南青山底辺日記

すっかりお花日記。心にうるおいを。子どもたちにえがおを。

hope

 今回の都議選は大事な選挙だと、それなりに私も奔走し、結果多くの素晴らしい仲間が政治家となった。悪しき政治にnoが突きつけられ、日本はまだちゃんと民主国家なのだと胸が熱くなった。
 が、どうにももやもやするのが、一番安倍政権を許さないと言っていた人々の小池/都ファ批判がひどいことである。twitterや左派メディアをそのまま鵜呑みにして小池は極右だと知ったふりで拡散する。全く的を得ていない。まずこの1年の都政改革を少しでも知る努力をすれば(情報は全てオープンで誰でも見ることができる)、彼女が右とか左とか自民とか安倍とか特に眼中なく仕事してきたことが分かる。これまでの発言とか日本会議云々とか、防衛大臣までやった人だから、それなりに色々言ったりやったりしてきているでしょう。でも肝心なのは今でありこれから。自身の給料を削りここまで都民第一で政治を改革してきていて、秘書や周りのスタッフを大事にする様子を見ていると、排外主義のようなひどい右には舵を切らないのではないかと私は思っている。でもきちんと自分を持ってそこはブレずに周りで固めていこうと、信頼出来る多くの仲間と話す。日本に生まれて良かったと思える。

 そんなこんなで希望を次に繋げていくためにやることたくさん。テロについて書こうと思ったいたけど簡単にする。
 ヨーロッパに長く居た立場から。テロが増えたのは必然としか言いようがない。元々民族主義が強いところで排外主義まで高まると、そこで居心地の悪い人たちはどうしたらいい?自分を認めてくれるものが唯一宗教であり、それが過激であればなおさら傾倒していくかもしれない。
 イギリスで、アリアナグランデのコンサート、boroughマーケットで立て続けに起きたテロ。両者に共通する「プチセレブな幸せファミリーイメージ」。差別される側として生まれた人種は、そこに憎しみを募らせた。負の感情は蓄積する。生まれた子はみんな一様に希望を持てるような社会でないと、この現象は続くかと思う。
 日本は受け入れることさえまだまだなのだからこれからの議論になるだろうけど、私は、やはり、最初はみんな平等であって欲しいと思う。


認める

a9207623.jpg



 華道小原流では定例研究会というものがあり、階級ごとに課題を定められた時間内に生けて、評価していただきます。大人になると点数を付けられることがあまりないし、私はこの緊張感がわりと好きですね。とは言え慣れると緊張感も薄らぐ……。そんな中、最近お弟子さんを少しずつ取っていまして、その内の1人が研究会デビュー。なんと、あまり出ない100点が出ました!
 つくづく思ったのだけど、私は教えられるより教える方が向いてる(家系的にもそうなはず)。生徒の点数の方が自分のよりも気になるし、教える時は迷いがほぼないけど、教えられてるときはどうももやもやしてしまう。
(シナリオセンター生徒時代なんて3回ほど先生を変えてもらった……汗)

 この4月から、小池都政や大阪府市政のブレーンの先生を中心に政策立案のワークショップに参加している。4月が少子化問題、5月が貧困問題をテーマに其々が政策を持ち寄り叩き合っていくのだけど、どうにももやもやが止まらない。先生に対してではなくて、もう全体に対して。全てに。
 少子化を解決するために。金銭的援助、保育園待機児童解消等今迄の施策に色がついたようなものが出て来るけれど、ちょっと待て。子どもつくるってどういうこと?結婚してない(したくない)/恋人いない(いらない)人たちがこれだけ増えた国では、なにか人として動物として(?)根源的な問題が浮上していて、これをまずなんとかしないとならないと思うんだけど! (パラサイト規制やワンルームマンション禁止=共同生活推進 など、いくらでも出て来る)
 貧困問題。非正規雇用がとか一人親世帯がとか、もっと援助をとか。ちょっと待て。この現代の日本で貧困って、そもそも貧困って何よ。ここ沖縄では今コンビニの店員ほとんどアジアの若者。20万円稼いで半分を仕送りしている。安アパート住んで日本語学んで、日本は豊かでいいねと笑ってる。私も自慢じゃないけど相当低収入だけど暮らしは豊かだ。とにかく日本だけなんだって、こんな簡単にギャンブル出来たり高金利借金が出来たりする国。ここに手を出したら間違いなく生活は破たんする。これを言うのが私1人しかいない!なんで!?

 あー。
 もやもやもやもや。

 そんなとき。
 静岡市の近所で育って、小学校と高校が同じだった男子が,今の近所に赴任してきました。大学出てからずっとJICA勤務。前に同窓会でチラと話して、途上国助けるなら日本助けてと言ったことがあった。待ち構えたかのようなタイミング。今回は前と違うニュアンスでぶつけてみる。
 やはり。
 日本の貧困って何なんだろうね。って。
 途上国の豊かさに学ぶことがある、日本は。って。
 パチンコの件も、すぐ同意してくれる。選抜通った頭の良い人たちがあれほどきょとんとしてたパチンコ規制法案。(きょとんと、なのか、みんな実は好きなのか……依存性高いらしいので。)

 私が小池百合子に共感するのはあの鳥の目具合なのだけど、日本にしかいない人たちの視野の狭さと言ったら……。そうは言っても全員に海外暮らしを強制するわけにもいかず、もう少し想像力を。
(それこそを養われないような教育がされてきたんだけど……。)

イギリスのテロについて書こうとしてるのだけど、また時間切れ。
ヒントというかキーワード。BOROUGH MARKET。アリアナ・グランデ。低所得者向け高層アパート。

 

 

Flowers unite the world.

 去る4月に(時間が経つのが早過ぎて泣ける……)、いけばなインターナショナルの世界大会が、沖縄で催されました。多くの来場客と参加者が世界中から集まるので中々地方都市での開催は難しいそうですが、今回は沖縄ということで数年前から準備をしてきました。
 10万円という参加費。スタッフは皆ボランティア。いけばなインターナショナルという組織が慈善事業であるし、有閑マダム(それなりに地位のある人の奥方)の集いというイメージがあり、私にはまだ早い活動だと思っていたのだけど、要請され断れない状況になりスタッフに。正直この大会が終わったら会員自体を辞めようと思っていました。
 大会は大盛況で、世界数十カ国から1000人以上の参加者(10万円のチケット!買った人ね!)。いけばなを見にくる一般客も数千人。大きな流派の家元デモンストレーションも華やか且つ意義深く、改めていけばなという日本文化の素晴らしさを感じつつ、それでも無報酬でこの忙しさはやはり私にはまだ早いと、最後の最後まで辞めようと思ってたわけです。
 大体何のための慈善事業なのか。高いチケットの収入は何に使われてるのか。宮家の接待に使われるのであれば、沖縄という特殊な場所の理解を全くしていないのではないか。県知事夫人やら全知事夫妻やら在沖米軍司令部長官やらがなぜか生き生きと会場内を闊歩されてるのを見かけるたびに政治利用の勘ぐりもしたくなるわ、そんなやさぐれた気持ちでいたわけです。
 フィナーレの晩餐会までは。

 ステージに立った高円宮久子様が流暢な英語でスピーチをされたのですが、戦後GHQの奥様たちがいけばなを習い国に帰って広めたのが発端であるといういけばなインターナショナルの歴史から、沖縄戦で何があったのか。よって今回私たちが世界中から沖縄に集まった意味。これを基にこれからも私たちは花の力でもって世界を一つにしていく。

 Flowers unite the world.

 不覚にも泣けてきました。

 私は311のあとにどうしたらいいか右往左往し心を壊しかけ、心療内科に行くも薬が効き過ぎて怖くなり捨てて、その足でなぜか小原流に入門。嘘のように自分を立て直し、花の力を改めて知ったのでした。

 しょせん誰でも人間なので、美しいものや美味しいもの優しくしてくれた人……、そんなことで、やさぐれた心は少し柔らかくなります。

 
 ここからイギリスのテロに話を繋げたかったけど時間切れ。また今度。


 映画「花戦さ」。まさにこんなことが描かれてます! エンターテイメントとして良い映画です。
 

たてる

677cd336.jpg美しい!

生徒ちゃんの作品です!

もうさ??‥‥‥

縺ソ繧薙↑莠コ髢薙□縺九i縲√◆縺?縺ョ縲ゆス穂ココ縺ィ縺倶ス墓ー第酪縺ィ縺九?√■縺」縺輔¥蛻?縺代↑縺上※縺?縺?繧薙§繧?縺ェ縺??シ?

繝吶ヨ縺。繧?繧薙ラ繧ッ縺。繧?繧薙?ョ1莠コ縺檎函縺阪※縺ヲ螳カ譌上b蜃コ譚・縺ヲ縺溘%縺ィ繝?繝ャ繝薙〒遏・縺」縺ヲ蜿キ豕」荳ュ縲ゅ??

