2020年08月13日

「ワクチン接種」という召集令状

人類の歴史は戦争の歴史と言われる。

おのれの正義を主張し、覇権を握るためには、異を唱える存在を殺戮、抹消してきた。

争いに使用される兵器は技術の進歩に伴い、単純なものから次第に複雑なものへと変化を遂げている。

石、斧、矢、刀剣、火器、銃、大砲、爆弾、毒薬、、、

いかに効率よく敵を殺傷するか、そして、敵からの侵入に怯える心が、身を守る手段を過剰に進化させたと言えるだろう。

それはやがて、人類全体をも滅亡させるほどの破壊力を持つようになった。

第二次世界大戦では核兵器が使われ、ハルマゲドンは聖書の予言から現実味を帯びたものになっている。

しかし、その最終兵器は核兵器ではなく、どうやら生物兵器ではないだろうか?というのがコロナ後の世界を考える上で、予想される流れだと私は考えている。

いま、世界で行われている戦争は、これまでのような目に見えるかたちの攻撃よりも、サイバー戦であったり、情報戦争・人心撹乱の要素が大きいと思われる。

ウイルスをばら撒き、民衆を恐怖に陥れる。
シナリオ通りに用意されたワクチンを待望する人々の群れは、接種のために列をなすだろう。

接種義務化に反対する少数派市民は、周りから白い目で見られ「非国民」扱いされるのだ。

かつて、「赤紙」と呼ばれる紙切れ一枚によって、国民が戦地へと送られていった。
それほど遠い昔のことではない。

「お国のため」と喜び勇んで出征した人もいれば、非国民と呼ばれないために止むなく自分の心を押し殺していた人も少なくないだろう。

万歳と叫んで死んでいった若者たちのどれほどが、戦争の意味を正しく理解していたのだろうか?

大本営発表を信じ、何も知らされずに「みんながそうするから」、世の大勢に逆らうことが難しいからと流されていたのではないか。

「同調圧力」は今の世も変わらない。

コロナ騒動が民衆の恐怖を煽り、ワクチン接種を推し進めるのが狙いだとすれば、誰が何のために、世界をどんな方向に進めようとしているのかを知ることが、過去の悲劇を繰り返さないためにも必要だ。

それはコロナに関してだけでなく、社会に存在する様々な問題に共通することに違いない。
知らないことが解決を遅らせている。

「ウイルスは敵」と考える人々の意識が変わらないかぎり、恐怖心が消えることはない。

マスクや薬に頼る対症療法ではなく、根本となる本質的な原因を知り、病巣を取り除く取り組みが求められると思う。

まずは知ることから。
そして、身の回りでできることを考え、アクションを起こそう。

助けを待っているだけでは何も始まらない。
救世主は自分しかいないのだから。

c03b26ee-3aa3-482c-93ac-80566405db62

banner_03
応援クリックありがとうございます♪

Posted by uetake13 at 18:34│Comments(3)
この記事へのコメント
はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。ヨハネの黙示録6章から19章を読めば分かりますが、携挙に取り残された後の7年間の患難時代は、苦痛と迫害の時代です。患難時代を経験しなくても良いように、携挙が起きる前に救われてください。
Posted by 王島将春 at 2021年06月12日 19:16
中国による尖閣侵攻危機と、憲法改正の必要性を知って下さい

書込み大変失礼致します。
皆様にこの度どうか知って頂きたい事があり、誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

テレビが大きく報じぬ中、連日尖閣奪取を狙う、中国の日本領海侵犯が激しさを増す現状を、中国に侵略虐殺を受けるウイグル等と重ね、どうか多くの方に知って頂きたいです。

かつて9条の様に非武装中立を宣言し、平和的で軍事力の弱かったチベット等は、中国に武力で侵略虐殺され、その覇権拡大は現在進行形で行われています。

韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣には中国公船が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事の際、敵基地攻撃能力を持たず、原発も動かず資源の無い現状防衛力では、日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、メディアや野党が法制化を目指す、外国人参政権や夫婦別姓等からも始まっており、
外国人参政権はアメリカ始め世界でも認める国は少なく、

ハワイは米国に外国人参政権を与え乗っ取られ、ウクライナのクリミア半島も住民投票を行った体でロシアに帰属しました。

又夫婦別姓等も元々は中韓の制度であり、地位の低い女性は夫の姓を名乗らせないという、女性蔑視の歴史的背景によります。

この夫婦別姓は最終的に戸籍廃止を目的としており 、戸籍により追跡発見が出来た
背乗りやスパイ等の犯罪も、これを無くす事で不都合な出自隠蔽も容易となります。

続きます
Posted by aki at 2022年03月19日 00:41
先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足がある野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウイグルの悲劇を生まない為に、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思っております。
長文、大変申し訳ありません。
Posted by 続きです at 2022年03月19日 00:42