2014年11月11日

4年ぶり3回目のツールドおきなわに出てきました!
受験勉強をしていた2年間、ほとんど自転車には乗っていなかったですが、今年の4月に宮崎に来てからトレーニングを再開してコンディションは徐々に上がってきていると感じていました。

今の自分の力が相対的にどの程度かはわかりませんでしたが、入賞目指して参戦してきました。

結果:15位 top+11:09

しかし、残念な結果に…
以下、レース当日の流れ

しがない学生の自分がハイクオリティーリゾートオクマに泊まれるわけもなく、スタート地点から25kmほど離れたペンションに泊まる。
朝5:30頃に車でペンションを出て、スタート地点付近の陸上競技場に車を止めて、手荷物を預けにオクマへ。
その後、一回車へ戻り残った朝食を食べて、スタート地点の道の駅へ。
道の駅へ着いた時に丁度シマノドリンキングな面々も到着。一緒にアップに行き、アップから帰ってきた後はスタートまでk山さんと談笑。レース前のこの感じが懐かしいなぁとテンションが上がってくる。
しばらくしたら、しばぞーさんも登場。懐かしい!5年前と全く変わっていなく、元気そうでした。

そうこうしているうちにスタート地点に移動のコールがされる。50番以内のシード権を持っている貴族k山さんは悠々と最前列付近にいるが、ゼッケン番号300番台の貧民な僕は中盤ぐらいからスタート。

序盤のトンネルは落車の危険があるので、スタートと同時に全力ダッシュで一番先頭へ。
スタート直後の海岸線沿いは強烈な向かい風なため、集団はまったり進む。先頭交代は機能せず。

序盤へ位置取っていたのも幸いして何もストレスを感じることなく、1回目の普久川ダムの登りへ。ここでも前々で展開し、先頭から3番目ぐらいで抜ける。集団は少し後ろにいたが、下りを自分のペースでまったり下るために特に待たず、単独でペースで下る。
下りきる手前ぐらいで集団を引き連れたk山さんと合流。k山さんも元気そう。
そこから、2回目の普久川までは50名ぐらいまで増えた集団で進む。
普久川に至るまでの海岸線での巡航速度がかなり速かったことや直線の下りで落車があった以外は特筆すべきこともなく、淡々と進む。

2回目の普久川の登りでは、never say the dieだっけかな?と書かれた赤いジャージの人(3位の人だった)を先頭に良いペースで進む。途中、1位でゴールした内房レーシングの人がちょっと飛び出したりもしたが、すぐに集団に吸収された。普久川の山岳賞のポイントも3位ぐらいで通過。補給所を過ぎて、少し行ったところで後ろを振り返り集団の人数と面子を確認すると12人しかいない!おーすごくいい展開。自分の状態は、ちょっとキツイかな?ぐらいでまだ限界という感じでもないし、これは10位以内もいけるなと無駄な計算をする。笑
この集団には、自分、1〜10位でゴールした人(前に朝練を一緒にしていた、しばぞーさん含む!)、14位でゴールした人が含まれていた。
k山さんは不在…

その後、saxo bankのジャージを着た大きい人が積極的にローテを回すように集団に指示を出したおかげもあって、付き位置の1人を除く11人で積極的にローテを回して後続集団とのタイム差を稼ぐ。12人という中々良い人数の逃げということもあり、11人全員でほぼ均等にローテを回し距離をこなす。
他クラスの100kmが混ざってきた時もsaxoの人が混走するな!と、指導をしてくれたおかげで良いペースで進んでいく。
途中、3位の赤ジャージの人が逃げたが、これも吸収。
展開としては中々いい感じだったが、この集団での走り、特に下りと平地でかなり足を削られていく…

そして、迎えた110km地点。天仁屋周辺の1.5kmぐらいの短い登りで単独で千切れる…
その後、フラフラになりながら登りを越える。が、越えた後は、羽地ダムの登りまでは平坦基調だったこともあり、集団は遥か彼方にいる。終わった…

ここで気持ちも切れてしまったのか、かなりペースダウンして進む。羽地ダムも大幅にペースダウンした状態で必死に登る。この時は本当に辛くて、完走出来るかな?と不安になるレベル。登りなのにおそらく200wも踏めていない状態だったと思う。
かなり離れていたと思われる後続にも続々と抜かれていく。もはや順位などどうでもいいなぁと完全に打ちのめされた状態でなんとか羽地ダムの登りを越える。

