《 目 次 》
経営
マーケティング
人事・労務
会計・税務
投資・運用
鈴木敏文語録
年金・社会保険
教育
自己啓発
漫画(密かにお奨め)
その他
田坂広志さん
目次(TOPページ)
《 最近のお気に入り本 》※私の書評サイトにリンクしてます
商売の原点商売の創造統計心理学鈴木敏文氏の本はどれも素晴らしい!お奨めです)
スリッパの法則
(ご存知「社長日記」でも推薦されてました。投資して良い会社、ダメな会社とは?)
本物の実力のつけ方
(教育問題に一石を!「学ばぬ者食うべからず」厳しい現実を直視させられる)
アイデアのつくり方
(読んだ事のない方は是非一読を…。アイデアマンは実践している)
「原因」と「結果」の法則
(元祖「自己啓発本」。今ある自己啓発本の源流。他の本ってこれのマネなんだよな〜)
「本当の学力」は作文で伸びる
(お子様をお持ちの方、是非読んで下さい!読んで後悔しません)
いい商品は、他人に売らせなさい
(ロングセラーを生み出すマーケティング術とは?分かりやすい)
儲けのヒント
(今すぐ使えるビジネスに使える実用的なアイデア盛りだくさん。そのまま使える辞令もたっぷり)
なぜ通販で買うのですか
(私はこれ読んで通販生活を定期購買してしまいました。マガジンタワー最高!)
なぜ働くのか
(田坂広志さん。私の大好きな著者です。生きるって何だろ?働くって何だろ?)
企画力(これまた田坂広志さん。企画=実行力。田坂本は全て良書です。)
内側から見た富士通
(成果主義崩壊の生々しい現実。訴訟問題にもなりかねない暴露本)
マーケティングの心得
(マーケティングの神様、成毛氏の教え)
経営の心得
(松下幸之助を知らずに、経営は語れない)
人生に奇跡を起こすノート術
(知らないと、きっと将来後悔するでしょう。私はもっと昔に知りたかった…)
23分間の奇跡
(驚愕の洗脳劇。学校が危ない…)

2004年10月28日

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊
城 繁幸

光文社
2004-07-23
売り上げランキング 411
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おお〜、想像していた以上に過激な内容でした!
「この会社が憎くて仕方ない…」
社員にそこまで言わしめる会社「富士通」
私も「絶対に働きたくない会社」と感じてしまいました。

さて(元)日本のエクセレントカンパニーの富士通が、
なぜ成果主義導入に失敗したのか?
この本では諸悪の根源と断定している「人事部」に属していた筆者が、
実例にそくし、その理由を様々な側面から検証している!
(つづく…)ブログランキングにご協力を!!!

本書では失敗の原因として大きく3つが上げられている。
「目標管理制度」の制度的欠陥
ムラ社会(「年功制」「保守的」)と言われる社風
人事部という腐敗しきった組織

さらに組織・制度の欠陥とは別に、
「トップの無能」が原因とまで言い切っているのが、
なんとも痛快で良かったですね。

さてところで、
「成果主義の本質」とは何でしょうか?

単に目標に対する数値上の結果ではなく、
仕事のプロセスを含めた、
顧客満足を重視した「成果」

これを公平な評価制度に基づき評価するものである。
「公平」であるためには「公開」が求められる。
難しそうですね…

そしてこの真の「目的」とは何か?
それはつまり「定期昇給の実質的廃止」
言い換えれば「究極の能力主義」とも言われています。

成果主義が上手く機能した場合、
この評価の「公平性」「透明性」が社員の満足度を高め、
そしてモチベーションアップを図る
事でしょう。

「社員が前向きに自己研鑽い励む。」
そして「個々の能力向上が組織としての力をも高める」

これぞまさに企業の理想像ではないでしょうか。

さて本書では上記とは別に、
成果主義が日本(富士通)に根付かなかった根本的理由として、
日本の風土、文化に原因を求めています。

学校教育、そして日々の生活の中において、
他人を評価する制度・伝統・そして習慣のない日本
その風土をそのまま踏襲している「ムラ社会」富士通
急ぎ足と言うか、なんともお粗末な「成果主義導入・崩壊劇」
そもそも「成果主義」が機能する事自体が難しいのかもしれません。
なんとも納得でした。

