今日の盛岡は雨降りで肌寒い1日です。
今日は朝から4件のお施主様と打合せでした。
1日4件となると盛岡を車で走り回る1日になりました。

今日は、この間のブログで外材の腐れについて書いた続きです。

IMG_4021
上の写真は私どもの作業場の外に放置していた杉の丸太材です。
ご覧の通り切り倒して持ってきて、ただ、土の上に放置して約2年経つ丸太です。
この、断面見てもらってわかります?
外材の話でブログに書いた腐れが対照的なのを。
http://blog.livedoor.jp/uenokoumuten/archives/8137682.html
↑↑こちらが前に書いたブログです↑↑


IMG_4023
土の上にずっと放置していたのに辺材回りしか腐れが発生していません。
国産の杉もなかなか強い木材です。
国産材は芯材の赤身は、やはり腐れに強い。
この写真のように辺材から腐るのですが、
赤身の所からゆっくり腐食が始まるので外材の様に中身が腐る現象は
なかなかありえません。
この写真の杉を持て分かる通り国産の赤身の多い芯に近い木材は
防腐効果も強く持ちの良い木材のなのです。



IMG_4025

腐れた部分を剥がしてみて芯の部分はまだまだ腐ってはいない。
これが外材であれば話は逆で中身まで一気に腐るでしょう。
この、事からも国産材のありがたさ良さがわかると思います。

が、しかし外材にも防虫防腐に強い木はあります。
流通名称で米ヒバ、米杉など他にもありますが、
折角国産で強い木があるので国産材の良さを分かって頂き
新築、リフォーム等でこれから家を作ると思われる方がいらしたら
材から少しで良いのでこだわって欲しいものです。

杉は日本全国各所にある国産材の1番ポピュラーな構造材、下地材です。
ヒノキの様に高い訳では無いので適材適所で少しでも使う様になれば
国産の材を作る山師、製材所が喜ぶと思いますね。

今日はこんな感じ。