浮田哲州『環境問題』

浮田哲州が環境・エコ問題について考えます

環境・エコ問題の強い関心を示す都会の人々

浮田哲州『環境問題』
都会の人々の価値観が、ここ数年で大きく様変わりしました。
リデュース・リユース・リサイクルといった環境・エコ問題を意識した活動が、ライフスタイルにどんどん取り入れられており、地球環境に意識が高い男性はカッコいい、ロハスな暮らしを実践している女性はスマートといった新しい価値観が浸透し始めています。
昔は古い製品を大事に使う事をあまり良く思わなかった都会の人々ですが、今ではむしろ古着系ファッションや中古アンティーク家具が大ブームです。
都会の人々はゴミを出さない取り組みを熱心に進め、そして古びた洋服や家具をオシャレでレトロなアイテムとして見つめなおし、リペアやリメイクしながら上手く自分のライフスタイルに取り入れ始めています。

都会で環境・エコ問題を意識した街づくりが進んでいます

浮田哲州『環境問題』
高度経済成長時代、都会では自然環境をないがしろにした開発が相次ぎました。
河川や海を強制的に埋め立てたり、ニュータウンを建設するために無理やり山を削って住宅を建てる、都会では環境・エコ問題を無視した強引な都市計画が進められていました。
しかし、近年では過去の時代の反省から、自然を意識した街づくりが行われています。
出来る限り元の地形を残したまま、新築マンションを建築する環境・エコ問題に配慮したニュータウン開発が進められています。
また失われた河川の環境を復活させる自治体の取り組みも各地で実施されており、特別な知識とスキルを持った地方公務員の方が、川や海のお手入れを始めています。
既に高い成果を出している街もあり、高度経済成長時代に失われた綺麗な河川が復活し、鮎の稚魚が戻ってきました。

都会の建築ラッシュで表面化する環境・エコ問題

浮田哲州『環境問題』
都会で建築ラッシュが始まると、コンクリートの需要が高まるため、山間部では石灰岩の山が切り崩されます。
さらに、大量の木材も必要になるため、国内産だけでは足りない場合には、海外から輸入することも珍しくありません。
このような需要が極端になると、環境・エコ問題として表面化する場合があります。
石灰岩の山が切り崩れると、植生が失われてしまうことがあるため、採掘する場合には自然保護も同時に行われています。
都会で木材を消費するだけの生活をしているようでは、環境・エコ問題が深刻になってしまいます。
そのため、都会にある団体では植林活動を積極的に行って、子や孫の世代も安心して木材を使えるようにする取り組みが行われています。
ギャラリー
カテゴリー
  • ライブドアブログ