ukiyonoitoのブログ集団ストーカーによる心身攻撃

2007年8月16日より創価を加害母体とする集団ストーカーの被害者である事に気が付かされる現在被害者と連携を取りつつ被害の周知・撲滅の為に行動。ブログにて被害を綴ります。この組織犯罪の大本は闇政府の世界管理層(悪魔サタニスト)であり創価の幹部は統一その上層部は偽ユダヤ人のユダヤ教徒であることが解かりました。選民思想を持っています。電磁波兵器開発しました。地球創生を知る為にアダムスキーの「第2惑星からの地球訪問者」を読んで下さい。

2009年02月

重要な情報

http://richardkoshimizu.at.webry.info/

リチャード・コシミズさんのブログです。
皆様動画是非ご覧下さい。
広島・長崎にどうして原爆は落とされたか?日本の現状がそしてあなたの人生の現状が全て解ります。ちなみに最初の写真は余りに酷い話なのでリチャード・コシミズさんが知り合いの「かく」さんに頼んで一番軽薄に見える写真をお借りして掲載しているようですからこの写真でこのサイトを判断しないで下さい。


被害

毎日電波系電磁波照射等のハイテクノロジーの被害そして無線による電話・携帯・パソコンのテンペスト・メール・チャット情報の盗聴監視・Nシステムなどによると思われる盗撮被害に遭っています。国民を監視するシステムがCIA経由でとっくに日本にも構築されている上に新興宗教の配下にならない人達やこのホロコースト産業の仕組みを知らず捏造された噂により善良な一般人を仏敵と称して嫌がらせ付き纏いや盗聴情報の仄めかしに出没する末端信者(彼らも沈黙の兵器で被害に遭っていそうだ)のローテク被害にも遭い続けています。昨日確定申告の出先機関のある駅ビルに申告用紙や説明を受けに夫と車で行きましたが勿論付回し車はいつもの事、そして駅ビルの駐車場は6階屋上まで行ってやっと駐車できた。月曜日の昼頃なのに満杯状態。特設会場は人もまばら用紙を頂き勿論何処からみても学会員と解るくたびれた感じの若いアルバイトらしき人から9番の処で説明を受け、駐車場に戻り車を発進させて次の昇降口くらいまで来ると何とストーカー車が行列してどん詰まっていてしかも皆私目掛けて一斉に真っ赤な電磁波入りライトの照射・・勿論被害者として身に付けた防御のものを身体に仕込ませてはいたが長い事悪の軍団死神集団ストーカー殺人テロ部隊の基地外電磁波照射を受け続けた・・その後今は加害者と解った某中華屋に寄る。ここは被害が解る前までよく夫と一緒に来た処で夫が気に入りのタンメンと餃子の美味しい店だが被害者と気付いてから行った時、私には出しの入ってないお湯の中にタンメンいれた物を出されて、嫌がる夫に無理に一口食べさせて確認してもらい普通のを再度作らせたが「もうくるな」とう事と思い同じ系列の別の店に行っているうちにその酷い嫌がらせした店が何と数メートル移動して少し家の側に新たに開業し、しかもいつも行列していて夫が行ってみたくてしょうが無いのは解っていたので昨日は何かされるのは承知で寄ったが、勿論この情報は盗聴監視で洩れ洩れなので創価学会を加害母体とする集団ストーカーが満席で私達が入ると同時に2組が席を立ちちゃんと準備された椅子に座れました(笑)。勿論出て行く時そいつらは仄めかしはしました。そして私がブログでも書いたす○れ歯科の看護婦が隣に座り、待ってましたとばかりに仲間のラーメン屋主人と目で挨拶を交わし、私達より後で注文したタンメンがその人に先に出されて軽い嫌がらせ(笑)そして夫が注文した大盛りの器を見て夫はびっくり超大きい・・洗面器と後でラーメン屋の主人が言ってましたが兎に角でかい・・餃子も何かいつもより大きかったような気がします。これは勿論仄めかしですがそんなのまるで気になりません。。加害者は森羅万象あらゆる事で仄めかしますが、被害者が勝手にこれはこういう仄めかしだと意識してしまうそういう心理学も応用していると理解している者に仄めかしは極めて脆弱な馬鹿で馬鹿でクルクルパーなものでしかなくなります。でその歯医者さんの若いお姉さん私は気が付きませんでしたが帰宅してから夫があの人お酢をジャージャー入れていたよとの事でこれはまあ私が犬の散歩を装った近隣得亜に出くわすとすっぱいすっぱい(スパイ)と言うためでしょう(爆)ここのタンメンには最初からお酢が入っているので多分お酢抜きで作るという了解の上での仄めかしでしょうが婦人部の加害者は必死に掛けすぎたのでしょう結構食べにくそうでした(爆)変な処で頑張るそうかです・・ちなみに夫には自分を疑って欲しいのですが、まあ普通の人間はまさか音声送信で自分が脳波を操作されて加害者が言った事をそのまま自分がしゃべっているなどとはとんでも話で・・・大体昼所頃出かけようと言ったのは夫なのです。確定申告の為に駅ビルに行くならこうしてやれという加害者の加害でした・・