しかし、少し行った所で、前に同じカテゴリの人を発見!このチームgruppo biciの方と励ましあいながら、ゴールまでの平坦を進む。もうすでに足はスカスカ状態だったので、先頭交代は7:3ぐらいでgruppoの方に長く曳いてもらってゴールを目指す。途中のちょっとしたコブで千切れそうになるが、待っていてくれた。この方には本当に感謝です。最後は、ここまで自分を連れてきてくれたgruppoの方に先頭を譲りゴール。K山さんを含む16位集団とは1:30ぐらいしか離れてなかったので、このgruppoの方がいなかったら抜かれていたかもしれない…

しばぞーさんはなんと6位!!いやぁすごい!おめでとうございます!
かなり差をつけられてしまいました…

とまぁ小学生の日記風に時系列にそって長々と書いてきました。
ここまで長々と書いたのは来年140kmに出た時にこの記事を読み返して、テンションを上げるため!相変わらず長距離のレースは弱いなぁと思いましたが、久しぶりに悔しいと心の底から思ったレース。
このままでは絶対に終われない!来年こそは勝ちたい!

沖縄が終わったらオフかなーとか腑抜けたことを思っていましたが、この冬にもがっつり乗って来年に備えます。頑張ろう!


うひょひょ28号uhyohyo28 at 21:42│コメント(0)トラックバック(0)レース │

2014年11月04日

お久しぶりです!
今週末はついにツールドおきなわ!

初めて出たのは2009年大学3年生の時、カテゴリは140kmで19位だった。
その後、2010年に210kmに出たが、長いコースはやはり不得意だったようで123位と惨敗。k山さんに初めて負けたレース。笑

それから、骨折、転職、受験と長い間レースからは遠ざかってきた。(オーストラリアのレースでは走ったけど)
今年の5月に鹿児島であるサイクルジャンボリーという小さい大会には出たが、ここまで大きい大会は久しぶり。

自然とテンションがあがっていく。過去の出場者のblogを読んでみたり、自転車をレース仕様のタイヤに換えてみたり、当日の補給食の準備をしたり…そんなことをやっていると前に実業団で走っていた時や大学時代にヒルクライムレースを転戦していた時のことを思い出して懐かしい気分に…笑

やっと戻ってきたんだなぁ。

コンディションは、週2回のyaaboo早朝練習のおかげで大分上がってきました。17分程度の峠でAvPower300w(P/W 5)前後にも乗ってきました。
大学に入学してから、また自転車に乗り始めてトレーニングをしていましたが、前の俺はもっと速かったのに…骨折してフォームとペダリングが崩れたせいだ…もう昔みたいには速く走れないのかと常に過去の自分に囚われていましたが、やっと抜け出せたような気がします。

フレームも買っていないし、東京から来た完全部外者の私を温かく迎えてくれて、練習会にも参加するように積極的に働きかけてくれたyaabooの店長には頭が上がりません。
そんな店長への恩返しとして、おきなわでは上位に食い込んで宮崎のプロショップyaabooの名を少しでも広めることに貢献出来たらなとすごく思います。本当に良いショップです。

そして、久しぶりにk山さんと走るレースも楽しみ!
k山さんのアシストに期待!笑

大学の時によく朝練を一緒にしていた方も出るみたいだし、久しぶりの方々と再会出来そうでそれも楽しみです。
沖縄の次の週に実習試験があったりするけど、まぁなんとかなるでしょ!笑
おきなわ、頑張ってきます!


うひょひょ28号uhyohyo28 at 22:02│コメント(0)トラックバック(0)日常と非日常 | 今、私の思うこと

2014年05月01日

まさか自分が大学1年生を別の大学で2回するなんて大学1年生の時は思ってもいなかったでしょう。
(この書き出しは3年半ぶり2度目。笑)

ということで、色々と思うことがあり現在某大学医学部の1年生です。

この2年間働きながら大学受験に向けての勉強をしていました。
自分にも試験にも甘く失敗した1年目でしたが、受験2年目は仕事外のほぼ全ての時間を勉強に費やしなんとか合格出来ました。

今は九州の宮崎にいます。

目的は医者になることです。ですが、こっち来てから自転車しか乗っていません。ヤバイ留年フラグが…笑

家から片道15分ぐらいのところに7kmの峠があり、片道30分のところには標高差920m、頂上の標高1100mの14kmの峠もあるこの環境は最高です。
標高1100mの山(鰐塚山)の頂上は常に天候が悪く、強風と霧で命の危険を感じましたが頻繁に行くことになるでしょう。笑

