彼らの比較的厚いために貼り付けた後、高模造革は、原料の数を無視するかもしれません。

  まず、オーストラリアや製品をuggの米国でかどうかを原料として100%オーストラリアの羊皮で作られているビューの原料ポイントは、本物のUGGです。

  靴をuggの高い模倣は一般的に肥大し、不規則な靴が、それらは特に、醜い肥大化したように見える着用され、外観に準拠していません。 主原料は、原料の比較的低コストに置き換えです。


  第三に、靴から言えば、本物の靴の靴は繊細で美しいuggの。

  牛分割スエードで作られた中国の靴リッピ使用ペーストで行われた靴をuggの高い模倣ので、そのコストが多すぎる。

  単純な順法のUGG 5815砂色の外観が、それは暖かいとすることができますが疑わてはならない。

  ホットUggの靴は本当にハードに、人気の混乱を想像するので、または偽のものである模倣品はそれが真実であるかどうかを、実際には、これは非常に正しい、本物のUGGのは、暖かくている限り、ラインで靴をuggの、多くの人々に浮上している上記材料または製造上の観点からの雪のブーツは模造品にはわからないよりも優れている何回、Uggの靴を履いて、次の違いで見て本当に模造品。

  本物のUGGの靴は、床などに、一般的に高品質の繊維のものです。