ちなみにこの本が売れまくってる本来のポイントは、
「富士通内部の問題点の暴露!」
ここに成果主義が根付かなかった原因を求めているところです。
ホント「これでもか!」
ってくらい富士通の恥部をさらけ出しています。
あまりののひどさにビックリするでしょう…
と言うわけで明日もう一度この続きを書いてみようと思う。
ではまた!


本日の記事がお気に入られた方、
もしよろしければランキングUPにご協力を!
    ↓↓↓
人気ブログランキング


逆にお気に召さなかった方、
懲りずに明日もお越しくださいませ。
日々成長していく書評サイトを目指して頑張っています!

日記サイトもよろしく〜
    ↓↓↓
ハジーの独り言…

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/uhajii/8586808
この記事へのトラックバック
内側から見た富士通「成果主...ペーパーバックス 火曜日, 9月 07, 200
内側から見た富士通「成果主義」の崩壊【★最近めっきり見ないねーー!!】at 2004年10月29日 00:14
私は2000年秋〜2004年の春まで、富士通系の強いディーラー(厳密には系列ではないのですが)で営業をやっていましたので、富士通の内部事情は多少通じています。 私が取引のあったのは、FMVやサーバ関係を扱うハードウェア系、物流系、POSなど流通系、GLOVIAなどのERPや業
■ 富士通で働こうと考えている人達へ 〜営業部編〜【負け組はお断わり!IT転職相談室】at 2004年11月13日 01:22
この記事へのコメント
ど〜も、はじめまして。「オークション日記」のけんです。トラックバックありがとうございました。とりあえず、足跡です。
Posted by けん at 2004年10月28日 13:55
同じく。by やま。
Posted by やま at 2004年10月28日 23:03
 
《 目 次 》
経営
マーケティング
人事・労務
会計・税務
投資・運用
鈴木敏文語録
年金・社会保険
教育
自己啓発
漫画(密かにお奨め)
その他
田坂広志さん
目次(TOPページ)
《 最近のお気に入り本 》※私の書評サイトにリンクしてます
商売の原点商売の創造統計心理学鈴木敏文氏の本はどれも素晴らしい!お奨めです)
スリッパの法則
(ご存知「社長日記」でも推薦されてました。投資して良い会社、ダメな会社とは?)
本物の実力のつけ方
(教育問題に一石を!「学ばぬ者食うべからず」厳しい現実を直視させられる)
アイデアのつくり方
(読んだ事のない方は是非一読を…。アイデアマンは実践している)
「原因」と「結果」の法則
(元祖「自己啓発本」。今ある自己啓発本の源流。他の本ってこれのマネなんだよな〜)
「本当の学力」は作文で伸びる
(お子様をお持ちの方、是非読んで下さい!読んで後悔しません)
いい商品は、他人に売らせなさい
(ロングセラーを生み出すマーケティング術とは?分かりやすい)
儲けのヒント
(今すぐ使えるビジネスに使える実用的なアイデア盛りだくさん。そのまま使える辞令もたっぷり)
なぜ通販で買うのですか
(私はこれ読んで通販生活を定期購買してしまいました。マガジンタワー最高!)
なぜ働くのか
(田坂広志さん。私の大好きな著者です。生きるって何だろ?働くって何だろ?)
企画力(これまた田坂広志さん。企画=実行力。田坂本は全て良書です。)
内側から見た富士通
(成果主義崩壊の生々しい現実。訴訟問題にもなりかねない暴露本)
マーケティングの心得
(マーケティングの神様、成毛氏の教え)
経営の心得
(松下幸之助を知らずに、経営は語れない)
人生に奇跡を起こすノート術
(知らないと、きっと将来後悔するでしょう。私はもっと昔に知りたかった…)
23分間の奇跡
(驚愕の洗脳劇。学校が危ない…)