とは、まぁ、よく言われることなんですが。

CRA
トキオプレミアムV


寄りヨシ!

af7f60cc.jpg

609b4bc3.jpg



鳴きヨシ!

384fbb4c.jpg

bfd297f2.jpg


特に寄りなんか凄い見た目だけど、まぁ、ここまでの見た目の代物が、
役のクセが良いなんて、そうそう都合の良い話がある訳ないですわなぁ。
ぶっちゃけ、トキプレは釘よりクセ(っていうかクセの良し悪しを決める主要因のネカセ)次第、
釘悪くてもネカセ良ければ出ちゃうじゃん、みたいなところもあり、
また逆もしかりで、煮ても焼いても食えない気にさせる極悪クセな台というのも存在する。
ここまであからさまな調整を見ると、いささか不気味にも感じるが……。
まぁ、打ってみますかね。
因みに、打ち始める時点ではデータカウンタには既に10回のVで1/20の表示(V数/鳴き数、2鳴きで2カウントアップ)
10回程度ではさして参考にはならん、過信してもしょうがないのだが、多少の不安を和らげる要因には……。


最初のVは投資3kでのこと。ちゃんとデータ控えてないけど、2.5kとちょっとの分の玉でに60は鳴いてたかな。
……鳴きすぎやなぁ。
1鳴きハカマも命釘も綺麗に整えられているので、
スッ……(ハカマ通過)、トットットッ(命釘上で小さくバウンド)、コロン(落ち着いてチャッカー入賞)
ってのがかなりの高頻度で見られて非常に小気味よい。
この「トットットッ」って静かに受け止めるのが次から次に見られる羽根物台を打ててる時の快感ったらないのよ。
加えて、2鳴きも十分生きている(右に回り込んでからの入賞が多かったかな?)

が、釘に踊る玉の小気味良さの反面、案の定、役の中での玉の動きがどうにもスッキリしない。
SPには3度ほど行ったが全てハズレ。
ノーマルルートも、玉が溝に入っても全然中央に落ち着く素振りも見せない。
結局、最初のVは、ノーマルルートにて「2個同時拾いの玉がもつれて勢いがついて1個が丘を乗り越えてV」という経路。
トキオプレミアムではこの「乗り越えV」、無い訳では無いが、まず起きにくいもの。
2個拾いで無理やり力技でねじ伏せたといった感が強い。
この点は、寄りの良さが功を奏したと言ったところか。初Vまでの段階でも何度も2個拾いはしていたのだけど。

さて、このVが16R。
この後はハマらず7、16、7、7、16……とポンポンと当たりを引き続けて一気に持ち球は4000発弱。
気分は上々……とはならんのだな、これが。
大きいラウンド続けざまに引いちゃうと、どうにも3Rがまとまって来ちゃう気がするし、
やはり役のクセが見ていてしっくり来ない。
ノーマルが弱いとなるとSPでしっかり決まって欲しいが、これもバンバンハズしやがる。
どうもラウンド消化中の玉の動きを見ていても、こりゃ話にならんなって気がしてしゃーない。
じゃあなんでポンポンと当たりが引けたかというと、「乗り越えV」が何度も起きたのである。
「イレギュラー」と言っても良いようなものを短時間に何度も目の当たりにすると、少々不気味。

この後、3、3、7と引いた後にハマり始め、
また、打ち方にも精彩を欠き始めたので(この寄りで2鳴きで1個も拾わせられずなんてのを続けてやらかしてるようではダメだろう)、
ほどほどでヤメ。ムキになってズルズル打ち続けてゴッソリ減らしても、気分が悪いからね。


大当り 9回
16R  3回 7R  4回  3R  2回

入賞ルート
SP 3回 (SP突入回数16回)
NR
丘乗り越え 5回 (内、2個拾いからのVが4回)
溝経由(中央留まり) 1回

投資 3k
回収 2523玉


2個拾いで当たりやすくなるという点に確信が持てて、かつ、ちゃんと拾わせられる集中力が持続できれば、
まぁ打ち続けてもいいんだろうけども……。
途中で、NRから溝にはまって中央に玉が留まって「おお、やっとこのVパターンが……」と思ったら、
変な粘り方して役物の奥の方向に玉が捨てられたのを見た時に、「ああ、この役は完全に出来損ないだ」と思ってしまった。
SPの3/16ってのもなぁ。玉が大タワーから落ちてからすんなり手前に下りて来ずに、
赤台座の中ごろで半端に粘って右側に捨てられるってのが多くて。
寄りの良さ、というか玉に勢いついたままポンと羽根の中に飛び込みやすいような釘の形してるもんだから、
1鳴きからでも右ルート(赤タワー)に行きやすい感じはあったが、それでSP行ってもどうにもパリっとしないし、
赤タワー潜らず下に行った玉が赤台座の溝を高速で走って、
「よっしゃ行ったか!?」と思ったら、中央で一瞬ビタって止まって、なぜか来た道を戻って玉が奥に捨てられる、
なんての見たら、流石にこの台と長い時間付き合おうという気にはなれんわね。
そんなハズれ方、初めて見たぞ。

という事で、気分も乗らないし、浮いてるうちに帰ろうってことで程々でヤメたが……。
うーん、せめて持ち球飲まれるぐらいまで粘っても良かったのかなー?
言っても、9V程度で判断するのも早い気もするよな。

しかし、トキオプレミアムを打つの自体久々だったから、「良い思い出として残る内にヤメとこう」みたいな意識もあったかも。
今後、バシっと「これはイケる!」と確信持てるトキプレを打てる機会は訪れるだろうか……。


魔界村入口
 ↑ 画像クリックで魔界村へ


ああ、中央留まりからのVがビシビシ決まる台が打ちたいねぇ。