南青山底辺日記

すっかりお花日記。心にうるおいを。子どもたちにえがおを。

氷の世界

相変わらずだけど、あまりに色々やり過ぎていて、しかもその一つ一つがそれなりに大きかったりするので、毎日がくるくるぐるぐる。その合間に60分間某エクササイズを週4で入れてるものだから、とうとう栄養失調の診断が出てしまった。かなり食べてるのに、プロテインさえ取ってるのに、インよりアウトが多いって、ダイエットにはいいかもしれないけど、免疫力低下は恐ろしいことなので、とりあえず医者に言われるがまま禁酒とサプリ(を昨日から)。これがまぁぁぁあああああああ、納得出来ない!!!
酒は百薬の長と信じ、風邪も何らかの痛みも全て酒で治し、薬はもちろんサプリなんかも全否定して生きてきたのだ。
よってサプリ飲むと胃痛が。酒は飲めないストレスがたった一日でマックス。
これは無理だ。医者に伝えねば。好きにしろと言われるだけだろうけど……。

音楽漬けの娘に付き合いキーボードを買いに。そこで衝動的にアコギを買う。このくそ忙しいときに、ギターは10代のときに挫折しているのにいまさら弾けるわけないのに(ロックバンドではギター以外の全てのパートやってます〜)、どうもこの年になると、昔挫折したことをやりたくないものなのかもしれない。
で、案の定コード押さえるのに四苦八苦。弾ける気は一切しない。
娘の学童にギターの先生がいるなあと聞いてみたら、なんと!人から教わると出来るのね。
というわけで、購入時と同じく何の計画性もなく、ギター教室入門。
この行動力……(呆)。
とにかく簡単に弾ける曲、誰か教えて。


さてさて、音楽祭、やります!

https://www.facebook.com/events/277977129244773/

夏の終わりに

コラム書きました。静かにアップされていました。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/okinawan_decadence/005243/

編集長に言論統制されたのでもう引き揚げる!と思っていたのが(苦笑)。
編集長をディスってません。長い付き合いなのです。嫌いには絶対なれない人です。尊敬もしてる。でもね、あれは……。まあいいや。
内容は色々な問題を含むので。静かにアップで、良かったような気がします。
あ、フィーチャーした宮島さんはめっちゃチャーミングな人です。みんな沖縄に来たらシアタードーナツにGO!


昨日は那覇の武道館で東洋太平洋タイトルマッチがあり。
大橋ジム所属の翁長呉央。
ちょっとね……、思い出すと泣けてきて。今日は少し、辛い。
大好きな人なのです。正直、ボクサーとしてより、人としての魅力が強くて、技術は素晴らしいけど、プロでチャンピオンになれるのかは懐疑的だった。
ただここまでのマッチメークを組めたのも絶対彼の力だし、その苦労を何年も少し近くから見れていたので、とにかく昨日は勝って欲しかった。
入場から今まで見たことのない顔つきで、仕上がりも今まで見たことないくらい(正直今までは、リングの上より練習時の方が魅力的なボクサーで……)良くて!これは行ける!と確信したのだけど。

ほんの一瞬。
0、何秒かの、スキ。
それで流れが変わってしまった。

ボクシングとはそういうスポーツ、なのだけど。

切なくて、涙が止まらない。

セミの小谷将寿は、何度もひやっとしたけど、彼の破天荒な魅力をそのままに勝てて、良かった。


それにしても、ボクシングは、甘苦く切ない。


地球とダンス 8/15

アウトドアは好きだけど、テント泊は毎回、もうやらないと思ってしまう。
普段から眠りが浅いのに(寝付きはいいけど、あまり休めていないようで朝が一番疲れている……)、慣れないテントで寝れるわけがない。
と言いつつ、地球を感じながら炭で調理し、星を見ながら友人たちと話して時間を過ごすのは、楽しい。
左脳を休めて右脳を鍛錬するのが、現代人に必要なことらしい。
先日矯正のため訪れた整体で整体師が苦笑するには、どうにも私の力が抜けないのは先のことを考え過ぎるからだと。今を集中していれば、先の心配して力入れる必要もないわけで。なるほど。偶然なのだけど、ボクシングで全く痩せなかった私が某フィットネスでみるみる痩せてるのは、右脳を鍛えるプログラムだからだと。元々の自分に戻るそうです。

