2006年06月11日

ブログをお引越しします。

いつも遊びに来てくださっている皆さん、どうもありがとうございます。
「最近のdinosaruは、表示が遅くて困った」
と言ったご迷惑を、おかけしていたでしょうか。
もしそうだとしたら、大変申し訳ありませんでした。

1年以上使っていたブログを引っ越すことには、大きな抵抗を感じたのですが、投稿もままならない状態が重なるようになってきましたので、今夜思い切って引っ越しを決行しました。

お気に入り登録などして頂いている方には、お手数をおかけいたしますが、URLの変更をよろしくお願いいたします。

新しいブログのURLは
http://bakudinosaur.blog70.fc2.com/

となります。

これからもdinosaur Diaryをどうぞよろしくお願いいたします。



uka_baku at 02:16|この記事のURLComments(0)

2006年06月10日

フェリシモホワイトワーク第4弾

060610_1先日作りかけを報告したベルプルに煮詰まったので、気分転換にフェリシモのキットを刺しました。

ドロンワークのドイリーです。
ずっと避けてきた「蜘蛛の巣かがり」は、予想に反してとても楽しく刺せるステッチでした。
やはり課題はダーニングかがりか。いやボタンホールステッチの方が重症。

横糸を抜いたあとに施すボタンホールステッチがどうも綺麗にいってません。
不細工を隠すために密度を上げて刺したら、なんとなく「ふにゃら〜」になってしまいました。
なかなか楽しいデザインなので、そのうち麻糸でリベンジすることにしましょう♪

060610_3そして、これが煮詰まっているベルプル。

クロスステッチは終わりました。お花を11も刺せて楽しかった〜♪
煮詰まっているポイントは「お仕立て」。
なにか一工夫欲しいような、いやシンプルに仕立てた方がいいようか・・・。

毎回のことながら、最後の仕立ては最大の課題ですね。
「キラリっ☆」とヒラメキがくるまで、暫く放置しようと思います。

060610_4これは現在作成中の染木箱です。
お題は「イソップ物語」。
私は安野光雅さんがとても好きです。今回は図柄をお借りしました。
お気に入りの絵なので、上手にできるといいな。

dinosaurHPのHandmadeページ
染木箱・・・鯉のぼりの盆
Needlworks・・・フェリシモホワイトワーク4作目
をアップしています.


2006年05月20日

バラがやっと咲きました。

060519_1例年なら一週間前には咲き出しているはずの我が家のバラが、やっと咲き始めました。
←こちらは我が家の最古株のアイスバーグ。

うちは無農薬で育てている&庭の日照条件・風通しがあまりよくないので、今年のように晴れが少ない春は病気や虫が盛りだくさん。
今年は咲かないかなぁ・・・と諦めていた矢先に、いきなり開花始めました。
バラって見た目以上に強いんですよね。そこが好き☆


060519_2こちらはアンブリッジローズ。

これは本来のアンブの形ではありません。
でも我が家のアンブは、毎年なぜか春の花がなんか変。なんで?
カップ咲き多重のすばらしい花が咲くのです。今年もみれるといいな♪
咲いたらお披露目しますね。


060519_3ここ2,3日こんなことやってます。
(画像斜めでごめんなさい。)

初の長〜いベルプルになる予定なんですけど、これが全然進みません。
私、手が遅いみたいなんですよ。最近の悩み。

どうやったら早く刺せるようになるのでしょうか。
みなさんやっぱり「すくい刺し」ですか???

uka_baku at 10:05|この記事のURLComments(8)

2006年05月15日

海外から届いた本たち

060515_2これはスウェーデンの「Do Redo デュレデュプロジェクト」から出版されている本です。

2004年秋に在日スウェーデン大使館で「Do Redo展」が開催されました。結構話題になったらしいので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。この時に会場で販売されていたのがこの本です。

