2018年10月29日

安田さんの自己責任論に関するマスゴミの偏向報道

安田純平さん解放について自己責任論の是非について、あれこれ報道されているが、新聞・テレビが一斉触れないことがある。
それは、危険地帯に新聞・テレビが自分の会社の社員を派遣することは絶対にないということだ。
なにより労組が断固派遣を拒否するし、万一、派遣して誘拐・拉致事件が発生したら何億円という身代金を用意しなければならない。加えて社会からの批判もものすごいだろう。依ってマスコミ各社が自らの社員を派遣することは絶対にないのである。
しかし記事はほしい。取材してほしい。
そこで大金を報酬として用意してフリージャーナリストを雇って取材させている。
個人の自己責任論を論じるのも結構だ。
だが、その背景に決して自らは窮地に陥る危険は避け、金を力で弱者に取材させている大手マスゴミが存在してることを忘れてはならない。

uesama0101 at 08:48|PermalinkComments(0) マスコミ | 社会・経済

2017年12月21日

貴乃花は小泉純一郎になれるか?

日馬富士暴行傷害事件で貴乃花を支持する声が多いように感じる。
確かに頑なに協会への協力を拒否して警察や検察に委ねた今回の対応は被害者サイドの判断としては正しかった。
もしも警察沙汰にせずに相撲協会内部だけで今回の事件を裁けば「殴った日馬富士も悪いけど横綱白鵬が話してる最中にスマホいじってた貴ノ岩も悪いよね」と両者に厳重注意なんて裁定が下っていたかもしれない(笑)。実際に世間でも特に年配を中心にスマホ操作を批判する声を聞く。
まちがっても日馬富士引退なんて厳しい結果にはなってなかったのではないか。そう思えば閉鎖された角界の中だけで解決せずに社会常識で裁く司法に委ねた貴乃花の判断は正しかった。しかし貴乃花が今後の大相撲で信頼や賛同を得られるかは大きな疑問だ。
今回の貴乃花を見ていて、思い出す人物がいる。それはかつての総理・小泉純一郎だ。声高に改革を叫ぶも時の総理の小渕恵三や橋本龍太郎からは歯牙にも掛けられず、何度も自民党総裁選挙に立候補するも当然の如くいつも惨敗(笑)。田中眞紀子からは「変人」とあだ名されて単なる自民党のはぐれ者だった。そんな彼が総理総裁になれたのは世間の風だった。自民党内では決して支持を集められなかった彼を後押ししたのは、「小泉を落とすと世論の逆風が吹き、次の自分の選挙が危ない」という各議員の危機感だった。
同じ様に、貴乃花がどんなに足掻いたところで、それだけで大相撲が改革されるとは思えない。相撲協会が変わるとするなら、「これ以上、貴乃花に取り合わなければ国民から大相撲が見放されるかもしれない」という危機感を相撲協会に持たせられるか?そういう社会の風向き次第だろう。


uesama0101 at 17:36|PermalinkComments(0) スポーツ | ニュース

2017年10月06日

前回の反省をするべきか?

連日、安倍晋三が声高に叫んでいる。
「ムードに依って、政権を代えてはいけないんです!!!」
自民党の体たらくにお灸をすえようと、かつて私たちは民主党に政権を渡した。
そして2011.3.11に東日本大震災が発生した。
当時の民主党政府の無能な対応は枚挙に暇がない。
特に福島原発の大惨事は、当時の管総理の大失態としかいえない。
素人の彼があれこれ余計なことをやりつづけたために、今日の様な取り返しがつかない最悪の事態を引き起こしてしまった。
今回は前回の反省をするべきなのか?