前回のブログで私に軽くディスられたK先輩は(アンチ小池の)、大学の劇研の先輩で、卒業後も編集の仕事をしながら小劇団に所属して役者を続けていた。311後に反原発デモ等行くようになって、劇団の主宰(学会員)と仲違いし退団。それでも役者を続け、今は韓国の演劇フェスに出演している。先日伊勢佐木町で壮行会もどきをして、都知事選まっただなかで先の話になり、分かり合えなかったわけです。考えが似ている人だったので、ここまでの意見の相違は初めてだったかも。
ただもちろん好きな人なので帰国してこのブログを読む前にいいことも書いておかないとならないのですがw、リムパックに気付いたのは同時で嬉しかった。(これは長くなるので又今度)
あと10年以上前に、沖縄戦での自決についての新書を読めと言われたのは、かなり感謝している。これを読まずに沖縄に来ていたらと想像するだけでぞっとする。
もちろん、沖縄戦における自決の歴史も、語る人、研究者によっては180°も違う様相を帯びる。
琉球史関係者10人以上から講義受けたり勉強会参加しているのは多分私くらいだと思うのだけど、この相違を並べていくと、政治に絡んだ何かが見えてくる。そこを分かりやすくまとめていきたい。



日本的な、、

3日連続で、映画館で邦画を観る。
脚本/監督が、宮藤官九郎、赤堀雅秋、前田司郎。
はい、分かる人には分かる。
舞台の人ですね〜。
1本以外は、映画になっていない。脚本も演出も。
この本で演出で、小劇場で観たらそこそこいい作品だなあと、なんだか悲しいと言うか切ないと言うか。
でもね、そこそこネット上の評価は良かったりするんだよね。
そんなものなのかもしれない、今の邦画。


都知事選では一応、各候補者の演説に足を運んだ。
私が小池百合子を誉めたものだから、まぁああああ、おじさまがたに叩かれること!
鳥越がダメなのはマスコミが操作してるとか言うもんだから、ちゃんと確認しましたよ!なんの操作もされてなかったよ!すぐマスコミ操作を疑うのは止めようね!
それより興味深かったのは、応援演説で。
革新系の女性たち、小池百合子の悪口ばっかり。石原慎太郎と同レベル。
小池陣営には、なぜか山口敏夫、上杉隆。あ、マック赤坂も。


私は安倍政権に反対意見を持っているという面ではサヨクですが、でも野党統一候補に希望を見いだせず、保守の小池さんに小さな希望を持った。
結果を生み出すことが出来るかに掛かっていると思うからだ。
強権に立ち向かって切り崩す強さ、政治手腕が、必要だからだ。

正しいことを言っても、結果を生み出さなければ、意味がない。

待機児童0にします!って、誰にでも言える。

辺野古新基地阻止!ってのも。言うことは簡単(溜息)。

沖縄県知事選で翁長氏を支持したサヨクの方々は、不安はあるけど自分たちが知事を育てていく、という言い方をした。

資質に疑いあるけど正しいこと言ってる人を育てる。
資質はいいけど正しくないかもしれない人を育てる。

さてどちらが実現性高いか。


小池氏、きちんと都民に寄り添えるか、日本会議とは距離を置けるのか。注視していきたい。





缶詰 ってちょっとやってみたかったけど。

定期的にやってくる数日間のホテル暮らし。
ホテル意味ないじゃーんという朝まで飲み会ライフも、今回は我慢してる。すごい、私。やれば出来る子。
しかーし。steve aoki聴き出してしまった。
ルーター持つようになったのは、良かったんだか悪かったんだか。

そういえばレイブって最近聞かないけど日本ではもうやってないのかな。イコールドラッグになってしまったんだろうか。だとすると寂しいね〜。

女の乱

小池百合子さん。いいと思います!出方が潔い。出馬理由や肝心の政策についてはまだよく分かりませんが、とりあえずはこの出方だけでね、もう良しとします。
ここ数十年の都知事選候補者があまりにひどかったのと、その候補者の中でも一番ひどそうなのがいつも当選していたのと、案の定全てひどい終り方をしているのとを考えると、ようやく東京都民も少しは学習して舵を切る方向に行くのかと。既得権益を壊していくには組織の中で上手く立ち回るだけじゃあね。安倍政権に根回ししてなかったのが、共感を呼ぶかと、今はね。

