May 19, 2007

いよいよ発表の日

5月18日、学会二日目爽やかな朝でありますた。(実は常宿や学会の雰囲気のある写真撮ったけどデータ消しちったんだわ、バカだから)

私がまどろんでる頃シャークさんはひとり奮戦されてたんすけどね(;-;)。シャークさん、何も手伝わずにマジですいません。(シャークさんの奮闘振りと発表内容はトラバ先をご覧下さいやし)

午前中は口演も聞かず、自分の発表のこと考えてたり、ブースに出品してあるモニターやらなにやらの説明を聞いてますた。使う側に経って性能試したい…

んで、シャークさんと合流し、発表データを提出してから各々ランチョンセミナーへ…。わしはARDSについて聴いたんだけど、やっぱ共催は○野。前からそうじゃんね〜。んで本日もまた胃もたれするほど豪勢なお弁当でした。

んでいよいよ発表…メインホールは昨日と同じく人がいない…ぎっしり埋まっても困るけど、なんて複雑な思いなのですた。どうしても質疑応答が短くて、的確な答えを出せないし、司会さんから「フロアでやれ」なんて言われて、マジすんませんですた。質問は、刻印内容の正確性とこういうアクセで個人情報の取り扱いはどうなってんのか、って事でしたが、理解されたかどうか。

でもそのDr,「うちみたいな田舎なんかこういうの誰も知らないよ、うちの県でも誰も作ってないでしょ?」ワロタ。その通り

でも概ね好意的な反応だったのでよかったっす。これで無反応だったりしたら、ものすごいスケジュールで神戸に来たシャークさんに申し訳ない。実際シャークさんは発表終わるとすぐ帰京しちゃったし

外の広場ではハズマットKOBE、スーパーイーグルこうべ、ブルーキャット合同で結構大掛かりな薬物テロとかの場合を想定したデモンストレーションやってますた。皆これ見てたのね。

しばらくこれ見て、最後のシンポジウムに行く。最後の意見として「課題として、医師・ナース・コメディカル・救急隊が連携して患者中心のケアをしていくことがあったが、結局連携していくことをテーマとした討論や具体策ができていなかった」ってでましたが、難しいすね…。今の状態はチーム医療ではないって事だし…

終わってホントは自分も速攻で帰って岸田森&佐藤慶という萌えの中心を突いた「切り抜ける」を見るはずだったけど、震災の頃一緒に働いてた人に誘われて夕ご飯をご馳走してもらう事になる…。もうホテルチェックアウトしてたけど、食事終わって一人になったらまぁ、ネカフェで朝まででもいいかと思ってたら…

なんか金曜で予約なしだったから店を探してさすらったけど、結局名前忘れたけど超有名なとこで神戸牛なんかご馳走になりその後も(主治医に禁止されてるにもかかわらず)飲みながらほぼ徹夜で昔のことから今のこと、色んな事を喋り捲たのであった。十数年ぶりというのがそうさせたんであろーか。にしてもSeven Starはやめたほうがいいと思ふよ、Oっち

んで結局凄い目の下クマ作って帰ったんだけど…心残りは蛸壺型容器に入った明石の蛸のお弁当が売り切れてたこと。凄い人気ですぐ売れちゃうらすぅい。今度いつ神戸に来るのかわかんないのに・・・



ugetu at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)MEDIC INFO | MEDIC INFO

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