2018年10月1日からたばこ税が増税される。2010年以来、約8年ぶりの大幅値上げとなる。


carton1
 したがって駆け込み買い置きのため、カートン買いが始まっている。 仮に10カートン買いだめしても三か月程度しか持たないただの気休めなのだけれど。
 以前は「500円になればタバコを止める」といった人たちが多かったはずだが、実際にそうなると止めたという人の声が聞こえてこないのはなぜなんだろう。




carton2


・主要銘柄の値段
ナチュラルアメリカンスピリット 480円 → 520円
セブンスター、ピース 460円 → 500円
メビウス 440円 → 480円
ピアニッシモ 450円 → 480円
ウィンストン、ハイライト 420円 → 450円
キャメル 380円 → 400円
ホープ(10本入) 230円 → 250円
プルーム・テック 460円 → 490円


・ネットの声
「いいぞ、もっと上げろ」
「結局吸い続けるんだから喫煙者なんてちょろいもんだよな」
「さすがに500円になったらやめる人も多いのでは?」
「ついでに酒も上げよう」
「余裕(震え声)」
「生ぬるい。これじゃ1箱1000円時代はしばらく来ないじゃないか」
「タバコや物価は上がっていくのに給料が上がらないのは何故なのか?」
「もういっそタバコを失くせばいいんじゃないの?」
「タバコ上げるのはいいけど、他のものを上げるのはやめてくれ(非喫煙者)」


 ボクは禁煙してからこの9月で7年になる。禁煙前、年間のタバコの購入代金は20万円近かったが、我慢して止めたのにもかかわらず、今のボクの預金通帳には3万円も入っていない。責任者出てこい。


よろしかったらポチッと応援してね ヽ(´ii`)ノ
人気ブログランキングへ