宮崎の地元のショップにも顔を出して、5月からは練習会に参加させてもらう予定です。5月からなのは、そのショップが現在移転作業中なためです。
ちなみに、移転前は僕の住んでいるアパートから徒歩3分というかなり運命を感じる距離だったのに残念です。笑
そこのショップでは来年度から実業団登録を考えているほど本気で乗っている人が集っているところです。私の経歴を簡単に話したら、「来年はぜひ実業団で一緒に走ろう!」と声をかけてくれました。

期待を裏切らないように、そして、また飛べるように、今は力を取り戻すべく必死に乗り込んでいます。
uhyohyo選手はまだ終わっていないということを証明します!


大学期間は上手くいけば6年と色々出来る最後のチャンスだと思うので、勉強は効率よくこなし自転車に乗りまくります勉強も後悔のないようにしっかりとやり、自転車との両立を図ります。

カリカリにチューニングされた日々、再開!!!


うひょひょ28号uhyohyo28 at 07:00│コメント(0)トラックバック(0)脱サラ | 今、私の思うこと

2011年11月26日

なんだかんだでblogを全然更新出来なかった・・・・
更新出来なかった間に、

11/20- 初レース参加 
11/27-標高750mの山へヒルクライム
12/3 -Adam家にお泊り
12/4 -2回目レース参加

などなど盛りだくさんでした。

―薀譟璽

レース参加が決まったのが前日。しかも、その日はKuranda練の100kmコース。
次の日に脚が終わっている確率は100%だけど、めぐってきたチャンスなので貪欲に参加表明。

The Yarrabah Spring handicap Series - Race 4(45km)
結果:12-13位ぐらい/30人弱

最後5kmぐらいで集団から千切れました。。。

オーストラリアのレースは基本的にド平坦でハンディキャップレース。
こっちにきて初めてハンディキャップレースなるものを知りました。
参加者をクラス分けして、クラスごとにスタート。クラスの参加人数に応じたタイムギャップを設ける。

ちなみに俺が参加した時は、
Dグループ〜3分〜Cグループ〜3分〜Bグループ〜2分〜Aグループのタイムギャップだったと思う。

俺はBグループに入りました。Aグループに捕まるまでは40km/h前後でローテーション。
捕まってからは43km/h弱でローテーション。10km過ぎぐらいで捕獲された気がする。

そこからはひたすら我慢。豪雨の中ハイスピードローテはかなり怖いが、上手くローテは回り落車もなく残り5kmぐらいに。しかし、そこで中切れに巻き込まれ集団から千切れた。単独で追う力はもう残っていなかった・・・

千切れてからも集団復帰のために必死に踏む。ゴール前の牽制で確実に速度は落ちるはず!諦めずにいくぞー!と心の中で叫びながら踏む。

しかし、結局届かず・・・

せっかく良いアピールチャンスをもらったのにダメダメでした。
ここでしっかり走れることをアピール出来たら、認めてもらい友達の輪が広がったかもしれないのに。

こいつと仲間になりたいと思わせることが目標だったのになぁ。
異国の地で認めてもらうには力を示すしかない。

race location


標高750m の山にヒルクライム
 先日のレースの引率をしてくれた Ashleyが誘ってくれた。Cairns中心から往復100kmぐらいのところにある。
地図上ではLake Barrineの前の山。
海抜30mぐらいから一気に750mまで上がるので中々登りごたえはある。距離は14kmぐらい。平均勾配はほとんど一定なのでトレーニングには向いていると思う。Adamから1分送れでゴール。タイムは31分。平均パワーは286W。まだまだだなぁ・・・

gillies hwy


Adam家にお泊り
 先週土曜日はAdam家のディナーに招かれ行ってきました!Adamの奥さんはカナダ人。日本で知り合ったとのこと。
Adamの手料理・パエリアはかなり美味しかった!お酒もすすみ、会話も盛り上がったが明日のレースのために10時には就寝。4:30起床でトレーニングをした日だったのですぐに寝てしまった。

Adam&Adamワイフは日本人が聞き取りやすい英語の発音・スピード+日本人の英語に慣れていたのでかなり話しやすかった。
オーストラリアや他国の文化、将来の夢の話などなどを話し、非常に楽しかった。