差し当って東日本大震災の代わりに、今もっとも懸念するべきことは朝鮮半島有事だろう。
経験のない新党に政権交代して、また同じ失敗をしてもいいのか?
ん? 経験のない??
小池百合子って元防衛相だよな??
失言ばかり繰り返した挙句に答弁もしどろもどろだった稲田の朋ちゃんに比べれば、格段に頼り甲斐あった記憶がw
さらに自民党の反主流派の重鎮・石破茂が離党して、希望の党と合流する噂もある。彼は政治家の中では一二を争う防衛のスペシャリストだ。
そして希望の党の顧問に小泉純一郎が就任する話も聞く。彼こそ親米鷹派の代表格。
小池総理・石破副総理兼防衛相・小泉総理秘書官(対米担当)って布陣なら、晋三・朋ちゃんの安全保障体制よりもずっとずっと重厚な気がする()
変人の小泉ならトランプ米大統領ともウマが合いそうな気もするし、いいんでないかい()ならシンジロウも新政権にくるかもしれんしな()

uesama0101 at 12:48|PermalinkComments(0)

2017年09月24日

ランキング番組で「ベストスリーの発表!でもその前に…」の謎

「行列ができる絶品ラーメン店」とか「爆安!ディスカウントストアベストテン」みたいなテレビ番組がある。
第10位!!〇〇〇、第9位!!×××……と発表していく。そして多くの場合、「いよいよベストスリーの発表!……でもその前に」と言っていくつか紹介されることが多い。
視聴者としてはなんだかスッキリしない。ランキング番組ならきっちりランキングしてくれよ。11位以下ならそうランキングするべきだ……と。

このようなランキング取材番組は、まず企画会議で放送作家などがネットや週刊誌などの情報を元に取材先候補をあげる。
しかしベストテン番組だからといって、きっちり10か所だけ取材するわけではない。
もしきっちり10か所にしてしまうと、万が一取材NGや放送NGになってしまった時にベストテンが揃わなくなってしまう。
NG後に新たな取材先を見つけるのはリスクが高い。
そこで、こういう場合は実際よりも多めに取材しておく。
そしてその中からベストテンを選ぶわけだ。
かといって、わざわざ取材させてもらって没で全然放送しないと色々と問題が生じる。
なにしろ今はツイッターなどで簡単に批判が拡散するからね。
また取材にはそれなりに経費も使っている。
そのためベストテンからあぶれた取材先をまとめて放送するのが「いよいよベストスリーの発表!!……でも、その前に」の真相w

uesama0101 at 00:00|PermalinkComments(0) マスコミ | 音楽・芸能

2017年09月19日

豊田真由子議員が次期総選挙へ出馬表明!なぜ?

昨日、豊田真由子議員の記者会見が行われた。
内容について、取り立てて言いたいことはない。
皆様が疑問に思うのは、はっきりと次の総選挙へ出馬表明をしたことではないだろうか?
離党した自民党は別の候補者を公認すると決めているそうだ。
一寸先はどうなるか?五里霧中が政治の世界とはいえ、おそらく彼女が再選されるのは極めて困難だろう。
政治の素人で無学な筆者でも理解できることを、なぜバリバリのエリート才女であるお方が理解できないのか?

では彼女が次期総選挙に立候補しなかったら?と仮定してみよう。
与党と野党の一騎打ち。
すると「反豊田票」はほぼ野党候補者に入るはずだ。
自民党の固定基盤はともかく、浮動票の反豊田票は野党が優勢だ。
しかし、豊田議員が立候補すると様相が変わる。
野党だけでなく、与党候補者も「敵」である豊田氏を声高に批判できる。
反豊田票を与党も取れる確率が上がる。
それでなくとも野党は最近なんとも救い様がない有様で、だからこそ与党が近々に解散すると言われてる。
もしも豊田議員が立候補してくれれば、与党が勝てる確率がぐんと上がる。
都議選惨敗など自民党に大迷惑をかけたからこそ、罪滅ぼしにスケープゴートになってみる計算か?
無学な筆者はそんな邪推しかできないのだが…

uesama0101 at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年03月01日

色々と感じ考えるそして少し蘊蓄

昨日福島と宮城で地震があった。
東日本大震災を思い出して不安になった人が少なからずいたようだ。
体験しなかった人は「震度も大したことないし、心配しすぎだう」と思うかもしれない。
不気味なのは地震の強さや大きさじゃなく、揺れてた長さかな?
昨日の地震はかなり長く揺れ続けた。
東日本大震災も長かったよねえ。なんでも最初の地震で破壊された地殻ですぐに二度目の地震が発生したせいで長く揺れたとか。
数分間は揺れ続けていた感じがした。というのは個人の体感で、実際には1分も揺れ続けなかったらしいが。
でも1分も揺れ続けるって相当なもんです。
遊園地の絶叫マシーンでもそんなもんだがとても長く感じるでしょ?
因みに遊園地の絶叫マシーンブームは利用者のニーズよりも経営者の都合という側面が大きい。
穏やかなアトラクションがたった1分で終わると「もう終わり? 全然楽しくねえだろ? 金返せ!」となるが、絶叫マシーンだと「やっと終わった…。もう懲り懲り」と全然違う反応になる。絶叫マシーンは時間単価が非常に優れているのです。

話かわって森友学園が色々と話題になってますな。
今の若い人たちは「角福戦争」とか知らないんだよね。
田中角栄と福田赳夫(康夫の親父)の自民党内の権力争いね。
田中が圧勝するんだけど、理由は田中派は巨大な利権を生み出す建設省などに力があるのに対して、福田派は大して利権にならない文部省とかばっかりに力を持ってたからと言われた。
その福田派はのちに森派となり安部総理もその派閥。森喜朗が文科省支配下にある五輪組織委の会長になったのも文部人脈だし、安部が森友学園みたいなところと繋がったのもその流れを知れば納得できる。
どっちも利権的には小物なんだがなw
ではでっかい利権は今はどうなってるんですかね?

uesama0101 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社会・経済 | 政治

2017年02月15日

金正男氏暗殺

豊臣政権が一代限りで滅んだ原因のひとつとして、秀頼の地位を脅かしそうな身内を秀吉が片っ端から処刑・追放してことが挙げられる。
たとえば秀吉が太閤となり次の関白に据えた秀次は切腹を命じられ、養子に取ったねねの甥っ子秀秋は小早川家に養子に出されている。
秀次は伊達政宗などの有力武将と懇意にしていたので、もしも関ケ原の時に秀次が存命ならば政宗らは西軍に与した可能性が十分に考えられる。
養子に出された小早川秀秋が関ケ原当日に西軍を裏切り、東軍大勝利の最大原因になったのは多くの人たちが知る処である。
確かに織田家や上杉家など跡目相続で揉めて兄弟で殺し合いをした例は数多い。
秀吉はそれを恐れたのだろうが、それが豊臣の天下に終止符を打つことになったのは否めない。
あるいは彼らを全て生かしておけば、秀吉が危惧したように秀頼が後継者の地位を脅かされることが無かったとは言い切れない。
しかし同時に豊臣政権が(後継者が誰であろうと)存続した可能性も上がったのは間違いない。

uesama0101 at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 政治 | ニュース

2016年11月14日

ハイエナ達の争奪戦(ハイエナン・ラプソディ)

スーパー閉店間際、値引きされた弁当や総菜を狙って集まる者達を人はこう呼ぶ。
「スーパーハイエナ」と。

閉店2時間前。
スーパーとハイエナの戦いは、ここから始まる。
だいたい、この頃の時間帯にスーパー側は「1割引シール」を貼る。
もちろん、たった1割引き程度ではハイエナは食いつかない。
ではスーパー側は、なぜ殆ど効果がない1割引シールを貼るのか?
それは閉店間際に商品をひとつずつ確認してる時間など無いからだ。
時間に比較的余裕のある閉店2時間前だから、商品を細かく調べられる。
そして本日中に売り切らなければならない商品に1割引シールを貼るのだ。
この1割引シールが貼られた商品が、このあとハイエナたちのターゲットになって行く。

閉店1時間15分前。
3割引きになるのが、この時間から。
閉店1時間前に来店する客をターゲットにした割引である。
もちろん普段は3割引程度ではハイエナは買わない。
ただし臨時収入でもあり懐が温かいときは、普段はできない「商品を選ぶ」という行為を楽しむために買う場合もある。

