2016年12月

CR魔法少女リリカルなのはを激プッシュ!してみる

皆様にお勧めしたい(書くの遅すぎて、時機を大いに逸した感はあるが)

1

公式サイト

一時期、パチンコは「なのは」ばかり追いかけていた。
理由は単純明快、「回るから」。

e5051be0.jpg

命釘をさして大きく開けている訳では無いのだが、これでもずっと打ち続けて、均せば1k30回転以上とか回ってしまうのである。

いやね、これの左ゲージ(ステージも含めて)、なかなか甘いんじゃないの?って感じるんですよ。

まず何と言ってもステージ性能が良い。ひと昔前、2年ぐらい前の海物語とかに近い感じかな。
ワープから抜けてステージに行った玉も中央の窪みに収まり易いのだけど、
(窪みに収まった玉は、その奥の穴に向かった後ヘソの上から出てくる)
その上、道釘から跳ねてステージに玉が乗り上げる事も多く、左右に大きく揺れてから窪みに収まるのはもちろん、
加えて、ものによっては、「跳ね上がった玉がほぼダイレクトに窪みから奥穴の辺りに吸い込まれていく」
というのも多く見られたりするのである。
(これは結構個体差が出る、ネカセだとか道釘の調整なんかにも依存するのだろうけれども。)


e5051be0-s2
超雑イメージ図。っていうかステージの作りが見やすい写真用意しとけよって話なんだが。

そして、「ステージは強いんだけど、ステージ経由じゃないとろくに回る気がしない」って機種も多かったりするけど、
なのはの場合はステージ経由じゃなくても普通に綺麗にヘソに玉がアプローチしてくれる。

キャプチャ

・風車の上辺りが殊更辛い言って訳でも無い?(寄り釘甘め?あるいは風車の位置も良いのだろうか)
・道釘が比較的短く、角度も急なのか玉の勢いが死ににくい
・ヘソ付近の釘の間隔もさして広くない、位置関係が良い

ってところだろうか、流れてくる玉の動きは見ていてなかなか小気味よい。
2個ぐらい連なってボコボコっとヘソに入賞する頻度も高く、「ヘソ付近の甘さ」を見て実感できる。
(ほら、ヘソ付近の元ゲージが辛い機種だと、命釘広がってても玉の入り方が凄く苦しそうに見えるでしょ、
ヘソの脇からニュルっと横滑りするように入賞したりとか)

加えて、左下のポケット(3個返し)にも玉が絡みやすく、殊更釘を殺されてなければ入りやすいので、
玉持ちも良し。

このゲージの甘さってのはとても大事で、ゲージの辛い台だと
「あっからさまにガバっと寄せて広げてみせてやっとスタートライン」「どのみち多くは望めない」
なんて事になるのだけど、対してゲージの甘い台だと、ほんのちょっとの釘の違いで良く回る訳で、
これは店が意図して開けようという場合以外にも、ボッタ店でも「ちゃんと釘を殺しきれていない」なんて場合もあり、
意外と「打てる台」がヒョコっと見つかる可能性もあるのだ。
あとは、まぁ、単純に玉の動きが軽快に見えるので、打つ時のストレスが軽かったりするのね。


と、僕がなのはを打つようになったきっかけは釘関連の部分が大きく、
導入前は「きっとクソ台に決まってるわ……」と決めてかかってしまっていた部分もある。
絶対に演出は無茶苦茶になるだろうなって予想してたし、
何よりスペックも確変ループタイプで 突通 → 突通の引き戻しの可能性が高いのとかやだなぁ、好かんなぁ、
って感じだったのだけど……。

いざ打ち続けると、演出面もスペックも好きになっちゃったのですよ。
無茶苦茶な部分はあるんだけど、なんだかクセになるのよね。

まず、この写真を見てほしい。

CvhoB42UsAAl4ac

げ、激アツのクマノミ柄だぁーーーー!!(信頼度50%)

50だぜ、50。
いわゆる「メーカー柄」が出ていて50%などとのたまう、この感覚に脱帽。
いや、もうここまで行っちゃうとつい笑って許せちゃうでしょ、ふざけるなとは思わないでしょ。
っていうかそもそも「クマノミ柄」ってなんだよ、ってとこだけど、これでも三洋が以前使っていた「魚群柄(紫)」よりはマシかなって。

もっともこの台、別にクマノミ柄が絡まなくても普通に当ってくれる。
メーカー柄がめちゃくちゃ強いが、それが出ないと十中八九ハズレというのより、
基本は「柄待ち」にならず、たまにクマノミ柄出てちょっとだけ「おっ!?」っと思う、
過度な期待を持たずにぼんやり見守ることが出来るというのも、ある意味逆にピンポンなのかなって。
「ある意味逆にピンポン」ってのは、かつて木梨憲武がごく一時期使っていたフレーズなのだけど、覚えている人います?

