【尼崎で七十二候】第五十三候・霎時施「リアカー屋台の夜鳴きそば」

カテゴリ:
第五十三・霜降・次候「霎時施(こさめ ときどき ふる)」
新暦の10月28日〜11月1日頃

時雨が降るようになるころ。

小雨が降る阪急武庫之荘の駅前でリアカーの夜鳴きそばと出会いました。

軽トラの荷台に屋台を構える夜鳴きそばはよく見かけるのですが、現役でリアカー屋台があるとは驚きました。
しかも軽トラ夜鳴きそばでお馴染み阪神軒さん!


こんな冷える夜に温かいラーメンなんていいですね。しかもリアカー屋台のでなんて風情がありますね。


ご主人はこの道30年の大ベテラン。
この辺りだとJR立花、阪急塚口と3台のリアカー夜鳴きそば屋台が現役バリバリで出没しているそうです。

次回はチャルメラを生で聴かせてもらいたいです。

【尼崎で七十二候】第五十二候・霜始降「銭湯の暖かい湯舟が恋しい季節」

カテゴリ:
第五十二候・霜降・初候「霜始降(しも はじめて ふる)」
新暦の10月23日〜10月27日頃

霜が始めて降りるころ。

まだこの辺りでは霜は降っていませんが、朝晩はかなり冷え込んで来ましたね。
こんな日はやはりじっくりと銭湯に浸かりたいもんです。

僕にとって銭湯は手軽に感じることができる旅情です。
銭湯に出かけて知らない店で食事するだけで、ちょっとした旅気分を味わえます。
行楽の秋、みなさんも日常のちょっとした変化に銭湯はいかがでしょうか?
尼崎温銭郷〜福湯めぐりスタンプラリーが大絶賛開催中です。


2016-10-29-18-17-06

↑写真は10月29日にゆ〜もあらんど福栄さんにお伺いした時の物です。

二十四節気は「霜降/そうこう」霜が降りる季節になりました。




【尼崎で七十二候】第五十一候・蟋蟀在戸「武庫川河川敷にいたそれっぽい虫」

カテゴリ:
第五十一候・寒露・末候「蟋蟀在戸(きりぎりす とに あり)」
新暦の10月18日〜10月22日頃

戸口でキリギリスが鳴くころ。

この候に登場する「蟋蟀」はコオロギがキリギリをさしているのか諸説あるそうでが、僕はバッタとキリギリスも区別できないですが、ずいぶん前に武庫川河川敷で撮影したソレっぽい虫を。

image

秋の夜長虫の鳴き声をBGMに読書を楽しめるような余裕が欲しいでもんです。
毎年、食欲の秋だけキッチリと襲ってくるので困ります。
スポーツの秋でもあるのでその分消費もしなければダメですね。
銭湯もますます気持ちいい季節です。
尼崎温銭郷〜福湯めぐりスタンプラリーも大絶賛開催中です!

このページのトップヘ

見出し画像
×