かく言う私は展示会には行けませんでした。展示終了後に友人からこの本を見せてもらい、まさにストライクゾーン!
展示会を見られなかったことが残念で残念で、長〜く「無念」を抱えていました。せめて本が欲しいと思ったものの、展示会後、国内では入手ができませんでした。

ところが、忘れかけていたこの2月に、再び「Do Redo」本を目にする機会があったのです。もうこうなると何かの縁。なんとか入手するしかない!
と言う訳で、Do Redoにメールを送りこの度無事入手できました♪

060515_3本の中身を少し紹介。
こんな感じのウールのリメイクものがたくさんのってます。リメイクと言っても、とってもキュートで斬新なデザインなんですよ。見ているだけで楽しくなっちゃう♪
北欧の国らしい、綺麗な色使いも素敵です。
あと編み物のことや刺繍に関する記述も少しあります。
Do Redoの活動は、「自分の手で何かを作ることがなんと簡単で楽しい事かを発見して欲しい」という観点から始まったのだそうです。ほんと、そんな主旨がとてもよく伝わってくる楽しい本。

2004年に開催されたデュレデュ展についてと、デュレデュ プロジェクトの主旨に関して、とても上手に紹介されている記事を見つけたので、リンクをはります。
ご興味のある方、私のつたない紹介は無視して、こちらをご覧になってみてくださいね。http://www.k2.dion.ne.jp/~kinumate/sweden/doredo.html

ところで、私が入手したのはこの本のスウェーデン語版です。
この他、デンマーク語版や英語版などが各国で出版されつつあり、なかなか盛り上がっているみたい。でも残念ながら日本語版はまだなんですよねー。

私としては、日本語版が欲しいし、できればもう一度「Do Redo」展を日本で開催して欲しい!
そしてワークショップに参加したい〜!
興味のある方、どんどん問い合わせしてみませんか?
いつかそんな声が大きくなって、また日本にやってきてくれるかも☆

そしていいお話。
このデュレデュプロジェクト総勢5名のメンバーのうち、お一人はなんと日本人の女性なのです!なんだかちょっと誇らしいですね。
スウェーデン語が全く出来ない私が、本を入手できたのも、いろんな情報を知ることができたのも、実はこの方(佐藤さんとおっしゃいます)と連絡をとらせて頂いたから。そうです。問い合わせのメールはすべて日本語で大丈夫です☆

今年の冬は古いセーターでたくさん遊ぶぞぉ♪


060515_1そうでした。こんな本も届きました。

←イギリスの古本屋さんで見かけて、つい買ってしまった白糸刺繍の古い本です。
ユキパリスコレクションでも素敵な作品をたくさん見たし、そろそろ本気で白糸刺繍もやろう!

やること一杯だわ。忙しい忙しい。



uka_baku at 20:32|この記事のURLComments(67)お買い物 

2006年05月11日

ユキ・パリスコレクション

060511このGWに行ってきました。
京都にあるユキ・パリスコレクションhttp://www.yuki-pallis.com/です。

あーもう!本当に素晴らしくって、素晴らしくって、頭はぼぉ〜。
せっかく京都まで行ったのに、これしか写真がありません。。。

場所は何度も足を運んだことのある「哲学の道」を、脇に少し入ったところでした。

哲学の道、銀閣寺参道とも、さすがはGW!すごい人の数でした。
この辺り、ちょっと軽井沢を思わせる雰囲気になってしまっていて残念でしたが、今回の目的は別☆

ユキ・パリスコレクションの1Fはアンティークコレクションのショップになっています。私が到着した時、そこには4組ほどのお客さんが来ていました。
私はアンティークものには詳しくないので、早々に刺繍のコレクションがある2Fに上がってしまいましたが、皆さんいろいろ購入されていたようです。
でも一番びっくりしたのは、ユキ・パリスさんご本人がいらっしゃったこと!
観覧料を直接お渡しして、それだけでドキドキしちゃいました☆

