UGGブーツは通気性に優れていることはすでにお伝えしましたが、やはりそれでも履いた後は風通しの良い場所で陰干しをしましょう。

  そうすることで雑菌の繁殖を抑えることができます。

  干した後に除菌・消臭スプレーを使用することでより清潔に保てます。
       


  防水スプレーなどは月に一度を目安に使用しましょう。


  雨に濡れてしまった時は乾かしてから防水スプレーを改めて使用して下さい。


  スプレーをかける時はUGGブーツから30cmほど離して全体にまんべんなくかけましょう。


  かけた後は浸透するまでしばらく時間を置いて下さいね。


  防水スプレーは羊皮の油分を減らし劣化の原因にもなりますので、かけすぎないよう注意して下さい。


  デイリーケアとしましては、表面の汚れはスポンジブラシで軽くなでるようにし、毛並みを整えてから栄養クリームを全体に吹きかける程度で十分です。


  しかし、たまに本格的なお手入れも必要となります。


  UGG australiaからは、クリーナー、プロテクター、フレッシュナー、ブラシ、しみ消しがセットになったUGGブーツ専用のケアキットが販売されています。


  これらを使ってスペシャルケアをすると新品のように生まれ変わりますよ!