しかし参院選。自民党には入れたくないけどじゃあどこに?という真面目な良い子は多いことでしょう。
沖縄県選挙区はほんとに……。極右と極左。正確に言うともう1人、幸福なんちゃら。

この右の島尻安伊子さん、辺野古公約を覆したものだから、くされナイチャーとか島売り大臣とか散々に言われ、沖縄で最も嫌われている議員/ナイチャーであることは間違いない。
ただ、彼女を直接知っている人たちの言葉を続けざまに聞く機会があり、オール沖縄に不信感を持っていることと併せて、少し前から気になる女性の一人だった。そしたら先日会う機会があって(沖縄の不思議さは、会いたいと思った人にすぐ会えること。私はただ流れにのってるだけでいいのだと思う)、短い時間話したのだけど。

あれ?(やっぱり?)まともな人だよ。? (そこらの議員より何百倍も)

島ナイチャー全員敵にまわしても(沖縄では心優しき移住者が革新系に取り込まれる傾向が強くて心が痛い。私も以前はそうだったけど……)、島尻安伊子シンパになろうかと思ったが。

辺野古埋め立ても先島への自衛隊配備も、イヤだなあ……。
台所から政治を変える、気概のある女性なのだから、このあたりの猛再考をお願いしたい。沖縄の民意が分断されるのを終わりにしてくれる政治家が出たら、ようやく次に進むことができる。



uk,eu,ryukyu,yakuza to kenpo

英国のEU離脱がなんだかテレビで大きく取り上げられて、イギリスのこともEUも知らないようなコメンテーターが適当な発言をまき散らし、とんちんかんなことになっている。
って言うかまだEUだったの?と、イギリスに居た身としてはそっちの方が違和感。
自分たちの国にとても誇りを持っている。右も左も。そんなところがとてもかっこいいと思ってたし、私も同時に、イギリスにいながら日本人ということに誇りを持つようになった。自分は自分。そうやってやっていけばいいのだと、と。

怒りや憎しみじゃなくて、こんな誇りを、沖縄が持てれば、独立という道もあるのかもしれない。

ただなー、きっとそれは、ない。

なんくるないさーという美しい言葉があって。これを自分の心身に組み込もうとしても中々かなり難しい。沖縄の人から学ぶべきことの一つ。
ただね、それが努力をしない、みたいな方向性に行くと、ただ文句ばっか言ってんじゃーん、ということにもなりかねなく。

そうか、でも、イギリス人にもなんくるないさ精神は強くあるような気がする。5時になれば仕事切り上げてパブに行く。東京人のような残業はほぼしない。なんとかなる。で、ほんとになんとかする。

なんくるないさと独立精神は共存出来る気がする。

このあたりも少し深く突き詰めていよう。

これから「ヤクザと憲法」。

一人旅〜

91a7aba5.jpg※写真と本文は関係ありません。


来月某所に行く用事が出来てその準備。
中学の同級生が2人その地に住んでいるのでお薦めホテル等教えてもらってると、

ウキウキしてきた自分を発見。

久しぶりの一人旅、です。

いや、一人で移動は多い方だと思う。飛行機よくのってる。

気付いた。住んだことのある地に行くのは、どうにも、「旅」ではないのだ。あくまでも、移動。

あちこち住んでるので、そんなことに、いつの間にか、なってた。

住むとね、色々見えてしまうこともあって。あ、ネガティヴな言い方だね。

そんなのも含めて人生だけどね〜。

束の間の現実逃避は、楽しみだったり、します。

半分仕事だからウキウキし過ぎないように!

