ひぃちゃんとゆきちゃんのうきうき山歩き

ふたりで日帰り登山を楽しんでいます。

いよいよの三ツ石山です

展望コース 犬倉山からこの三ツ石山荘分岐まで
コースタイムは2時間 11時を回ったところですが
ぬかるみ続きの泥んこ行軍でも きっちりコースタイムでした
DSC02226


本来なら山荘にてゆっくり休憩・・・・
ですが
こんな天気なので 先のことはわかりません
なんとなく晴れ間の間に 山頂へ行きます
P1140094


三ツ石山荘からしばらくの登りは 相変わらずの悪路
足の置き場もままならぬ 泥んこ道

山頂付近は石ころ この坂を登れば
P1140095


お待たせの三ツ石山です
さすがに人は少ないですね
P1140096


昨年は この途中までの登山道わきにも大勢の人たちの列
P1140097


台風続きで 紅葉の状態が心配でしたが
まあ こんなもんでしょう ぱちぱちぱち
P1140098


バンザーイ する気持ちわかります
DSC02227


本日の最高地点 1466メートル
P1140099


計画ではこの先 三ツ沼そして小畚山までと思ってましたが
それはまた次の機会で おたのしみということで
DSC02228


お昼はあのあたりで
P1140101


徐々に雲間から陽ざしの予感・・・
P1140102


すべての雲が岩手山に集まっていく
DSC02229


真っ赤な帯の向こう ゴルフ場のグリーンみたいなところ
三ッ沼です
DSC02230


この景色に包まれて 軽いお昼タイムにします
DSC02231


天気は回復基調に でものんびりしてるわけにはいきません
DSC02232


現在12時 送迎バスは2時30分
コースタイムは2時間なので 十分間に合う計画です

まずは悪路をクリアして あの三ツ石山荘までいきます
DSC02233


時間的にまだまだ登ってくる人もいますが
それでも昨年に比べたら 問題になりません
DSC02235


少なくなった秋を楽しむ そんな余裕も・・・
DSC02236


下りの方が要注意 浮石がおおく 一見大丈夫そうな足元はツルンと滑ります
DSC02237


いつしか陽ざしもたっぷり
DSC02239


きらきらマイヅルソウの赤い実
DSC02240


山荘はトイレタイムだけでスタート
P1140103


水場を過ぎて再び木立とぬかるみ街道
DSC02242


ようやく乳頭山(岩手では 烏帽子岳とよぶようです)
DSC02243


その左手に秋田駒ケ岳 しばらくご無沙汰です
DSC02244


南斜面は 文句ない秋色と青空
DSC02245


山頂から一時間十五分で分岐
DSC02246


そして5分程で登山口 まだまだゴールではありません
ゴールの送迎ゲートまで舗装道路を下ります
DSC02248


途中水場で どろんこの靴を洗い・・・
2時ちょうどにゲート通過です 
DSC02251


予定時刻間際にたどり着いた2名を含め 総勢13名で出発
時間ちょうどで出発 遅れるとてくてくあるき90分です・・・
DSC02252


15分でスキー場に到着します
DSC02253

朝の段階では登るかどうか けっこう悩ましい天候でしたが
なんとかいい天気で終了です

今年の東北遠征これが・・・ 最後かな

by Yuki

大松倉山 展望コース

こんもりとしたピークが 大松倉山だと思います

うすぼんやりとガスに包まれてはいますが
それでも秋色は十分伝わってきます
P1140084


先行していた団体さんかな?
ちょっぴりにぎやかな山頂になりそう
P1140085


ナナカマドの赤 楓のオレンジ 熊笹の緑
その三色が相まって 東北の秋を彩っています
DSC02215


振りかえっても 秋色に染まります
P1140086


やっぱり晴れた日にもう一度・・・ と思ってしまいますね
DSC02216


ちょっと開けた 大松倉山の山頂
犬倉岳とありますが 地図上には犬倉山とあります
DSC02217


展望尾根から進行方向左手 秋田駒ケ岳
DSC02218


展望尾根は水平に続く一本道
DSC02219


快適な道ではあります
P1140089


晴れたらまだ陽ざしが強いこの時期
汗もかかずに 水分補給もさほど必要なく
DSC02220


