2007/05/22

“家族で検査!”意外に覚えていない検査の説明

“家族で検査!”意外に覚えていない検査の説明

当院の胃カメラ検査は皆さんもご存知のとおり、鼻からいれる極細の最新の胃カメラを使用しています。ですから、検査中も楽なので、検査担当医とテレビ画面で、自分の胃、食道、十二指腸を一緒に見ながら、質問ができます。

患者さん 「この赤い部分はなんですか?」

担当医  「軽い胃炎です。」

「がんではありませんから、ご心配いりませんよ」

患者さん 「ああ、よかった。」

検査終了後、

担当医  「検査おつかれさまでした。」

「何かわからないことはありませんか?」

患者さん 「あの、さっきの、赤いところはがんですか?」

こんな感じで、検査中は、みなさん緊張されているので、ほとんど、覚えておられません。まして、ご帰宅され、ご家族に「今日の検査どうだった?」ときかれても、「だいじょうぶみたい」と答えるのが精一杯です。

ご家族が検査に付かれると、少しは患者さんの負担は減りそうです。一度、検査に付き添われてはいかかがですか?



uenoclinic1 at 06:54コメント(0)トラックバック(0)健康  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