「50%です」という、セリフ調になってるのは何かというと、
打ち手が任意のタイミングで筐体のミニボタンを押すと、
筐体上部に据えられたレイジングハートと会話が出来るというシステムがあって。
ここで、主には吹き出しの帯の色でリーチ信頼度を示唆している。

ミニボタンの内、左を押すと答えてくれるのが「信頼度何%」であって、ここでの返答、
金帯
だと「30%はあります」
赤帯だと
「5%もありますよ!」
などと出てきて、なかなか笑わしやがる。

キャプチャ2

リーチ中のテロップでも色分けはあるが、ここが金文字でも平気でハズすからね。
(見にくいけど、「闇の書が完成したらはやてちゃんは!」が金文字)
ま、もっともここは金文字じゃなくても白文字でも普通に当るんだけど。

因みに、赤の一段階下が青帯なのだが、青帯だと数値で示してももらえない。
大抵は「あきらめないことが大事です」とかなんとか、割と当たり障りの無い事を言ってくるのだけど、
このセリフのバリエーションが、案外良い気分転換になったりする。
これまで見た中で一番笑ったのは、
(あからさまな弱リーチだけど、一応信頼度聞いてみるか……)と思ってボタン押したら出てきた

「言わなければいけませんか」

ってやつ。キョーレツぅ!

しかし、実はここが青帯スタートであっても、意外と当たったりなんてケースも。
この機種の演出、どうも映像が進むにつれて「尻上がり」に熱さを増して行くって事が多い。
なので、案外「捨て演出」と言うのが少なめだったりする。
この辺りは、同じ三洋が出してたCR雪物語なんかに雰囲気が近かったりするかな?
BOOSTチャンス = スノーチェンジ?
ま、雪物語も、金エフェクトが当らねーって一部から顰蹙買ってたけどね。

リーチ演出も、例えば当たればエクセリオンボーナス(5R or 10R or 15R確変のランクアップボーナス)
対応の特殊リーチ「エクセリオンチャンス」でサクっと当たる事もあり、
この辺は高尾のクイーンズブレイド2のヴァンスチャンスなんかに雰囲気近いかな。


確変中は「Wヒロインシステム」として、なのはかフェイトかどちらかを選んでバトル演出を楽しむことになるのだけど、
僕としてはフェイトの方を選ぶのがオススメ。

pk_lyricalnanoha_products
 ↑ 右の金髪の子がフェイト

フェイトを選んだ際の演出フローは、まぁ言ってしまえば同社のCR咲-Saki-の確変中とソックリ。
先読み演出として保留消化中に時折「激闘ゾーン」と「フルバーストゾーン」とが入れ替わり、
「フルバーストゾーン」中なら転落(突通当選)の心配は無し、
逆に「激闘ゾーン」でリーチ成立、発展してしまうと敗北、転落のピンチ。

しかしながら、ここでもやはり「尻上がり」仕様で、激闘ゾーンからの発展で始めは劣勢な感じでも、
そこからグングンとフェイトが敵を圧倒、気付けばフルバーストゾーンに切り替わっていて、
ラストにバシーンと勝利!なんて事も。これはなかなか気持ちいい。

そんな盛り上がっていくムードに、水樹奈々さんの唄う歌もマッチしていてテンション上がる。
あの曲良いよね、「真っ白な羽根はー♪」ってやつ。聞き惚れるぜ。

どうでもいいけど、私は確変中演出見ながら、思わず「フェイトがんばれー」って口に出しちゃったことがあります。


キャプチャ

役物も、目立ちはするけど派手過ぎずって感じで好み。
動き方が、左右からシャッター式にバシっと閉まるだけだから、「動き回る」って感じが無いために、
かえって爽快感があるのかもしれない。


