2005年12月17日

大人と子供の境界線

0477bfc9.jpg誰しも子供の頃は根拠の無い万能感を持ち自分の夢は必ず叶うと思い込んでたと思います。
しかし人生経験を積むに連れ自分の才能の限界を感じ、
能力の無い自分を受け入れる事で自分を客観視出来る様に成って行きます。
俺の場合は高校卒業後何の目標も無くフリーターをやり、
同級生が大学の卒業を控え就職先も決まった頃に漸く自分には何の才能も無く社会に必要とされて居ない事を自覚しました。
どうせお先真っ暗なら自分の好きな事をやろうと始めたのが格闘技でした。
自分の努力がストレートに成果に表れる経験も初めてしました。
上手い人を妬んで足を引っ張っても自身の能力が上がる訳では有りません。
自身が努力してスキルを上げる経験をする事で成功者の陰の努力に想いを馳せられる人間に成り、
初めて大人に成るのだと今にして思う訳です。

ugokai at 11:33│Comments(8)思想 | 骨法

この記事へのコメント

1. Posted by 198   2005年12月17日 13:03
勉強になります
2. Posted by ホウボネセエ   2005年12月17日 15:17
いい言葉ですね。
格闘界には矢野さんが必要。
3. Posted by TGK   2005年12月17日 21:58
ちょちょ、「K」って。
あの…矢野さん、これ俺じゃないですからね。

Kさん、あらしはスルーでね。
4. Posted by eRHYTHMIX   2005年12月17日 23:21
格闘技を始めたきっかけはそういうことだったんですか〜。なんだか人間として親近感を覚えます。試合と道場、両方がんばってください!^^
5. Posted by vivid   2005年12月18日 00:12
なんか深いですね。
そういう風に考えて、言える矢野さんは立派な大人です。
本当にステキだと思うし尊敬してます。
6. Posted by ガジュマル   2005年12月18日 01:10
「う〜ん、なるほど」と深くうなずいてしまいました。
7. Posted by ウチキ   2005年12月18日 03:44
5 >自分の努力がストレートに成果に表れる経験も初めてしました。
実社会では努力が反映されないことが幾らでもありますからね。
8. Posted by 菊池   2005年12月18日 10:21
矢野さん。尊敬してます。
自分遠くて道場には通えないんですが、いつか
見学だけでも行きたいです。
Tシャツとか通販する予定とかは無いんでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