ホロコースト産業の手口

世界中手口は一緒の集団ストーカーのようです。

「ガスライティング」とは・・・

標的となる人物(ターゲット)の感覚喪失、妄想、悪評、トラブル等を捏造または演出し、ターゲットの社会的評価を失墜させ、ターゲットの自信、自尊心及び評判を破壊し、ターゲットの人生を思い通りのレベルまで破滅させ、自殺に追い込むことまで出来るにもかかわらず、ターゲット自身が自滅したかのように見せかけることの出来る数々の手口、及びその段階的な計画の総称を「ガスライティング」と呼びます。

「ガスライティング」は、夫が妻を騙し、妻に妻自身が精神病だと思い込ませるストーリーの映画「ガス燈(Gaslight)」(1944年)から命名されています。

本ページでは、下記書籍よりの抜粋(管理人訳)を行いながら、ガスライティング手法の原理及び手口をご紹介します。本ページの文章の中で、『』内の文章は全て下記書籍よりの抜粋、()内は訳注になります。

 
Gaslighting: How to drive your enemies crazy
(Victor Santoro著,Loompanics Unlimited刊,1994年,ISBN 1-55950-113-8)

ガスライティング(書籍)の構成は以下のようになっており、ターゲットとなった人物を破滅させる段階的な手口が詳細に記されています。

前書き
第1章 ガスライティングの原理
第2章 感覚の喪失を演出する
第3章 妄想を構築させる
第4章 ターゲットの評判を失墜させる
第5章 人間関係の対立を演出する
第6章 リアルトラブル
第7章 最後に一言

以降、それぞれの章よりの抜粋を行いながら、ガスライティングがどのような手口であるかをご説明します。



『ターゲットに対してガスライティングを行うための準備にはいくつかの段階があります。初めにすべきことは、ターゲットの人生に付け入る隙を見つけるため、ターゲットに関しできるだけの情報を得ることです。次のリストは、最低限知っておくべき項目を示しています。

フルネーム
自宅の住所
自宅の電話番号
婚姻関係の有無
配偶者の名前
子供の数
子供の性別と年齢
その他親族
職業
職場の住所
職場の電話番号
上司の名前
同僚の名前
配偶者の職場
趣味と関心
所有する車やバイク
ナンバープレート番号
クレジットカード口座
銀行口座番号

この基本となる情報によって、あなたはターゲットのライフスタイルを研究することができ、ターゲットの怒りと混乱を誘発するための最善の策を練ることが出来るのです。

基本情報の他に、ターゲットの詳細な人間関係を知っておくことが助けになります。ターゲットはどれくらい家族とうまくやっているのか?友達とはどうか?同僚とはどうか?ターゲットのことを知れば知るほど、攻撃方法は多く見つかります。』


「アンカリング」とは・・・

アンカリングとは、「条件付け」という意味です。カルト犯罪ネットワークでは、日常的に存在する人の仕草、音、物、光等の「条件」を被害者の意識に植え付け、その「条件」によって、場合によっては命の危険さえ感じる「狙われているという意識」を、被害者に持たせます。この手口は、私の知りえた全ての被害者から報告されており、実際の映像として記録できます。この手口の根底にある技法を、アンカリング(条件付け)と呼び、アンカリングはNLP(神経言語プログラミング:Neuro-Linguistic Programming)の技法でもあります。

例えば、「携帯電話」を条件とします。あなたが家を出た直後、ある人物が「携帯電話」を見せ付けるようにしながら、あなたを睨みつけます。外出先で食事をしていると、また別の人が「携帯電話」を見せ付けるように回しながら、あなたを睨みつけます。駐車場で車に乗ると、隣の車に人が乗っており、あなたを見てニヤニヤしながら、「携帯電話」を見せ付けています。電車に乗ると、わざわざあなたの頭の真横で、折りたたみ式の「携帯電話」を「パチッ」「パチッ」と開け閉めする人が多く現れます。外を歩いていると、携帯電話をあなたの方向に向けて歩いてくる人が多く現れます。土砂降りの雨の中、自転車に乗り、傘もささずにあなたに向かって携帯電話をかざしながらやってくる人さえ現れます。初期段階ではこのように、被害者に対する行為であることをわからせるための行為が、集中的に行われます。こういった行為が毎日、何度も、数日間連続して行われた後、今度はただ単に、あなたの周囲で「携帯電話」を見せ付けるような行動をする人が現れるようになります。これが数週間続いたら、「携帯電話」を手にしている人が気にならないほうがおかしいのです。