スペックについては、まぁラウンド振り分け荒くて結構エグいようにも思えるのだけど、
出玉アリ5連6連程度でサクっと万発超えてしまうのは魅力的。


Cu9-T43UIAAf2Yg

確変65%継続とはいえ、時短もまとまった回数付くので引き戻しにもそこそこ期待できる。

そして、ヘソで初回通常だったとしても、時短は無いながら、なんとしっかり5R分の出玉が貰えるのは地味に大きい。
いや、「ヘソ通常の出玉なんてハナクソやん」といって、眼中にないってする人もいるだろうけど、
賞球15、10Cの5Rなので出玉はそこそこある。
これは捉え方の問題なのだけど、持ち球で粘って打ち続けるというのを考えると、
かつての1/398のマックスタイプと比べれば、1/319.8の、しかもヘソ4個返しの高ベース機なので、
この5R出玉で再び初当りを引く確率というのは多少高い。
単純に、マックスよりミドルの方が、同じ時間打ち続けて初当りを引く機会も多くなるのだから、
「チリも積もれば……」の積もった結果が報われて、そこから大きな出玉の塊に繋がっていくという展望も
多少は見れなくは無い。

本当は、沖海4みたいな、まったりスペックの方が打ってて気が楽な時もあるけどね。


31a0ca9d.jpg

これはアタッカー周辺。
手前の釘のコボシが大きく、玉はこぼれやすいのだが、
アタッカーが閉まりかけの時に滑り込むように玉がアタッカーに拾われることも多く、
平打ちでも結構な頻度でオーバー入賞してくれる。賞球15でこれは大きい。
14個×10C×15R=2100個だが、コボシを考慮しても、オーバー入賞分を見れば、
釘が殊更酷くされてない限りこれは下回らないはず。
状況や打ち方によっては、もっと多めに獲れる可能性も大いにある。

まぁ、逆に2100取れないような状況だとマズいのだけど。
先に書いた、5Rの出玉が云々みたいな話も崩れる。


760d5ad8-s

電チュー(賞球2)と、赤矢印付けたのはポケット(賞球5)
電チューは開いた状態での玉の受け止めも良く、開放パターンもそれほど意地悪なパカパカでは無いし、
5個返しのポケットもそこそこ入りやすいので、ここら辺りはまぁ良いだろう。

但し、残念ながらスルーが元からややキツめで玉が通りにくい。
スルーは明確にプラスにされてれば、止め打ちで玉増やしなんて事も楽だろうけど、そこまでは望み過ぎだろう。
逆に元よりキツくされるともうお手上げ、まず打てない。

まぁ、右の性能は決して良くないのだが、これで右も元から良かったら、全体的に甘くなりすぎて
店で上手く使えないだろうから、これで良いんだろうなとも思う。

どうもパチンコの打ち手の中でも、右打ち中の性能の良し悪し、快適さ、技術介入性ばかり気にして、
全体的に見ずに機種性能の良し悪しを決めてしまっている人もいるけど、
僕はどちらかと言えばそういう向きには相容れない部分もある。

なんだかんだ言って、打ってる中では結局、右打ちよりも左打ち滞在時間の方が圧倒的に長いのであって、
右が良い分左が苦痛なゲージより、右がそうでもなくても左がマトモなゲージの方が精神衛生上だいぶ楽である。
打てる、打てないの判断だって基本的には左の状態の良し悪しに依る訳で、
ちょっとの開きの違いで ”つけ入る隙” が出やすいって方が良いと思うんだけどな。
そういった意味では、いくら演出が魅力的で、右打ちが快適であろうとも、左ゲージがあからさまにキツすぎる
「CRひぐらしのなく頃に」なんかは、どうしても好きになれなかったりしたのだけど。余計なひと言。


とまあ、なかなか惚れ込んだCR魔法少女リリカルなのはではあるが、
最近はほとんど打つ機会が無くなってしまった。
何台か「打てるなのは」のアテがあったのだけど、釘がガッツーンと酷くなったり、
ステージのクセが変わったり、あるいはそもそも撤去されてしまったり……。