表現を突き詰める

是枝監督の「海よりもまだ深く」を観る。素晴らしい。寝たけど、後半かなり寝たけど、でも、でも、いい映画だった。是枝監督は、突き詰めた!突き詰めている!と深く、海よりも深く、感じた。

少し前に観たタランティーノ新作でも思ったこと。前半の緩さも何やらあれやらも、全て込みでタランティーノ! これぞ。

突き詰めていくこと。を。しばらくやる。

イベントとかステージとか

沖縄にいると、週末のイベント目白押し感が半端ない。
集客が見込める見通しがあってのイベントなはずなので、それだけやはり県全体が元気なのでしょう。
子どもの貧困率がとか最低賃金が低いとか色々あるけれど、それでも豊かな印象があるのは、お金を貯め込まないで使うおおらかな県民性?もあるのかもしれない。全体的には経済は好調のようです。

移住者に関して言えば、生活を楽しむ&平和や環境について意識の高い人が多いようで、この増加も沖縄のイベントの質の向上に一役買ってるのかもしれない。特にここのところ人気急上昇の「FOOD FLEA」というイベントは、初めて行くと、唸る。参加ブースが提供する食のクオリティ、イベント全体の雰囲気、アトラクション、どれも取っても文句一つない。

音楽イベントに関して言えば、世界で通用するであろうミュージシャンが沖縄から出ずに活動していたりするので、これも又、東京や大阪のような大都市での音フェスより盛り上がったりするのだ。

自分が行きたいイベントだけでも行ききれないのに、チビ子が楽器やダンスを始めてステージやイベントにかり出されるようになり、急激にてんてこまい!
とりあえずひどかったステージを一つ書きたい。
ディズニーライブ ミッキーのミュージックパーティ。
ライブじゃないし。全編口パク。
全国を巡回してるとかで、その土地のキッズをオーディションで、ダンスパフォーマー前座として選ぶ。
オーディション合格したらとりあえず嬉しいよねえ。
でもってチケットを買うわけ。結構なお値段。5000円ちょっと。
あまりに内容がひどくて、もう少しなんとかしてチケットの値段あげればいいのにと途中考えていたのだけど、あーなるほど!そういうことか!と。
前座の子どもたちが各回2~30人。(3曲×1分)、その親や親戚がチケットを買う。会場はほぼ埋まる。親戚多いところもあるし、チケットは1枚5000円が限界かなと。
なのであえて質を向上させない。だって制作費が跳ね上がっちゃうからね。
なぜ気付いたかというと、役者陣のロートル感がハンパないんだよね。既視感があって。サーカス。



音楽の仕事

その昔、東芝EMIという会社の、現場で一緒だった先輩/同僚たちと、久しぶりに集まりました。
SONY MUSICに次ぐ業界2位の会社だったのだけど、なんと〜、もう、ない!
音楽の聴き方の変わりようは驚く。
けれど、私たちは、レコード会社に勤めていたけど、レコードじゃなくて「音楽」を創っていたんだなあと、そんな仲間たちと今でも会えることに、嬉しかったり。音楽はなくならないものね。
ここのところ、また音楽寄りになりつつ。


d24d35bd.jpg

はーるーるるるー

63786b24.jpg
日本っていーねー。
曇天でもこの美しさ。

男と女(もしくは男と男、女と女)

那覇市ホテルでの米兵の暴行について連日全国ニュースで流れていたけど、どうにも違和感ならない。
だって、さ、、、うーん、、、寝てたんでしょ、廊下で、泥酔して、、40女性。
連れの男性もいたんでしょ?
いや、お気の毒ですよ、ほんとに。
もちろん、米兵は! 寝てる女性に手を出しちゃいけない。
でも、さー、、、うーん、、、被害者にも非がない? 私もよくこういうのやっちゃってたけど(あ、寝たり記憶なくしたりってだけで、身持ちは固い方ですが!って言うか運がいいだけの気がする……)、もう、何があっても自己責任だと自戒してたよ。
っつうか!昔ラジオで、福山雅治が、酔って寝てる女性をよく拾ってきてヤッテた、って言ってたよ!
福山雅治はいいのか!? 私はやだけど!

なんだかなー。
これほどまでのニュースになってしまう政治のあり方が、どうにもイヤだな、と。
これでまた頭の悪い人たちが、米軍=悪 としか考えないでしょ、その前に安保のあり方をまず考えようよ。

グルグルと同じところをまわっている気がします。


それにしても何で男は、性欲に負けるかね。知性や理性が勝る男の人が好きなんですけど!
素敵だなーと思って仲良くなる男性は、しばらくするとそういう方向に行きたがる。ほんとにガッカリしてしまう。

週刊誌にはますますがんばっていただきたい!

ヒラリークリントンを応援します

43215049.jpg
d1ca83fe.jpg
5a2ecdd7.jpg
女が惚れる女!
が、地球を救う!
と確信する今日この頃。

大西ユカリのライブも良かったな〜。

女100人で拳を振り上げる某フィットネスにはまった!

