2006年07月04日

A Secret Wish/PROPAGANDA

PROPAGANDA

ドイツのデュッセルドルフで結成されたプロパガンダなのでUK New Waveに入れてしまうのはどうかという思いもあったのですが、なにしろ80年代に一世を風靡したZTTレーベルのアーチストですのでツッコミなしでよろしくお願いします。

メンバーはリードボーカルのクラウディア・ブリュッケンら、男性2人女性2人の4人組で、どちらかというと重たいプログレ寄りなエレクトロポップなので、マニアックなイメージを持った方も多いのではないでしょうか。

これは1985年に発表した1stで、少しドイツ訛りの鼻声で歌うクラウディアと、ZTTレーベルの定番であるドラマティックなアレンジと大袈裟すぎるくらいの空間処理が大変気持ちのいいアルバムで、特にデビューシングルとなった「Dr. Mabuse」はドイツ人らしい重たさの感じる名曲でしょう。

また「P-Machinery」で、こっそりJAPANのデヴィッド・シルヴィアンがゲストとしてキーボードを弾いているのですが、その絡みなのでしょうか、英国でのツアーでは同じくJAPANのドラマーでシルヴィアンの実弟スティーヴ・ジャンセンがドラムを叩いています。
また、1回こっきりとなってしまった来日公演ではスティーヴの参加はなかったものの、シンプルマインズのベースさんとドラムさんが参加しており、ZTTの幅広い人脈が感じられました。

ちょっと画質は悪いですが、スティーヴ・ジャンセンがドラムを叩く貴重な PROPAGANDAのライヴ映像がこれです。→ 「P-Machinery」

残念なことに、この1枚を残してクラウディアは脱退〜ZTTから離れVirginに移籍〜新メンバーを入れて2ndを発表するも、あまりに無難な曲調で再び売れることは無く消えてしまいました。

一方、クラウディアはZTTのポール・モーリーと結婚し、ACTというユニットや、ソロ名義でのアルバムを発表、こちらの方がプロパガンダらしいサウンドを継承することとなりました。
最近では、アンドリュー・ポピーらと共同名義でアルバムを発表するなど、再び活発に活動しているようです。

このアルバムの他には、ZTTお得意の12inchをまとめた作品がリリースされていて、ZTTらしさを感じさせてくれるものとなっています。

なお、この1stも全曲アマゾンで試聴できますので、未聴の方はぜひ聴いてみて下さい。
/BLマスター

uknw80 at 11:44│Comments(6)TrackBack(1)PROPAGANDA | ◆ZTT レーベル

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 80's UK New Wave  [ begin the digging ]   2006年09月13日 15:34
最近、ここのブログを楽しませてもらってます。 80's UK New Wave その名のごとく、80年代のニューウェーブとその周辺を、解説されています。各記事には、You Tubeへのリンクもつけてくれているので、PV観ながら解説読みながら頭空っぽで楽しんでます。 僕自身啓蒙...

この記事へのコメント

1. Posted by Jun   2006年08月19日 21:09
タトゥを最初に聴いて"なんだかプロパガンダみたいだなぁ"と思っていたら、タトゥもトレバー・ホーンプロデュースと聴いてすごくびっくりしたのを覚えてます。トレバー・ホーンは私の一番好きなプロデューサーなんですが、なぜかプロデュースしたものは短命に終わる気が・・
どんな人なんでしょうね、トレバー・ホーン氏って。死ぬまでに会ってみたい人の一人です(?)。。
2. Posted by BLマスター   2006年08月20日 13:14
Junさん、まいどです。
プロデュース作が短命に終わるのは、それだけ売れるバンドに仕上げているという証拠なのかも知れませんね。
しかし、メンバーの方はストレスが多いという・・・。
そのあたりは、やはりマルコム・マクラーレンと同じです。
そういえば、最近ではベルセバもトレバーのプロデュースですが、こういったバンドとの類似点が比較的少なく、トレバーのプロデュースにしては認知度も低いように感じます。
そういう意味ではベルセバは息の長いバンドになるかも知れませんね。
3. Posted by HeyDJ   2006年10月20日 20:57
5 こちらも1stは12inchmixが追加収録された国内改訂盤が出ています。プレス数は少ないと思われるのでなかなか捜すのは大変かも?
4. Posted by BLマスター   2006年10月21日 15:08
HeyDJさん、まいどです。
それって、ジャケットの曲順と盤の曲順が違ってて、「Dr.マブーセ」がむちゃくちゃ長いバージョンになってるやつですよね。
それ、持ってますよ。
あと、近いうちにアップしようと思っている「Wishful Thinking」というリミックスのみで構成されたアルバムも持ってます。
でも、結局今でも聴いているのは、この「A Secret Wish」だけなんですけどね。
5. Posted by HeyDJ   2006年10月21日 20:43
5 そうそうそれww。さすがですな(*^o^*)。しかしこうした再発する基準ってドコにあるんやら…。本音を言うともっとほかに再発すべきモノあるだろ〜!って思ってます(^_^;)REMIXマニアとしてはとにかくレーベル別かアーティスト別でREMIX集出してくれ!と願うばかり…。
6. Posted by BLマスター   2006年10月23日 17:23
HeyDJさん、まいどです。
確かにまだまだ再発を切望する名盤がありますよね。
ボーナストラックにしても、私からすればなぜこっちのリミックスを選んだのかわからないという変な選曲のものがあります。
個人の趣味の問題なんでしょうけど難しいものです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon