厚い靴底には、広い頭部の暖かいブーツ アグ、ブレーキのファッション、車が話すことはありませんスロットルから"こする"---深い冬、UGGの雪のブーツ、などの人々は欠かせないファッションアイテムとなっているが、ほとんどの人が着用特に暖かい雪のブーツUGG ハワイは特に人気ですが、インターネットを知らない、知っている、雪のブーツは、誰もが"最も困難なドライビングシューズの歴史のニックネームは"雪のブーツを駆動するユーザーの2つの特性の結果を要約しています。

  カップとして、長い冬のような、私は一度、日常着と涙を雪の異なる色の3つのペアを購入したが、米国は、その結果は潜在的な問題を期待していなかったしませんでした。"ミス王、外国企業の仕事は、経験を駆動するのは6~7年を持って、そう、ほとんど何年ものイベントが、先月の上に急いでいない、ミス王は2つのリアエンドを持っています。"犯人の雪は、クラッチの足の親指の間に広いですし、結果をスタック急ブレーキをかける。"ミス王は言った、私はインターネットが駆動され、私たちが知っている前に、1つの理由は、アグ 店舗検査に次ぐ靴であることは想像もしなかった雪のブーツを着用することは非常に危険。

  雪のブーツミクロのユーザーのための記者との主なフォーラムは、不便を駆動する2つの主な理由を参照してください。最初に、唯一の理由は、クラッチとブレーキの間に滞在するアクセルの重い重量、第二の大きな広い靴は、そう簡単でした。二つの理由、それは雪のブーツのデザインの特性になります。記者は軽いスロットル、足で、彼らがどのように強化さ感じるように多くのことの深刻さを、感じる、ことがわかった着て雪のブーツの足駆動レポーターの感覚でのみ発生する可能性があります。さらに、貧しい人々のクラッチとスロットルが頻繁にストールに簡単です。加えて、約2cm厚さの雪のブーツ、クラッチペダルとガスが通常のときに固定された23センチメートルの厚さ、ペダルがスリップやスタックして得ることは非常に簡単なときに着用するために雪のブーツは、不安な感じになります。