カルト犯罪ネットワークにおけるアンカリングの怖いところは、「狙われているという意識」を生じさせることだけではありません。彼等の狙いはそれだけではないのです。第三者から見た場合、あなたが、日常的な出来事に対して一般人と違う反応や理解を示すように見える、という効果があることも忘れてはなりません。例えば、「携帯電話」を持っている人はいくらでもいます。加害者側はその効果を計画的に理解したうえで、あなたが周りの人に相談するのを待っています。そして「日常的な出来事である」という部分のみを強調し、あなたの「思い違い」、「妄想」というストーリーを作り、あなたを「おかしな人」「精神病患者」に仕立て上げるよう、仕向けてきます。さんざん仕掛けても被害者が誰にも相談しない場合には、私のケースの女性Aのように、何の脈絡もなく「会社の周りの人にいろいろと相談しないとだめなのよ。」、「私たちつけられているかもね。」、「社会的に抹殺することも出来るのよ。」等と言い出したりして、特定の人物に相談をさせようとしたり、なにかがおかしいとあなたにわからせようとします。

カルト犯罪ネットワーク被害報告に多いアンカリングの「条件」は、「咳払い」、「携帯電話」、「同じ色の服」、「スモークグラスの車両」、「連番や意味のある数字のナンバープレート」、「冷笑」、「タイミングよく現れる人や車両」、「音(ノイズキャンペーンをご参照ください)」、「眩しい光やしつこい光の演出(ブライティングをご参照ください)」、「緊急車両」、「警察車両」、「マスク」等です。海外では、「ノートパソコン」や「ペン」という報告も多くあります。こういった当たり前に存在する現象が、前記しました方法によって、あなたを脅かす存在になりうるのです。条件付けのきっかけとして「脅迫」とも取れる脅しが加わることもあります。「脅迫」とも取れる脅しの後に条件付けが行われた場合、その「条件」に対して「命の危険」を感じさせることも可能なのです。

NLPに対する誤解があるといけないので書いておきますが、アンカリングには、プラスのアンカリングと、マイナスのアンカリングがあります。プラスのアンカリングとは、例えば、ある刺激を与えられると気分が安らぐ、といった効果を期待して行うものです。カルト犯罪ネットワークで利用されるのは、マイナスのアンカリングです。「アンカリング」は必ずしも、人に危害を加えるためだけの技法ということではありません。


「コリジョンキャンペーン」とは・・・

コリジョンとは「衝突」という意味です。標的となる人物(ターゲット)の行動を邪魔する行為の総称です。ターゲットが移動する際に、人、自転車、バイク、車で行く手を遮ったり、ターゲットとすれすれの位置を通り過ぎて前に出て止まってみたり、お店のレジ、駅の改札、販売機等に並ぶ際にターゲットの前に割り込む、といった行為が挙げられます。数人(数台)で道幅いっぱいに広がりながらゆっくり移動して、ターゲットがよけなければならない状況を作り出すこともあります。歩行時、運転時、他の交通機関の利用時を問わず行われます。加担者の薄笑いが加えられることもあります。実際に「ぶつかる」事は少ないのですが、接触しても不自然ではない場面、例えば満員電車などでは、明らかに不自然にターゲットの荷物を蹴飛ばしたり、寄りかかったり、バッグの角を押し付けたり、ターゲットの乗った車両に人が殺到するなどします。しかし彼らは「なにもおかしいことをしていない」という演技を貫き通すため、ターゲットにぶつかった時には「すみません。」と謝ることもあります。
また、故意にやっていることをわからせるような白々しい謝り方をすることもあります。こういった行為は、実際の映像や音声として記録できます。
ひとつひとつの行為は日常生活で起こりうる「邪魔」ですが、ありえないのはその「頻度」です。外出時にはほぼ必ず行われるので、この嫌がらせだけが単独で行われたとしても、「最近マナーの悪い人が突然増えたな。」と思うでしょう。


「ストリートシアター」とは・・・

標的となる人物(ターゲット)が通行するタイミングでさまざまな演技を行い、ターゲットの注意を引き、ターゲットのことをからかっているのだという意識を与える行為です。例えば、あなたの目の前で「怒鳴り合い」が始まる、いきなり大声を出す、自転車同士がぶつかる、酔っ払いが大勢現れる、暴力団風の集団が現れる等です。
撮影するタイミングは難しいですが、実際の映像として記録できます。
ただ身近に現れて邪魔をするだけの行為は 付回し や モビング と呼ばれます

情報

http://www.cornes-dodwell.co.jp/product/p_c/lradmrad.html
ここご覧下さい。

近隣

近隣の電磁波照射毎日電磁波照射攻撃もちろん自然に見せかけていますがこの異常な光は多分一般人の方も驚かれるに違い有りません「NPOテクノロジー犯罪被害者の会」の方達の12回にわたる粛々とした街宣活動や各省庁への」働きかけにより警察庁や総務省が要望書を受理したそうです。これにより法務省や厚生省もちろんとっくにこの被害を知っている政治家も何らかの動きを見せることになるでしょう。ちなみに私達の個人の生体から発生している微弱な電気信号の周波数を売った悪徳医者は健康診断や普段掛かりつけの医者が一番怪しいというのはバッカス&ミューズ管理人で「早すぎる?おはなし」の著作者内山さんと同意見です。そして風邪が悪化した時最終的に行った総合病院は悪の温床となっていますね。ホロコースト産業は各種医者や教育者に異人を多く送り込んでますね。
楽天市場
記事検索
プロフィール

ukiyonoito

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