kan1

 1月20日の大寒がまだまだ先だというのに、正月から雪が降り続いている。現在の積雪量は、青森で103センチ、弘前で58センチ、酸ヶ湯では283センチとなっている。最低気温もマイナス10度前後と、まるで2月の大寒波なみである。




kan2

 青森で積雪量が多いのは、陸奥湾内の海水温が高いためだろう。弘前は幸いにも岩木山が屏風になって、西からやってくる雪を少しは防いでくれるものと思われる。
 大雪が降り、玄関先や家の周りの雪をやっとの思いで片付け終わると、こんどは夜中に、賽の河原の鬼のように除雪車がやってきて、家の周りにまた雪をどっさり積み上げていってくれる。毎年恒例の行事なのだが、何年たってもつらい雪トロケになじむことができない。それでも冬場のいい運動になっていると自分に言い聞かせ、やるせない気持ちをうっちゃることにしているのである。


よろしかったらポチッと応援してね ヽ(´ii`)ノ
人気ブログランキングへ