Adam家の前にはビーチがあり、まさにCairns!という感じ。

front of the adam house


2回目レース参戦

The Yarrabah Spring handicap Series - Race 5(45km)
結果:5位/17人ぐらい

今回は Cグループ(5人)〜4分〜Bグループ(7人)〜4分〜Aグループ(5人)のハンディキャップ。
俺は前回同様Bグループに。結果はBグループが逃げきり、Bグループのトップが総合トップに。

序盤は42km/h前後でローテ。前回より速い。しかし、急に速度を上げる人やローテを頻繁にスキップする人がいて上手く回らない。しかし、Aグループに追いつかれることなく、残り10kmに。牽制なのか疲労からなのかローテはさらにぎこちなくなる。Cグループも吸収したため、集団は10人以上いるが先頭交代に参加するのは3〜5人程度。この状況をみて、残り7kmになったところで単独アタック!!

このアタックで集団は崩壊。俺は単独で逃げ続ける。

残り3kmのところで一人追いついてきたので一緒にゴールまで向かおうとするが、既に俺はパワー切れ。empty!!と叫び先に行ってもらう。結局、この人が総合優勝。
対する俺は残り2kmで小集団にも抜かれ、結局5位で終了。

終わった後にレースを運営している人、同じBグループの人に
「すごくいい走りだった!お前が今日のレース展開を作ったよ!」
と言われたのは嬉しかった。

結果はダメだったが、レース内容は満足。

先週末は非常に充実した日々だった!







うひょひょ28号uhyohyo28 at 12:46│コメント(2)トラックバック(0)レース | 脱サラ

2011年11月14日

■土曜日

Adam個人練+Trinity練:95km Av31 km/h

Adamの個人練に参加させてもらうことに!
参加者はAdam,Adamの友達、俺。

3人でまずはKurandaに。Kurandaは距離7kmぐらい、勾配は5〜6%ぐらいかな。
序盤からAdamが力強いダンシングでぐいぐい飛ばす。350Wほど。
このペースではもたないので、急勾配のところでも330Wを超えないように走る。
平均では280Wを目安に。

Adamは徐々に離れていく・・・
2km地点でAdam-俺-Adamフレンズの並びに。最終的にAdamは俺の視界から完全に消えたので2分ぐらい離されたか・・・

登り終わったあとに、平均280Wぐらいだったわーと話したら、じゃぁ3月までに330Wだね!と笑顔で言われたw
頑張ろう!

その後は、Trinity練に合流。
この日はすごい人数。40人近くいたと思う。
相変わらず平坦および短い距離の坂が強い!
かなりいい練習になりました。

バッテリーを忘れるという大失態をおかしたために写真はなし・・・


■日曜日
Lake Morris練:50km

昨日の練習で足は終わっているが、筋トレ走の位置づけでLake Morris オールアウター・ダンシング練。
上半身と尻の筋肉を特に意識して登る。

Lake Morris にはフリーサービスのコーヒーあり。
コーヒーを飲みながらまったりしていたら、得体のしれない虫Aに噛まれた。
噛まれた直後はこの虫に噛まれても命には影響ないよな・・・などかなり不安になったw
異国の虫に噛まれるのは結構恐怖!
結局、腫れもせずなにもなかったのでよかった。

tea rounge






うひょひょ28号uhyohyo28 at 16:21│コメント(4)トラックバック(0)トレーニング | 脱サラ

2011年11月09日

日曜日は豪雨だったために練習が中止になってしまった。残念。

オーストラリアに来て、もう少しで2週間。
長かったような短かったような。働いてのがもう1年ぐらい前に感じるなぁ

1週間以上経過したので、オーストラリアでの暮らしでも紹介しますか。

■平日
・学校
月曜日・水曜日・金曜日は午前授業、火曜日と木曜日は午前・午後授業。
午前授業(2コマ)は8:30-11:45。午後授業(2コマ)は12:30-3:45。1コマ90分。

月曜日・水曜日は授業が終わった後に自習ルームで自習が出来る。
俺はそこでリスニングの勉強を自習室にある教材を使って大体15:00までやる。
金曜日は午後は完全に休み。

時間割的にはかなりまったり。しかし、英語の授業だけを6hというのは英語を苦手としてきた人にとっては結構キツイ。でも、自らキツイことを率先して出来なかったためにここまで英語の成績が悲惨なことになったので、自業自得かな。