ただ、同一店舗内での配置転換で設置場所が変わった場合に、ネカセが変わったとかで
以前より思いのほか回るようになるという可能性も無い訳では無いし、
(実際、それで死んだと思っていたなのはが突如26、7回るぐらいに生き返ったってのを打てたこともある)
また今後、新たに甘などのスペック違いのものがリリースされたら、導入時に「思いのほか回る」が出る可能性もある。
(スペック違いのが319ver.とゲージ全く一緒になるかどうかは分からないけど)
この辺りは頭の片隅に残しておくと、もしかしたら良い事があるかも知れない。

演出についてはあまり語れなかったけど(写真あんまり残してないしね)
独特のクセはあるものの、見ていて「爽快感」を得られる事が多いので、意外と好みに合う人も居るんじゃないかしら。
興味が湧いたならば是非。


2

 ↑ 画像クリックで魔界村へ


「新基準だから」「あのメーカーだから」って食わず嫌いしてたら、意外とイケるものを見逃してしまうこともあるかもしれないよ、って。


最新台を試打したぞ!「0円ぱちんこ」体験記

へぇ、ここがパーラーサミーかぁ……

F1120049

という訳で、行ってまいりました、サミーのショールームスペースを使って行われたキャンペーンイベント「0円ぱちんこ」
これは主にパチンコを打った事が無い人へ「パチンコってこんな感じだよ!」ってのをPRする為のイベントなんだけど、
入場はパチンコ未経験者、初心者に限る訳では無くて、18才以上なら誰でも参加可能。
そして、お金を使わずに0円で借りられる玉で、用意されたサミー機種を打って、
出玉をカウントして、個数に応じてちゃんと景品が貰えてしまうという、何とも太っ腹なイベント。

しかも用意されているパチンコ機種がサミーの最新機種、
北斗無双のライトスペック と デジハネ・くだもの畑

北斗無双はともかく、あの!くだもの畑がホールデビュー前に試打できるだなんて!
くだもの畑だぞ、くだもの畑!往年のドラム機種のリメイクだぞ、そそるだろ!えっ、そうでもない?

これは居ても立ってもいられなくなり、サミーの支店が入ったビルへと飛んで行ったのであります。


会場に着き、整理券を貰い、試打の順番を待つ。
待つ間に会場に居た社員さん(皆揃いの緑の法被(はっぴ)を着ている)に聞くと、
無双とくだものは6台ずつ計12台用意されていて、制限時間で区切って一斉に12人同時に打ち出し開始。
無双を打てるかくだものを打てるかは、クジ引き抽選によって決めるとのこと。

正直、わざわざサミーのショールームに来てまで、先行スペックが既にホール導入中の北斗無双を打ちたくないし、
「うわー、クジ引いて無双になっちゃったらどうしよう、くだもの畑打ちたいよー」
と、ドキドキ。
そして僕も含めた12人の順番になり、クジを引いたらば……


a595cfd9

やったぜ。(これピンポン玉ね)

F1120052

ということで、 デジハネCRAくだもの畑  試打権ゲット!

公式サイト

ま、ここに置いてあるのは「ショールーム基板」で、大当り確率がホール導入のものより上がってるとのことですけども。

一応、釘の写真もパチリ。


F1120053


F1120054


極々並の調整、別に「ゲーセン仕様」って訳でも無いね。

会場には、SIR(サンスポアイドルリポーター)というアイドル……というかコンパニオングループ、的な?
(サンケイスポーツがプロデュースするパチンコリポートアイドルとのこと)のメンバーの女性の方たちが来ており、
彼女らの「それじゃあ10秒前からいきますよー!10、9……」というカウントダウンが入り、
「スタートー!」の掛け声で12台一斉に打ち出し開始。
パチンコなんて、基本的に自分のペースで打つものだから、こういうのはちょっとドキドキしたりなんかしたり。

したらば、打ち始めて20回転ぐらいかなぁ(ちゃんと数えてなかったけど)、
保留変化も目立った予告演出も一切ないうちに、高速回転していた3つのリールがスッ……っとスローになって回り続ける
全回転アクションが発生。しばらく回ったのちに、プラムが横一線に揃った箇所でストップ、大当り!
いや、これはなかなかシビレるね。このスッと静かに、気付けば「……ああ!」って感じで全回転してて、ワクワクしながら見守るという。
これが派手な予告が絡まずに発生するってのがニクいじゃないの。

