IMG_4496
 
G2チャレンジを継続中です^ ^
現在、シモリ玉は付けずにやっています😃

何故なら、軽い仕掛けを遊動させる時、ミチイトが通る穴の中でシモリ玉の穴が一番小さいので、最も遊動の妨げになると教えてもらったからです。
また、魚が掛かった時、シモリ玉がないとウキ止めがウキの穴を通り抜けるので、ウキの抵抗が加わらず魚が暴れないそうです。

ちなみに、シモリ玉がなくても、魚が掛かるとウキはちゃんと沈むそうですが、Bよりも重いガン玉だとウキの穴を通り抜けてしまうことがあるそうなので、シモリ玉を付けない仕掛けはG2よりも軽い仕掛けの場合のみとのことでした。

さて、以前のとある日に、連チャンで釣行した時のこと。
初日は、梶賀の比較的足場の良く、釣れてる「ダンダン」という磯へ、

IMG_4434

2日目は、尾鷲の何度か渡ったことのあるトガ島という大きな島から離れたところにある独立礁の「アゴ島」という磯へ渡してもらいました。

IMG_4500

しかし、初日はボラとサンノジに、2日目は足のめちゃめちゃ速いアジに囲まれ撃沈です😅

FullSizeRender
FullSizeRender

ちなみに、足の速いアジやサバなどに囲まれた時は、重い仕掛けでやるのがセオリーとのことです。

例えば、最初に5メートル先にコマセを打ち、更にその後、10メートル先にコマセを打つことにより魚の視線を沖に向かせて、そのすきに、磯際ギリギリに仕掛け静かに落とし込み、仕掛けが馴染んだら粒のオキアミやボイルなどを静かに磯際に入れるようにすると、足の速いエサ取りを避けられることがあると教えてもらいました😃
それでも、この類いのエサ取りは完全には避けきれないとのことです😅

『エサ取りだらけの冬の海、エサ取りがまったくいない夏の海。海はその日その日によって異なる。だから釣りはおもしろい🎣』

とスーパープラス思考で頑張ろうと、桜井さんの言葉をあらためて心に刻み込みました。

最後に・・
最近、人生初のギックリ腰になってしまいました😭
古傷のせいなのか、運動不足のせいなのか、年齢のせいなのか、全く原因不明💦
めちゃめちゃ痛いです😭
ギックリ腰になってから1週間近く経ちますが・・まだ痛いです😭

皆さまもお気をつけください🙇‍♂️
あっー、早く釣りに行きたいぃぃ💦


(Report by ひらっち)