そして、2階。もう!もう!宝の山でした。
スペースはそんなに広くないのですが、壁と言う壁に作品が。そして木製の古い引き出しの中には、たくさんのホワイトワーク。
本に載っている作品も実際に目にすると、その素晴らしさは10倍以上。本に掲載されていない作品もたくさんあって、もう!ただ、ただ、溜息です。

幸い2Fの客は私達夫婦だけだったんです。つまり貸切状態♪

私は旦那そっちのけで、作品の前に正座して眺める、虫眼鏡で眺める(虫眼鏡が用意されていました。親切!)、引き出しを一つずつ開けながら溜息・・・の繰り返し。何巡したのでしょうか(笑。
ちょうど5月末までの特別展示「クロスステッチ展」もやっていて、本当にラッキー♪

でも人間、あまり素敵だと頭がぼぉ〜っとして意識がモウロウとするのですね。
当然、写真撮影は禁止だったので、一生懸命、記憶に残そうと眺めるのですが、眺める側から抜けていってしまう。何度挑戦しても駄目でした〜〜。
近くに住んで、毎日通いたい!!ここに住みたい!

本当に素晴らしいコレクションでした。関西に行く時は必ず立ち寄ろうと心に決めました。

ところで。ここからは内緒の話。
そんなに広くない2Fコレクションスペースですが、私は1時間半以上いたそうなんです(本人記憶なし)。
で、ふと後ろを振り返ったら!
なんと!旦那が床に座り込み、壁に寄りかかって・・・・寝ていました。
寝てたんですよ!本当にびっくり。
ユキ・パリスコレクションで寝た人なんて、絶対絶対いない!・・・ですよね。あーごめんなさい。



2006年04月29日

うさぎの箱ができました。

060429_1エスカ初級クラス最後の作品「うさぎの箱」が完成しました。
刺繍はやはり正統派の2作目のウサギを使いました。
愛嬌勝負の第一号さんは、いずれなにか別のものに仕立てようと思ってます。

今回の箱、茶色とクリームイエローのクロスの組み合わせがとっても暖かくて、見ているだけで優しい気持ちになれそうです。大切な一品になりました。


060429_2この箱は、最初の「にんじんのメモ帳」と次の「木の箱」で習った技法を組み合わせて作る「ブック型箱」になってます。



昔、母がこんな形の箱に刺繍糸を詰め込んでいました。
それはもうぎっしりと。

私もそろそろ、せっかく作った箱を何かに使ってみようかな。
ぎっしり刺繍糸をつめこむとか。
いや、私の刺繍糸はすでにこの箱に収まりきらない。。。血筋ですねぇ。

しばらくお休みがあって、5月下旬から中級クラスが始まります。
おそらく次は、恐ろしく難しそうだった「羊」の箱。楽しみです。

2006年04月24日

チャコペーパーの跡・・・

060424_1昨日思いがけず、ぽっかり暇ができました。
何をするかな・・・と。
ここはやはり「なんか変」なウサギの刺繍に再チャレンジでしょう、と再び刺してみました。

所要時間6時間。

キットではないので、図案の下絵は「コピーペーパー」なる刺繍用のチャコペーパーを使いました。普段チャコを使わない私。
わざわざ買ってきたのに・・・。
「水で簡単に落ちます」って書いてあるのに・・・・。

何が言いたいかと言いますと、つまり全然落ちなかったんです。
どうして〜〜(涙)!!

水につけること3時間。薄くなるものの全然落ちず。
ネットで調べて、エタノールにつける。全く落ちず。
エタノールに食器用洗剤を混ぜてもみ洗い・・・少し薄くなる。
「チャコ消し」(700円近くしました!!)を買ってきて試してみる・・・また少し薄くなる。

写真はその結果です。まぁ自宅で使う分には許せる範囲になったでしょうか。

もう絶対チャコペーパーなんて使わないぞぉ。
でも、だったら何を使えばいいのでしょう?
なにか良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞ教えてください。

060424_2で、肝心の刺繍のできばえですが。

毛並みとか少し「普通」になった気がします。
前のは、お腹にドライヤーをあてたみたいになってるし(笑。

顔も前のは人間みたいで、「おかし可愛い」でしたけど、今回はオスマシ顔のお姉さんタイプ?

