2006年11月06日

Famouz Photographs 1975 88/Anton Corbijn

Anton Corbijn Famouz

今日はちょっと気分を変えて写真集を紹介します。
これはアントン・コービン [ Anton Corbijn ] というオランダ人写真家の写真集で、80年代に活躍した数多くの著名ミュージシャンを、彼ならでは視点で撮った独特のモノクロ写真が収められています。

アントン・コービンの作品は、彼の名前を知らない方でも、音楽好きなら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

アントンは、父親が牧師だったこともあって敬虔なプロテスタントで、作品にはどこか宗教的な色を感じさせる、モノクロの粒子の粗い写真を撮っています。

もともとは、イギリスの音楽新聞N.M.E.の専属フォトグラファーだったそうなので、そこで作品が認められ、下記のように数多くのミュージシャンとのセッションが生まれたようですね。

また、プロモーション・ビデオ・クリップも数多く手掛けており、彼が監督を務めたプロモをまとめたDVD「Directors label/Anton Cobijn Best Selection」も、以前紹介させていただきました。

特に、U2やデペッシュ・モードはアルバムジャケットから、写真集、プロモーションビデオに至るまで、ビジュアル・アートの部分ではかなり長い付き合いのようで、この写真集にも何枚かの写真が収められています。
↓ ちなみにU2の写真集はこちらで確認して頂けます。
U2 & I: The Photographs 1982-2004

これらの写真をそのまま掲載するのはいささか気が引けますので、アントン・コービンのオフィシャルサイトでご確認下さい。
なお、「Photography」のところにある「Black」の5枚はすべてこの写真集に収録されており、他の作品も風合い的には同じような臭いを持っています。
それぞれのアーチストのファンの方なら、どこで使われた写真なのかはっきりお分かりになるものもあると思いますが、始めて見るものもあるので嬉しくなっちゃいますよ。

なお、私の所持しているものは同じタイトルで「1976,88」となっており、今回紹介しているものは「1975,88」ですので、若干作品数が増えている可能性があります。