先のことも考え すこし急ぎます
P1140090


足元もきれいな秋のおとずれ
DSC02221


進行方向 三ツ石山から秋田
なんとなくではありますが・・・ 薄明り
P1140091


谷間を挟んで 見えてきたのが三ツ石山
DSC02222


下に広がる木々に囲まれたあたり
三ツ石山荘が見えてきました
DSC02223


雲の流れは秋田から八幡平へ
DSC02224


待ってた青空も 期待していいのかな・・・
P1140092


三ツ石山の南斜面
P1140093


次第にその姿を見せ始めました
DSC02225

三ツ石山荘までの道 一気の下り道ですが
もうこのころには 泥んこ汚れもあまり意識になく
気持ちは一気の晴れ模様です

by Yuki

すっきりしないけど・・・ 三ツ石山

9月28日 網張温泉スキー場です
ゆっくり朝食を頂けるのも 登山口が隣だから・・・

予定では青空いっぱいのはず 天気が悪いとリフトは運休
スキー場リフト前で 様子見してると 団体さんが出発
三ツ石山のリフトコースは 周回し帰りは休暇村のバスのお迎え付き
時間の制約はあるものの 行ってみましょう!
DSC02200


奥産道から最短で三ツ石山にも行けるので
リフトコースはそんなに登山者が多い訳ではありません
DSC02201


網張展望リフト終点まで 三本乗り継ぎます
P1140058


無風状態で ガスは晴れそうもない・・・
DSC02202


スキー場は目立った紅葉もなく
P1140060


およそ40分で山頂
DSC02203


乳頭山や秋田駒ケ岳がよく見える・・・ 晴れてればね
P1140061


それなりの標高です
P1140062


犬倉山展望台付近
DSC02204


ようやく東北の秋が登場
P1140063


ガスに加えて ぽつり ぽつりと
P1140066


良い色してるんですけどね
P1140067


静かな 静かな 登山道 リンリンと鈴の音だけ響きます
P1140068


犬倉山との分岐
DSC02205


右へ行くと 犬倉山経由で岩手山へ
左へ 大松倉山経由で三ツ石山へと進みます
P1140070


犬倉山山頂まで30分
DSC02206


今回の展望コースのコースタイムは6時間30分(網張温泉パンフレット)
8時30分出発ですから 到着予定だと3時・・・・

奥産道登山口に送迎バスを予約しましたが 送迎時間は2時30分
のんびりしてると乗れない? ・・・ とどうなる?
てくてく歩きが 一時間30分 急ぎましょうね
DSC02207


道は一本道 迷うことはありませんが
P1140072


この天気です いつもと違って撮影ロスタイムも少な目です
P1140073


ロスタイムといえば・・・
アップダウンが続くこの道 水たまりの田んぼ道
P1140074


道端の草花さんには申し訳ない
ときどき泥んこを避けて でも踏まないように
DSC02209


追い越していく登山者はなく すれ違った登山者は一組
P1140075


ぬかるみに悪戦苦闘・・・
DSC02210


頭の上は 素敵な秋なんだけどね
P1140076


まあ あんまり雨が強くならないことが救いかも
P1140077


木立の切れ間からのぞく山肌が とってもいい感じに
DSC02211


雨に濡れて 重たげですが
P1140078


だんだんと広がる景色 晴れないかな〜
DSC02212


少しだけ ゆっくりしたい
P1140080


休憩よりも 撮影タイムということで・・・
P1140081


ゆっくりとした登りが始まります
DSC02213


もう一登りで大松倉山
DSC02214


来た道を振り返るといい感じです
晴れてれば ドーンと岩手山なんですがね
P1140082


ちょっと嬉しいのは ぬかるみから解放されたこと
P1140083

途中で 群馬からのご夫婦とお話しタイムもあり

なんとか楽しい三ツ石への道です

by Yuki

livedoor プロフィール

ukiukigogo

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
記事検索
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