もっとも、この全回転リーチ、激熱ではあるものの大当り確定ではないっぽくて、
同じ速度で回転しているドラムは図柄が揃っている部分と揃ってない部分があり、
揃っている部分で止まれば当たりだけども、揃ってない部分で止まればハズレ。
大当り確定のプレミアリーチは他にあるようだ。

ともかく、大当り(6R)ゲット。

大当り消化後、電サポ中に、先述のSIRのメンバーの方がやって来て
「わぁ、当たってるー!なんの図柄で当たったんですか?」なんて話しかけられて、
「いやぁ、プラムですね……」
「わぁそうなんだー、7かスイカなら15Rなんですよー」
なんて会話したり。

他にもリーチアクション中に「あっ、リーチ!当たるかなー……当たったー!」とか、
「お兄さん沢山出てる、凄いねー♡」なんて声かけられたり。
「普段はどんな台打たれるんですか?」って聞かれて、
「あの……甘デジなんかをよく……」なんて会話したり。
ちょっと、こっ恥ずかしかったけど、こういうのもまぁいいもんですね。

もっと、こう恥ずかしがらずグイグイと、
「僕は、最近は!CR魔法少女リリカルなのはを打ったりして!」とか、
「他にも羽根物タイプが好きで!」とか話していっても良かったのかな……?
彼女らの写真を撮ってる人もいたけど、やはり少し気恥ずかしいので控えておいた。

まぁ、ちゃっかり名刺みたいなのは貰っちゃったんだけど。

5cfc2516.jpg

2ebf82b6.jpg

彼女たち、試打を待つ人が座ってるスペースでは、未経験者を想定したHow to パチンコを説明していて。
これが何のカンペも見ずにスラスラと分かりやすく話してて凄いなと思った。
「1/99だからといって99回回せば必ず当たるという訳でもなくて……」みたいな話もしてたな。


そんな事より、くだもの畑についてに話を戻すと、
電チュー、アタッカー周り


000

電チュー自体はガオガオキング2と同一だけど(開放パターンまで一緒かは知らないけど)、釘配列はちょっと違うね。
でも、こちらも手前の3個返しのポケットにボコボコ入るし、
アタッカーは平打ちでもオーバー入賞しやすい(オーバー入賞時に鳴る音はなかなか気持ち良い)


000

この赤矢印の部分から、たまに玉がこぼれてしまうことはあるものの、オーバー入賞とポケット入賞でチャラ以上。
よっぽど釘が酷くない限り、15Rで獲得1000個は下らないハズ。
あんまし凝った打ち方しなくても、1030程度は楽に獲れるかと。
電サポも、現状維持~微減程度に抑えるのは容易か。

もっともヘソスタート方面のゲージは甘くないんだけども。ステージも大して良くない。
ステージは、玉が2個同時に乗ってゆらゆらしてると、一方に押されてもう一方が頂上の窪みに収まるって動きも見たので、
場合によっては、ステージ止めしない方が回転率upに繋がるということもあるかも知れない(要検証)


演出については、これはもうかなり良いんじゃないの?って印象。

予告アクションは搭載されているものの、その多くが静かで嫌みがなく、そもそも発生頻度も低い。
他社機だが、フィーバークイーンやグレート・ザ・キングは、ほぼ毎回転何かしらの予告が出て、
またこれが結構うるさかったので、それと比べるとかなり好印象。

保留変化もあるのだが(通常が緑、その上が青、赤)、別に保留変化無しでもバシバシ当たる。
というか、僕自身が今回引いた大当りは通常時、電サポ時共に全て通常保留から。
青保留は電サポ中に2,3回見たけどリーチにはなったがハズレ。
赤保留はそもそも出なかった(他の人が出してるのは見たけどね。当たっておられました)

ドラムのアクションも実に良い。先述の全回転以外にもリールが2つ同期して動きがスローになる事はあるのだけど、
これがヌルっと自然にスローアクションに移行する感じで上手く作ってるなと。
変動開始前にドラムがキュっと小さく上方向に動くこともたまにあるのだけど、このアクションもかなりシレっとした感じ。
ドラムアクションにしても嫌みが無い感じかなって。