2枚目の写真は私があられちゃんみたいで可愛いw。

receive

5323d9c9.jpg娘のダンスレッスン待ち時間、場末のアメリカンダイナーで、三輪太郎の 憂国者たち を読んでいる。今のところ面白い。
その時話題の小説家はざっくり読んでいるとは思うけど、ここのところどうにも買ってまで読もうとならなかった、暗くなるっていうかね、こんな気持ちになるために時間費やしたくないなっていうか。
それが!羽田圭介の、走ル。ただただ走ってるだけの物語をここまで爽快にコミカルに、淡々と暖かく、うーむ、テレビでのコメントも面白いわけだーねー。やられた、完敗。なんだか嬉しくて笑えてくる。他の本は買おう、ちゃんと新しいのを。

村上春樹、高橋源一郎、保坂和志。
10年ごとかな。
あらたな10年になる予感。やっほー。

2016

7ddc9f9e.jpgあけましておめでとうございます。
年末年始は台湾に行こうと、五つ星ホテルまで予約したのに、パスポート切れてたまぬけな私です、、とほ〜。
でも元旦美しい日の入りを温泉から見て、車で走っていたら、台北飯店を見つけたので、良しとします!
今年はマイペースに確実に形に!
よろしくお願いいたします!

化け文字につき削除したいのに出来ない〜(汗

夫婦別姓

 情けない判決が出ました。もう言葉にならないね。ほんと情けない。
 思うに古い男の多くが、自分の配下を置きたいと、こうでもしないと女1人もつなぎ止めておけないどうしようもない人間なんですよ、と自ら示しているという?
 それなりの仕事なり生活を持っている人が名字変更のために不利益を余儀なくされているという事実が、世界中で日本だけ(!!!)まかりとおっている。
 これはグローバルに見るととても恥ずかしいことです。
 私は一度イギリスで結婚していて、そのときは名字変更なんて誰にも何も言われなかった。それで何の不都合もない。なぜ日本だけが?という疑問がずっとある。
 少し前に娘の父親に頼まれて籍を入れたけど、その際の家庭裁判所での判決文にはあまりの驚きに席を立って「私も娘も『扶養をお願い』なんてしてませんけど!?」と若い裁判官に文章を訂正しよと詰め寄った。それが日本の法律だからどうしようもないんですって。形式だからと。
 このような判決が出ると、とりあえず籍を抜こうかなと考えます。不備があるシステムに身を委ねるわけにはいかないからね。

 今回の最高裁大法廷の裁判官15人は、全員が60代。そして女性は3人のみ。
 今後この議論は続いていかないとならない。あらたな裁判も起こっていくでしょう。
 日本1国のみ地球上で後退していくような事態はなんとかしていかないとと思う。

民族という名の宗教


某講義の参考文献の中の一冊。

タイトルだけでもう、

なるほどねぇ。

民族というフィクションに基づくナショナリズム。

近代化とは、民族の神話を創造するための、民俗的なものの容赦ない切り捨てだ。

豌第酪縺ィ縺?縺?蜷阪?ョ螳玲蕗


譟占ャ帷セゥ縺ョ蜿り??譁?迪ョ縺ョ荳ュ縺ョ荳?蜀翫??

繧ソ繧、繝医Ν縺?縺代〒繧ゅ≧縲?

縺ェ繧九⊇縺ゥ縺ュ縺?縲?

豌第酪縺ィ縺?縺?繝輔ぅ繧ッ繧キ繝ァ繝ウ縺ォ蝓コ縺・縺上リ繧キ繝ァ繝翫Μ繧コ繝?縲?

霑台サ」蛹悶→縺ッ縲∵ー第酪縺ョ逾櫁ゥア繧貞卸騾?縺吶k縺溘a縺ョ縲∵ー台ソ礼噪縺ェ繧ゅ?ョ縺ョ螳ケ襍ヲ縺ェ縺?蛻?繧頑昏縺ヲ縺?縲?

Archives
プロフィール
うえきょー(うえきょん)
音楽業界を経て、ロンドンに9年間移住、02年秋帰国。フリーライター/脚本家。
訪問者数

  • ライブドアブログ