最近の樋上いたるのイラストがまた絵が変化したような、それでいて安定してないような、微妙になったと言われている事をキャッチした。我々取材陣は(ry

Lycee Official Homepage内のリセ壁紙コーナー
壁紙その1
壁紙その2

コンプエース表紙
コンプエースミラー

今度発売する廉価版ともいえる「AIR Standard Edition」書き下ろしパッケージ これは描いた人ははっきりしないけど、いたるであろうかと。

ん〜〜 3つのイラストを見ると、言葉でうまく説明できないけどAIR→CLANNADと進化してきたものが何か違うベクトルに向かっていったような。
直筆サイン色紙に50万80万円の値がついた、いたる嬢になにが起こったのか?
そこで過去のいたる絵の歴史を振り返ってみた。といってもゲーム画像なので塗りは別のスタッフによるもの。発売日はErogameScapeさんを参考にしました。

『同棲』いうのもMOONの前にありました。持っていないのでググったらこの画面が。 発売日1997-5-23

MOON小『MOON.』のときの画像 発売日1997-11-21
初期の頃。もともと目は大きめな方だったのですが…

それぞれタイトルor画像を押すと拡大。


ONE小『ONE』のときの画像 発売日1998-05-29
イベント絵において、なんかトンでもない場面が〜


KANON小『KANON』のときの画像 発売日1999-06-04
目はさらに強調ぎみ、クチが上の方にあるいわゆるアゴ絵も発達。顔はふっくらとした感じ?


AIR小『Air』のときの画像 発売日2000-09-08
画像集Air ART WORKSより。多少落ち着いてきた。個人的にはこの中では好きな時期。


CLA『クラナド』のときの画像
発売日2004-04-28
かなりバランス等が改善されて一般的になったと言われる。イイですな。

しかし現在は…。クレオパトラの鼻が3cm高かったら歴史は変わったといいますが、今回のことが何か、萌えゲー界の歴史を大きく変えてしまう予感(ホントかよ!)

Key「CLANNAD」智代のその後を描いた通称『智代アフター(仮)』
キャラクターデザインは「CLANNAD」と同じだけど、原画担当が変更。
何かこれと関係あるんだろうか。

関連)
同人ノベルゲームは絵がうまくないほうがいい?(3番目の項目)
「かわいい」と「萌え」次世代の日本コンテンツの展望

個人的には優れたシナリオがあれば、多少の絵の下手上手さを凌駕する説を取りたいところですが…。でもたしかに二次創作として同人描くときは元絵が微妙な方がやりやすそうですw まぁ絵描きじゃないので、その辺の気持ちはよくわからないところ。

Amazon:
PCゲーム(18禁)AIR Standard Edition/KEY
価格:¥3,642(税込)発売予定日は4/8
その新パッケージ絵で廉価版。ボイスは無いようですが(・ω・)
「AIR 〜Standard Edition〜」(Key) 商品紹介ページ