リーチアクションは数種類あるが、別に強リーチ待ちって訳でも無いのも好印象。

正直、スタイリッシュな見た目ではなく地味な印象も与えかねないのだが、なんとなく「こういうのが流行って欲しいなぁ」と思った。


……といっても、今回打ったのはショールーム基板、しかも試打時間も数十分。
ホールで実際に打ったら、また印象は違うかもしれないけどね。



さて、制限時間いっぱい、試打終了となって出玉計数。
レシート持って、何の景品貰おうかと品定め。
実際のホールでは、陳列されている景品を見て「何を貰おうかな」なんてやるのは滅多に無くて、
カウンターにレシート突き出したら勝手に選んでくれる特殊な品物を貰う事が圧倒的に多いのだけど、
こういう、限られた中で何貰うか選ぶってのも楽しいもので。
あー、これ獲っちゃったら足出るから、これ返さなくちゃ、みたいな。
用意された景品は、レトルト食品、カップ麺、袋麺などの食料品や洗濯石鹸、柔軟剤などの日用品、
他にはサツマイモやニンジン、リンゴ、ミカン、柿なんかも置いてあった。

パチンコの景品としてザルにハダカで乗ってるサツマイモが用意されてるとか最高に面白いのに、写真撮ってないとかブロガー失格かよ←

景品レートとしては、ボンカレーが400玉、日清ラ王カップ麺が450玉とか、そんな感じ。
(全景品とも50玉単位で交換玉数が設定されていた)

そして選んだ景品を入れてくれたのがこれ。

fa4f6e98.jpg

古式ゆかしき紙袋。
ドラマや漫画なんかで、パチンコ屋さんで貰った景品を紙袋に入れて持ってるって描写は良く見たけど、
まさか21世紀になって自分がやるとは思わなかったなぁ。

もらった景品はこちら。

e8e13b8b.jpg

結構どっさり貰っちゃったね。ありがたや。


今回のこのイベント、参加してみた感想としては、「心の底から楽しかった」。
ぱちんこ未経験者へのPRとしてどれぐらい効果があったのかは分からないけど、
(来場者の経験者、未経験者の比率ってどれぐらいだったんだろう?)
少なくとも僕は、なんというか、こう、キリキリとした勝負の意識から解き放たれた、
純粋に娯楽としてのぱちんこの面白さを久々に存分に味わえたかなって感じがする。

ま、試打機種が北斗無双になってたら、同じ感想だったか分からんけどね。
こういう機会を与えてくれたサミーさんに感謝。

魔界村入口
↑ 画像クリックで魔界村へ


もうちょいイベントへの感想ちゃんと長く書こうとしたけど、書いてて疲れちゃったので程々に切り上げてupしちゃった←

雑感アラカルト Part2

今回も超テキトーに書き殴っていくぜぇ
読んでも何の参考にもならねぇぜぇ


ウィッチクラフトワークス

e255e7ae-s

こんな状態で放置されていたのでちょっと打ってみた。
ART終了後1周期目、NEXTチャンス後で残り220と分かっている状態。「高確率」って表示があるね。
たかが周期到達までのゲーム数減算特化の高確率なんだろうけど。

aa416846-s

まぁ雰囲気はいつものダクセル機種といった感じで。
ダクセル機種の楽しみ方ってのが、未だに今ひとつ分からんのですが。
いや、百花繚乱サムライガールズやミルキィホームズは何度か打ったけど、当たり引けてないので、
そのレベルで「楽しみ方わからん」ってのもなんなのだけど。
百花繚乱は演出エロくてよろしくってねと思ったけどさ。

F1120037

減算特化ゾーン「ウィッチライブ」

8d5ef9f1-s

b2857fb9-s

このねんどろいどちゃん達の見た目にあんまし惹かれないんだけど、原作ファンの方とかはどうなんだろうか。
ライブ中じゃなくて、通常時になんか人形みたいなのをムニムニ伸ばしてる人はかわいいと思いました。

この減算ゾーンは百花繚乱の風呂ほど、ウキウキした気持ちにはならないね。
我ながら、エロばかり求めるなよとは思うけど。


周期到達時の前兆演出

379f8e89-s

ボタンナビが赤くなって「燃えろ」なんて出てきたら当たるのかな?ってちょっと期待するじゃない。
ハズれたんだけど。いや、一番弱い前兆(ケモミミハントタイム)からだったけども。