・練習
学校終わりに1.5h程。8.2kmの峠でほぼ全開アタックを1本。これを週に2〜3回。
今週からpower tap 復活!峠のタイムはサイクリング210Wペースで28分〜29分ぐらい。今の段階で24分ぐらい。
Adamのgood timeは22分ぐらい。脳内鍋谷換算するとAdamは鍋谷17分台だなぁ。

・遊び
学校終わりに同じクラスで飯たべいこーやらショッピングいこーやらありますが練習の日と被ることが多いので殆どいけてません・・・このままじゃ、自転車が恋人キャラになってしまう・・・
今週末もケアンズ周辺観光に行こうっていう話になっているが、週末はチーム練があるから・・・と断ってしまったw
まぁいいかwなるようになるだろw


・家
朝は早い。みんな6:00には起床。朝めしはセルフサービス。パンとシリアルが食べ放題。シリアル生活は慣れているので全然問題なし。むしろ家にあるシリアル旨い。

夕飯は19:00ぐらいから。夕飯はかなりおいしい。ありがちな肉だけ!ではなく適度に野菜もあって、かなりバランスが取れている。しかし、食べるのはめちゃくちゃ早い。大抵は19:30までに片付けまで終了しているしw

19:30以降は基本的に自分の時間。しかし、家族は21:00には就寝しているのでシャワーはそれまでに済ませる必要あり。
俺も22:00までには大抵寝て、6:00前には起きている。家を出るのは8:00頃。
朝からまったり読書をしたり、宿題をしたりしています。ザ・優雅。

■休日
基本的にチーム練に参加。チーム練が午前中に終わった後は勉強するか本を読んだり、ショッピングいったり、ネットしたり、ホストファミリーと話したりなどなど。
観光もそろそろしたいなぁ。けど、もしかしたら来週にレースに出れるかもしれないので観光はそれが終わってからだなぁ


淡々と備忘録的にオーストラリアでの生活の紹介をしました。

一人で走ってても寂しくないようにと会社の先輩がくれた偶像トトゥロ・ダチゥンドゥとスコット君
これをホストマザーに見せたら大爆笑してた!笑

P1030034











うひょひょ28号uhyohyo28 at 16:06│コメント(2)トラックバック(0)日常と非日常 | 脱サラ

2011年11月05日

今日は待ちに待ったチーム練。

チーム練に集まった人は思っていたより多くて、なんと20人以上!
コースはほとんど平坦。一か所だけ50m upぐらいの丘があった。
ペースは33km/h前後が基本ペース。

ところどころ謎のペースアップが入り、集団が崩壊する。アタックポイントは不明。
このペースアップで徐々に集団が減っていき、最終的には俺を含めて6人ぐらいになっていたw
休憩ポイントも信号もほとんどないので、60kmぐらいのノンストップ平坦練なイメージ。

千切れたら確実に帰ってこれない自信があったので必死にくらいつく。
それにしても平坦が速い!すごくパワフルです。

Adamに you are very light! Should do weight training! みたいなことを言われました。
そういえば、どこかのk山さんのブログでもこんなこと書いてあったような・・・・

走った距離は短いですが、強度が高かったこともあり足の疲労感はそれなりにある。

明日はケアンズの観光名所の一つであるKurandaまで行ってきます。もちろん自転車で、トレーニングで。

Kuranda

Kuranda

(出典:http://www.bohemiaresort.com.au/page.php?id=86&inlevel1id=7)

nonストップ練だったのでこれしか写真がない・・・

P1030005




うひょひょ28号uhyohyo28 at 13:27│コメント(0)トラックバック(0)トレーニング | 脱サラ

2011年11月01日

今週の月曜日から学校が始まりました。

初日はクラス分けのテスト。
クラスはElementary,Lower Intermediate,Intermediate,Upper Intermediate,Advancedまで分かれていて、
俺はLower Intermediateにぶちこまれました。ぎりぎり滑り込み。

周りはもちろん僕より英語ができる人たちで早速ジャップ気分を堪能しています。
クラスの比率は日本人5人、韓国人6人、イタリア人1人。完全にアジア。
ヨーロッパ圏の人々はもっと上のクラスにいけば生息してるみたい。なんかポケモンみたいだな。


クラスの関係なのか、人種の関係なのか、昼休みに出来るグループはアジアグループ×4、ヨーロッパグループ×3みたいな感じ。休み時間にアジアとヨーロッパが入り乱れて会話をしている光景はまず見ない。
そんなことを言っている俺も日本人1人、韓国人2人とご飯食べたけど。(同期入学)