ちなみに「1976,88」で、収録作品の被写体となっているアーチストは下記の通りです。

1.John Cale 1983
2.Peter Gabriel 1986
3.Johnny Rotten 1977
4.People(New York) 1986
5.Tom Waits 1985
6.Alan Wilder & Dave Gahan(Depeche Mode) 1988
7.Nina Hagen & Ari Up(Slits) 1980
8.U2 1986
9.David Bowie(The Elephant Man) 1980
10.Lou Reed 1983
11.Clannad 1985
12.John Martyn 1978
13.Sting 1985
14.D.A.F. 1982
15.John Hiatt 1981
16.Peter Gabriel 1986
17.Kate Bush 1981
18.Don Van Vliet(Captain Beefheart) 1980
19.Bobby Womack's Writing Paper and Glasses
20.Bobby Womack 1984
21.Miles Davis 1985
22.Bono(U2) 1985
23.Shane MacGowan(The Pogues) 1988
24.Foever Praying 1982
25.David Byrne(Talking Heads) 1981
26.Willy DeVille(Mink DeVille) 1981
27.Gavin Friday(Gavin Friday and The Man Seezer) 1988
28.Frank Tovey(Fad Gadget) 1983
29.A Cuban Lady 1985
30.Elvis Costello 1981
31.One of Fela Kuti's Wives 1981
32.Sinead O'Conner 1988
33.Morrissey 1987
34.Ry Cooder 1976
35.Leonard Cohen 1985
36.Rev. Al Green 1986
37.David Sylvian 1983
38.Frankie Goes To Hollywood 1985
39.Marc Almond 1985
40.Nick Cave 1988
41.Jack Bruce 1977
42.Ian Curtis(Joy Division) 1980
43.Howard Devoto(Magazine) 1977
44.Peter Hammill 1986
45.Stevie Wonder 1980
46.Peter Gabriel 1986
47.View from Window 1986
48.Dieter Meier(Yello) 1982
49.Peter Case 1986
50.John Martin 1986
51.Suggs(Madness) 1980
52.David Sylvian 1984
53.Les Pattinson(Echo & The Bunnymen) 1984
54.Jim Kerr(Simple Minds) 1985
55.Roy Orbison 1980
56.Bono(U2) 1986
57.An English Lady 1985
58.Kim Wilde 1980
59.Lux Interior(the Cramps) 1986
60.Siouxsie Sioux(Siouxsie & The Banshees) 1987
61.Brian Eno 1980
62.David Bowie 1980
63.Wynton Marsalis 1987
64.Siouxsie Sioux 1985
65.Claudia Bruecken(Propaganda) 1985
66.Ry Cooder 1979
67.Billy Bragg 1984
68.Blixa Bargeld(Einsturzende Neubauten) 1983
69.Boris Blank(Yello) 1985
70.James Brown 1982
71.Stanley Clarke 1977
72.Joy Division 1979
73.Viv Albertine(The Slits) 1980
74.Julian Cope 1984
75.Ian McCullough(Echo & The Bunnymen) 1982
76.Robert Wyatt 1985
77.Tom Waits 1985
78.Elvis Costello 1977
79.Steely Dan 1976
80.Siouxsie Sioux 1982
81.Van Morrison
82.Cabaret Voltaire 1983
83.John Lydon and Nora 1986
84.Kraftwerk Dummy 1981
85.People 1988
86.Grace Jones 1983
87.Pete Townsend 1982
88.John Lydon 1983
89.Bryan Ferry 1982
90.Frankie Goes To Hollywood 1985
91.UB40 1986
92.Joe Cocker 1979
93.Debbie Harry 1986
94.Holger Czukay 1984
95.Don Van Vliet 1980
96.Jullian Lennon 1984
97.Adam Ant 1981
98.David Bowie 1980
99.Tom Waits 1983
100.Tom Waits 1985
101.John Hiatt 1988
102.Sinead O'Conner 1988
103.Jim Kerr 1982
104.Rev. Al Green 1986
105.Self Portrait 1987

興味を持たれた方は、まずアントン・コービンのオフィシャルサイトで作品をご覧になって見て下さい。
アーティスティックで美しく、時にはグロテスクな彼の作品に触れることが出来ますよ。

なお、この写真集は重量感のあるハードカバー仕立てになっており、360×270×20mmという大きなサイズで、各作品は1ページに1枚使われております。
ちょっと高価な気もしますが、間違いなくそれだけの価値はあると思います。

永久保存版としてお手元に置かれてはいかがですか?
/BLマスター

uknw80 at 14:25│Comments(2)TrackBack(0)★その他(書籍など) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by NANA   2006年11月07日 23:53
オフィシャル・サイトを覗いてきました!
沢山のアーティストの写真・・・「え〜!この写真も彼の作品だったの!!」と、
あらためてビックリしてしまいました・・・!

以前別のサイトで「昔はデペッシュ・モードとU2が好きでした」という書込みをしたら、
「アントン・コービンつながりですね」と教えてくれた方がいて、
はじめて彼の名前を知りました。
見覚えのある様々なグラビアやジャケットの写真も、
そういえば皆彼独特の世界観があるような気がします。
(云われてわかった、というのが情けないのですが・・・)

高価そうで手が出せないのですが、
一度パラパラッ・・と拝見してみたい写真集ですね☆

2. Posted by BLマスター   2006年11月08日 22:07
NANAさん、まいどです。
じっくりと読んで下さったようで嬉しいです。
私は彼の写真や映像が大好きなんですよ。
それで、このブログの中でも2度も記事にしちゃったりしたわけなんですが、もし、芸術作品的に写真もお好きなら、この金額でも損はないと思いますよ。
私は当時1万円くらい出して買ったように記憶しています。
まずは、なんとかして見て頂きたいです。
これは本当に永久保存版ですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon