うごリハblog〔動きの学習とリハビリテーション研究会〕

新しい動きの学習を通じてリハビリテーションの質を高めるために発足した団体です。日々の気づきや、うごリハのコースの様子、おすすめ情報や学習した内容なども書いていきます。


7月は私の担当している女性の利用者さんの  

誕生日になります。  

なんと今月で99歳です。  



その人に週に訪問リハビリを週2回40分  

させていただいてます。  

今回は、元気で99歳を迎えるHさんの  

かれこれ2年弱の関わりを書こうかと思います。  



Hさんは笑顔がとても可愛らしいおばあちゃんです。  

脳梗塞で9ヶ月ほど病院に入院していました。  
(正確な数字は忘れました)  




はじめて関わった時は  

右手足がだらんと力が入らないのが特徴で  

また右手をよく車椅子に巻き込んだり  

麻痺だけでなく、右手の存在自体を忘れてしまう  

症状もありました。  



座った姿勢は  

端坐位はとれますが、  

前かがみになることさえ前に倒れそうで  

恐怖を感じます。  



また立ち上がる時は  

とにかく必死に首をそらして  

天井方向へ自分の体を持ち上げようとしますが、  

うまく行きません。  



起き上がりも柵をぐっと引っ張り  

体を起こそうとするので、  

手伝わないとできませんでした。  



全体としてまとめると  

右手、右足はほとんど動かず、  

左手、左足は動きますが、  

動作としては坐位をとれるだけで、  

そこから何もできない、介助が必要だった状態です。  



そればかりか、無理に動く習慣がかなりついてしまって  

体を常に強張らせて、動こうとされます。  

当然、体が硬くなりますから、  

動作がさらに困難になっています。  



また認知機能も私の顔は覚えることはできましたが、  

曜日などは曖昧で、また話した内容も  

半分以上は忘れています。  



病院のリハビリでは  

平行棒で立つ練習や  

支えながら歩く練習をしたそうです。  



家族から聞いた話ですが、  

できなかったら、  

「なぜ、できないの、このまえやったでしょ!!」  

と強く言われることもあって  

涙を流されてこともあって、見るのもしのびなかった  

とのことでした。  

一生懸命体を動かそうとするけど  

うまくいかないという連続でした。  



私自身のこの2年間のアプローチでは  

まず、坐位でゴソゴソ動くことが  

大切だと思いそこからはじめました。  




主に使用した道具は  

電動ベッド(高さ調整のみ)と  

肘置きのない椅子2脚です。  

これがあれば、充分在宅でもリハビリできます。  



実際にしていったことを  

をすごく簡単に表現していきます。  


■片側の坐骨に重さを移す練習  

から  

■お尻で歩く練習  

■前に楽にかがむ練習  

■端坐位で足に重さを写して、そのまま横にお尻を移動する練習  

などを行いまいした。  



本人にとって、比較的簡単な動きは  

適切なハンドリングのもと  

練習していくと、少しずつ  

様になってきます。  



様になってきたら  

■椅子をベッドにの横につけて、高さを合わせます。  
そして少しずつお尻を動かして、椅子の方に移乗していきます。  


■なれてきたら、90度移乗、  
手をつくのに、もう一台の椅子を使います。  

■それも慣れてきたら、180度の移乗  
(椅子と椅子を向かいあって移乗)  

を行いました。  



もちろん、一人ではできないので、  

やはり、介助者のハンドリングのスキルが  

とても大切です。  



その時に意識したことは、  

「全体と機能する」  

ということです。  

麻痺足の手も骨があるので、  

ぶらんとさせるのではなく  

使います。  



だからといって対称にしようという意図はありません。「  

麻痺の腕は弱いのですか、  

弱いなりに使って、動作が少しでも楽になればいいのです。  

むしろ、非対称な体を無理やり対称にするほうが  

無理があります。  

体は非対称になっているのに、動作は対称だと  

弱いのなら、弱いなりに  

全体として無理なく機能するようにします。  




ですから、重さの乗せ方を最初は  

麻痺側1,2割、麻痺ではない側は8.9割  

という使いかたをします。  

また頭の動きも動作として参加するように  

練習します。  



そうして経過していくうちに  

少しずつ変化が起きてきました。  

麻痺足の手が少しずつ動くようになってきました。  

麻痺足の足も少し支えられるように。  

そして手を忘れることがなくなってきました。  

この頃には起き上がりもできるようになってきます。  



麻痺側に時間をかけて介入していることは  

ありません。むしろ麻痺ではない側に力が  

入りすぎていたので、そちらの使い方を  

移乗動作を練習するのに加えて、少し時間をかけて練習していました。  



ではなぜ変わったか?  

それはやはり、「全体として機能する」  

ということが理由だと考えられます。  

麻痺則の腕と足は邪魔物から  

動きを少し助けてくれる役割に変化しました。  


そして楽しく動くことで、  

さらに笑顔も増えてきました。  




動きが変われば、構造に影響を与えます。  

脳の神経回路も、身体的な構造にも。  

多くの人は構造が変わって、機能が高まると考えていますが、  

私は逆です。  




機能が変わることで、構造が変わってきます。  

機能とは体の使い方であり、洗練された動きのことです。  

少しずつ体の使い方が変わることで  

麻痺側の手足や脳に影響を及ぼしたのでしょう。  



また楽しい楽な動きは、  

本人は好奇心や  

興味をもって練習できます。  

それが、さらに脳に影響を及ぼしたように思います。  



そして一年ぐらいで  

移乗が小さいステップであれば  

ほぼ一人でできるようになってきました。  



次の段階に行きます。  

■椅子やベッド使って手をそこに起き、半四つ這いを楽に取る  

■半四つ這いが楽にとれたら、左右に移動する  

■慣れてきたら、ベッドを高くしたり、椅子の淵を高くして高這い  
に近い状態に  




そうなれば、少しずつ空間の中で  

体が高くなってきます。  

少しずつ四つ這いで  

手足にのっていた重みが  

体が起きてくることで重さが足に乗る  

割合が高くなります。  



で現在ですが、  

四つ這いの練習をしながら、  

■シルバーカーを押したり、  

■片手は並べて椅子の背もたれの上をもち、少しだけ  

麻痺則をサポートする  

この前はシルバーカーで歩きながら  
(軽介助あり)  

部屋の入り口から、家族のいる台所へ  

いきなり行って家族をびっくりさせてました。  

車椅子がすっかり定着していたので  

歩いてでてくる姿は相当違和感です笑  



と少しずつ必要なプロセスをたどって  

歩行ができるようになってきてます。  

2年弱の歳月がかかりましたが、  

99歳にして、機能が統合されています。  

同時に詳しくは書いていませんが、  

楽に動けるように「思考」も学習しています。  



一生懸命歯をくいしばって頑張らなければいけないと  

という考えがHさん自身を苦しめていました。  

そういった考えも動きながら  

「苦しまない考え」をHさんに伝えていきます。  

もちろん忘れることも多いです。  

忘れてもいいんです。もう一度伝えればいいんですから。  



個人的にも常に人の可能性をみるのですが、  

99歳で軽度の老人性の認知症があっても  

脳の失認という後遺症があっても  

人は学習できると  

身をもって教えていただきました。  

(ただし、重度の認知症は本人ではなく  
周囲の人が学習することをおすすめします)  



今はあたりまえのように、  

小さい動きの乗り移りや  

座り直しもとてもうまくできるのですが、  


「もう余裕でできますね」  

と私が声をかけると  

こんなことでけへんかったんかなあ  

とすでに昔できなかったことを忘れます。  

それぐらいの物忘れなら問題はありません。  



またこのような方法は  

Hさんと一緒に作り上げたものです。  

さらっと書いてますが、  

実際はいったりきたり、また小さい動きの練習も  

いれています。  

細かく書くと、簡単な本一冊かけそうです。  



自分でいうのもなんですが、  

リハビリ中はとてもよい顔をされます。  

その顔を見て  

ご家族も嬉しそうになれます。  



そのニコニコした表情を見ると  

自分はよい仕事したなあと思います。  



私は本人に100歳で一人で  

歩けるようになりましょうと言ってます。  

昔から割と本気で言ってましたが、  

ようやく現実味を帯びてきました。  



先のことはどうなるかわかりません。  

でも自分の可能性を発見していくことは  

とても楽しいことだと思います。  

それはリハビリ依存とは質がまったく違います。  
(このあたりもメルマガなどで一度書きたいテーマです)  



一瞬でよくなることは難しいですが、  

しかし動きを変えていくことを  

時間をかけて学習し  

機能を高めていくことで  

幸せに生きることの手伝いが  

週に1回か、2回の学習でも  

できるのだと思いました。  



私は、何々法とかにこだわっていません。  

キネステティクスもフェルデンクライスメソッドも教えていますが  

大切なのは人に関する理解です。  

上記はただの道具です。そのための入り口でしかありません。  

本質は目の前にあります。  



動きの理解と、学ぶことの理解のもとに、  

人とかかわれば  

人それぞれのアプローチを作ることができます。  

この方法はHさん法と名付け、一緒にHさんと  

作りあげたアプローチです。  

世界に一つのアプローチをHさんと楽しんでいます。  



私がしたことは答えではありません。  

一つのかかわり方です。  

人がかわればかかわり方も答えも変わります。  




私は皆さん自身も、  

皆さんと患者さんの中での  

世界に一つだけのかかわりで作り上げることができるように  

お手伝いしたいと思っています。  

そうやって仕事すると  

ケアもリアビリも  

おもろいですよ。 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ハンドリング上達の秘訣とは何か?
それは呼吸に注意を向けることです!!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回のテーマはシンプルです。

呼吸とハンドリングについてです。

皆さんは患者や利用者に触れている時に

自分の呼吸に注目しているでしょうか?



