IMG_0006

 ようやくフジが店頭に並ぶようになってきた。 ボクはこのフジというリンゴしか食べない。ほかのリンゴは甘み、酸味、硬さなど何か要素が一つ欠けていて、フジにはとうてい及ばないと思っている。あくまで個人的意見だが。




IMG_0008
 
 近所のさくら野百貨店で「わけありリンゴ」が売られていた。五個で498円(税込)なので一個100円ぐらいである。 贈答用の姿かたちの良い見栄えのするリンゴは一個、150円〜200円もするのだが、訳ありではあるが一個100円ならお買い得である。




IMG_0014

 ツル割れリンゴには蜜が入っているものが多い。じつはこの蜜入りという言い方はおかしいのだが、世間一般でその言い方が通ってしまっているのでしかたなくボクも使っているしだいである。
 蜜入りリンゴは確かにおいしいのだが、蜜の部分は周りの果肉よりも甘くもなく、完熟しているので日持ちがしないで芯の周りが変色しやすいなどのデメリットもある。




IMG_0016

 中くらいのリンゴ一個で約150キロカロリー、食物繊維も多く含まれている。 この医者いらずと言われているリンゴを半分に切ったものを、フジが無くなる春先まで毎朝食べているのだが、果たしてこの先、いままでどおり健康でいられるかどうかは神のみぞ知るのココロであるのだ。


よろしかったらポチッと応援してね ヽ(´ii`)ノ
人気ブログランキングへ