。
実務経営5月号










株式会社実務経営サービスは、全国の会計事務所の皆様の成長と発展をお手伝いさせて戴く会社です。
事務所経営の問題点、新しい顧問先の獲得、事務所の新しい商品作り、お客様の満足度の向上、職員さんのスキルアップ、 そして事務所同志のM&Aの実施サポート業務等々、事務所の成長と発展に結び付く多くの新メニューとサービスをご提供する身近な参謀役です。



実務経営49
















実務経営50















実務経営51















実務経営52












実務経営53















月間シリエズに掲載されました!!
シリエズ12月号










「月刊シリエズ」は1993年6月に創刊。ZEIRYShi(ぜいりし)の逆さ読みのSYRIEZは、逆転の発想で資格の枠にとらわれない新しい税理士への挑戦をコンセプトに掲げているコンサルティング情報誌です。

28














植木の笑顔に負けないように、してみましたが…。
偉そうです(笑)

29














こちらが、うちの植木です。
この笑顔はさすが!
ファンの多さに納得です…。
当ブログをシリエズ1月号に掲載して頂きました。
シリエズ1月号











http://www.z-biznavi.com/2006/12/236.php
↑こちらでも見れます。
ALOHAな方へ
写真好きなあなたへ
リフォームをお考えの方へ
不動産のことなら
HP作成はこちらへ
自動車の修理・車検・板金はこちらへ
就業規則と助成金専門等についてはこちら
会計・税務の資格情報、本をお探しの方はこちら
ネット上で確実に商標登録出願、特許出願をご依頼頂けます
無料レンタル

sponsor








なかのひと

  • ライブドアブログ