格闘技

2020年10月15日

QUINTET出場辞退についてのご報告

事件当時19歳の教え子の女子大生に対する準強姦罪(大量の酒を飲ませ意識不明にしてから強姦)で懲役5年の実刑判決が最高裁で確定収監され刑期満了で出所した内柴正人元受刑者のQUINTET参戦が10月8日に発表されました。
この報を受け即日QUINTET出場を辞退したい旨をteam tokoro plus α 2ndキャプテン所英男氏に伝えました。
本日柳沢・桜庭両氏と事情説明を含めた話し合いを持ち正式に了承された事をご報告致します。

10月15日 骨法烏合會代表 矢野卓見

ugokai at 20:05|この記事のURLComments(11)

2017年06月30日

武道(格闘技)に於ける心技体の「心」について

闘いに勝つだけなら技術と身体能力さえ突出してれば特に「心」は必要有りません、
しかし強大な力をコントロールするにはそれに見合った「心(自制心)」の強さを持たなければ身を滅ぼす事にもなりかねません、
今回の山本勇気選手の傷害事件は感情に任せての暴行の末知人を意識不明の重体にさせると云う格闘技を身に付けた所為で相手は勿論自身の人生をも壊す結果になりました、
格闘技に限らず勝利至上主義からの脱却は全ての指導者の課題だと思います。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170630/k10011035581000.html
ugokai at 15:25|この記事のURLComments(7)

2016年06月13日

テレ朝特番で猪木対アリを初めて観た

伝え聞いてた印象と違って緊張感も高く面白い試合でした、
ルールは猪木側が言う程雁字搦めでも無くリスク回避の為のアリキックと云う感じで
猪木が繰り出す反則攻撃を抗議はしても試合放棄出来ないアリのプライドとか
猪木を結婚式に呼んで「あんな怖い試合は無かったよな、でもあれ(引き分け)で良かったよな」と言ったとかアリの人間性が垣間見えて興味深いです。
晩年猪木の政治活動にアリがちょくちょく付き合ってた理由が何となく分かった様な気がした46の夜
ugokai at 18:05|この記事のURLComments(32)

2014年09月21日

死人出したら廃業するしか無いね

取り敢えず突っ込み所としては被害者は始めて二ヶ月の初心者、現場に14人、経営者の男性師範(26)って所でしょうか?
締め技は落としただけじゃ死にません
死ぬまで締め続けると死にます
多分ここは今まで負傷者を出しても格闘技だから仕方ないみたいな無責任な方針でやって来たと思われます
技が極まって相手がタップしなかったらそれ以上負荷を掛けずにキープするか逃がして続行する様に俺は指導してます
練習は勝ち負けじゃ無く上手く成るのが目的ですから
初心者同士の乱取りは危険なんで技は形に入るだけで極め無いでやらせます
俺のところは皆長いんでそう心配はして無いですけどやってる内にムキに成る奴も約一名居るんでその都度注意してます
柔術に限らず練習を加減せずガチンコでやらせる頭の悪いジムは総じて指導者の技術レベルが低いんでお金と命が大事な人は避けた方が賢明ですね。

>ブラジリアン柔術の稽古で倒れ死亡 豊橋で日系ブラジル人 
 愛知県警豊橋署は20日、豊橋市中岩田5のブラジリアン柔術道場「ROCK’S TEAM(ロックス チーム)」で17日夜の稽古中に倒れ、意識不明だった日系ブラジル人の会社員マルセロ・オキヤマさん(36)=豊橋市多米中町=が死亡したと発表した。

 オキヤマさんは17日午後8時半から稽古を開始。午後9時25分ごろ、他の男性受講生と2人組で乱取りをしていた時に意識を喪失。搬送先の病院で低酸素脳症の疑いがあると診断された。その後も意識は戻らず、20日午後6時25分ごろ死亡した。死因は不明。署は遺体を司法解剖し、現場の詳しい状況を調べる。

 署によると、オキヤマさんが倒れた際、道場内には経営者の男性師範(26)やコーチ、受講生ら計14人がいた。オキヤマさんは柔術を習い始めて2カ月ほどだった。

(中日新聞)
ugokai at 19:26|この記事のURLComments(17)

2010年03月05日

金権腐敗売国野郎の小沢一郎

売国奴のクズこと小沢一郎が我らがアキラ兄さんを『前田某』と罵倒したそうです、
『正義の人』前田日明が『欲の塊』小沢一郎と相容れる訳は無いと思ってましたが案の定です、
これで心置きなく『糞野郎』小沢一郎を罵倒出来るので一安心ですね。

ugokai at 03:20|この記事のURLComments(23)

2010年01月01日

大晦日の感想

事の経緯は分かりませんが憎み合ってる者同士を闘わせてはいけないですね、
正直アレが地上波で流れて多くの人の目に触れてしまった事を残念に思います、
テレビ局はカメラワークや編集で何とか出来なかったのでしょうか…
格闘家は心・技・体の『技』と『体』ばかりが肥大してそれを支える『心』が育って無いと(社会的に)自らを滅ぼしてしまうと云う事を肝に銘じなければならないと思います。

ugokai at 04:33|この記事のURLComments(36)

2007年01月25日

王様の耳はロバの耳

b673c3bc.jpg大抵の人は知ってると思いますが知らない人の為に書きますね、
ある所に王様がいました、
王様が床屋を呼んで髪を切ったんですがなんとビックリ王様の耳はロバの耳だったんです、
驚く床屋に王様は一言…「喋ったら殺すよ」
床屋はとんでもない秘密を知ってしまい誰にも話せずに苦しみます、
思い余った床屋は洞穴に向かって叫びます「王様の耳はロバの耳!」
それからというもの風が吹く度に洞穴から「例のグローブは自分で持ち込んだ物だからスポンサーロゴが無いのは当たり前、ロゴが剥がれ落ちたって嘘ついてるヤツらは皆死ねばイイのに…」と聞こえて来る様に成りましたとさ。
真実はいずれ明らかになってしまうのでウソをつくのは止めた方が良いという教訓です。
現代にも通じる話しだと感心してしまうのは俺だけでしょうか?

ugokai at 02:12|この記事のURLComments(145)