閉店45分前。
半額シールが貼り始められるのが、この時間帯。
30分前までに貼り終えられる。
遠くから様子を伺うのは新米ハイエナ。
ベテランは値引シールを貼る店員の後から付いていき、貼られた瞬間にサッとかごに入れる。
さらにもっと凄いオバハイエナは、まだ3割引シールが張られたままの商品を店員に差し出し、半額シールを要求する

おまけ
店によっては、その後、7割・8割という最終投げ売りをするスーパーもある。
そういう店の場合、同一商品が残り1品だった場合は半額で購入。
しかし複数残っている場合は様子見。
おそらく最終投げ売りで買える。
500円の刺身が100円になる店もある。

uesama0101 at 14:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 生活・娯楽 | 生活

2015年05月21日

日本動物園水族館協会、太地町のイルカ購入中止へ

「追い込み漁」のイルカ入手を停止 2015/5/20 18:09
「追い込み漁」で捕獲したイルカの飼育を巡り、世界動物園水族館協会(WAZA、スイス)から会員資格停止処分を受けた日本動物園水族館協会(JAZA)は20日、加盟する動物園と水族館による投票の結果、WAZAへの残留を求めるとする方針を発表した。
 WAZAの指摘に従い、加盟する水族館は当面、追い込み漁で捕獲したイルカの入手をやめる。
 WAZAはJAZAに対し、追い込み漁で捕獲されたイルカを水族館が入手するのは倫理規定に違反しているとして、4月21日付での会員資格停止と、5月21日までに改善されない場合の除名を通知していた。


「感情的な申し入れ」と批判しても仕方がない。
そもそも「かわいい」とか「かわいそう」というのが「感情的な価値観」だ。
感情的意見が相手だから、「食文化の伝統」とか「水産資源の現状」など、文化的・科学的なデータを持ち出しても何の意味もない。
「だって、かわいそうなんだもん」で終わり。
「牛や豚は殺して食うのにクジラ・イルカはだめなのか」とか「イルカを追い込んで殺すのは残酷で、ゴキブリをゴキブリホイホイに追い込んで殺すのは残酷でないのか」などの意見も結論など出るはずがない。だってこの問題はディベートだから。どちら側に付いても、もっともらしい意見が言える。
最終的には「多数決」しかない。多数決民主主義な。
それに従うのが嫌ならWAZAなんて脱退、IWC(国際捕鯨委員会)も脱退、ついでに国連からも脱退するしかないね。

話かわるけれども、仮に世界のどこかに猫を虐殺する文化の国があったとしたら、何かにつけその国を批判していくだろうなあ。もちろんその国の製品や食品なんか絶対に買わないし、観光旅行へ行くって人間がいたら全力で止める。ブログでもSNSでもBBSでもその国の悪口を言いまわるだろうし…。個人的に逮捕されるのは嫌なので法律違反だけはしないが、あとはイルカをネコに置き換えただけのシーシェパードと同じ言動になるねw
事実、今はかなりおとなしくなったが、かつては嫌動物板あたりでかなりやりあった。
最後にもう一度くりかえしていう。
「感情的な申し入れ」と批判しても仕方がない。
そもそも「かわいい」とか「かわいそう」というのが「感情的な価値観」だ。

uesama0101 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社会・経済 | ニュース

2015年04月04日

サクラサク

東北でも桜が咲きました。
猫を拾った時に住んでいたマンションには庭に桜の木が植えられていました。
二階のベランダがちょうど花の高さでした。
桜が咲くと、我が家に住み着いていた愛猫は、晴れた日は一日中、日向ぼっこしながら桜を眺めていました。
愛猫は風雅が分かる猫だったと飼い主馬鹿してるわけではありません。
動く物に好奇心を示すのが猫の本能。顕著な例は猫じゃらし。
飛ぶ昆虫なども好きみたいです。窓から蝶々や蛾が迷い込んでくると嬉々として飛びついて遊んでいました。
時には低空飛行で飛ぶ蛾を見事にジャンプして捕らえ、頭からガリガリ食べていましたw
おそらく風に散る桜花も、そうした飛ぶ虫のように映っていたように感じました。

わが猫の 面影映える 花朧

uesama0101 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 生活・娯楽 | その他