2006年07月28日

The Damned Don't Cry/VISAGE

VISAGE BEST

ヴィサージはウェールズ出身のスティーヴ・ストレンジと、元リッチ・キッズのラスティー・イーガンが中心となり1979年頃結成されたユニットで、元々は当時ロンドンで有名だった「ビリーズ」や「ブリッツ」「カムデン・パレス」というクラブディスコのDJとオーガナイズをしていた2人が、他のアーティストの曲をかけるだけでなく、自分たちでも音楽をクリエイトしたいという思いが強くなり、有名ミュージシャンの助けもあって実現した、いわば企画ものユニットなのです。

ヴィサージのファンである私が彼らを一発屋と呼ぶのはいささか気が引けるのですが、日本では「FADE TO GRAY」以外あまり知られていないようなので、このカテゴリーに入れさせていただきました。
ファンの方々は悪しからずご了承下さいませ。

スティーヴは高校卒業後、友人であった後のジェネレーションXのビリー・アイドルの誘いでロンドンに上京後、パンク全盛の時代にたまたまクラブで出会ったプリテンダーズのクリッシー・ハインドの協力でバンドとしてデビューするも売れず、その後DJ、オーガナイザーに転身し、ロキシー・ミュージックやデヴィッド・ボウイなどの選曲で人気を集めました。
彼がオーガナイズしたBOWIE NITEには、なんとボウイ本人も訪れ、その縁で「Ashes to Ashes」のプロモに出演することになったということです。

また、時代の流れか、クラフトワーク、ウルトラヴォックス、ゲイリー・ニューマン、そして、ヒューマン・リーグにYMOなどのテクノ〜エレクトリックポップの楽曲をいち早く選曲し、出入りしていた後のカルチャー・クラブやデュラン2、スパンダー・バレーなどのメンツに少なからず影響を与えたようです。

そのため、これらのバンドがデビューしてからはニュー・ウェイヴのひとつの勢力としてスティーヴとラスティーの周りに集まり始め、中世っぽい衣装を身にまとい、メイクを施した、彼ら特有の「ニューロマンティック」というムーブメントを生み出すことになります。

ちなみにこの頃のスティーヴの俗称は「カムデン・パレスの王子様」ということで、当時のクラブカルチャーが生み出した時代の寵児だったと言えます。

そして、ラスティーは、同じくリッチ・キッズにいたミッジ・ユーロを呼び、この3人で79年からヴィサージのデモ・レコーディングが始められることになります。
参加メンバーは、スティーヴがヴォーカル、ラスティーがドラム、
プロデュースもしているミッジがギターとキーボードを担当し、ギターにスージー&ザ・バンシーズのジョン・マクガフ、キーボードにウルトラヴォックスのビリー・カーリーと、マガジンのデイヴ・フォーミュラ、ベースに同じくマガジンのバリー・アダムソン、プログラマーとして、ケイト・ブッシュなどのレコーディングに参加していたリチャード・バージェスを迎え、満を持してヴィサージの1st「VISAGE」は制作されました。

ヴィサージの特徴としては、クラブディスコ向けの新しいスタイルのエレクトロダンスミュージックとして曲を作っているため、基本的に歌詞に重点は置かれておらず、無意味な言葉の羅列でしかないものが多く、また、TV番組以外では「モンタレー・ポップ・フェス」のみしかライヴ行っていないはずです。(恐らく、クラブディスコなどではカラオケチックなライヴショーは行っているようです。)

その後、2nd「ANVIL」(1982)、3rd「BEAT BOY」(1984)を発表するも思ったほど売れず、自然消滅的にこのユニットは幕を閉じます。
ヴィサージ消滅後は、カムデン・パレスのオーガナイズを続けつつも「ストレンジ・クルーズ」という新たなユニットや、インディーズ・レーベルからソロ名義でのシングルを出すものの注目されず、現在は故郷ウェールズで静かに生活を送っているらしいです。

このベスト盤は2000年に編集されたもので、そんなヴィサージのデビュー前のシングル「Frequency 7」や、ゼーガー&エヴァンスのカヴァー「In the year 2525」、ニューロマの代表曲のひとつでもあり、大ヒットした「FADE TO GREY」(元々ゲイリー・ニューマンが歌うはずだったらしいです)、プロモーションビデオが幻想的で美しい「MIND OF A TOY」、本人も出演した日本でのビデオテープのTVCM曲「Night train」、今や入手困難な「Beat boy」からの曲も収録している上、かなりお安いのでおすすめです。

Mind Of A Toyのプロモ
Fade To Grey (Live on German TV 2005)
Night Trainのプロモ

残念ながら試聴は出来ませんが、上に紹介した昔の貴重なビデオクリップでお楽しみ下さい。
/BLマスター

uknw80 at 18:58│Comments(0)TrackBack(0)☆一発屋系 | ULTRAVOX

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon