2019年03月08日

東中野トライガーガガガ

ライガーさんは新年式とかでお見掛けしていましたが当時の俺にとっては雲の上の大先輩でありスタープロレスラーだったんで声も掛けられず個人的には全く交流が有りませんでした
ある日松葉杖をついたライガーさんが東中野に見学に来ました、張り切った堀辺師範にやった事も無い打撃有りの寝技のスパーリングを命じられ俺と同期のハーフ内田待安がやる羽目になりました
まあ兎に角顔面血塗れになりながらも必死にやって何とか大怪我はせずに済みましたが感想を聞かれたライガーさんにバカにした口調でレベルが低いだの何のとこっ酷くdisられモヤモヤした事を覚えて居ます
時は流れ両国国技館でのVS鈴木みのる戦、鈴木選手を熱烈応援させて頂きましたサーセンw

ugokai at 01:09│Comments(9)骨法 

この記事へのコメント

1. Posted by MAD   2019年03月19日 20:33
2


矢野さん、こんばんは。
もうすぐ4月ですね。
矢野さんも、お花見するのですか?

しかし、堀辺先生も
やっことない打撃有りの
寝技スパーリングをやらせるとはヒドイ。
2. Posted by 山田恵一   2019年03月27日 15:25
ドブスの告発不発に終わってましたね(笑)


体操の宮川紗江選手がパワハラ被害を訴えた問題で、日本体操協会は、宮川選手に反省文の提出を求めることを決めた。

パワハラ問題をめぐっては、2018年、協会の第3者委員会が「塚原千恵子女子強化本部長と夫・光男副会長のパワハラ行為は認定できない」と結論づけていた。

日本体操協会は9日の理事会で、特別調査委員会の提案に基づき、宮川選手に対し、「一部の言動が強化本部長の名誉を傷つけた」などとし、反省文の提出を求めた。

一方で、塚原光男、千恵子両氏には、「不適切な言動があったが、2018年の臨時評議員会で謝罪し、任期満了で退任する」ことから、懲戒など新たな処分は科さなかった。
3. Posted by 相良教授   2019年04月15日 00:29
もしもライガーさんが総合やったら強そうな気がします。
4. Posted by 主   2019年05月01日 00:47
@山田恵一さん
そらそうよ
5. Posted by 主   2019年05月01日 00:48
@MADさん
創始師範は見栄っ張りなんでw
6. Posted by 主   2019年05月01日 00:49
@相良教授さん
やらないが華でした。
7. Posted by MAD   2019年05月01日 22:03
5


矢野さん
こんばんは。


令和元年

突っ走りましょう!
8. Posted by 山田K一   2019年06月08日 15:36
5 『骨法通信』の最終号にもメッセージを寄せられてましたよね。
新年式にも素顔(横顔だけですが)で参加している姿が、同じく『骨法通信』の最終号にも掲載されてました。

第2回の骨法の祭典に内田待安選手が参加されてました。内田選手はハーフだったんですね。

矢野卓見選手は、第3回の骨法の祭典から姿が確認できます。まだ当時は骨法1級でしたね!
9. Posted by 主   2019年06月09日 03:48
8級試験にしか合格して無いんですけどねw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