※ 参考

Ch11gxeVEAAwWdR

前にミルキィ打ってて、こんな赤文字で「はぁ、はぁ、あ、アツイ・・・」なんて出ても何もナシってのがあったんですけど、
ダクセルの赤は信用ならないんでしょうか。ダクセルプロの方がいらっしゃったら教えてください。


この後、2周期目も回して、当たらずヤメ。

1周期スカったら即ヤメしたんでもよかったのに、もう1周期つい回しちゃったあたり、
ついつい打っちゃいたくなる雰囲気が台から醸し出されているのかもしれない。

キャプチャ

これ下着姿に見えるんだけど、エロ表現規制的に大丈夫なのん?



パチスロ 貞子3D

F1120044

投資100枚も使ってないぐらいだったろうか。
内部確変(という言い方をメーカーであるニューギンはしている)示唆の悪夢ゾーン中の強チェ。これが刺さって……

F1120045

お手手ぐぁー(ピンボケ)

ART「貞子パニック」に入ってーの……

d3f1991c-s

ほい。


その後、もうちょっと回して、再び悪夢ゾーンからART入って……

2e7c7083-s

はいよっと。

2回ともCZ非経由である。

ART準備中(覚醒の刻)の時の小役のヒキなんかによっては割と余裕持った状態でART始められるハズなんだけど、
この時は2回ともそんなんでも無かった。(小役でレベルアップ抽選。2回目はLv.3まで行った)


これねぇ、ART性能自体はたかが知れてるハズなんです、多分。
別に一回のARTでものすごく大きくドッカーンってリターン狙うタイプの台じゃないんでしょうけど、
そのかわり、高設定ならARTに入りやすい、粘ってジワジワ増やす、たまにちょっと大きく伸びる、
そういう設計なんでしょう。

設定差があるのが通常時のモード移行率のみ。特に設定6だと内部確変(連呪モード)への移行・滞在率が段違い。
設定看破というか、打ってて「これ上っぽいな」っていうのを察知するのは簡単なハズ……。

良い台掴めりゃ、高設定のジャグハナ打つみたいな出玉推移になるんじゃないの。ものすごく適当に言ってる。


僕は事故待ちなんてのはしょーもない、低設定だろうとお構いなしに闇雲にブチ込むのなんて不健全だと思ってる方なので、
むしろこんなんの方が良いだろうと感じたりもする。
だからと言って、殊更「貞子3Dは良い」「みんな貞子3Dを打て」って言うつもりもないんですが。
問題は、こやつの演出が「まったり遊ぶ」に似つかわしくない雰囲気って事なのだけども。


いやしかしね、みんながこぞってクソクソって言ってる緋弾のアリア(スロ)も、一時期、高設定使ってるっぽい店で、
「ARTに入りやすい」「そこそこ伸びやすい」でまったり遊べる、ジワジワ増やせる(その途中で多少まとまって出たりする)ってのを
自身で経験したり、あるいはそういう履歴を見たりして、「いや、いけるやん?」って思ってたりしますので……。
(アリアがクソなのはゲーム性や出玉性能以外の部分だよ、って意見は甘んじて受ける)
まったり系ARTがあっても良いじゃない?って感じてまして。

まぁなんだ、例えばパチンコでも「派手な連チャンしてなんぼ」みたいな考えの人が多い中で、
連チャンもへったくれもない、ジワジワ増やす系の羽根物をわざわざ好んで打ってるあたり、
僕が単に物好きのひねくれ者なんだろうな、ってとこなんですけども。



クランキーセレブレーション

6a3c7f25.jpg

リーチ目っぽいの拝む前にドンと生入りしちゃった。

コンドルが見づらくて打ってて泣きそうになりました。
ボナ1回で即ヤメです。



今回はこれぐらいで。
他にも僕が愛してやまない「CR魔法少女リリカルなのは」について書こうとも思ったけど、それはまたの機会に。


魔界村入口
 ↑ 画像クリックで魔界村へ


次回記事が今月中に更新できなかったらいけないので、取りあえずこれだけは書いておきます。

「皆さま、良いお年を。」
最新コメント
  • ライブドアブログ