聞得大君会となると名前が大層過ぎだよなぁ……もっと可愛いのを……

ジャザサイズというとても良く出来たフィットネスに昨年から。ここのところあまり行けなかったら体力が落ちてきたことに気付き、そんな時に始まったイベントに衝動的参加。2/1からの35日間に30回参加せよという、おそるべしチャレンジ企画!
参加したからにはがんばってしまうマジメな私のこと、ヘトヘトですがなんとかやってる!
そしたら今日社長(70歳女性。現役インストラクター。素敵なの〜〜〜!)が、私に本を。

 真実〜私は「捏造記者」ではない  植村隆

「終活で本は処分してるんだけど、これはあなたにあげようと思って」

私、まだ社長と、自分の仕事とか経歴とか話したことないんだけど!

「興味ありました。ありがとうございます!」

そんなこんなで今読んでいます。歴史教育について最近考えることが多かったので、ちょうど良かった!

なんだか不思議なのだけど、先月東京で久しぶりに会えたお世話になっている元NTT会長夫人。
なぜか突然、「京子ちゃんは慰安婦問題はあったと思う?」と。

突然の質問。何の意味があったのだろう。

そして今日いただいた本。


なんだか不思議です。グルグルと何かが。




その会長夫人は千代田区長夫人と仲が良いようで、私が小池塾一期生だったこともタイムリーだったようで。
政策立案部会に合格したことを喜んでくださいました。


まだまだ、諸先輩方に学ぶ日々、です。

SWの光と闇

なんて、大層なタイトルですが(汗)。

年末年始バタバタしていたらスターウォーズがなんと終わりかけてた!

なんとか日曜朝、2D、吹き替え に滑り込む。

これは絶対映画館で観ないとならない映画!

全部リアルタイムで劇場で観てるかな。
ただ1〜3はロンドンで観てるので内容は把握出来てたような出来てなかったような。

うちの家族は前作からのSWerなので、DVD買って私もおさらいしつつ。


で、今作。
初めて、好きじゃなかった。
戦争シーンが多かった。
映画での殺し合い、昔からあまり好きじゃないけど、まあフィクションということで流して観てた。
最近は流せないようになってきたかもしれない。
フィクションだけどね!!!(言い聞かせる、自分に)
あとは、いつもの、いろんな人たち(人間以外も)の楽しい集まりシーンが、なかった。
単一民族国人としてはアメリカはどこか羨ましいというか憧れというか自由の象徴というか。
新しい国だな〜と。
なんだかな。今までね。


外国と行き来するの楽しかったのに、少し昔の話になりつつある。。。ってイヤなので、まだまだあちこち行きたいので、友好有効策を考えていきます。


反日?愛国?

普段は外交的で穏やかな私ですが(?)、たまに「なんだ、その態度は?」とキレられることがあります。1年に1度もないけど(じゅうぶん?)。
あまりにもレベルの低い(高飛車失礼〜)コミュニケーションになった場合そうなるのですが、最近明確になりました。
まともに会話出来ない人。それは、偏っている人。

というわけで、ネトウヨからはサヨク扱い、ゲンダイラヴァーからはウヨク扱いされました。

浅い、っつうの。

国際政治学者、三浦瑠璃氏が講義にて、中国脅威論は右派しか言わないとバッサリ。で溜飲を下げた私。


昨年末あまりに調子悪くて人間ドック受けた結果が来た。
オールA(正確には多少貧血)。
ただの過労でした。

身長1cm弱伸びて、体重4kgほど落ちてた。これは嬉しい。筋トレの成果!

写景

6d06f8bd.jpg

日本晴れ

03903d22.jpg10日間。
よく働きよく歩きよく飲みました!
清水湯行けなかった(泣)。

初めてと久しぶりにお会い出来た方々がたくさん。嬉しかったです。今後ともよろしくお願い致します。

琳派

35bbbfef.jpg

どーん

21806040.jpg

謹賀新年

11d611d9.jpg

ダイバーシティ!