休み時間に自転車が好きな韓国人にこの周辺で休日のクラブチーム練があるお店の情報を聞き、学校が終わったあとに早速訪問。

心の中で I would like to join team training と唱えながら扉をあける。

店員らしい人がいたので、片言な英語でこの店はチームある?と聞くが全く通じない。
かなりくじけそうになりながらも、チームを連呼するが・・・・全く通じない。本当に通じない。

埒があかないのを悟ったか、その店員がもう一人の店員を連れてきてくれた。
そこでなんとか通じた・・・もう心が折れる寸前だったわ。
原因はティームをチームと発音していたからだった。以後この発音記号には気をつけようと心に誓った。

しかも、英語が通じた店員さんはなんとツールド美ヶ原2007チャンピオンの Adam Cobain !
そんなこともあって会話も弾み、土曜日のチーム練と日曜日のAdamさんの個人練に一緒に行くことに!

素晴らしい練習パートナーが出来そうです。ラッキーだったなぁ。ケアンズでよかった。

写真はレイクモリスロードのトップ付近。
正確に測定したら、距離8.6km。勾配は緩やかなので時間は25分程度だった。

写真を見ると奥多摩っぽいけど、奥多摩じゃないよ。

P1020984



うひょひょ28号uhyohyo28 at 20:01│コメント(6)トラックバック(0)脱サラ │

2011年10月30日

まさか自分がするとは大学1年生の時は思ってもいなかったでしょう。

ということで、前からやってみたかった留学が実現しました。
この1年半稼いだお金を大放出しての実現です。(頻繁に東京に帰っていたり、豪快に骨折していたりしたのであんまり貯まっていませんが)

今はオーストラリアのケアンズにいます。
目的は語学+自転車です。語学を学びつつ自転車に乗れる最適な環境はどこだろうと探していたらケアンズにいきつきました。そして、それは間違っていなかったなと実感しています。

家から片道5分ぐらいのところに5〜6kmの峠があるこの環境は最高です。
そして、ホストファミリーの人は自転車を5台も持っています。
今日はホストファザーと二人で峠に行ってきました!
あとは、学校でいじめられなかったら楽しい留学になりそうな予感がします。

初期目標は自転車ショップの人と顔見知りになる→チーム練に参加です。
最終目標はレースで1勝です。
(+日常会話+αの英語力を身に付ける。←通常の目標)

留学期間は3月の上旬までと4ヵ月しかありませんが楽しんできます。
半年〜一年ぐらい滞在したいところですが、お金が足りない+社会復帰出来る保障がないので諦めました。
ちなみに、来年からは東京都の地方自治体に就職します。関東在住の方はよろしくお願いします。

仕事が中々忙しく、10/25退社→10/28出国というかなりのタイトスケジュールでしたがなんとかなりました。
そのため、各方面の友達にinfoが遅れてしまって申し訳なかったです。
Gmailの方のメールアドレスが使えるので連絡はそちらの方にお願いします。
〜〜@mopera.netを〜〜@gmail.comに変えれば届きます!

近況はちょくちょくblogを通じてupできればなと思います。

P1020958


うひょひょ28号uhyohyo28 at 19:33│コメント(10)トラックバック(0)僕と社会 │

2011年05月14日

最後の記事更新以降,仕事が激化し練習量は激減・・
しかし,夜に港の方に走りに行っていたりとチョクチョクは走っていました.

仕事にも目途がつき,これからはもっと時間がとれるかなと思った矢先,4/3に骨折しました.

MTBにてトレイルを走行中に転倒し,左足脛骨骨折.
すぐに入院・手術し,2週間半ほど入院していました.

今は松葉杖で,松葉杖がとれるのは怪我から2ヶ月〜3ヶ月後.
早くて,6月上旬の見込みです.
松葉杖での生活は大変ですが,なんとかやっています.

入院中は色々な方が見舞いに来てくれて嬉しかったです.
就活の合間に寄ってくれた大学の友達や休日に会社の友達・先輩.

入院中に誰も来なかった日はほとんどないってぐらい見舞いに来てくれて,
元気をもらいました.ありがとう.

松葉杖が取れたら,自転車に徐々に乗り始めます.
レースに出るのは,埋め込んだプレートとボルトが取れてからだから,丸々1年後かな.

色々ありましたが,元気になんとかやっています.






うひょひょ28号uhyohyo28 at 10:23│コメント(3)トラックバック(0)