植野工務店 盛岡

岩手県盛岡市で建築業をしている 植野工務店です。 木・人・家が呼吸出来る家造りをご提案しております。 大工として建築士として現場に出て 日々思った事や家について家を取巻くものに感じた事等を発信して いけたらと思っています。

岩手県盛岡市で工務店を経営している 植野工務店です! 決して人任せにしない、家造りしてます。 お客様と打ち合わせ、設計、墨付け、刻み、現場施工 すべて私がおこなっております。 お施主様と家造りの最初から最後まで一緒に建てて行く、 それが私の仕事です。 よろしくお願いします!

久しぶりにブログ更新です。笑

春になり桜前線も盛岡に来ました。
近くの高松の池も桜満開です🌸

暖かくなり、仕事も一気に忙しくなってきました。
お施主様も暖かくなり家の気になる所が出てきて、見積依頼が沢山あり嬉しいかぎりです。
現場もこなして見積も書かなきゃいけなく、見積を待っていただいている状態…
申し訳ありません。

でも、私の考えは人任せにしない家つくりです。ただ営業をし、見積を書いて下請けや従業員にやらせて現場を見ない。そんな仕事は絶対にしない。
それが植野工務店の仕事です。
お施主にご迷惑をおかけしますが、解っていただいているので感謝です。

そんな中、今週は店舗用カウンターを作っていました。
IMG_4220
IMG_4233

県産材栗の曲天板、県産材杉枠材でカウンターにします。
IMG_4218
IMG_4230
IMG_4229
IMG_4237

作業場で10年以上乾燥させた材、寄れ曲がりを
修正し、カンナをかけます。
無垢の木材は10年以上乾燥しても狂いがあります。それを理解していただき今回のお店を開くお施主の依頼で作らさせていただきます。
やはり無垢の木材をカンナをかけて刻みをする。
凄く楽しい仕事です。
完成はまた次のブログに書きますね。

今日はこんな感じです。


今日の盛岡は小雨ばかり降る1日で
とても肌寒いです。
4月になったのにまだ少し暖かくなるのは先の様な気がします。

今日は娘の入学式でした。
もう娘も18歳。
長男も20歳と成人になり大人になっていく子供たちを見て
なんか淋しい親心な1日です。

で、ここ最近の仕事は襖貼りをしております。
襖貼りは和紙なのでクロスの張替より神経を使います。
お施主様に頼まれていたのを暖かくなる春まで待って頂き
一気に仕上げ納めます。


IMG_5231

珍しく私が映っています。
嫁様に撮って頂きました。
襖和紙はむらしによる紙の調節が微妙で難しいですが、
結構楽しい仕事です。
古い本襖を扱うとその建具を作った建具屋さんの技術が見えたり
前に貼った襖屋さんの技術が見えてとても勉強になります。
建具1つ取ってもほぞの収まりが違います。
襖が紙の貼り方も剥がしてみてわかる職人の技術があります。
教科書には載っていない職人仕事。
いつも古い物から職人の腕がわかる事にありがたみを感じ
技術を盗めれば最高の勉強になるのです。
今日はこんな感じ。



今日の盛岡は雨降りで肌寒い1日です。
今日は朝から4件のお施主様と打合せでした。
1日4件となると盛岡を車で走り回る1日になりました。

今日は、この間のブログで外材の腐れについて書いた続きです。

IMG_4021
上の写真は私どもの作業場の外に放置していた杉の丸太材です。
ご覧の通り切り倒して持ってきて、ただ、土の上に放置して約2年経つ丸太です。
この、断面見てもらってわかります?
外材の話でブログに書いた腐れが対照的なのを。
http://blog.livedoor.jp/uenokoumuten/archives/8137682.html
↑↑こちらが前に書いたブログです↑↑


IMG_4023
土の上にずっと放置していたのに辺材回りしか腐れが発生していません。
国産の杉もなかなか強い木材です。
国産材は芯材の赤身は、やはり腐れに強い。
この写真のように辺材から腐るのですが、
赤身の所からゆっくり腐食が始まるので外材の様に中身が腐る現象は
なかなかありえません。
この写真の杉を持て分かる通り国産の赤身の多い芯に近い木材は
防腐効果も強く持ちの良い木材のなのです。



IMG_4025

腐れた部分を剥がしてみて芯の部分はまだまだ腐ってはいない。
これが外材であれば話は逆で中身まで一気に腐るでしょう。
この、事からも国産材のありがたさ良さがわかると思います。

が、しかし外材にも防虫防腐に強い木はあります。
流通名称で米ヒバ、米杉など他にもありますが、
折角国産で強い木があるので国産材の良さを分かって頂き
新築、リフォーム等でこれから家を作ると思われる方がいらしたら
材から少しで良いのでこだわって欲しいものです。

杉は日本全国各所にある国産材の1番ポピュラーな構造材、下地材です。
ヒノキの様に高い訳では無いので適材適所で少しでも使う様になれば
国産の材を作る山師、製材所が喜ぶと思いますね。

今日はこんな感じ。

↑このページのトップヘ