でも、なんか前のウサギさんに愛着があるんですよねー(笑。
どちらを箱のお仕立て用にするか。
結果はまたご報告します。

2006年04月18日

今度の刺繍はウサギ

060418_13つ目のエスカ用の刺繍です。
これで初級の課題は最後になります。

今回の刺繍は、前回の大人っぽい一色刺しの「木」とは一転。
とても可愛らしいウサギ。
ロングアンドショートステッチで如何にウサギの毛並みを表現するか・・・難しい。
なんか変なんだけど、どうしたらいいのか分かりません〜(涙。

でも顔があるデザインは、それだけで何となく楽しいです。
きっと作る人によって全然違う表情のウサギになっているんでしょうね☆

まだまだ上手く刺せませんが、なんとなくフリーステッチの楽しさを味わう余裕がでてきました。
いや、開き直っちゃったというのがホントかな?(笑。

このウサギが次回の教室で箱になります。今からとっても楽しみです。

2006年04月15日

イースターエッグ完成

060415jojoさんのProject(Easter 2006)に参加させて頂こうと、初めてのイースターエッグ作りにチャレンジしました。

これが楽しい楽しい♪
ステッチした後、発泡スチロールに布を貼り付ける時のあの「つるん」となる感がたまらなく楽しい☆
調子に乗ってたくさん卵スチロールを買ってきたのですが、結局時間切れで小さいのを数個しか作れませんでした。

いや、実は特大卵のステッチにも着手していたのです。
ところが、昨夜101番の花糸が足りないことが判明。
「ぎょえ〜〜っ!!」
と叫びすぎて、家族をびっくりさせてしまいました。
とても無念だけど、今年のイースターへの提出は断念です。

で、今日花糸を注文しました。
足りなくなったのは101番だけのはず・・・なのになぜこの金額?
自分が恐ろしい。

この作品は >dinosaurHP→Handmade→Needle works にもアップしました。
今回私がやった作り方も載せましたので、興味のある方はどうぞご覧になってください☆

uka_baku at 19:12|この記事のURLComments(8)Needle Works 

2006年04月14日

コインランドリーで☆

060414_2週末数日間、たくさんの来客がありました。
せっかく来ていただいてので、鶴川の白州邸に行ってきました。
前回訪れた時、季節は秋。
同じ場所でも季節によって趣が随分異なります。さすが白州次郎・正子さんのお住まいですね。


060414_3朝から曇りだったのですが、見学している間にとうとう大雨が振り出しました。
と言っても5分もしないうちに見事に晴れ上がり、ふと見上げた藁葺きの屋根。
蒸発していく水が蒸気になって立ち上り、とっても素敵だったんです。
今度は初夏に行ってみようと思います。

ところで、今回のお客様は総勢6名。
バスタオル・フェイスタオルだけでも凄い枚数です。
オマケにパジャマを貸したり、部屋着を貸したり。

なのに、なんてことでしょう!この1週間、東京はずぅっと雨&曇り。
洗濯できない山のようなタオルを見て、とうとう今日、5年ぶりに「コインランドリー」に行ってきました。

最近のコインランドリーって、きれいですねー。
しかも平日の真昼間、お客さんは私だけ。

と言う訳で・・・・。
060414_1
テーブルの上にステッチ道具を広げて、やりたい放題ステッチしてきました☆

電灯も明るいし、乾燥機のお陰でほっくり暖かいし、鼻歌を歌っても誰もいないし。とっても快適。

自宅以外の場所でステッチができたら楽しいだろうなぁ〜と常々夢見ていたのですが、まさかこんなところで夢が実現するとは(笑。
またお天気の良い日に行ってみたいです(って、お天気のいい日は外に干せるだろってね。)




uka_baku at 20:00|この記事のURLComments(3)