簡単な目安ですが、呼吸が止まっている時は、

まず、質の高いハンドリングにはなっていません。




呼吸をとめて、質の高いハンドリングを行うことは

とても難しいのです。

少なくとも私が出会ったすごい達人は

呼吸を止めていることはありませんでした。



なぜ、呼吸を止めると

ハンドリングがうまくいかないのでしょう?



なぜなら、呼吸を止めていると、

それだけで、息を吸ったり、出したりする

本来の自然な動きを抑制しているということですから

止めるために、筋の緊張を高めることになります。



今ちょっと落ち着いて、少しの間、呼吸をとめてみてください。

それだけでも、全身の緊張が高まることを感じられるでしょうか?

全身の体の小さな動きがなくなります。



実感がないかもしれませんが、

呼吸も実は全身でしています。

胸郭だけではありません。

自分の体に繊細になれば、呼吸している時

手足も一緒に呼吸と動いていること、

もっと繊細になれば、指先まで動いていること

が感じられるかもしれません。
(最初はたぶんわからないことが多いです、私も昔はわかりませんでした)

わかりにくい人は誰かに仰向けに寝ている時に、

脚をぐっと抑えてつけてもらうと

呼吸のしにくさを感じ、足が呼吸という活動に参加していることが

わかるかもしれません。



全身で呼吸している。

ということは、呼吸を止めているということは

全身の動きを止めていることです。



体にブレーキがかかった状態で

ハンドリングしようとしています。

そういったぎこちない動きでは

質の高いハンドリングはとても難しいのです。



全身を止めているということは

その緊張した手で相手に触れることになります。

知らないうちに自分の緊張が相手に影響し

こんどは相手の呼吸をとめてしまうかもしれません。



ハンドリングをうまくするために必要な要素

まず、【自分の呼吸に注目すること】

をすることです。



呼吸はハンドリングの大切な要素ですので、もし

最近注目することがないなら、


相手を動かそうとするのではなく

「自分の呼吸はどうか」

止まってないか、浅くなっていないか、

注意を向けてみてください。

そして止まっていることに気付いたら

止めるのをやめてハンドリングを行ってみていください。

そして慣れてきたら、自分のタッチが

相手の呼吸を抑制していないかにも注意を向けるといいでしょう。



常に呼吸を注意を向け試行錯誤することで

ハンドリングは少しずつ上達していきます。


※この記事は過去のメールマガジンを編集・加筆したものです。
最新のメールマガジンの登録はホームページからお願いします。


みなさんは自己紹介される時、 どんな風に説明するでしょうか? また友達や家族のことを紹介するときに どんな人だと紹介するでしょう? やさしい人 おもしろい人 素直な人 人見知り 短気 寂しがり など色々とありますよね。 ここで少し考えていただきたいのですが、 人の性格は変えられないものなのでしょうか? 生まれてくる時に全て決まっているものなのでしょうか?
それとも 変えることができるのしょうか? 結論から言うと 性格は変えられます! もちろん遺伝的な要因もあるでしょう。 その影響はあると思います。 しかし性格を作る要因はそれだけではないのです。 みなさん、例えばなぜ 自分がこのような性格だと言えるのでしょう? 例えば やさしいとなぜ自分は言えるのでしょう? (やさしくないと思う人はなぜ自分はやさいくないと言えるのでしょう?) 他の人を見て、この人はやさしい、あの人は冷たいとなぜ思えるのでしょう。 もちろん、過去にやさしい行いをしたから。ですね。 もしくはあの人の冷たい態度を見たから、 あの人は冷たいと思うのです。 性格とは実は固定されたものではないのです。 自分の性格も友達の性格も 過去の体験をもとに、作られたものです。 つまり性格とは 過去に自分がどのように行動してきたか結果を
表しているものです。
言い換えると、 性格とは
【過去の行動パターンから作られたイメージ】 なんです。 やさしい行動をしてきた人は 自分のことをやさしいと思う。 すぐに怒った反応をする人を見れば あの人は短気だと思う。 また そのようなイメージは先ほど書いたように
過去の行動パターンから生まれるものです。



しかし、ここが重要なのですが、 私たちはいつしか、大人になるについて 今度は逆に性格という自分のイメージどおりに 今度は行動するようになります。
そして性格があたかも前から変わらず、自分のイメージが

存在するように思うのです。
あたりまえに自分のイメージが固定しすぎて
こんなのは自分らしくないとか言い出す人もいるぐらいです。 しかし性格とはイメージであり、習慣なんです。 私たちは、過去の体験から作り上げられた、

自分のイメージをもとに、習慣的に反応しています。

この習慣というのが大変くせもので、 忙しい生活の中では、無意識的に行動しすぎて、

自分がどのように反応するかなんて

注意を向ける人はあまりいません。 人から話しかけられたら あたりまえのように いつもどおりに反応し、いつもどおりに応対します。
しかし、
性格は過去の体験から学習されてものですので、 動きを変えると新しい性格を学習することができます。

この動きとは筋肉の収縮であり、呼吸です。 行動という言葉は何か漠然としていますが、 人は筋肉を収縮することしかできないのです。 筋肉の収縮が姿勢になり、態度になり、行動になり、人生そのものになります。 行動とは具体的にいうと筋肉を収縮させることです。

行動を変えることを具体的にいうと、筋肉の収縮の仕方を変えることです。
声のトーンも、顔の表情もすべて筋肉の収縮です。


もっと具体的に言うと、

この地球という重力の中で、骨と骨との関係性を変え

また筋肉の動きを変えることが、行動を変えるということです。 私たちは、もう同じように反応することが体の奥底まで 染み込んでいます。 それはしつこいものです。 ついつい同じような反応をいつもしています。 例えば、皆いつも同じような話し方で、 同じような癖や仕草で、 同じような姿勢で 同じような声のトーンと声量で

同じような筋肉の緊張の仕方で、

同じような骨と重力の関係性の中で 人と話します。
仕草や癖は人それぞれですが、 それぞれで固有の仕草や反応をいつもしています。
しかしながら、自分で同じようなことをしているなんて 気づかない。意識することもない。 非常に自動的です。 そういうことを気づかないのに、自分はこうだと思い込んで思考だけを変えようとする。 しかし、日常的に同じ反応をする。 そうなれば変化は期待できないでしょう。 だから多くの人は性格は変えられない、と思ってしまいがちです。 しかしですね。 自分がどのように反応するかを注意深く観察して 体の緊張に気づき、楽に人と話したり、 何かの活動を違った方法ですれば、 新しい質の違う行動になりますから、 新しい自分を発見できるわけです。 勘違いしてほしくないのは 思考を変えることも大変有効な方法です。

思考を使って動きとリンクすることで、毎日の習慣を変える方法も

とても有効です。

しかしいくら考えても、動きが変化しなければ、結局あまり変化は望めないでしょう。 思考を変えても、結局日常生活の中の動き、行動を変える必要があるのです。 「思考」とは動きの変化を助けるツールとして使う必要があります。 っと少し話しはずれましたが、 反応というのは筋肉の収縮です。 なんども言いますが、それしか人はできないのです。 考えていることも行動にするとき結局は筋肉を収縮させるのです。 決まり切った筋肉の収縮が、その人の雰囲気になり、 その人っぽさを作ります。 普段おとなしいのに、アクティブに動くと印象が変わります。 普段過剰に反応する人が、落ち着いているとまた印象が変わります。 印象が変わって影響を受けるのは なにも周囲だけではありません。 その行動が同じように、行動した本人の 自分自身の印象を変えるのです。

その時新しい自分のイメージが発見されるのです。 自分の動きを注意を向けて いつも自動的に反応していることに 気づいて、新らしい反応パターンを行えば 新らしい性格が少しずつ形成されていきます。 多くの人は動きが性格を作っていることに気づいていません。

それによって大きく人生が左右されることも。

毎日、背中を丸くして、呼吸を狭めて 下を向いてすごせば、そのような体験が性格に影響します。 人前で呼吸を止めることなく、自由に堂々と筋肉を リラックスできれば、その体験は背中を丸く するとはまた違った性格を形成するでしょう。 あなたはこれから先も自動的に筋肉を収縮していきますか? それとも自動的に収縮していることに気づき、 新しい動きや行動を試してみますか? それも自由です。 ただ新しい自分を見つけるなら 動きの学習をお勧めします。 動きの学習をしながら、新しいことをすると 色々と発見できて楽しいですよ。 大きなことをしなくても、 慣れてくれれば、小さい普段の違う動きからでも 新しい自分を発見できたりします。 それこそ、日常生活の中でも。 日常生活の小さな動きを変えることが 新しい自分を見つけることになるのです。

セミナー情報、メルマガ登録はこちらから。
ホームページ
動きの学習とリハビリテーション研究会 

このページのトップヘ