うごリハblog〔動きの学習とリハビリテーション研究会〕

新しい動きの学習を通じてリハビリテーションの質を高めるために発足した団体です。日々の気づきや、うごリハのコースの様子、おすすめ情報や学習した内容なども書いていきます。

カテゴリ : Diary

講演の翌々日にさあさんの案内で旭川にある
クラークホースガーデンに行ってきました!!
天気もよく、とても楽しい体験ができました。
(撮影者 さあさん)

とってもいい雰囲気、いい空気
DSC03766 

















ここは日本なのか!?
DSC03775

















日本なんです!
DSC03829

















広い!!
DSC03799

















この中でコーヒー飲むのがおいしーのですよ
DSC03739

















馬!!でかい!!
DSC03683

















北海道の大地をトレッキング中 
aaaDSC03653

















体を楽にすることがコツです 試行錯誤中ということで(笑)
DSC03678

















森から馬に乗って出てくるという非日常(笑)
aaaDSC03649

















楽しい!!
aaaDSC03941

















個性豊かだけど、とてもやさしいスタッフ
aaaDSC03949


















北海道旭川 クラークホースガーデン
http://www11.ocn.ne.jp/~clark/index.html
※人気なので予約してから行く事をおすすめします

 

※うごリハfacebookより転載
https://www.facebook.com/ugokinogakusyu/posts/391781124262247


本日は兵庫県で活動されている加古川認知症家族会(加古川元気会
)主催で、「人の動きと認知症」というテーマでセミナーをさせていただきました。加古川の広報でのお知らせもあったためか60名近い人の参加です。

家族の会の方、施設のスタッフ、他の地域のスタッフ、ご家族、当事者の方、役所の方など様々な方が一緒になって学ぶ、珍しいセミナーになりました。

無理に動かすことは、認知症の症状を悪化させることになります。自分がどう動いているからわからないという大きな混乱を招きます。しかし多くの人は、無理に動かしていることにさえ気づかないものです。皆さん、動きがこんなにも認知症と密接に関わっていることに大きな驚きがあったようです。

様々な気づきの感想を言っていただいたり、第2弾のリクエストもあったりと、なにより笑顔と楽しかったわ〜という声を沢山いただいて私も嬉しかったです。

心と体を分けることはできません。動きの支援は心の支援でもあります。動く事はまさに「生きること」そのものです。

少しでも多くの人が「動きを支援することが、よりよく生きる事につながる」ことに気づき、学習していただけると嬉しいなと思います。

ありがとうございました。

susumu

新年明けましておめでとうございます。
本年も、うごリハをよろしくお願い致します。




元旦に、福男で有名な西宮えびす神社に初詣に行って参りました♪

おみくじは大吉‼
なんかいいことありそうな2013年‼

image



今年は、キネステティクス®をはじめとしたセミナーの開催もたくさん行っていきます。
一人でも多くの方に出逢えることを楽しみにしております。


個人的には、プライベートもお仕事も、
いいことありそうではなく、
自分で動いて、自分で楽しいことを作り出していけるような一年にできたらなと。。。

そんなこんなで、皆々様、
2013年も『動きの学習とリハビリテーション研究会』をよろしくお願いします。

皆さんにとっても、素敵な一年でありますように★


Ryon

イメージ

今年もそろそろ終わろうとしています。


おかげさまで「動きの学習とリハビリテーション研究会」を発足することもできました。
これも色々な縁のおかげです。


動きの学習はとても奥深いです。
だけどほんとに楽しく学べるものです。


私が学ぶことが楽しいと思えたのは
キネステティクス®などの動きの学習のおかげです。


仕事も楽しくなりました。
同じものごとでも自分の関わり方を変えればまったく違うものになります。


学んだことは自分自身にすごく役に立っています。
またそれが他の人にも役立てることができるなんて最高だと思いません?
それもとても効果的に。


「援助する人も援助される人も幸せになる」

「みんな生き生きと過ごせるようになる」


そのようなリハビリテーションやケアが日本に広がったらとても素敵だなと思います。
色々な病院に、施設に、家庭に、笑顔の輪が広がれば嬉しいです。


そのきっかけとして
「動きの学習とリハビリテーション研究会」がお役に立てれば幸いです。


そして一緒に学んでいく仲間が増えばさらに嬉しいです。


2013年も質を高めるため、自分のため、周りの人のため私達は学んでいきたいと思います。
もちろん楽しみながら。


そしてよりよいものを提供できるように。


将来的にはフェルデンクライスメソッド®やアレクサンダーテクニークなども今後展開していきたいと思っています。


相互的に学習することで、より動きの理解は深まります。またこの研究会でしかできないセミナーなどもやっていきたいと思っています。
(来年2月兵庫西宮にて体験から学ぶ食事の勉強会を開催します。くわしくはこちらから


これからも応援よろしくお願い致します。
よい2013年になるように、お互い楽しく学習していきましょう。


それではみなさんよいお年をお迎え下さい。

Susumu



先日、私の勤務先である西宮協立リハビリテーション病院の勉強会に、うごリハの代表Susumu氏が外部講師として来くれました。
テーマは、『ICFとリハビリテーションアプローチ』
当院のPT・OT・STが参加し、体験を挟みながらの1時間半、あっという間でした!

ICFとICIDHの違いや特徴、ひとつの考え方として道具をどう使うか。
私自身とても勉強になりました♪
自分が環境の一部であるということ、ついつい忘れがちですが、普段の自分の生活を分析するのにICFがかなり役立つなぁ〜と実感。とても本質的で大切なことがたくさん詰まった勉強会となりました。

image(2)



〜参加された方々より〜
ICFを動きで実感させてもらい、ICFがとても身近に感じられるようになりました。相手といる瞬間瞬間は自分は環境なんだと実感でき、より自分の質を高めたいと思いました。(OT)

ICIDHとの比較を細かく分析されていたのでとてもわかりやすかったです。具体的な例や体験しながらっていうのも自分の普段の関わりや視点を振り返れてよかったと思います。(OT)

自分が習ったときは、ICIDHよりもICFの方が優れているって習ったと思うんですが、それぞれに違いがあるってことが具体的な例が多くてわかりやすかったです。細かい比較は参考になります。(PT)


             Ryon

このページのトップヘ