水曜は朝から国際政治学の授業。が!駆けつけたのに休講だって(泣)。こういうこといまだにあるよね。一斉メールとかしてくれればいいのにー。

気を取り直し、大学図書館にて昨日とは別の10冊。2時間で読む!と気合い入れたけど、調べものしてると時間が……。

これ欲しいけど、高いなあ。

https://www.amazon.co.jp/越境者の政治史―アジア太平洋における日本人の移民と植民―-塩出-浩之/dp/4815808201

本を効率よく読むには

学生時代の私は社会科にほとんど興味がなく、よって絶望的に点が取れなく私立文系受験に失敗したほどなのだけど、ここのところのターゲットは歴史、政治、経済。まさに自分が弱かったところをしらみつぶしに叩き込んでいる感じ。これが又面白い。
今日は10冊ほど抱えてカフェに。が、1冊も読まない内に(合間にメールとか調べものとかね……)隣りのTSUTAYAで小説を2冊買うというダメダメ行為^^;
読書に専念するには、PC、ルーター、そしてスマフォを持ち歩かない方がいいかもしれない。本屋併設のカフェには入らない方がよい。図書館もダメかも。
真っ白い何もない、机と椅子だけ、そういう部屋が仕事部屋としてあればいいね。

なるほど(メモ

中高年以上の頭の堅い人。

芸術関係者より、スポーツ、フィットネスや第一次産業従事者のような方々の方がまだ柔軟。

左脳肥大もしくは右脳衰退が問題か!?

歴史とは

大変アクティブに複眼で琉球史を研究している大浜先生の授業に去年から参加させていただいている。毎回貴重な資料が多く、目からウロコが毎秒落ちるスリリングな授業。同時に、この混沌とした、いや一見単純な、沖縄でのイザコザを、踏み込んで真実を探っている聡明な方が何人かいて、この見解はもっと広げていかないとならないという使命感のようなものがここのところ。
よって資料を作り勉強会を東京で始めたのだけど、もうなんだか冒頭で絶望的になる。

「基地が増えることでなぜ喜ばないのか」

そうか、そこからですか……(溜息)。

歴史認識がまず違うので、議論は平行線になってしまう。

歴史というものは、施政者が作っているもの。それをまず押さえ、自分をフラットにして、複眼でより多くの資料を集め、多くの人の声を聞き、組み立てて考えていかないとならない。
何も知らない内に一つの認識を持ってしまうと、何を言われても何を読んでも聞いても、「それは違う!」となる。そこに希望は生まれない。今を未来を考えるに、歴史を知ることは不可欠だからだ。

VJdayの言葉の意味も知らず真珠湾攻撃も知らない若者が国防を語る。うーん……。困ったな、愛国者として。

クリスマスを瓶花で。

7e4c4b7b.jpg



怒濤のイベントdaysが一段落、と思う間もなく、いけばなインターナショナル月例会での花生け、私自身の稽古、私の生徒の稽古、浦添市文化協会の文化祭と、毎日花を生けてました。いけばなは脳と身体の両方使うので、結構大変、だけど研ぎすまされていく感覚があって、一生研鑽していきたい
良い文化と出会えたなと感謝しています。

久しぶりにPCを持ってカフェでのんびりした仕事時間。
のはずが、ニコ生でオリパラについての四者会談が見られることに気付いてしまいw。
結構な迫力でしたね,しびれました。

さて、来年の構想が早くもまとまってきた、というか浮かんできた。こういうのは初めてかも。

12月は東京と沖縄、半々くらいです。

アメリカ

私は元々ヨーロッパ、アジア寄り嗜好だったのだけど、

最近運転中は米軍制作のFMを聴いていて、

全米ヒットチューンでエクササイズもしていて、

つくづく、アメリカとは本当に広い、深い。なぁと。


数十年間ファンだったヒラリーが又大統領になれず、しかし敗北宣言演説が立派で、、、ちょっと泣けた。

アメリカ移住も少し考えていたのだけど……。


アメリカが二分されました。

トランプの実業家としての実行力は期待出来るのだけど……。


「壁ではなく橋を」。


憎しみを増やしていくことは歴史上良くない結果をもたらします。
今の沖縄もしかり。

しかしなぜこのタイミングでTPPが可決されるのか。

私は必ずしも全てにおいてのTPP反対者ではないのだけど。

納得出来る説明が欲しいと思います。

ニライカナイ

5a03a07b.jpg今回の東京はいつにも増して慌ただしく、しかし相当有意義でした。何より小池百合子塾長のオーラを浴びることが出来てパワーチャージ。
そして休む間もなく花展準備と、音楽祭本番です!
本当に開催出来るのかと前日まで不安募りまくりでしたが、いつものように本番はキメる!奇跡の連続!
一生懸命なスタッフと、神様の宿る演者さんたち、そして何より来てくださったお客様のおかげで、よい初日を迎えました!
明日も続きます、ニライカナイまつり。
宜野湾海浜公園で、おもてなし、お待ちしております!
Archives
プロフィール
うえきょー(うえきょん)
音楽業界を経て、ロンドンに9年間移住、02年秋帰国。フリーライター/脚本家。
訪問者数

  • ライブドアブログ