狂ったようにブレッツェルを食べていた日々のまとめです。

今回掲載したのはどれも及第点以上。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ドイツのパンと言えばBretzel(ブレッツェル)。

過去にこんな記事で紹介していました。
プレッツェル?いいえブレッツェルです。



街中では、食べながら歩いている人をよく見かけます。
ベビーカーに乗った赤ちゃんまでもがブレッツェル。


そして、買ったブレッツェルはその日に食べるのが鉄則。



翌日には固くなって味が落ちます。


ワタシ流の食べ方としては、
周りに付けられた岩塩はこれでもかというほど除去し、
お気に入りのバター(無塩が良い)をサンド。




お店でバターをサンド済みのブレッツェルも売っていますが、
お値段がポコーンと上がるし(50セントは上乗せされます)、
自分好みのバターを使いたいので、今のところはプレーン派です。



食べ進めていくと、どこのブレッツェルがお気に入りだったか失念しちゃうので、
覚書をしてみようと思います。

…とか言って食べながら下書きしている間に、
アップしそびれて帰国しちゃった。




自分でわかりやすいように、4点満点の☆評価式にしました。
☆☆☆☆ ブレッツェルを買うためだけにもう1度行っても良い
☆☆☆ ついで買いだったら買う
☆☆ ついでであっても、あえて買うかは不明
☆ 最初で最後


1.Kamps 0.69  ☆☆☆☆
DSCF4647
DSCF4648
Hauptstrasseには2店舗もあるチェーン店なので侮っていましたが、
太い部分のモチモチと細い部分のカリカリが良いバランス。

家の近所だったため、時間がない時にはここで買って済ますことも多かったです。

2.göbes 0.70 ☆☆☆
Altstadt内に2店舗あるお気に入りのパン屋さん。

焼く際にぴっちりくっつけて焼いているんだろうなぁと思える、
不格好&サイドに剥がした跡がある無骨なブレッツェル。
DSCF4681

細い部分がグリッシーニのように固めの時もあるし、
逆に細い部分がほとんどなくて全体的にもっちりな時もある。

成型にバラつきがあるので、どれに当たるかによって印象が変わりそう。

基本的に美味しいパン屋さんで行きつけだったのですが、
ブレッツェルだけ欲しい時には別のお店を選択することが多かったです。
göbesに行くときには食事用のパンを買う時だったなぁ。

Bäckerei Göbes~地元民御用達のお店~
パン屋さんではディンケルを所望。


3.Ditsch
 0.65 ☆☆☆☆
Hauptstrasseのビスマルクプラッツ寄りにあります。
隣がSaturnやdmが入っている商業施設だったと思う。
DSCF4715

随時焼き上げているお店なので、
高確率で温かいブレッツェルに出会えます。 

焼き立てというだけで美味しさへのアドバンテージを獲得。

soft pretzelという商品名だけあって、今まで食べた中で一番柔らか。
ふわもちブレッツェルです。
(そういえばこのお店の商品名は、半濁音のプレッツェルになってる)

日本人ウケするタイプだと思われます。
少々ジャンキーな雰囲気でもあります。


4.GUNDEL 0.80 ☆☆☆☆
こちらもAltstadt内に2店舗あります。

成型が綺麗なブレッツェル。
絵になります。
DSCF4719

太い部分と細い部分のバランスはKampsと同様に理想的。
ベーシック。

ちょっと値段が高いかなぁ・・・とは思う。
コスパが悪いという点で、ここのブレッツェルはあまり買わなかった。
ケーキが美味しかったので、ケーキばかりでした。

【カフェ】ドイツらしいケーキがいっぱいのGUNDEL
グンデルで見つけたグルテンフリー菓子
グンデルの黒い森のサクランボケーキ。

5.Grimminger 0.70 ☆☆☆☆
ビスマルクプラッツ前のKaufhofに入っているお店。
ちょっと塩気が強いけれど、外がパリッとしていて中はもっちり。
DSCF8659